2019年 7月 の投稿一覧

補助形容詞とは「本来の意味が薄れた形容詞」!例文付きで解説

補助形容詞(形式形容詞)とは、形容詞の1つで、以下のような特徴をもっています。

  • 本来の意味が失われている(または、薄くなっている)
  • 他の語と一緒に用いられ、その意味を限定する
  • ひらがなで表記するのが一般的

以下、それぞれの特徴について、例文付きで詳しく解説します。

代表的な補助形容詞【例文付】

ない

例文1
「この部屋にはエアコンがない。」

例文2
「今日は働きたくない。」

2つの例文には「ない」が使われていますが、意味は異なります。

例文1の「ない」は、「存在しない」という意味の形容詞です。

例文2の「ない」は補助形容詞で、「働きたく」に対して否定の意味を付け加えています。

ほしい

例文3
「私は仕事がほしい。」

例文4
「仕事をしてほしい。」

例文3の「ほしい」は、「手に入れたい」という意味の形容詞です。

例文4の「ほしい」は補助形容詞で、「して」に対して願望の意味を付け加えています。

補助形容詞は形容詞本来の意味をもっていない

補助形容詞には、形容詞本来の意味がありません。

または、意味が薄くなっている場合もあるでしょう。

形容詞「ない」には本来、「存在しない」という意味があります。

しかし、次の例文中の補助形容詞「ない」には、本来の意味はありません。

例文
「私はテレビを見ない。」

同様に、形容詞「ほしい」には本来、

  • 手に入れたい
  • 自分のものにしたい

といった意味があります。

次の例文中の補助形容詞「ほしい」は、本来の意味が薄れ、願望を表すような意味だけが残っています。

例文
「もっと本を読んでほしい。」

補助形容詞はひらがなで表記するのが一般的

補助形容詞は、本来の意味が失われていたり、薄くなっていたりするため、一般的にはひらがなで表記されます。

例文
「まだ寝たくない。」
「早く寝てほしい。」

一方、通常の形容詞は漢字で表記しても問題ありません。

例文
「僕のパソコンが無い。」
「パソコンが欲しい。」

補助形容詞は単体では用いられない

補助形容詞は、他の語と一緒に用いられます。

例文
「私は走りたくない。」
「もっと早く走ってほしい。」

上の例文のように、補助形容詞「ない」や「ほしい」は、前の語と一体的に使われます。

一方、通常の形容詞は単独で用いられます。

例文
「僕の靴がない。」
「この靴がほしい。」

補助形容詞を正しく使って読みやすい文章を書こう!

