2019年 12月 の投稿一覧

10の語尾を使い分けて文章のリズムを改善しよう!

「ですます調」で文章を書く場合、同じ語尾が連続してしまい読みにくい文章になることもあるでしょう。

そこで今回は、さまざまな語尾を使い分けて、文章のリズムを改善するコツを紹介します。

誰でも簡単にリズムを改善できるよう例文付きで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

簡単に使える10の語尾

リズムのよい文章を書くために、以下で紹介する10の語尾を覚えておきましょう。

〜です

「ですます調」の基本となる語尾ですが、3つ以上連続するとリズムが悪くなります。

例文
語尾のリズムは大切です

〜ます

こちらも「ですます調」の基本の1つ。

特に初心者の頃は「~です」と「~ます」だけになりがちですので、他の語尾も意識的に取り入れましょう。

例文
語尾のリズムを整えます

〜でしょう

未来のことや提案内容などを書くときに使います。

例文
文章を書くときは、語尾に注意しましょう

〜でしょうか?

疑問形を用いるのもよい方法です。

例文
文章を書くときは、何に注意すればよいでしょうか?

〜ました

過去形もうまく使うと、語尾のバリエーションが増えます。

例文
ここまで、語尾のバリエーションを増やすポイントを紹介しました

〜ません

適度に否定形を用いると、上級者らしい文章になります。

例文
リズムの悪い文章は、読者に好まれません

〜ください

上から目線の文章にならないよう、適度に使うのがポイントです。

例文
この記事を参考にしてください

〜よね

読者の共感を求める場合に使いましょう。

例文
リズムのよい文章を書きたいですよね

体言止め

名詞などの体言で終わらせる形です。

例文
文章を書くうえで大切なのは語尾のリズム

会話調

「」を使って会話調にすれば、語尾のバリエーションがかなり増えます。

例文
「リズムのよい文章を書きたい…」

例文で学ぶ!単調な語尾にバリエーションをもたせよう

ここまで紹介した10の語尾を使って、バリエーション豊かな文章にしてみましょう。

語尾が単調な文章のリズムを改善しよう【初級編】

語尾が単調な文章
文章を書く前に、しっかり情報収集をすることが大切です
次に行うことはターゲットの設定です
これらを行うことで、魅力的な文章になるのです

「~です」が3回も連続しているので、以下のように改善してみましょう。

語尾のリズムがよい文章
文章を書く前に、しっかり情報収集をすることが大切です
次に、ターゲットの設定を行います
これらを行うことで、魅力的な文章になるでしょう

次のような改善方法もあります。

語尾のリズムがよい文章
文章を書く前に、しっかり情報収集をすることが大切です
次に行うことはターゲットの設定
これらを行わなければ、魅力的な文章にはなりません

体言止めや否定形を使って、語尾のリズムを改善してみました。

語尾が単調な文章のリズムを改善しよう【中級編】

語尾が単調な文章
ブログのネタがないときもあります
インターネットで検索すると、よいネタが見つかることもあります
本を読むことで見つかることもあります
さまざまな情報を得ることで、ブログを書き続けられます

少し極端な例ですが、「~ます」が4回も続いているので以下のように改善してみます。

語尾のリズムがよい文章
ブログのネタがないとお悩みではないでしょうか?
インターネットで検索すると、よいネタが見つかることもあります
本を読むこともネタ探しの方法の1つです
さまざまな情報を得ることで、ブログを書き続けていけるでしょう

次のような表現もできます。

語尾のリズムがよい文章
ブログのネタがないときもありますよね
インターネットで検索すると、よいネタが見つかることもあります
本を読むこともネタ探しの方法の1つ
さまざまな情報を得ることで、ブログを書き続けていけるでしょう

読者への語りかけや体言止めを用いて、読みやすくしてみました。

語尾が単調な文章のリズムを改善しよう【上級編】

語尾が単調な文章
ライターとして活躍するためには文章力が必要です
読者にわかりやすく伝えるための説明力も重要です
稼ぐためには継続力も大切です
クライアントとの交渉力も必要です
読者を集めるための企画力も重要です

