2020年 7月 の投稿一覧

フリーランスWebディレクターになるための3ステップと仕事獲得方法

Webディレクターは、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

ディレクターの需要は高まりつつありますが、

  • Webデザイン
  • Webマーケティング
  • SEO

といった幅広い知識が必要なため、優秀な人材は不足しています。

ライバルも少ないため、狙い目の職種といえるでしょう。

とはいえ、Webディレクターとして活躍するためには、スキルと経験が求められるのも事実です。

そこでこの記事では、稼げるフリーランスWebディレクターになるための流れと仕事獲得の方法を紹介しますので、ぜひチェックしてください。

未経験から稼げるフリーランスWebディレクターになるための3ステップ

Webディレクターになるために必要な資格は、とくにありません。

誰でもフリーランスWebディレクターになれますが、継続的に仕事を受注できなければ独立しても生きていけないですよね。

継続的に稼げるフリーランスWebディレクターになるためには、以下のようなスキルや知識を習得してから独立するのがおすすめです。

  • マネジメントスキル
  • 企画・提案スキル
  • Webデザインの基本
  • マーケティングの基本
  • SEO

未経験からフリーランスのWebディレクターを目指すなら、次のようなステップでスキルアップするとスムーズに独立できるでしょう。

フリーランスWebディレクターになるための3つのステップ
1.転職サポートが充実したスクールでWebディレクションを学ぶ
2.Webディレクション系の会社に就職して実務経験を積む
3.フリーランスWebディレクターとして独立する

自信がある場合は、独学やスクールで勉強して、そのままフリーランスとして独立してもOKです。

ただし、未経験の場合は、会社で指導を受けながら実務経験を積んでおいたほうが独立した後の仕事獲得に困らないでしょう。

以下、各ステップについて詳しく解説します。

1.転職サポートが充実したスクールでWebディレクションを学ぶ

まずは、Webディレクターとして働くためのスキルと知識を身につけなければなりません。

参考書などを読んで独学することもできますが、スクールに通えば、メンターのサポートを受けながら幅広いディレクションスキルを体系的に習得できます。

スキルアップできるおすすめのWebディレクションスクールは以下の2つです。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webディレクションコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
ヒューマンアカデミー
(Webディレクターコース)
288,000円〜6ヶ月オンライン

TechAcademy(Webディレクションコース)

TechAcademy』は、完全オンラインでWebディレクションを学べるスクールです。

短期間で効率的に学べるカリキュラムが特徴で、

  • マネジメントスキル
  • Web制作の基礎知識
  • 企画スキル
  • 設計スキル

といったWebディレクターに必須のスキルを習得できます。

転職サポートもついているので安心です。

公式サイトでは無料の説明会動画が公開されているので、チェックしてみてください。

▼無料の説明会動画を見てみる

ヒューマンアカデミー(Webディレクターコース)

ヒューマンアカデミー』は、オンライン講義とテキストで学ぶタイプのスクールです。

Webディレクターになるための必須スキルである、

  • ディレクションスキル
  • デジタルマーケティングスキル
  • Webリテラシー

などを習得できます。

  • Illustrator / Photoshop
  • HTML / CSS

といったWebデザインの基礎を学べるのも大きな特徴です。

フリーランスとして仕事を受注するためのサポートも受けられます。

▼無料で資料請求してみる

その他のWebディレクションスクールも検討したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

2.Webディレクション系の会社に就職して実務経験を積む

Webディレクションスクールで基礎的なスキルを習得したら、Web制作関連の会社で実務経験を積みましょう。

実績や経験がないままディレクターとして独立すると、継続的に仕事を獲得できない場合もあります。

Web制作系の会社で実務経験を積んでおけば、経歴や実績としてアピールできるため、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

Web制作系の会社への就職は、前述のとおりTechAcademy』などの転職サポートを利用すればスムーズです。

または、

といったWebディレクターの転職に強いエージェントを利用する方法もあります。

新しい会社に入ったら、

  • Webディレクションの仕事の流れ
  • 実務レベルのマネジメントスキル
  • 仕事の獲得方法

など、さまざまなスキルや知識を先輩から盗みましょう。

独立までのスケジュールを考えることや、積極的にコミュニケーションをとり人脈を広げておくことも大切です。

3.フリーランスWebディレクターとして独立する

Web系の会社に転職した場合は、最低でも1年程度働いてからフリーランスになると苦労することなく仕事を獲得できるでしょう。

スクールを卒業した段階で、Webディレクターとしての必要なスキルが身についていれば、就職のステップは省略してそのまま独立してもOKです。

後で解説する仕事獲得方法を参考にしながら、経験や実績を積んでいきましょう。

オンライン学習サービスを利用してWebディレクションを勉強してもOK

  • Webディレクションスクールに通う費用を節約したい
  • 会社には絶対に就職したくない

という場合は、オンライン学習サービスを利用するのがおすすめです。

といった学習サイトを活用すれば、比較的安い料金で、必要なスキルと知識を習得できるでしょう。

たとえば、『ストアカ』では以下のような講座を受講できます。

  • 0からのWebディレクション講座:設計編(4,000円)
  • 【Web講義】WebディレクションとPM管理項目、案件概要確認点(5,000円)
  • 新任webディレクター向け|webディレクション基礎セミナー(16,500円)

他にもさまざまな講座があるため、必要なスキルをピンポイントで学習できるでしょう。

▼公式サイトで講座を検索してみる

フリーランスWebディレクターが仕事を獲得するための6つの方法

フリーランスWebディレクターが仕事を獲得する主な方法として、以下の6つが挙げられます。

フリーランスWebディレクターが仕事を獲得するための6つの方法
1.Webディレクション案件が豊富なエージェントを利用する
2.クラウドソーシングサイトを利用する
3.自分のWebサイトを開設して集客する
4.スキル販売サイトを利用する
5.フリーランス仲間から仕事を紹介してもらう
6.SNSを活用して集客する

フリーランスが継続的に仕事を獲得するためには、エージェントに登録しておくことが重要です。

エージェントから得る仕事を軸にしながら、複数の方法を組み合わせて収入を増やしていきましょう。

1.Webディレクション案件が豊富なエージェントを利用する

フリーランス専門のエージェントで仕事を検索すれば、自分に合う案件を簡単に探せますので、確実に登録しておきましょう。

がむしゃらに営業する手間も省け、ストレスなく仕事を見つけられます。

以下、Webディレクション案件を多く扱っているエージェントを紹介しますので、気に入ったところに登録してみてください。

プロの副業

プロの副業』は、ディレクションやマーケティングに特化したエージェントです。

  • 週1〜3日勤務
  • 月1〜3日勤務

など、副業スタイルで働けるさまざまな案件を紹介してくれます。

企業への連絡を代行してくれるだけでなく、

  • 面接への同席
  • 単価の交渉

といった仕事獲得のサポートも受けられるのが特徴です。

すべてのサービスは無料で利用できますので、ぜひ登録しておきましょう。

▼無料でサービス登録する

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』もWebディレクション案件を探すのにおすすめのエージェントで、主に常駐型の仕事を紹介してくれるのが特徴です。

