2019年 9月 の投稿一覧

フリーランス・個人事業主の健康保険4つ!保険料削減のコツも解説

日本においては、国民全員が何かしらの健康保険に加入しなければならず、フリーランスや個人事業主も例外ではありません。

フリーランスや個人事業主が健康保険に加入する方法は以下の4つ。

  • 国民健康保険に加入する
  • 会社員時代の健康保険を任意継続する
  • 国民健康保険組合に加入する
  • 家族の健康保険に扶養として入る

会社員の場合は、基本的に給料から保険料が天引きされるため気にする場面も少ないのですが、フリーランスや個人事業主の場合は、自分で加入手続きをしたり、保険料の支払いをしたりする必要があります。

この記事では、健康保険を選ぶポイントや、保険料を安くする方法を解説しますので参考にしてください。

フリーランス・個人事業主が加入できる4つの健康保険

健康保険には、それぞれ特徴やメリット・デメリットがありますので、以下の内容を参考にして自分に合った保険を選びましょう。

1.国民健康保険に加入する

国民健康保険は、都道府県や市区町村が運営している健康保険です。

フリーランスや個人事業主が加入する健康保険として、最も一般的なものといえるでしょう。

保険料は、住んでいる地域や所得によって異なります。

会社を辞めてフリーランスになる場合は、退職日の翌日から14日以内に加入手続きをすることが必要です。

届出は、市役所や区役所で行います。

場所や必要書類などは、住んでいる地域の行政ホームページで確認しておきましょう。

国民健康保険に加入して保険証をもらえば、会社員同様、医療費の負担は3割で済みます。

2.会社員時代の健康保険を任意継続する

会社を退職してフリーランスや個人事業主になる場合は、会社員時代の健康保険にそのまま加入しておくことも可能です。

退職日までに2ヵ月以上継続して保険に加入していれば、任意継続を選択できます。

任意継続をする場合は、退職の翌日から20日以内に、健康保険組合へ必要書類を提出しましょう。

任意継続のメリット

任意継続のメリットは大きく以下の3つ。

  • 扶養家族の保険料を払う必要がない
  • 会社員時代より保険料が安くなる場合もある
  • 福利厚生を引き続き利用できる

扶養家族の年収が130万円未満の場合は、保険料を払う必要がありません。

また、任意継続の健康保険料には上限があるため、会社員時代より保険料が安くなる場合があります。

例えば、協会けんぽの場合は、以下のように定められています。

平成31年度の健康保険の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限は、30万円に変更となります。

全国健康保険協会

会社員時代に50万円の月額報酬をもらっていたとすると、任意継続した場合の月額報酬は30万円とみなされますので、会社員時代より保険料が安くなるのです。

保養施設の利用など、健康保険の福利厚生を継続して受けられるのも嬉しいポイントといえるでしょう。

任意継続のデメリット

任意継続には以下のようなデメリットや条件があります。

  • 全額自己負担のため保険料が高くなる場合もある
  • 2年間しか継続できない
  • 保険料の支払いを1日でも滞納すると脱退させられる

会社員時代は、会社が健康保険料の半分を負担してくれていました。

しかし、任意継続をすると全額を自分で払う必要があるため、保険料が高くなる場合もあります。

また、2年間しか任意継続できないのもデメリットといえるでしょう。

その後は国民健康保険など別の保険に切り替える必要があるため、手間がかかります。

保険料の支払いが遅れると継続できなくなるという厳しい条件もあるため、しっかりと考えてから決めましょう。

3.国民健康保険組合に加入する

フリーランスや個人事業主は、国民健康保険組合に加入するという方法もあります。

いくつかの組合がありますが、組合ごとに特定の事業を行っていなければ加入できません。

代表的な組合は以下のとおり。

文芸美術国民健康保険組合

フリーランスとしてWebデザイナーやイラストレーターをしている人のための組合です。

その他、文芸や美術に関わっている人が加入できます。

保険料は、所得に関係なく1ヵ月あたり19,600円。

国民健康保険は所得が高くなるほど保険料も高くなるのですが、この組合の保険料は一定額であることが大きなメリットといえるでしょう。

目安ですが、年間所得が300万円を超える場合は、この組合への加入を検討してみてください。

ただし、加入するには以下の条件があります。

日本国内に住所を有し、文芸、美術及び著作活動に従事し、かつ、 組合加盟の各団体の会員である者とその家族。

文芸美術国民健康保険組合

文芸美術国民健康保険組合とは別に、以下のような組合加盟の団体の会員である必要があります。

  • 日本写真家協会
  • 日本空間デザイン協会
  • 日本文芸家協会

保険料に加えて団体の年会費などがかかってしまうのは、デメリットといえるでしょう。

東京美容国民健康保険組合

美容関係のフリーランスや個人事業主向けの組合です。

  • 東京都内に事業所があること
  • 東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・山梨県に住んでいること