「〜です」が5回も連続しているので、幼稚な文章という印象もありますよね。

語尾だけを変える方法もありますが、「重要」や「大切」といった同じような言葉が並んでいるので、次のように改善してみましょう。

語尾のリズムがよい文章
ライターとして活躍するためには文章力のほか、以下のようなスキルが必要です。

・読者にわかりやすく伝えるための説明力
・稼ぐための継続力
・クライアントとの交渉力
・読者を集めるための企画力

箇条書きを使えば、文章全体のリズムがよくなりサクサクと読めます。

語尾のバリエーションを増やして幼稚な文章を卒業しよう!

今回は、10の語尾を使い分けて、リズムのよい文章を書くコツを紹介しました。

同じ語尾が連続しすぎると読みにくいだけでなく、読者に幼稚な文章と思われかねません。

この記事で紹介した10の語尾を使えば、誰でも簡単にリズムを改善できますので、ぜひ試してみてください。

例文で学ぶ!箇条書きを駆使して文章を読みやすくしよう

箇条書きをうまく使えば、誰でも簡単に読みやすい文章を書けます。

箇条書きのメリットは、以下のとおり。

  • 1文が短くなって読みやすい
  • 文章が苦手でもまとめやすい
  • 情報のグループがわかりやすい

ユーザーは情報を素早く把握でき、文章全体をサクッと読めるため、読了率が上がることも期待できます。

この記事では、箇条書きを使うコツを例文付きで紹介していますので、参考にしてください。

「や」が出てきたら箇条書きにしよう

並列的な内容を示す「や」が出てきたら、箇条書きを使ってみましょう。

まずは、次の例文を読んでみてください。

例文
シンプルな文章を書くためには、冗長表現を避けること無駄な修飾語を使わないことが大切です。

「や」で並べられた項目を箇条書きにしてみます。

箇条書きの例文
シンプルな文章を書くためには、

・冗長表現を避けること
・無駄な修飾語を使わないこと

が大切です。

内容は同じですが、サクッと読みやすい感じになりましたよね。

「〜たり」が出てきたら箇条書きにしよう

「や」と同様に、並列的な情報を示す「〜たり」が出てきたら箇条書きにしてみましょう。

まずは、「〜たり」を使った例文を読んでみてください。

例文
多くの情報を得るために、本を読んだり、インターネットで検索したり、人と話したりすることを心がけましょう。

意味はわかりますが、少しダラダラとした印象ですね。

以下のように、箇条書きにしてみましょう。

箇条書きの例文
多くの情報を得るために、

・本を読む
・インターネットで検索する
・人と話す

といったことを心がけましょう。

箇条書きによって情報がグループ化されたので、内容を把握しやすくなりました。

「、」で並べられた情報を箇条書きにしよう

読点「、」で並列的に書かれた情報も、箇条書きにすると読みやすいでしょう。

例文
私は、シンプルな文章を書くこと丁寧なコミュニケーションを取ること納期を守ることを大切にしています。

読点「、」が連続すると、読むのが少し面倒ですよね。

箇条書きにしてみましょう。

箇条書きの例文
私は、

・シンプルな文章を書くこと
・丁寧なコミュニケーションを取ること
・納期を守ること

を大切にしています。

サクッと読めて、頭に入りやすくなりました。

並列的な情報はなるべく箇条書きにしよう

少しでも並列的な情報が出てきたら、箇条書きにしてもOK。

特にWebサイトの文章の場合は、箇条書きは効果的です。

Webサイトの文章は基本的に無料であるため、読むのを簡単にやめられてしまいます。

最後まで読んでもらうために、箇条書きを用いてサクサク読み進められるようにしましょう。

例文
ブログを書くうえでは、適切なキーワードを選び、しっかりと情報を収集しましょう。また、ユーザーニーズの把握も大切です。