フリーランスとして独立したばかりの人も多く登録しているため、初心者へのサポートが充実しています。

  • 案件紹介
  • キャリアカウンセリング
  • クライアントとの交渉

などを丁寧に行ってくれるでしょう。

Webディレクション分野に詳しいカウンセラーが担当してくれるため、ミスマッチなども少ないといえます。

▼無料で会員登録する

2.クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドワークス』などのクラウドソーシングサイトも、フリーランスWebディレクターが仕事を受注するために役立ちます。

とくに『クラウドワークス』は、Webディレクターに限らず、ほとんどのフリーランスが登録しているといっても過言ではありません。

Webディレクション案件だけでなく、

  • リサーチ・分析
  • 企画・広告
  • Webマーケティング
  • コンサルティング

など、Webディレクターのスキルを活かせる仕事がたくさんありますので、ぜひ登録しておきましょう。

▼無料で会員登録する

3.自分のWebサイトを開設して集客する

フリーランスWebディレクターにとって、自分のWebサイトを開設することはとても重要。

アクセス数を増やすことで、ディレクションスキルや集客スキルをアピールできるからです。

さらに、

  • WebライティングやSEOのスキルを強化できる
  • リスティング広告の効果などを実験的に試せる
  • Webサイト自体が資産になる

といったメリットも得られます。

エージェントを利用して経験を積みながら、Webサイトの準備も進めておくとよいでしょう。

4.スキル販売サイトを利用する

ココナラ』など、スキルや知識を販売できるサイトに登録しておくことも大切です。

実際に『ココナラ』でWebディレクション関連のスキルを販売している人を探してみると、以下のようなものが見つかりました。

  • WEBディレクション業務、承ります(8,000円)
  • 成果につながるWEBディレクションします(80,000円)

5.フリーランス仲間から仕事を紹介してもらう

収入や仕事が不安定になりやすいフリーランスにとって、横のつながりはとても大切です。

フリーランス仲間や知人の会社などから、Webディレクションの仕事を紹介してもらうのもよいでしょう。

さまざまな人とコミュニケーションをとることで、案件獲得のチャンスは増えていきます。

「実はフリーランスでWebディレクターをしている」ということを話しておくだけでも仕事を紹介してもらえるチャンスは広がりますので、積極的に自己開示をしましょう。

6.SNSを活用して集客する

TwitterやInstagramなどのSNSを活用することも重要です。

定期的にWeb関連の有益な情報を発信すれば、フォロワーが増加し、Webディレクターとしての実力や影響力を示すことにもつながります。

自分のWebサイトを広めるうえでも効果的ですので、ぜひアカウントを取得しておきましょう。

また、YouTubeを利用するのもおすすめです。

最近は、多くのWeb系クリエイターがYouTuberとして参戦しています。

動画でWeb関連の情報や知識を発信すれば集客につながりますし、チャンネル登録者数が増えれば広告収入も得られるでしょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランスWebディレクターになろう!

今回は、稼げるフリーランスWebディレクターになるためのステップや、仕事の獲得方法を紹介しました。

組織に属さないフリーランスが仕事を獲得するためには、自分のスキルと実績を示すしかありません。

未経験からフリーランスのWebディレクターを目指すなら、

  • Webディレクションスクールで基礎を学ぶ
  • Webディレクション系の会社に就職して実務経験を積む

という流れで独立すると、継続的に仕事を受注できるでしょう。

Webディレクションスクールに通うなら、以下の2つがおすすめです。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webディレクションコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
ヒューマンアカデミー
(Webディレクターコース)
288,000円〜6ヶ月オンライン

Webディレクター以外の仕事について知りたい人は、以下の記事をチェックしてみましょう。

Webディレクションを学べるおすすめスクール7選

Webディレクションを学べるおすすめスクールをまとめました。

  • フリーランスWebディレクターとして独立したい
  • Webディレクターとして転職したい
  • Webディレクターとしてのスキルを高めたい

という人は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのWebディレクションスクール比較表

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webディレクションコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
ヒューマンアカデミー
(Webディレクターコース)
288,000円〜6ヶ月オンライン
Udemy1,200円〜1日〜オンライン
ストアカ500円〜1日〜通学・オンライン
デジハリONLINE
(Webディレクター講座)
53,900円2ヶ月オンライン
INTERNET ACADEMY
(Webディレクターコース)
811,000円10〜12ヶ月通学・オンライン
KENスクール
(SEO実践テクニック)
9,000円1ヶ月通学

たくさんのスクールがありますが、自分の目的に合わせて選択することが大切です。

Webディレクションを学んで転職や独立をしたい場合は、

を利用するとよいでしょう。

もう少し気軽な感じで学びたいという人は、

などのオンラインサービスを利用するのがおすすめです。

Webディレクションを効率的に学べるおすすめスクール7選

以下、それぞれのスクールの特徴を紹介します。

気になるスクールをチェックしてみてください。

TechAcademy(Webディレクションコース)

学び方オンライン
料金129,000円〜
期間1ヶ月〜

TechAcademy』は、完全オンラインでWebディレクションを学べるスクール。

  • Webディレクターとして転職したい人
  • フリーランスWebディレクターとして独立したい人
  • 企業のWeb担当者

などにおすすめです。

短期間で効率的に学べるカリキュラムが特徴で、

  • Web制作の基本知識
  • マネジメントスキル
  • 企画スキル
  • 設計スキル

といったWebディレクターに必須のスキルを習得できます。

週2回のマンツーマンメンタリングを通して、パーソナルメンターが丁寧にサポートしてくれるため、最後まで挫折することなく続けられるでしょう。

まずは無料の説明会動画をチェックして、スクールの雰囲気や講義内容を確認してみてください。

『TechAcademy』のおすすめポイント
・現役Webディレクターがメンターを務める
・転職サポートもついている
・回数無制限で課題レビューを受けられる

▼無料の説明会動画を見てみる

ヒューマンアカデミー(Webディレクターコース)

学び方オンライン
料金288,000円〜
期間6ヶ月

ヒューマンアカデミー』は、在宅ワークや副業を始めたい人におすすめのスクールです。

オンライン講義とテキストで学習を進めていき不明点は講師にメールで質問できます。

このコースを受講すれば、Webディレクターとして活躍するために必要な、

  • ディレクションスキル
  • デジタルマーケティングスキル
  • Webリテラシー

などが身につくでしょう。

  • Illustrator / Photoshop
  • HTML / CSS

といったデザインやコーディングの基礎も学べるのが大きな特徴です。

目安の学習期間は6ヶ月(約70時間)ですが、集中的に進めれば2ヶ月程度で学び終えることもできるでしょう。

『ヒューマンアカデミー』のおすすめポイント
・パソコンが必要な場合はアカデミック価格で購入できる
・仕事を受注するためのサポートを受けられる
・プロの講師に何度でもメールで質問できる