以上、補助形容詞の特徴を解説しました。

通常の形容詞と区別できるよう、しっかりと理解しておきましょう。

補助形容詞と同じく、本来の意味が薄れている動詞を「補助動詞」といいます。

以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

補助動詞とは?意味や見分け方を例文付きで解説

補助動詞(形式動詞)とは、動詞の1つで、以下のような特徴をもっています。

  • 本来の意味が失われている(または、薄くなっている)
  • 他の語と一緒に用いられ、その意味を限定する
  • ひらがなで表記するのが一般的

以下、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

よく使われる補助動詞一覧【例文付】

ある

例文
「この本には真実が書いてある。」

いる

例文
「私は文章を書いている。」

いく

例文
「私はこの仕事を続けていくつもりだ。」

くる

例文
「彼はお土産を買ってくる。」

みる

例文
「ひとまず始めてみる。」

おく

例文
「事前に準備しておくことが重要だ。」

くれる

例文
「彼が効率的な方法を教えてくれるらしい。」

もらう

例文
「誰かに助けてもらう。」

やる

例文
「プレゼントを買ってやる。」

しまう

例文
「早めに終わらせてしまう予定です。」

ください

例文
「この論文を読んでください。」

いただく

例文
「先輩に教えていただく。」

あげる

例文
「彼の仕事を手伝ってあげる。」

補助動詞は動詞本来の意味をもっていない

補助動詞は、動詞本来の意味をもっていません。

次の2つの文を比べてみましょう。

例文
「テレビを見る。」
「試してみる。」

どちらの文にも「見る(みる)」が使われていますが、下の文中の「みる」には、本来の「見る」という意味はありません。

また、本来の意味を完全に失っているわけではなく、意味が薄れている場合もあります。

次の例文を読んでみてください。

例文
「会社へ行く。」
「続けていく。」

どちらの文にも「行く(いく)」が使われていますが、2つ目の文中の「いく」は、本来の「行く」という意味が薄れています。

このように、補助動詞は本来の意味を消したり薄めたりすることで、他の語の意味を補っているのです。

補助動詞の見分け方を3つのポイントで解説

補助動詞と通常の動詞を見分けるポイントは以下の3つです。

  • 補助動詞は「て(で)」に続く形で使われる
  • 補助動詞はひらがなで表記するのが一般的
  • 補助動詞は単体では述語にならない

それぞれのポイントを詳しくみていきましょう。

1.補助動詞は「て(で)」に続く形で使われる

補助動詞はそれ単体では意味をもたないので、単独では用いられません。

他の語(文節)と一緒に使われますが、通常、補助動詞の前の文節は「て(で)」で終わる形になります。

「て(で)」には、以下のようにいくつかのパターンがあります。

助動詞「だ」の連用形の「で」

例文
「犬は哺乳類である。」

助詞「て」

例文
「彼が話している。」

形容動詞の連用形の活用語尾としての「で」

例文
「彼女は親切である。」

2.補助動詞はひらがなで表記するのが一般的

補助動詞は、以下のようにひらがなで表記するのが一般的です。

例文
「私は今後も仕事を続けていくつもりだ。」
「試してみることにした。」

補助動詞には実質的な意味がないので、次の例文のように漢字で書くと少し違和感があるでしょう。

例文
「私は今後も仕事を続けて行くつもりだ。」
「試して見ることにした。」

3.補助動詞は単体では述語にならない

補助動詞は単体では述語になりません。

以下の例文のように、他の動詞と一緒に用いられているものは、補助動詞といえるでしょう。

例文
「彼が走っている。」
「食材を買ってくる。」

「いる」は「走って」と一緒に、「くる」は「買って」と一緒に使われています。

一方で、通常の動詞は単体で述語になります。

例文
「私はここにいる。」
「食材を買ってからくる。」

この例文の「いる」や「くる」は通常の動詞であり、単独で述語となっています。

「居る」や「来る」と漢字で表記しても良いですね。

補助動詞と一緒に覚えておきたい2つの品詞

形式名詞

実質的な意味がない名詞のことを形式名詞といいます。

以下のような形式名詞が代表的です。

こと

例文
「自分の好きな仕事をすることが大切です。」

もの

例文
「次のようなものが代表的だ。」

形式名詞はこの他にもたくさんあります。

以下の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

補助形容詞

補助形容詞とは、本来の意味がなくなっているか、薄くなっている形容詞のことです。

以下のような補助形容詞があります。

ない

例文
「私は運動をしたくない。」

ほしい

例文
「彼にはもっと頑張ってほしい。」

詳しい特徴は以下の記事で紹介していますので、読んでみてください。

補助動詞を正しく使って読みやすい文章を書こう!

以上、補助動詞の意味や見分け方を解説しました。

補助動詞はひらがなで書くのが一般的です。

文章を書く際は、通常の動詞とは区別するようにしましょう。

形式名詞とは?意味や見分け方をわかりやすく解説

形式名詞とは、名詞の1つで、以下のような特徴をもっています。

  • 実質的な意味がない(または、本来の意味が薄くなっている)
  • 連体修飾語と一緒に使われる
  • ひらがなで表記するのが一般的
  • 単体では主語にならない