このような文章も箇条書きにしてみましょう。

箇条書きの例文
ブログを書くうえで大切なことは、以下の3つです。

・適切なキーワード選び
・しっかりとした情報収集
・ユーザーニーズの把握

箇条書きを使う際の3つのコツ

箇条書きを使う際は、以下3つのポイントを意識しましょう。

  1. 共通部分は箇条書きの外にまとめる
  2. 箇条書きの深さを揃える
  3. 箇条書きの言い回しを揃える

それぞれ順番に解説していきます。

1.共通部分は箇条書きの外にまとめよう

箇条書きを用いる際、各項目はシンプルにまとめることが大切です。

まずは、箇条書きを使った以下の例文を読んでみてください。

箇条書きの例文
文章を書くときは、

・キーワードに関するユーザーニーズを把握すること
・インターネット上の最新情報を把握すること

が大切です。

「把握すること」が箇条書きの中に2回登場しているので、以下のようにシンプルにしてみましょう。

よりよい箇条書きの例文
文章を書くときは、

・キーワードに関するユーザーニーズ
・インターネット上の最新情報

を把握することが大切です。

文章が短くなり、読みやすくなりましたよね。

2.箇条書きの深さを揃えよう

箇条書きの深さとは、各項目の長さや詳しさのことです。

次の例文を読んでみてください。

箇条書きの例文
多くの知識を集めるためには、

・本を読むこと
・気になったキーワードをインターネットで検索して調べること

などが大切です。

文法的には問題ないのですが、インターネットについてだけ詳しく書かれているので、少しバランスが悪いですね。

以下のように改善してみましょう。

よりよい箇条書きの例文
多くの知識を集めるためには、

・本を読むこと
・インターネットで検索すること

などが大切です。

箇条書きの深さが揃いました。

3.箇条書きの言い回しを揃えよう

言い回しを揃えると、読みやすい箇条書きになります。

箇条書きの例文
ブログを書くときは、

・キーワード選定
・ユーザーニーズを把握する

といったことが重要です。

せっかく箇条書きを使ったのに各項目の語尾が不揃いであるため、まとまりがありませんね。

次のように改善しましょう。

よりよい箇条書きの例文
ブログを書くときは、

・キーワードの選定
・ユーザーニーズの把握

といったことが重要です。

各項目の語尾を名詞に統一したので、すっきりとまとまりました。

箇条書きを駆使して文章を読みやすくしよう

今回は、箇条書きを使う際のポイントを紹介しました。

箇条書きをうまく使えば、誰でも簡単に読みやすい文章を書けます。

並列的な内容を示す「や」や「たり」が出てきたら、積極的に箇条書きにしましょう。

文章を改行して劇的に読みやすくする3つのテクニック

適切な位置で改行することで、文章は劇的に読みやすくなります。

逆に、改行の位置が不適切だと読みにくい文章になってしまい、読了率は下がってしまうでしょう。

そこでこの記事では、主にブログやWebサイト上の文章に関する改行のテクニックを紹介します。

簡単に使えるテクニックばかりなので、ぜひ参考にしてください。

1.Webサイトの文章は1文ごとに改行してもOK

Webサイトの文章は、第一印象が重要です。

文字ばかりが詰め込まれていると、読者が「読みにくそう…」と感じて離脱してしまう可能性もあります。

次の例文を読んでみてください。

改行のない文章
私の仕事は文章を書くことで、金融系や美容系などさまざまなジャンルの記事を書いています。記事を書くときに大切にしていることは、ターゲットのニーズを把握することやしっかりと情報収集をすることです。これまで多くのクライアントから依頼を受けて執筆してきました。記事のクオリティはもちろん、スムーズな連絡や納期を守ることも大切にしていますので、ぜひご依頼ください。