▼無料で資料請求してみる

Udemy

学び方オンライン
料金1,200円〜
期間1日〜

Udemy』は、さまざまなジャンルのスキルを習得できるオンライン学習サイトです。

  • Webマーケティング
  • Webライティング
  • Webデザイン
  • SEO

に関するものなど、100,000以上の講座が公開されています。

Webディレクションに特化したコースは少ないのですが、自分に足りないスキルをピンポイントで習得したい場合にはおすすめです。

たとえば、以下のような講座を選ぶとよいでしょう。

  • 最短2週間で変化が出る!初心者向けのWEBサイト分析・改善【実践講座】(19,800円)
  • SEO/SXOコンテンツアップグレード|検索トップを勝ち取るためのユーザー満足度を高めるコンテンツを制作する策(24,000円)
  • 未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース(24,000円)

基本的にはオンラインで動画を見て学習を進めます。講座によって料金は異なり、一度支払えば何度でも繰り返し動画を見ることが可能です。

公式サイトで、各講座の内容や口コミなどを確認してから受講しましょう。

『Udemy』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・30日間の返金保証もついている
・知りたい内容をピンポイントで学習できる

▼公式サイトで講座を検索してみる

ストアカ

学び方通学・オンライン
料金500円〜
期間1日〜

ストアカ』は、日本最大級のスキルシェアサービスです。

Webディレクションに関する講座も充実しており、以下のようなものがあります。

  • 0からのWebディレクション講座:設計編(4,000円)
  • 【Web講義】WebディレクションとPM管理項目、案件概要確認点(5,000円)
  • 新任webディレクター向け|webディレクション基礎セミナー(16,500円)

他にもさまざまな講座があるため、必要なスキルをピンポイントで学習できます。

数時間で気軽に受けられる講座が多いことも、メリットといえるでしょう。

『ストアカ』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・短時間で学習できる講座が多い
・WebマーケティングやSEOなどの講座もある

▼公式サイトで講座を検索してみる

デジハリONLINE(Webディレクター講座)

学び方オンライン
料金53,900円
期間2ヶ月

『デジハリONLINE』は、Web関連の知識やスキルを習得できるオンラインスクール

未経験でもスムーズに学習できるサポートとシステムが特徴です。

この講座では2ヶ月という短期間で、

  • Webディレクターの役割
  • Webリテラシー
  • 企画・設計・デザイン

などを集中的に学びます。

『デジハリONLINE』のおすすめポイント
・Web制作の全体像を把握できる
・短期間で集中的に学べる
・Webマーケティングや動画広告などの講座もある

INTERNET ACADEMY(Webディレクターコース)

学び方通学・オンライン
所在地東京(渋谷・新宿)
料金811,000円
期間10〜12ヶ月

『INTERNET ACADEMY』は、通学かオンラインかを選べるスクールです。

  • 講義形式の「ライブ授業」
  • 自分のペースに合わせて指導してもらえる「マンツーマン授業」
  • 好きなタイミングで何度でも復習できる「オンデマンド授業」

の3つの授業が提供されます。

Webディレクターコースでは、

  • ディレクション
  • SEO
  • 企画立案
  • Illustrator / Photoshop

といったスキルを体系的に学べます。

転職や在宅ワークをサポートしてくれるのも大きな特徴といえるでしょう。

『INTERNET ACADEMY』のおすすめポイント
・基本から応用まで幅広く学べる
・面接対策や履歴書作成のサポートを受けられる
・Web業界の仕事を体験できる

KENスクール(SEO実践テクニック)

学び方通学
所在地東京(新宿・池袋・北千住)
神奈川(横浜)
大阪(梅田)
愛知(名古屋)
料金9,000円
期間1ヶ月

KENスクール』は、開校31年という実績のあるパソコン教室です。

Webディレクションに特化したコースはありませんが、SEOやWebデザインなど、自分に不足している部分を補う講座を受講することで、Webディレクターを目指せるでしょう。

SEO実践テクニック講座では、

  • ツールを用いたサイト分析
  • 効果的なSEO対策

などを学びます。

『KENスクール』のおすすめポイント
・多くの地域にスクールがあるため通学しやすい
・個別指導なので初心者でもスキルアップしやすい
・就職をサポートしてもらえる

▼無料で資料請求してみる

KENスクール[ピーシーキョウシツ]

自分の目的に合ったWebディレクションスクールを選ぼう!

以上、Webディレクションを学べるおすすめスクールを紹介しました。

さまざまなスクールがあるため、自分の目的に合わせて選択しましょう。

Webディレクションを学んで転職や独立をしたい場合は、

を利用するのがおすすめです。

公式ページや無料体験会なども参考にしながら、選んでみてください。

Web系フリーランスにおすすめのスクールについては、下記の記事でも紹介しています。

稼げるフリーランスWebマーケターになるための3ステップと仕事獲得方法

Webマーケターは、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

マーケターの需要は高まりつつありますが、まだライバルも少ないため、狙い目の職種といえるでしょう。

とはいえ、Webマーケターとして説得力のある発言をするためには、スキルと経験が求められるのも事実です。

そこでこの記事では、稼げるフリーランスWebマーケターになるための流れと仕事獲得の方法を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

未経験から稼げるフリーランスWebマーケターになるための3ステップ

Webマーケターになるために、特別な資格は必要ありません。

「独立します!」と宣言すれば誰でもフリーランスWebマーケターになれますが、継続的に仕事を獲得できなければ意味がないですよね。

継続的に稼げるフリーランスWebマーケターになるためには、以下のようなスキルや知識を習得してから独立するのがおすすめです。

  • マーケティング理論
  • SEO
  • Google Analyticsによるサイト分析
  • リスティング広告やソーシャル広告の運用方法

未経験からフリーランスのWebマーケターを目指すなら、次のようなステップで行動するとスムーズに独立できるでしょう。

フリーランスWebマーケターになるための3つのステップ
1.転職サポートが充実したスクールでWebマーケティングを学ぶ
2.Webマーケティング系の会社に就職して実務経験を積む
3.フリーランスWebマーケターとして独立する

自信がある場合は、スクールや独学で勉強して、そのまま独立してもOKです。

ただし、未経験の場合は、会社で先輩から指導を受けながら実務経験を積んでおいたほうがフリーランスになった後の仕事獲得に困らないでしょう。

以下、それぞれのステップについて詳しく解説します。

1.転職サポートが充実したスクールでWebマーケティングを学ぶ

まずは、Webマーケターとして必須のスキルを身につけなければなりません。

もちろん独学でも勉強できますが、スクールに通えば、講師のサポートを受けながら幅広いマーケティングスキルを体系的に習得できます。

転職サポートが充実しているWebマーケティングスクールとしては、以下の2つがおすすめです。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webマーケティングコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
DMM MARKETING CAMP498,000円〜
(入会金30,000円)
3ヶ月オンライン

TechAcademy(Webマーケティングコース)

TechAcademy』は、Webマーケティングを学べる人気のオンラインスクールです。

  • SEOに関する知識
  • Google Analyticsを利用したサイト分析
  • リスティング広告やソーシャル広告の運用方法

など、Webマーケターとして必須のスキルを習得できます。

パーソナルメンターが受講者の実力に合わせて最適なカリキュラムを作成してくれるため、効率的にスキルアップできるでしょう。

転職サポートもついているので安心です。

公式サイトでは無料の説明会動画が公開されているので、気になる人はチェックしてみてください。

▼無料の説明会動画を見てみる

DMM MARKETING CAMP

DMM MARKETING CAMP』は、未経験からWebマーケターへの転職を目指すスクールです。

面接指導や履歴書作成などのサポートが充実しており、転職成功率は98%!