など、加入条件が少し厳しいといえます。

4.家族の健康保険に扶養として入る

フリーランスや個人事業主としての所得が少ない場合は、家族の健康保険に扶養として入ることも検討してみましょう。

年間の収入が130万円未満であり、被保険者の収入の半分未満であれば加入できます。

その他、以下のような条件があります。

  • 被保険者と三親等以内
  • 被保険者と生計を共にしていること

同居か別居かによっても条件が異なるため、よく確認しておきましょう。

扶養に入ると、保険料を支払う必要はなくなります。

フリーランス・個人事業主は国民健康保険に加入するのがおすすめ

ここまで、健康保険に加入する4つの方法を紹介しました。

どの健康保険に入るかによって保険料は異なりますが、1ヵ月あたり1〜2万円程度支払うのが一般的でしょう。

この健康保険料を安く抑えるためには、国民健康保険に加入して確定申告をするのがおすすめです。

国民健康保険の保険料は所得に応じて決定されるため、確定申告をして所得が少なくなれば保険料も安くなります。

住んでいる地域にもよりますが、私の場合は青色申告によって月1,500円まで抑えられた年もありました。

確定申告は意外と簡単にできますので、ぜひ挑戦してみてください。

フリーランスと個人事業主の違いを3つのポイントで解説

フリーランスと個人事業主は、ともに会社に所属せずに働く人のことを指しますが、違いもあります。

特に大きな違いは、個人事業主のほうがフリーランスより「節税効果が大きい」ということでしょう。

開業届を出して個人事業主になることで、大きな節税効果が得られるのです。

自由なスタイルで働くだけでなく、できれば多くのお金を手にしたいですよね。

この記事では、フリーランスと個人事業主の違いを3つのポイントで解説します。

節税効果の違いについても紹介しますので、利益を逃さないようにしっかりと理解しておきましょう。

1.フリーランスと個人事業主の違いは開業届を出しているか否か

個人事業主とフリーランスの大きな違いは、税務署に開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)を提出しているか否かです。

開業届を提出することで、法律的に個人事業主と認められます。

個人事業主は、フリーランスのうち、開業届を出している人といえるでしょう。

例えば、個人でライターをしており開業届を出している場合は、個人事業主ともフリーランスともいえます。

個人のライターで開業届を出していない場合は、フリーランスとはいえますが、個人事業主とはいえません。

(開業届を出していない場合でも「個人で事業をしている」とはいえますが、法律的な個人事業主とはいえません)

2.フリーランスと個人事業主で働き方に違いはない

フリーランスか個人事業主かによって、働き方が異なるわけではありません。

フリーランスでも個人事業主でも、企業から仕事を請け負って働く場合もあれば、完全に個人で創作活動を行う場合もあるでしょう。

働き方の違いは、個人の考え方によるところが大きいといえます。

また、フリーランスか個人事業主かによって、できる仕事内容が異なるわけでもありません。

どちらであっても、

  • ライター
  • エンジニア
  • カフェ運営

など、さまざまなジャンルの仕事に挑戦できます。

3.フリーランスより個人事業主のほうが節税効果は大きい!

フリーランスと個人事業主で働き方に違いはありませんが、個人事業主のほうが「節税効果が大きい」というメリットがあります。

節税効果について、具体的に確認しておきましょう。

個人事業主になって青色申告すれば最大65万円の特別控除が受けられる

個人事業主の開業届と一緒に「青色申告承認申請書」を出しておけば、確定申告の際に青色申告が可能です。

確定申告は青色申告と白色申告に分けられますが、青色申告では最大65万円の特別控除が受けられます。

つまり、青色申告をするだけで収入から65万円が差し引かれるので、それだけ所得が少なくなり、以下の税金が安くなるのです。

  • 所得税
  • 住民税
  • 国民健康保険料

開業届を出していないフリーランスでも確定申告はできる

青色申告は、開業届と青色申告承認申請書を提出した個人事業主しかできません。

しかし、開業届を出していないフリーランスでも、白色による確定申告はできます。

白色申告でも38万円の基礎控除が受けられるので、大きな節税対策といえるでしょう。

また、以下のような経費を申告すれば、さらに所得が少なくなるので節税効果は大きくなります。

  • 自宅を事務所としている場合の家賃や光熱費の一部
  • 打ち合わせのための交通費や飲食代
  • 資料としての書籍代

確定申告は自分で意外と簡単にできるので、フリーランスの方もぜひチャレンジしてみてください。

フリーランスも個人事業主もソフトを使って手軽に確定申告をしよう!