文字が詰まりすぎていて、読む気がなくなりますよね。

以下のように改行を入れてみましょう。

改行のある文章
私の仕事は文章を書くことで、金融系や美容系などさまざまなジャンルの記事を書いています。

記事を書くときに大切にしていることは、ターゲットのニーズを把握することやしっかりと情報収集をすることです。

これまで多くのクライアントから依頼を受けて執筆してきました。

記事のクオリティはもちろん、スムーズな連絡や納期を守ることも大切にしていますので、ぜひご依頼ください。

全く同じ文章ですが、改行を入れるだけでグッと読みやすくなりました。

特に最近はスマホから閲覧するユーザーが多いため、小さな画面でも読みやすくする配慮はとても大切。

このサイトの読者も半分以上がスマホから閲覧していますので、基本的に1文ごとに改行しています。

必ず1文ごとで改行する必要はありませんが、画面が文字でいっぱいになるような状況は避けましょう。

本などのメディアでは、内容や主張が変わる部分で改行するのが一般的ですが、改行はメディアに合わせて最適化することが大切です。

2.「」内の文章は改行しない

1文ごとに改行するとスマホでも読みやすいことを紹介しましたが、「」内は改行しないようにしましょう。

「」内で改行すると、次の文章のようにどこまでを括っているのかわかりにくくなってしまいます。

NG例
友人から次のような相談を受けました。

「ブログを書き始めてみたものの、すぐに書くネタがなくなってしまった。

ブログのネタはどのように探せばよいのでしょうか?」

内容が途切れてしまって読みにくいですよね。

次のように「」内の改行はなくしましょう。

OK例
友人から次のような相談を受けました。

「ブログを書き始めてみたものの、すぐに書くネタがなくなってしまった。ブログのネタはどのように探せばよいのでしょうか?」

また、「」内の文章を長くしすぎないような配慮も大切です。

3.Webの文章は改行したときに1字下げをしない

本や新聞などのメディアでは、改行したときに1字下げをするのが一般的ですが、Webサイトの文章では1字下げは不要です。

次の例文を読んでみてください。

NG例
 ブログを書き始めてみたものの、すぐに書くネタがなくなってしまうとお悩みのライターも多いでしょう。

 効率よくブログのネタを探すためには、本を読むことやインターネットで情報を集めることが大切です。

 また、ブログのテーマとして自分の得意ジャンルを選ぶことも、ネタ切れを防ぐ方法の1つといえます。

ガタガタして読みにくいですよね。

OK例
ブログを書き始めてみたものの、すぐに書くネタがなくなってしまうとお悩みのライターも多いでしょう。

効率よくブログのネタを探すためには、本を読むことやインターネットで情報を集めることが大切です。

また、ブログのテーマとして自分の得意ジャンルを選ぶことも、ネタ切れを防ぐ方法の1つといえます。

文と文の間に空白部分ができるので、それで十分。

わざわざ1字下げをすると、読みにくくなってしまうので注意しましょう。

改行と組み合わせて使いたい文章デザインの3つのコツ

文章を読みやすくする方法は、改行だけではありません。

以下3つのコツを組み合わせれば、より読みやすい文章を書けるでしょう。

  1. こまめに小見出しを設置する
  2. 並列的な情報は箇条書きにする
  3. 太字やマーカーを使う

それぞれについて詳しく解説していきます。

1.こまめに小見出しを設置する

1文ごとに改行するだけでは、内容の変化や話の要点がわかりにくくなってしまいます。

そこで、Webサイトの文章の場合は、小見出しをこまめに設置しましょう。

小見出しを読んでいくだけで、文章全体の概要を把握できるのがベストです。

Webサイトの文章は基本的に無料で気軽に読めるため、読むのをやめることも気軽にできてしまいます。

読者に最後まで読み進めてもらうためには、

  • 話の要点がすぐにわかること
  • 求める情報が書かれている部分を簡単に把握できること

などが重要です。

小見出しにその段落の結論をわかりやすく書いて、読者に伝えるようにしましょう。

2.並列的な情報は箇条書きにする

ダラダラと書くよりも箇条書きを用いるほうが、文章は劇的に読みやすくなります。

箇条書きのメリットは以下のとおり。

  • 1文が短くなるので読みやすい
  • 文章が苦手な人でも要点を伝えやすい
  • 情報をグループ分けできる

少しでも並列的な情報が出てきたら、箇条書きにしてみましょう。

3.太字やマーカーを使う

前述のとおり、Webサイトの文章においては、話の要点を簡単に把握できることが重要。

太字やマーカーを使うことも、読者に要点を伝えるうえで効果的です。

使いすぎると情報が増えすぎて読みにくくなりますが、小見出しの中の重要な部分などで使ってみましょう。

文章を改行するコツを掴んで読みやすくしよう!