未経験者に特化したカリキュラムも大きな特徴で、

  • 1〜2ヶ月目はWebマーケティングの基礎知識
  • 3ヶ月目は実践的な課題解決方法

を学びます。

まずは、無料のオンラインカウンセリングを受けて、スクールの雰囲気や具体的な講義内容を確認するとよいでしょう。

▼無料のカウンセリングを受けてみる

DMM MARKETING CAMP

その他のWebマーケティングスクールも検討したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

2.Webマーケティング系の会社に就職して実務経験を積む

Webマーケティングスクールで基礎的なスキルを習得したら、マーケティング系の会社で実務経験を積みましょう。

実績や経験がないままフリーランスとして独立すると、継続的に仕事を獲得できないケースもあります。

マーケティング系の会社で実務経験を積んでおけば経歴としてアピールできるので、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

マーケティング系の会社への就職は、前述のとおりスクールの転職サポートを利用すればスムーズです。

または、

といったWebマーケターの転職に強いエージェントを利用する方法もあります。

就職に成功したら、

  • Webマーケティングの仕事の流れ
  • 実務レベルのマーケティングスキル
  • 仕事の獲得方法

など、さまざまなスキルや知識を先輩から盗みましょう。

人脈を広げることや、独立までのスケジュールを考えることも大切です。

3.フリーランスWebマーケターとして独立する

会社に就職した場合は、最低でも1年程度働いてから独立するとスムーズに仕事を獲得できるでしょう。

スクールを卒業した段階で、Webマーケティングに必要なスキルが身についていれば、就職のステップは省略してそのままフリーランスになってもOKです。

後述する仕事の獲得方法を参考にしながら、実績や経験を積んでいきましょう。

オンラインサービスを利用してWebマーケティングを勉強するのもおすすめ

  • Webマーケティングスクールに通う費用を節約したい
  • 会社には就職したくない

という場合は、オンラインサービスを利用して学習するのがおすすめです。

などを利用すれば、比較的安い料金で、必要なスキルを習得できるでしょう。

たとえば、『Udemy』では以下のような講座を受講できます。

  • 【広告運用事業を始めたい方、独立&フリーランスになりたい方向け】ウェブ広告を活用した働き方改革の講座(10,200円)
  • 最短2週間で変化が出る!初心者向けのWEBサイト分析・改善【実践講座】(19,800円)

『Udemy』の特徴や口コミについては以下の記事で詳しく解説していますので、気になる人は参考にしてみてください。

フリーランスWebマーケターが仕事を獲得するための6つの方法

フリーランスWebマーケターが仕事を獲得する主な方法は以下の6つ。

フリーランスWebマーケターが仕事を獲得するための6つの方法
1.Webマーケティング案件に強いエージェントを利用する
2.クラウドソーシングサイトを利用する
3.自分のWebサイトを作って集客する
4.スキル販売サイトを利用する
5.友人や知人から仕事を紹介してもらう
6.SNSで情報発信する

フリーランスが安定して仕事を受注するためには、エージェントに登録しておくことが一番重要です。

エージェントを軸にしながら、他の方法もうまく組み合わせて収入を増やしていきましょう。

1.Webマーケティング案件に強いエージェントを利用する

フリーランス専門のエージェントを利用すれば案件を簡単に探せますので、ぜひ登録しておきましょう。

企業や知人に営業する手間も省け、ストレスなく仕事を獲得できます。

以下、Webマーケティング案件を多く扱っているエージェントを紹介しますので、気に入ったところに登録してみてください。

プロの副業

プロの副業』は、マーケティングに特化した副業マッチングサービスです。

  • 週1日勤務
  • 月1日勤務

などの希望に合わせて優良企業を紹介してくれます。

企業への応募を代行してくれるだけでなく、面談にも同席して仕事を獲得できるまでサポートしてくれるのが特徴です。

すべてのサービスは無料で利用できますので、ぜひ登録しておきましょう。

▼無料でサービス登録する

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』もWeb系のフリーランスに人気のエージェント

主に常駐型の仕事を紹介してくれるのが特徴です。

常駐型の案件には以下のようなメリットがあります。

  • 収入が安定しやすい
  • すぐに質問できるためスキルアップしやすい
  • モチベーションを保ちやすい

フリーランスWebマーケターとして独立したばかりの人へのサポートも充実しており、

  • キャリアカウンセリング
  • 案件紹介
  • クライアントとの交渉

などを丁寧に行ってくれます。

現在のスキルでWebマーケターとして仕事をしていけるのか、といったことも気軽に相談できるので、会員登録しておくだけでも意味があるでしょう。

▼無料で会員登録する

2.クラウドソーシングサイトを利用する

Webマーケターが仕事を受注するためには、『クラウドワークス』などのクラウドソーシングサイトに登録しておくことも重要です。

とくに『クラウドワークス』は、Webマーケターに限らず、ほとんどのフリーランスが登録しているといっても過言ではありません。

無料で登録できますので、どのような仕事があるのかだけでもチェックしておきましょう。

▼無料で会員登録する

3.自分のWebサイトを作って集客する

フリーランスWebマーケターにとって、自分のWebサイトを作っておくことはとても重要。

アクセス数を増やすことで、自分の集客スキルをアピールできるからです。

さらに、

  • SEOやWebライティングのスキルを強化できる
  • リスティング広告の効果などを試せる

といったメリットも得られます。

エージェントやクラウドソーシングサイトを利用して実績を増やしながら、並行してWebサイトも作っておくとよいでしょう。

4.スキル販売サイトを利用する

ココナラ』など、自分のスキルを簡単に販売できるサイトに登録しておくことも大切です。

実際に『ココナラ』で検索してみると、以下のようなスキルが販売されていました。

  • Web集客の『本質』を突く3つの方法を大公開します(10,000円)
  • Webサイトのマーケティングプランをご提案します(15,000円)
  • 集客できるホームページをお試し価格で制作します(20,000円)

5.友人や知人から仕事を紹介してもらう

友人や知人からWebマーケティングの仕事を紹介してもらうのもよいでしょう。

仕事や収入が不安定になりがちなフリーランスにとって、横のつながりはとても大切です。

フリーランス仲間を増やしたり、情報交換をしたりすることで、案件獲得のチャンスは増えていきます。

「実はフリーランスでWebマーケターをしている」ということを話しておくだけでも仕事をもらえるチャンスは広がりますので、積極的に自己開示していきましょう。

6.SNSで情報発信する

TwitterやInstagramなどのSNSで情報発信することも効果的です。

有益な情報を発信することでフォロワーを増やしておけば、Webマーケターとしての影響力を示すことにもつながります。

自分のWebサイトを広める手段としても有効であるため、ぜひアカウントを取得しておきましょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランスWebマーケターになろう!