確定申告は難しいと思われがちですが、ソフトを使えば誰でも簡単にできます。

私も特に資格があるわけではありませんが、税理士などに頼ることなく毎年自分で確定申告を行っています。

私が使っているのは『やよいの青色申告オンライン』というソフトです。

日々の収入や経費などを入力しておけば、確定申告の時期に印刷するだけで提出書類が完成します。

1年間無料で使え、次年度からは年間8,000円かかりますが、確定申告すれば余裕で取り戻せる金額ですので、ぜひ試してみてください。

月30万円稼ぐフリーライターになるための簡単3ステップ

フリーランスのライターになるハードルは、とても低くなってきています。

大きな理由は以下の2つ。

  • 未経験でもクラウドソーシングサイトで簡単に仕事が探せる
  • 多くの企業がWeb集客に力を入れているため記事作成の仕事が多い

フリーライターを目指す人にとっては嬉しい環境ですね。

私はフリーライターとして活動しつつ、業務委託で記事のディレクションなども行なっています。

この記事では、ライティングの受発注をしてきた経験から、フリーライターになるための方法を解説します。

まずは、月30万円稼ぐフリーライターになることを目標にしてみましょう。

月30万円稼ぐフリーライターになるには文字単価2円の仕事を狙おう

ライティングの報酬は文字単価で提示されることが多いのですが、0.5円/文字のものから5.0円/文字を超えるものまで、さまざまな仕事があります。

文字単価が3.0円を超えてくると、

  • ジャンルごとの専門知識
  • 高い論理的思考力や文章構成力
  • SEOライティングに関する知識
  • 単価交渉能力やビジネススキル

などが求められるため、初めはハードルが高いと思います。

まずは1.0円/文字程度の仕事から始め、少しずつスキルアップしながら単価を上げて、2.0円/文字の仕事を増やしていきましょう。

2.0円/文字 × 5,000文字 = 10,000円

ですので、仮に30日稼働すると30万円稼げます(適度に休んでください)。

文字単価2.0円の仕事を得るまでのステップも、以下のとおり簡単です。

  1. クラウドソーシングサイトに登録して仕事をする
  2. ライティングしながらスキルアップする
  3. 単価アップ交渉をする

順番に詳しく解説していきます。

1.フリーライターになるにはクラウドソーシングサイトに登録しよう

フリーライターになるためには、まずクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

特に資格などは必要ありません。

登録しておくべきクラウドソーシングサイトは以下のとおり。

掲載されている案件が異なるので、すべてに登録しておくのがおすすめですが、最初はどれか1つでもOKです。

登録したら、すぐに仕事に応募してみてください。

いきなり仕事ができるのかと不安を感じるかもしれませんが、ライティングは書かないとレベルアップしないので、どんどん応募していきましょう。

初心者歓迎の案件も多い、文字単価1.0円程度の仕事から始めるのがポイントです。

文章に自信がある場合はいきなり高単価の案件に挑戦してもOKですが、実績が少ないと採用されにくいので、まずは1.0円程度の案件を狙いましょう。

2.フリーライターは記事のフィードバックをもらってレベルアップしよう

書いた記事の良し悪しは、自分ではなかなか判断できません。

  • どの部分が読みやすかったのか
  • どの部分がわかりにくかったのか

など、クライアントからできるだけフィードバックをもらうようにしましょう。

修正指示がきた場合もしっかりと対応することが重要です。

とはいえ、フィードバックがなかなかもらえないこともあります。

クライアントとしては、フリーライターの教育にコストや時間をかけたくないからです。

フィードバックをもらうためには、納期や仕様をしっかりと守ることや、修正指示に素早く対応することが大切です。

クライアントと良好な関係を作り、「コストをかけてでも継続的に仕事を依頼したい!」と感じてもらえるよう心がけましょう。

本からもライティングスキルを習得しよう

組織に所属していないフリーライターは、情報を得る機会が少なくなりがちなため、本から知識を得ることも大切です。

一気にたくさん読む必要はありません。

ライティングスキルを上げるためには書くことが一番重要なため、書きながら読んでいきましょう。

3.フリーライターは単価交渉をして報酬をアップしよう

クライアントから継続的に仕事の依頼がくるようになったら、文字単価を上げてもらえるよう交渉してみましょう。

ただし、クライアントにも予算があるため、無理な交渉をしても意味がありません。

クライアントにもよりますが、元々の文字単価1.0円であるなら、1.5円くらいが上限かなと思います。

文字単価が0.1〜0.2円上がるだけでも月単位の報酬は大きく変わりますので、自分のスキルに自信がついたら交渉してみましょう。

単価の高い仕事にもチャレンジしてみよう

仕事を継続していると実績も増えていくので、高単価の仕事にも採用されやすくなります。

最初は手が出しにくかった文字単価2.0円以上の案件にも、積極的に応募してみましょう。

例えば『クラウドワークス』では、納品完了率やクライアント評価などの基準を満たすとプロクラウドワーカーに認定してもらえます。

あくまでもサイト内の評価ではありますが、報酬アップにつながりますので基準を満たせるよう頑張りましょう。

また、『サグーワークス』では、プラチナライターテストを受けて合格すると高単価案件に応募できるようになります。

何度でも受けられるため、気軽に挑戦してみてください。

フリーライターは自分のサイトも作ろう

フリーライターは、自分のサイトを作っておくことも大切です。

サイトを持っておけば、

  • 実績をアピールしやすい(サイト自体が実績になる)
  • サイト経由で直接仕事を依頼してもらえる
  • 広告収入やアフィリエイト収入にもつながる

などのメリットが得られます。

スキルは必要ですが、文字単価も自由に設定できるため、高収入が目指せるでしょう。

サイトは意外と簡単に作れるので、ぜひ挑戦してみてください。

月30万円稼ぐフリーライターになるには継続してスキルアップすることが大切!