今回は、改行によって文章を劇的に読みやすくするコツを紹介しました。

  • 1文ごとに改行する
  • こまめに小見出しを設置する
  • 並列的な情報は箇条書きにする

といったことを意識すれば、誰でも簡単に読みやすい文章が書けます。

ぜひ試してみてください。

Webライターに必須の3スキル!これができたら売上倍増

ライティングのスキルを上げて、

  • クライアントからの注文が殺到するWebライターになりたい
  • 自分のサイトのアクセス数を増やして稼ぎたい

と考えている方は多いでしょう。

そこでこの記事では、Webライターに必須のスキルを紹介します。

今回、紹介するスキルは以下の3つ。

  • 仕様書を理解するスキル
  • 文章力・構成力
  • SEOライティングに関するスキル

これらのスキルは、コツを知っておけば誰でも簡単に習得できます。

私は、ライターとしてこのサイトを運営しつつ、クライアントからの依頼を受けて記事の執筆や編集なども行っています。

そんな経験をとおして、ライターに必要なスキルや身に付け方を紹介しますので、参考にしてください。

1.Webライターにとって最も大切なのは仕様書を読み解くスキル

自分のサイトに掲載する記事であれば、自由に書いても問題ありません。

しかし、クライアントから依頼を受けて記事を書く場合は、仕様書を正確に読み取り、それに沿って記事作成をすることが大切です。

仕様書とは、クライアントの依頼内容が書かれた「記事の設計図」のようなもの。

内容や形式はクライアントによって異なりますが、一般的には以下のようなことが書かれています。

仕様書を正しく理解してから記事を書かないと、せっかく書いても使えない記事になってしまったり、報酬をもらえなかったりするので注意しましょう。

Webライターは、仕様書から以下のような内容を読み取ることが大切です。

  • 掲載先サイト
  • 記事タイトル
  • 対策キーワード
  • 見出し構成・記事概要

順番に詳しく解説していきます。

(1)掲載先サイト

Webライターにとって、掲載先サイトの内容や目的を把握するスキルはとても重要です。

ここを理解しておかないと、記事を書いても無駄になってしまう可能性もあります。

掲載先サイトのURLが記載されている場合は、必ずクリックして確認しましょう。

全記事をチェックする必要はありませんが、何記事か読んでみて、サイトの目的やターゲット、「ですます調」なのか「である調」なのか、などを確認します。

ここで一番重要なチェックポイントは、サイトの目的です。

基本的にどんなサイトにも、自社のサービスや商品を売る、アフィリエイトで商品を売るなど、何らかの目的があります。

たとえば、掲載先が仮想通貨を紹介するサイト『仮想通貨のすべて』だったとすると、このサイトの目的は「ユーザーにサイト経由で仮想通貨の取引口座を開設してもらい、アフィリエイト収入を得ること」と予想できます。