今回は、稼げるフリーランスWebマーケターになるためのステップや、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

未経験からフリーランスのWebマーケターを目指すなら、

  1. Webマーケティングスクールで基礎スキルを身につける
  2. Webマーケティング系の会社に就職して実務経験を積む

という流れで独立すると、継続的に仕事を獲得できるでしょう。

以下のスクールなら転職サポートも充実していますので、ぜひ検討してみてください。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webマーケティングコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
DMM MARKETING CAMP498,000円〜
(入会金30,000円)
3ヶ月オンライン

Webマーケター以外の仕事についても知りたい人は、以下の記事がおすすめです。

Webマーケティングを学べるおすすめスクール8選

おすすめのWebマーケティングスクールを厳選しました。

  • フリーランスWebマケーターとして独立したい
  • Webマーケターとして転職したい
  • Webマーケターとしてのスキルを高めたい

という人は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのWebマーケティングスクール比較表

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webマーケティングコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
DMM MARKETING CAMP498,000円〜
(入会金30,000円)
3ヶ月オンライン
Akros Academy270,000円〜1ヶ月〜通学・オンライン
デジプロ290,000円〜2ヶ月通学・オンライン
Udemy1,200円〜1日〜オンライン
ストアカ500円〜1日〜通学・オンライン
デジハリONLINE
(Webマーケティング基礎講座)
11,000円1ヶ月オンライン
Winスクール
(アクセスアップ&WEBマーケティング講座)
38,000円
(入学金18,000円)
1ヶ月通学

Webマーケターの需要が高いこともあり、たくさんのスクールがあります。

どこに通うか迷ったら、次に解説する比較ポイントを参考にして、自分に合ったWebマーケティングスクールを選びましょう。

Webマーケティングスクールを比較する際の2つのポイント

スクール選びに悩んだら、以下2つのポイントで比較してみてください。

  1. 通学かオンラインかを比較する
  2. 転職系かスキルアップ系かを比較する

順番に詳しく見ていきましょう。

1.通学かオンラインかを比較する

Webマーケティングスクールには、通学して学ぶタイプとオンラインで学ぶタイプの2つがあります。

通学タイプのメリット・デメリットは以下のとおりです。

通学スクールのメリット
・モチベーションを保ちやすい
・わからない部分を質問しやすい
・人脈を広げやすい

通学スクールのデメリット
・学校まで遠いと通いにくい
・仕事や家事が忙しいと継続しにくい
・交通費がかかる

2020年7月現在、普段は通学形式のスクールでも、新型コロナウィルスの影響により、オンライン授業に切り替えている場合があります。

受講前に公式サイトで確認しておきましょう。

一方のオンラインスクールは、講義や演習などをインターネット上で行うタイプの学校です。メリット・デメリットは以下のとおり。

オンラインスクールのメリット
・自分のペースで学べる
・仕事や家事をしながらでも続けやすい
・住んでいる地域に関係なく受講できる

オンラインスクールのデメリット
・仲間を作りにくい
・モチベーションを保ちにくい

それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に状況に応じて選択しましょう。

2.転職系かスキルアップ系かを比較する

目的によって選ぶべきスクールは異なります。

たとえば、スクールで勉強したうえでWebマーケターとして転職したい場合は、転職サポートが充実している『DMM MARKETING CAMP』がおすすめです。

  • Webマーケティングのスキルを高めたい
  • フリーランスとして独立したい

といった場合は『TechAcademy』を選ぶとよいでしょう。

もう少し気軽な感じで学びたいという人は、

などのオンラインサービスを利用してみてください。

おすすめのWebマーケティングスクール8選

以下、各スクールの特徴を紹介します。

自分の目的に合いそうなスクールをチェックしてください。

TechAcademy(Webマーケティングコース)

学び方オンライン
料金129,000円〜
期間1ヶ月〜

TechAcademy』は、完全オンラインで学べるWebマーケティングスクール

  • Web広告業界を目指したい人
  • フリーランスとしてWebサービスを運営したい人
  • 企業のマーケティング担当者

などにおすすめのスクールです。

パーソナルメンターが実力に合わせて最適なトレーニングメニューを設定してくれるため、効率的にスキルアップできるでしょう。

  • Google Analyticsを利用したサイト分析
  • SEOに関する知識
  • リスティング広告やソーシャル広告の運用方法

など、Webマーケターとして必須のスキルを習得できます。

まずは無料の説明会動画をチェックして、自分に合っているか確認するとよいでしょう。

『TechAcademy』のおすすめポイント
・週2回のマンツーマンメンタリングを受けられる
・回数無制限で課題レビューを受けられる
・初心者でもしっかりサポートしてもらえる

▼無料の説明会動画を見てみる

DMM MARKETING CAMP

学び方オンライン
料金498,000円〜
(入会金30,000円)
期間3ヶ月

DMM MARKETING CAMP』は、未経験からWebマーケターを目指すスクールです。

通常は週1回、六本木の教室にてオフライン講座があるのですが、現在は新型コロナウイルスの影響によりオンラインでの講義に変更されています。

未経験者に特化したカリキュラムを組んでいるのが特徴で、

  • 1〜2ヶ月目はWebマーケティングの基礎知識
  • 3ヶ月目は実践的な課題分析と解決策の提案

といった流れで学習します。

転職が成功するまで面接や履歴書作成のサポートをしてもらえるのも大きなメリットです。

転職成功率は98%!

Webマーケターとして確実に転職したい人は無料のオンラインカウンセリングを受けて、具体的な講義内容や雰囲気を確認してみるとよいでしょう。

『DMM MARKETING CAMP』のおすすめポイント
・転職サポートが充実している
・現役のマーケターが指導してくれる
・働きながらでも続けやすい

▼無料のカウンセリングを受けてみる

DMM MARKETING CAMP

Akros Academy

学び方通学・オンライン
所在地東京(上野)
長野
料金270,000円〜
期間1ヶ月〜

Akros Academy』は、受講者ごとにオリジナルのカリキュラムを作成して指導するスクールです。

カウンセリングで習得したいスキルや知識を伝えておけば、効率的に学習できるカリキュラムを作成してもらえるでしょう。

たとえば、Webマーケティングを中心に学びたい場合は、以下のようなカリキュラムを作成してもらえます。

  • マーケティング
  • SEOとSEM
  • Googleアナリティクス
  • クライアントへの提案

受講期間や受講料金は、カリキュラムの内容によって変動します。

「Web業界に少し興味がある程度だからスクールに通うか迷っている…」という人は、無料体験レッスンを受けてみるのがおすすめです。

校舎がない地域に住んでいる場合でも、オンライン授業で対応してもらえます。

『Akros Academy』のおすすめポイント
・Webマーケティング以外のスキルも幅広く習得できる
・マンツーマン指導を受けられる
・就職をサポートしてくれる