以下、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

よく使われる形式名詞一覧【例文付】

こと

例文
「私の趣味は絵を描くことです。」

もの

例文
「文章とは自由なものだ。」

わけ

例文
「電池が切れていた。どうりで動かないわけだ。」

はず

例文
「彼は17時頃に到着するはずです。」

うち

例文
「晴れているうちに帰ろう。」

ところ

例文
「考えてみたところ、それは不可能です。」

つもり

例文
「この仕事は今日中に終わらせるつもりだ。」

例文
「いくら探しても欲しいがない。」

ため

例文
「時間がかかるため、先に行ってください。」

ひと

例文
「本が好きなひとと仲良くなりたい。」

ほう

例文
「前者より後者のほうが効率的だ。」

とおり

例文
「彼の言うとおりだと思う。」

形式名詞には実質的な意味がない

形式名詞には、実質的な意味はありません。

または、本来の意味がかなり薄れています。

先ほどの例文「私の趣味は絵を描くことです。」の中の「こと」には、特に意味はありません。

また、例文「考えてみたところ、それは不可能です。」の中の「ところ」には、「場所」という本来の意味はないですよね。

このように、形式名詞はそれ単体では意味をもたず、節を名詞化することで全体の意味を伝える役割をもっています。

名詞は形式名詞と実質名詞に分けられる

名詞は、形式名詞と実質名詞に分けられます。

実質名詞は、その名のとおり実質的な意味をもつ名詞です。

次の例文を読んでみてください。

例文
「私が彼を嫌いなわけはこれだ。」
「私はようやくことの難しさを実感した。」

この例文中の「わけ」には、「理由」という意味があるため、形式名詞ではなく実質名詞といえます。

実際に、「わけ」を「理由」に置き換えても文が成立しますよね。

同様に、上の例文中の「こと」には、「物事」や「出来事」という意味があるため、これも実質名詞といえるでしょう。

形式名詞の見分け方を3つのポイントで解説

形式名詞と実質名詞を見分けるポイントは以下の3つです。

  • 形式名詞は連体修飾語と一緒に使われる
  • 形式名詞はひらがなで表記するのが一般的
  • 形式名詞は単体では主語にならない

それぞれのポイントを詳しくみていきましょう。

1.形式名詞は連体修飾語と一緒に使われる

形式名詞はそれ単体では意味をもっていないので、通常、連体修飾語と一緒に使われます。

連体修飾語とは、体言を修飾する言葉です。

先ほどの例文「文章とは自由なものだ。」の中では、形式名詞「もの」は、連体修飾語「自由な」と組み合わせて使われています。

同様に、例文「この仕事は今日中に終わらせるつもりだ。」の中では、形式名詞「つもり」は、連体修飾語「終わらせる」と一緒に使われています。

一方で、実質名詞は以下の例文のように単独でも使えるのが特徴です。

例文
ところが変われば習慣も変わる。」
わけを話す。」

2.形式名詞はひらがなで表記するのが一般的

形式名詞は、ひらがなで表記するのが一般的です。

形式名詞には実質的な意味がないので、次の例文のように漢字で書くと少し違和感があるでしょう。

例文
「私の仕事は文章を書くだ。」
「天気予報の通り、雨が降ってきた。」

ただし、絶対に漢字で書いてはいけない、というわけではありません。

形式名詞を漢字で書いたとしても意味は十分通じるのでOK、という考え方もあるでしょう。

一方、実質名詞は、漢字で書いてもひらがなで書いても問題ありません。

例文
が変われば習慣も変わる。」
を話す。」

3.形式名詞は単体では主語にならない

形式名詞は、それ単体では主語になりません。

以下のように、連体修飾語と一緒に使われ、節を名詞化します。

例文
「困ったときは相談してください。」

一方、実質名詞は、それ単体で主語になります。

例文
ときがきたら始めよう。」

形式名詞だけではなく補助動詞についても知っておこう

形式名詞と似た品詞に、補助動詞というものがあります。

  • ひらがなで書かれる
  • 実質的な意味をもたない

など、形式名詞と似たような特徴をもっています。

次の例文中の「いく」などがよく使われる補助動詞です。

例文
「僕はこのゲームを楽しんでいくつもりだ。」

文中の「いく」には、動詞本来の「行く」という意味はないため、一般的にはひらがなで表記されます。

補助動詞については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

形式名詞を正しく使って読みやすい文章を書こう!

以上、形式名詞の意味や見分け方を解説しました。

形式名詞と実質名詞を区別することで、読みやすい文章を書けるでしょう。

このサイトでは、シンプルでわかりやすい文章を書くためのさまざまなテクニックを紹介していますので、他の記事もぜひチェックしてみてください。