サイト内に口座開設ページへのリンクが貼ってあったりすれば、上記の予想はほぼ間違いありません。

記事を外注しているサイトの多くは「稼ぐこと」を目的としているので、予想しながらサイト内を見てみると目的を把握しやすいでしょう。

(2)記事タイトル

掲載先サイトの目的を把握したら、それに念頭に置いて他の項目も確認していきましょう。

記事タイトルは、記事のテーマを示す重要な項目です。

このタイトルに合わせて記事を書いていくことになりますが、それだけでは失敗する可能性があります。

タイトルに合わせつつ、先ほど確認した、掲載サイトの目的とも合わせる必要があるのです。

たとえば、記事タイトルが「仮想通貨を始める前に知っておきたい3つのリスク」だったとしましょう。

掲載先サイトは、先ほどの『仮想通貨のすべて』です。

この場合、リスクを紹介する記事ではありますが、「仮想通貨はリスクが大きいので始めないほうがよい」という内容を書いてしまうのはNGですよね。

なぜなら『仮想通貨のすべて』の目的は、「仮想通貨の取引口座を開設してもらうこと」だからです。

  • 仮想通貨にはリスクがあるため、しっかり対策しておくことが大切
  • リスクはあるけれどメリットもあるので、注意しながら進めることが重要

などように、仮想通貨を否定しないように配慮することが大切です。

記事概要や見出し構成を見れば記事の方向性がわかる場合もありますが、特に記載がないケースもあります。

その場合は、掲載先サイトや記事タイトルから、クライアントの意向を読み取りましょう。

(3)対策キーワード

対策キーワードが指定されている場合は、そのキーワードで実際に検索してみて、ライバルサイトや検索ニーズを確認しましょう。

検索ニーズについては、下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

また、対策キーワードは、すでにタイトルや見出しに含まれているケースもありますが、もし含まれていない場合は、記事を書きながら入れていくとクライアントに喜ばれます。

小見出しや文章内にも、不自然にならない程度に入れていくとよいでしょう。

ただし、タイトルや見出しは変更不可という場合もあるので注意してください。

(4)見出し構成・記事概要

見出し構成や記事概要が指定されている場合は、基本的にそれに従って書きましょう。

掲載先サイトの目的や記事タイトルから大きくずれなければ見出し構成を変えてもOKという場合もありますし、構成を変えるのは絶対NGという場合もあります。

判断に迷う部分は、クライアントに確認しておくと安心です。

仕様書はクライアントによって大きく異なる

ここまで、仕様書を読み解くポイントを解説しましたが、仕様書はクライアントによって大きく異なります。

タイトルや概要だけが指定される場合もありますし、全体の構成がしっかりと定められている場合もあるでしょう。

ライターが自由に変更できる範囲もクライアントによって違いますので、気になる部分は、事前にクライアントへ質問しておくのがおすすめです。

ライターには、クライアントとやりとりするスキルも必要といえるでしょう。

仕様書を理解したら「中の人」という意識で記事を書こう

意外と忘れがちなのが「中の人」という意識です。

たとえば、先ほどの『仮想通貨のすべて』の記事を書く場合は、「中の人=仮想通貨のプロ」になりきって書かなければなりません。

  • 仮想通貨には◯◯というリスクがあるようです。
  • 仮想通貨には△△というメリットがあるといわれています。

といった表現は避けるべきでしょう。

  • 仮想通貨には◯◯というリスクがあるのです。
  • 仮想通貨には△△というメリットがあります。

などのように、実際には知らなくても、詳しい人になりきることが大切です。

2.Webライターには文章力や構成力が必要

当たり前ですが、Webライターには、わかりやすい文章を書くスキルや、全体を構成するスキルが必要です。

これらのスキルは書くことで身に付きますので、どんどん記事を書いていきましょう。

また、このサイトでも、文章力や構成力を上げる方法をいくつか紹介していますので、参考にしてください。

ここでは、いくつかのポイントを簡単に紹介します。

(1)冗長表現を避けよう

冗長表現とは、無駄が多いダラダラとした表現のことです。

冗長表現を多用すると読みにくいだけでなく、幼稚な文章という印象を読者に与えてしまい、記事の信憑性まで疑われる可能性もあります。

以下の記事では、冗長表現を改善するポイントを例文付きで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

3.WebライターにはSEOライティングに関するスキルも必要

Webライターには、SEOに関するスキルや知識も必要です。

検索キーワードや見出し構成に関する知識があれば、自分のサイトのアクセスをより効率的に増やしていけるでしょう。

また、クライアントから依頼を受けて記事を書く場合でも、SEOを意識してライティングすれば喜ばれます。

SEOに関する情報はインターネット上にもあふれているので、少しずつ勉強していきましょう。

Webライターに必要なスキルを習得して売上をアップしよう!

今回は、Webライターにとって必須のスキルを紹介しました。

記事を書くときに意識しておけば、誰でも簡単に習得できます。

このサイトでは、SEOやライティングに関する情報を発信していますので、ぜひ他の記事も読んでみてください。