この記事では、初心者から月30万円稼ぐフリーライターになるための方法について解説しました。

リスクもありませんし、努力した分だけスキルアップできて報酬も上がります。

文章を書くのが好きな方は、気軽に挑戦してみましょう。

フリーランスの仕事の探し方!5つの方法を組み合わせよう

収入が不安定になりがちなフリーランスは、複数の収入源や取引先、仕事探しの場を確保しておくことが大切です。

ここでは、5つの方法を紹介します。

どれが良いというよりは、複数の方法を組み合わせて収益アップを狙うのがおすすめです。

フリーランスである私も、いろいろな方法で収益を得ています。

1.フリーランスはクラウドソーシングサイトで仕事を探そう

クラウドソーシングサイトとは、仕事の発注者と受注者をつないでくれるサイトです。

最近は、企業がフリーランスを集めてプロジェクトを行ったり、フリーランスが他のフリーランスへ仕事を発注したりすることも珍しくありません。

初心者でも簡単に仕事を探せますので、ぜひ登録しておきましょう。

大手としては以下の3つが有名です。

  • クラウドワークス
  • サグーワークス
  • Bizseek

それぞれ簡単に紹介していきますね。

クラウドワークス

初心者でも仕事を受けやすいサイトです。

  • ライティング
  • システム開発
  • デザイン

など、幅広いジャンルの仕事が見つかります。

クライアントと良好な関係を築いていけば、継続して仕事がもらえたり、報酬アップを交渉できたりするため、登録しておいて損はありません。

私も仕事の発注と受注のために使っています。

サグーワークス

『サグーワークス』は、ライティングに特化した仕事探しサイトです。

コラム記事の作成から簡単なデータ入力まで、書くことに関する仕事が見つかります。

▶︎『サグーワークス』の無料登録ページへ

また、テストに合格してプラチナライター登録をすると、限定の高報酬案件に取り組むことができます。

文章に自信がある場合は、プラチナライターテストを受けてみましょう。

▶︎『サグーワークス』のプラチナライターテストページへ

Bizseek

『Bizseek』では、

  • ライティング
  • アプリ開発
  • データ入力

などの仕事を探せます。

掲載されている案件はサイトごとに異なりますので、いくつかのサイトへ登録しておくのがおすすめです。

2.フリーランスは自分のブログを作って仕事を集めよう

フリーランスが仕事を得るためには、自分のブログやサイトを作っておくことも大切です。

自分のサイトであれば、これまでの実績や作品を自由な形で発表し、見る人へアピールできます。

ライターやWebデザイナーの場合はサイトそのものが作品となるので、うまく活用すれば集客効果は抜群です。

また、クライアントと直接契約できるので、システム手数料などが引かれることもありません。

私は、前述のクラウドワークスなどを利用しつつ、このサイトを運営して仕事を得ています。

アクセスが増えてくると、仕事だけでなくアフィリエイト収入も得られるので、ぜひサイトを開設しておきましょう。

3.フリーランスはSNSで仕事を探そう

フリーランスの仕事探しには、SNSも活用できます。

主なSNSとしては、

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

が挙げられます。

フリーランスは、仕事の実績をアピールする場を増やすことが重要です。

いくら良い作品を作る実力があっても、それが他の人に伝わらなければ仕事は得られません。

SNSを使って、積極的に自分の作品を公開していきましょう。

例えば、アクセサリーや小物を作るデザイナーであれば、Instagramに写真をアップすると効果的です。

また、ライターであれば、記事のURLを付けてTwitterに投稿すると良いでしょう。

SNSを使う際は、自分のブログやサイトと組み合わせるとより効果的です。

SNSのプロフィール部分にサイトURLを貼っておけば、投稿を見た人がプロフィール画面へ移動し、サイトへアクセスしてくれることもあります。