▼無料体験会に参加してみる

デジプロ

学び方通学・オンライン
所在地東京(渋谷)
料金290,000円〜
期間2ヶ月

デジプロ』は、未経験から実践的なマーケティングスキルを習得できるスクールです。

オンラインプランと通学プランの2つがあり、どちらのプランでも現役マーケターが指導してくれます。

  • リスティング広告
  • Google広告
  • SNS広告
  • データ分析

など、Webマーケターに欠かせないスキルを習得できるでしょう。

受講期間中は、講義を動画で何度でも見て復習できるため、初心者でも安心です。

『デジプロ』のおすすめポイント
・パーソナルトレーナーが継続的にサポートしてくれる
・副業や独立に役立つスキルを習得できる
・7日間の全額返金保証がついている

▼無料説明会に参加してみる

Udemy

学び方オンライン
料金1,200円〜
期間1日〜

Udemy』は、世界最大級のオンライン学習プラットフォームです。

WebマーケティングやWebデザインなどを学習できる、100,000以上の講座が公開されています。

Webマーケティングについては、以下のようなコースがあります。

  • 【広告運用事業を始めたい方、独立&フリーランスになりたい方向け】ウェブ広告を活用した働き方改革の講座(10,200円)
  • 最短2週間で変化が出る!初心者向けのWEBサイト分析・改善【実践講座】(19,800円)
  • 隠れたWEBマーケティングの極意:WEB売上アップ・成約率アップ活用術【悪魔のWEBデザイン講座<初級編>】(24,000円)

オンラインで動画を見て学習するスタイルで、比較的安い料金で特定の内容をピンポイントで学べるのが特徴です。30日間の返金保証もついています。

公式サイトで講座ごとの口コミを確認してから受講しましょう。

『Udemy』のおすすめポイント
・一度受講すれば繰り返し動画を見て復習できる
・自分が知りたい内容をピンポイントで学べる
・セール期間に受講するとさらに安くなる

▼講座を検索してみる

ストアカ

学び方通学・オンライン
料金500円〜
期間1日〜

ストアカ』は、日本最大級のスキルシェアサービスです。

Webマーケティングを勉強できる講座も充実しており、以下のようなものがあります。

  • 超初心者向けWebマーケティングセミナー(SEO&アクセス解析)(29,800円)
  • 0から取り組めるweb集客マーケティング(5,500円)
  • オンライン★個人でもすぐに集客可能!LINE公式アカウント運営術(1,000円)

さまざまな講座があり、必要なスキルをピンポイントで習得できます。

1時間単位で気軽に受講できるコースが多いことも、メリットといえるでしょう。

『ストアカ』のおすすめポイント
・短時間で受講できる講座が多い
・料金が安いため気軽に参加できる
・SEOやWebライティングなどの講座もある

▼講座を検索してみる

デジハリONLINE(Webマーケティング基礎講座)

学び方オンライン
料金11,000円
期間1ヶ月

『デジハリONLINE』は、オンラインでWeb関連のスキルを習得できるスクール

未経験でもスムーズに学習できるシステムとサポートが特徴です。

1ヶ月という短期間で、

  • Webマーケティングの基礎知識
  • SEOの基礎知識
  • リスティング広告の運用方法
  • Google Analyticsによるアクセス解析

などを集中的に学べます。

『デジハリONLINE』のおすすめポイント
・現役のマーケターが指導してくれる
・短期間で集中的に学べる
・Webマーケティングに関する知識を幅広く習得できる

Winスクール(アクセスアップ&WEBマーケティング講座)

学び方通学
所在地全国
料金38,000円
(入学金18,000円)
期間1ヶ月

『Winスクール』は、実践的なスキルを習得できる通学タイプのスクールです。

Webマーケティングの講座は、ホームページ制作講座修了者か、同程度の知識をもつ人が対象となっています。

  • Webサイト制作の流れ
  • マーケティング手法を取り入れたWebサイト企画
  • 集客効果を高めるためのデザインテクニック

など、最新の知識が身につくでしょう。

『Winスクール』のおすすめポイント
・就職をサポートしてもらえる
・全国に50以上のスクールがある
・関連講座も充実している

自分の目的に合ったWebマーケティングスクールを選ぼう!

以上、Webマーケティングを学べるおすすめスクールを紹介しました。

たくさんのスクールが存在しているため、自分の目的に合わせて選びましょう。

Webマーケターとして転職したい場合は、転職サポートが充実している『DMM MARKETING CAMP』がおすすめです。

フリーランスとして独立したい場合は『TechAcademy』を選ぶとよいでしょう。

公式ページや口コミ、無料体験会なども参考にしながら、選んでみてください。

Web系のスキルを学べるスクールについては、次の記事でも紹介しています。

フリーランス動画編集者になるには?始め方から稼ぎ方まで解説

動画編集は、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

  • YouTuberを目指す人
  • 動画広告を出したい企業

などが増えたこともあり、動画編集者の需要は高まっています。

未経験からフリーランスの動画編集者を目指したい人にはチャンスといえるでしょう。

そこでこの記事では、稼げるフリーランス動画編集者になるための流れと仕事獲得の方法を紹介します。

ぜひチェックしてみてください。

フリーランス動画編集者の主な仕事内容

動画編集者の主な仕事について、簡単に確認しておきましょう。

動画編集の目的は、撮影した動画素材を

  • よりおもしろく、
  • よりわかりやすく、
  • より魅力的に、

パワーアップさせることです。

動画は世の中にあふれているため、動画素材をそのまま公開してもユーザーを引きつけることはできません。

そこで多くの映像制作者は、動画編集者に依頼して、

  • 動画素材にテロップを付ける
  • 動画を並べ替える
  • 効果音やエフェクトを入れる

といったクオリティアップを行っているのです。

動画編集者は、素材の編集だけを行うケースもありますし、撮影から参加するケースもあるでしょう。

未経験から稼げるフリーランス動画編集者になるための3つの方法

動画編集者になるために、特別な資格は必要ありません。

逆に、スキルやセンスを求められるため、

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Illustrator
  • Photoshop

といった編集ソフトの使い方を身につけてから独立すれば、継続的に仕事を獲得できます。

とくに、Premiere Proは動画編集者の必須スキルといえるでしょう。

未経験からフリーランスの動画編集者を目指すなら、次のような方法でスキルを習得するのがおすすめです。

フリーランス動画編集者になるための3つの方法
1.動画編集スクールで学ぶ
2.映像制作系の会社に就職して実務経験を積む
3.オンラインサービスを利用して学ぶ

以下、それぞれの方法について詳しく解説します。

1.動画編集スクールで学ぶ

まずは、映像制作に関わるうえで必要となる、

  • 動画編集に関する基礎知識
  • 動画編集ソフトの使い方

などを習得しなければなりません。

独学でも勉強することは可能ですが、スクールを利用すれば、講師のサポートを受けながら幅広い知識を体系的に学べます。

動画編集者を目指す人におすすめのスクールは以下の2つです。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(動画編集コース)
149,000円〜1ヶ月〜オンライン
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
(ネット動画クリエイター専攻)
300,000円〜3ヶ月〜通学

TechAcademy(動画編集コース)