4.フリーランスは知人・友人から仕事をもらおう

フリーランスは、知人や友人から仕事をもらうことも大切です。

すでにある程度の信頼関係があるため、仕事をもらいやすいといえるでしょう。

ただ、バリバリの営業のようなことをする必要はありません。

「今こんな仕事をやっている」と話しておくことが重要です。

興味があれば仕事を依頼してくれるでしょうし、その友人は興味がなくても別の知人を紹介してくれる可能性もあります。

フリーランスとして仕事をしていること自体、友人たちが知らないことも多いものです。

チャンスを広げるため、積極的に話していきましょう。

前述のブログやSNSを組み合わせると、より効果的に広まっていきます。

5.フリーランスはコミュニティに所属して仕事を探そう

オンラインサロンや起業塾といったコミュニティに所属しておくことも大切です。

Webライターやエンジニアなど、業種ごとに色々なコミュニティが存在しています。

横のつながりで仕事を紹介してもらえることもありますし、チームでプロジェクトに参加することもあるでしょう。

また、フリーランスは基本的に1人で仕事をするため、モチベーションを保つのが難しい場合があります。

コミュニティに所属していると、仲間からの刺激を受けて仕事のモチベーションが上がることも期待できます。

フリーランスが仕事を探すときの3つの注意点

1.報酬が安すぎる仕事は請けない

多くの仕事をこなして実績を増やすことは重要です。

しかし、報酬が安すぎる仕事を多く請けて、収益を上げようとするのも避けたほうが良いでしょう。

例えばライティングの仕事の場合、文字単価1.0円以下の仕事はあまりおすすめできません。

文字単価1.0円で1,000文字を1時間で書くと、時給換算で1,000円です。

時給1,000円以下では、少し辛い気がしますよね。

また、ある程度の報酬がもらえる案件をじっくりこなしたほうが、自分のスキルアップにもつながります。

それによって、さらなる仕事の受注や報酬アップも狙えるでしょう。

2.フリーランスでも基本的な社会人マナーを守る

会社のような堅苦しさが嫌いで、フリーランスをしている人も多いでしょう。

私もその1人です。

しかし、特に企業から仕事を請ける場合、最低限のマナーに注意する必要があります。

過剰にへりくだったり、上下関係を気にしたりする必要はありませんが、挨拶や連絡方法には注意しましょう。

例えばメール連絡においては、

  • お世話になっております。
  • ご連絡ありがとうございます。
  • ご確認よろしくお願いいたします。

など、基本的なマナーを守っておけば問題ありません。

仕事の依頼に対して「わかりました」と返信するだけでは、印象が悪くなる可能性があります。

  • ご依頼いただきありがとうございます。
  • かしこまりました。

など、挨拶や感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

3.クレームが多すぎるクライアントからは仕事を請けない

クライアントによっては、納品物に対するクレームが多い場合があります。

当然、自分のミスであれば謝罪したうえで対応する必要がありますが、過剰なクレームにまで対応する必要はありません。

特に日本には、「お客様は神様」といった思想が強く残っています。

しかし、最近は悪質なクレーマーが多いため、従業員を守るためにブラックリストを作る企業も増えてきました。

仕事をくれるからといって、クレーム対応で疲弊してしまっては意味がありません。

フリーランスは弱い立場になりがちですが、過剰なクレームは無視して、良質なクライアントと付き合いましょう。

フリーランスは複数の仕事の探し方を組み合わせよう!

以上、フリーランスの仕事の探し方を紹介しました。

毎月一定の給料がもらえる会社員とは異なり、フリーランスの収入は不安定になりがちです。

クライアントからいきなり仕事を打ち切られることもあるでしょう。

リスク回避のためにも、複数の収入源を確保しておくのがおすすめです。

クラウドソーシングサイトは複数の収入の確保に最適ですので、いくつか登録しておきましょう。