TechAcademy』は、多くの動画編集者が利用している人気のオンラインスクールです。

実際にPremiere Proを使いながら、

  • カット編集
  • アニメーション設定
  • トリック動画の作り方

といったスキルを習得できます。

現役の動画クリエイターがメンターを務めるため、わからない部分はすぐに質問でき、最後まで挫折せずに続けられるでしょう。

公式サイトの無料説明会動画を見て、雰囲気を確認してから受講するのがおすすめです。

▼無料の説明会動画を見てみる

デジタルハリウッド STUDIO by LIG(ネット動画クリエイター専攻)

デジタルハリウッド STUDIO by LIG』は、人気のWeb制作会社であるLIGが運営する通学制スクールです。

3ヶ月間、東京(上野)に通学して、

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • 企画
  • シナリオライティング
  • ネット動画マーケティング

など、動画編集や映像制作に必要なスキルを幅広く習得できます。

気になる人は無料の説明会に参加して、カリキュラムや雰囲気を確認してみましょう。

▼無料説明会に参加してみる

その他のスクールも検討したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

2.映像制作系の会社に就職して実務経験を積む

ある程度の動画編集スキルがある場合は、映像制作系の会社に就職して実務経験を積むとよいでしょう。

スクールよりも実践的なスキルが身につくため、フリーランスとしての独立や仕事獲得に役立ちます。

実務経験や実績がないままフリーランスとして独立すると、仕事獲得に苦労するケースも少なくありません。

映像制作系の会社で実務経験を積んでおけば、プロフィールや自分のWebサイトなどに記載できるので、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

映像制作系の会社への就職は、

といった動画編集者の転職に強いエージェントを利用するのがおすすめです。

就職に成功したら、先輩や同僚に積極的に質問しながら、

  • 動画編集・映像制作の仕事の流れ
  • 実務レベルの編集スキル
  • 仕事の獲得方法

などを学びましょう。

独立までのプランを考えたり、人脈を広げたりすることも大切です。

1年程度働いてからフリーランス動画編集者として独立すれば、仕事獲得に困ることも少ないでしょう。

3.オンラインサービスを利用して学ぶ

  • スクールで学ぶ費用を節約したい
  • 会社には通勤したくない

という場合は、オンラインサービスを利用して動画編集を学ぶのがおすすめです。

などを利用すれば、スクールよりも安い料金で、必要なスキルをピンポイントで習得できるでしょう。

たとえば、『Udemy』で「動画編集」などと検索すると、下記のような講座がヒットします。

『Udemy』の特徴やセール情報については以下の記事で詳しく解説していますので、気になる人はチェックしてみてください。

フリーランス動画編集者が仕事を獲得するための6つの方法

フリーランス動画編集者が仕事を獲得する主な方法は以下の6つ。

フリーランス動画編集者が仕事を獲得するための6つの方法
1.映像制作系の案件に強いエージェントを利用する
2.クラウドソーシングサイトに登録する
3.ポートフォリオサイトを作って集客する
4.スキル販売サイトを利用する
5.YouTuberのチームに所属する
6.SNSで動画作品を公開する

継続的に稼ぐためには、フリーランス専門のエージェントやクラウドソーシングサイトに登録しておくことが重要です。

そのうえで、他の方法も組み合わせて収入を増やしていきましょう。

1.映像制作系の案件に強いエージェントを利用する

フリーランス専門のエージェントに登録しておけば、自分に合った案件を簡単に見つけられます。

基本的には無料で登録でき、ストレスなく仕事を獲得できるでしょう。

ここでは、動画編集者におすすめのエージェントを紹介しますので、チェックしてみてください。

クラウドテック

クラウドテック』は、動画編集や映像制作の案件が豊富なフリーランスエージェントです。

登録している会社は、業界トップクラスの14万社以上。

  • リモートワーク
  • 週3日勤務

といった案件も多いため、自由な働き方を選択できます。

専任のフリーランスキャリアアドバイザーが

  • 仕事の紹介
  • 面接の付き添い

などのサポートをしてくれますので、スムーズに仕事を獲得できるでしょう。

▼無料で会員登録する

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』も動画編集者に人気のエージェント

常駐型の仕事を紹介してくれるのが特徴です。

常駐型の仕事には、以下のようなメリットがあります。

  • 先輩や同僚のスキルや知識を盗める
  • 高収入の案件が多い
  • 仕事のモチベーションを保ちやすい

「絶対に通勤したくない」という人以外は、常駐型の仕事を検討してもよいでしょう。

『レバテックフリーランス』では、独立したてのフリーランスへのサポートも充実しており、

  • 案件紹介
  • キャリアカウンセリング
  • クライアントとの交渉

などを丁寧に行ってくれます。

  • 今のスキルで仕事を獲得できるのか?
  • どのような仕事を受注すればよいのか?

といった相談もできるので、登録しておいて損はないでしょう。

▼無料で会員登録する

2.クラウドソーシングサイトに登録する

動画編集者が仕事を探すうえでは、クラウドソーシングサイトに登録しておくことも重要です。

などが有名ですので、ぜひ登録しておきましょう。

とくに、『クラウドワークス』には動画編集や映像制作の案件が多く掲載されており、ほとんどのフリーランスが登録しているといっても過言ではありません。

  • YouTubeの動画編集
  • BGMやテロップの追加

といった仕事もあるため、無料登録してチェックだけでもしておきましょう。

▼無料で会員登録する

3.ポートフォリオサイトを作って集客する

自分の映像作品をアピールするためのポートフォリオサイトを作っておくことも大切です。

クラウドソーシングサイトなどで仕事を探す場合、自分の作品を見せる機会はあまりありません。

ポートフォリオサイトのURLをクラウドソーシングサイトのプロフィール欄などに貼っておけば信頼されやすく、仕事獲得につながります。

YouTubeなどで自分の作品を公開するのもよいでしょう。

4.スキル販売サイトを利用する

ココナラ』などの動画編集スキルを販売できるサイトに登録しておくこともおすすめです。

フリーランスは収入が不安定になりがちですので、販売経路を増やし、できるだけチャンスを広げておきましょう。

5.YouTuberのチームに所属する

HIKAKINやカジサックなどの超有名YouTuberはもちろん、多くのフリーランスYouTuberも動画を編集したうえで公開しています。

  • 出演者
  • カメラマン
  • 動画編集者

といったチームを組んで活動しているYouTuberも多いでしょう。

友人やフリーランス仲間がYouTubeチャンネルを開設している場合は、チームに入れてもらったり、仕事を発注してもらったりすると、継続的に活動できます。

6.SNSで動画作品を公開する

TwitterやInstagramなどのSNSで動画作品を発表することも、仕事を獲得するうえで重要です。

定期的に投稿してファンを増やしておけば、自分の動画が拡散されるチャンスも広がります。

プロフィール欄にポートフォリオサイトのURLを貼っておけば、集客効果もアップするでしょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランス動画編集者になろう!

今回は、稼げるフリーランス動画編集者になるためのステップや、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

未経験からフリーランスの動画編集者を目指すなら、

  • 動画編集スクールで基礎スキルを身につける
  • 映像制作系の会社に就職して実務経験を積む

という流れで独立すると、継続的に仕事を獲得できるでしょう。

動画編集の基礎スキルを勉強するなら、以下のスクールがおすすめです。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(動画編集コース)
149,000円〜1ヶ月〜オンライン
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
(ネット動画クリエイター専攻)
300,000円〜3ヶ月〜通学

動画編集以外の仕事についても知りたい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

フリーランスイラストレーターになるには?始め方から稼ぎ方まで解説

イラストレーターは、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

  • デザイン未経験からフリーランスのイラストレーターを目指したい
  • デザイン会社を退職して通勤電車から解放されたい

といった人も多いでしょう。

そこでこの記事では、稼げるフリーランスイラストレーターになるための流れと仕事獲得の方法を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

未経験から稼げるフリーランスイラストレーターになるための3つの方法

とくに資格は必要ないため、「独立します!」と宣言さえすれば誰でもフリーランスイラストレーターになれますが、継続的に稼げなければ意味がないですよね。

継続的に稼げるフリーランスイラストレーターになるためには、以下のようなスキルを身につけてから独立するのがおすすめです。

  • イラストに関する基礎知識
  • Illustrator
  • Photoshop
  • XD
  • CLIP STUDIO PAINT

未経験からフリーランスのイラストレーターを目指すなら、次のような方法でスキルを習得するとよいでしょう。

  1. デザイン系のスクールで学ぶ
  2. デザイン系の会社に就職して実務経験を積む
  3. オンラインサービスを利用して学ぶ

以下、それぞれの方法について詳しく解説します。

1.デザイン系のスクールで学ぶ

まずは、イラストレーターとして必須のスキルである、

  • イラストに関する基礎知識
  • Illustrator
  • Photoshop
  • CLIP STUDIO PAINT

などをマスターしなければなりません。

独学でも勉強することは可能ですが、スクールを利用すれば、サポートを受けながら幅広い知識を体系的に学べます。

イラストレーターを目指す人におすすめのスクールは以下の2つです。

スクール名料金期間学び方
ヒューマンアカデミー
(イラストマスターコース)
270,000円〜15ヶ月オンライン
アミューズメントメディア総合学院
(マンガイラスト学科)
2,660,000円2年通学

ヒューマンアカデミー(イラストマスターコース)

自宅で学びたい場合は、『ヒューマンアカデミー』がおすすめです。

  • デジタル作画の基礎
  • キャラクターの描き方
  • CLIP STUDIO PAINTの操作方法

などをオンラインで学べます。

学んで終わりではなく、フリーランスとしての仕事をスタートできるようサポートしてもらえるのも大きな特徴です。

まずは無料で資料請求をして、自分に合っているか確認してみましょう。

▼無料で資料請求する

アミューズメントメディア総合学院(マンガイラスト学科)

東京(恵比寿)への通学が可能な場合は、『アミューズメントメディア総合学院』を選ぶとよいでしょう。

週5日通う必要があるので、時間的に余裕がある人におすすめです。

未経験からでも以下のような技術や知識を習得し、プロのイラストレーターを目指せます。

  • デッサン
  • 模写
  • マンガ技術
  • イラスト応用
  • Illustrator / Photoshop

気になる人は、資料請求をしたり体験会に参加したりして、詳しい内容をチェックしてみてください。

▼無料で資料請求する

その他のスクールも検討したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

(準備中)

Webデザイン系のスクールを利用するのもおすすめ

ここまで紹介したスクールに通えば、しっかりとしたスキルを学べるのですが、料金が高いのも事実です。

もう少し選択肢を広げるなら、

といったWebデザイン系のスクールも検討するとよいでしょう。

  • デザインの基礎知識
  • Illustrator / Photoshop

など、イラストレーターに必要なスキルを習得しつつ、Webデザインに関する知識も学べます。

イラストにこだわるわけではないのなら、Webデザインを学んでおくのがおすすめです。仕事の幅が広がり、安定した収入を得られるでしょう。

Webデザインスクールについては下記の記事でまとめていますので、参考にしてください。

2.デザイン系の会社に就職して実務経験を積む

ある程度のスキルや知識があるのなら、デザイン系の会社に就職してイラストレーターとしての実務経験を積むとよいでしょう。

スクールよりも実践的なスキルが身につくため、フリーランスとしての独立や仕事獲得に役立ちます。

実務経験や実績がないままフリーランスとして独立すると、仕事獲得に苦労するケースも少なくありません。

デザイン系の会社で実務経験を積んでおけばプロフィールなどに記載できるので、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

デザイン系の会社への就職は、

といったイラストレーターの転職に強いエージェントを利用するのがおすすめです。

就職に成功したら、先輩や同僚に積極的に質問しながら、

  • イラストレーターの仕事の流れ
  • 実務レベルのデザインスキル
  • 仕事の獲得方法

などを学びましょう。

独立までのプランを考えたり、人脈を広げたりすることも大切です。

1年程度働いてからフリーランスとして独立するとスムーズに仕事を獲得できるでしょう。

3.オンラインサービスを利用して学ぶ

  • スクールに通う費用を節約したい
  • 会社には就職したくない

という場合は、オンラインサービスを利用してイラストスキルを高めるのがおすすめです。

などを利用すれば、比較的安い料金で、必要な知識をピンポイントで習得できます。

たとえば、『Udemy』で「Illustrator」などと検索すると、下記のような講座がヒットします。

  • Illustrator 基礎からプロレベルまで 完全ですべてをゼロから最短で学べる講座(22,800円)
  • Photoshop CC マスターコース : 動画で徹底的に学ぶ! 確かな技術をマスターしよう!(7,200円)

『Udemy』の特徴や口コミについては次の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

フリーランスイラストレーターが仕事を獲得するための7つの方法

フリーランスイラストレーターが仕事を獲得する主な方法は以下の7つ。

  1. デザイン系の案件に強いエージェントを利用する
  2. クラウドソーシングサイトを利用する
  3. ポートフォリオサイトを作って集客する
  4. スキル販売サイトを利用する
  5. イラスト素材サイトを利用する
  6. 友人や知人から仕事を紹介してもらう
  7. SNSで情報発信する

継続して稼いでいくためには、フリーランス専門のエージェントに登録しておくことが一番重要です。

エージェントで仕事を獲得しながら、他の方法も組み合わせて収入を増やしていきましょう。

1.デザイン系の案件に強いエージェントを利用する

フリーランスに仕事を紹介してくれるエージェントを利用すれば、自分に合った案件を簡単に見つけられるので、ぜひ登録しておきましょう。

基本的には無料で登録でき、ストレスなく仕事を獲得できます。

ここでは、イラストレーターにおすすめのエージェントを紹介しますので、気になるところに登録してみてください。

クラウドテック

クラウドテック』は、イラストレーター向きの案件が豊富なフリーランスエージェントです。

登録している会社は、業界トップクラスの14万社以上。

  • リモートワーク
  • 週3日勤務

など、自分が希望する働き方に合わせて仕事を探せます。

専任のキャリアアドバイザーが

  • 仕事の紹介
  • 面接の付き添い

などのサポートをしてくれますので、スムーズに仕事を獲得できるでしょう。

▼無料で会員登録する

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』もイラストレーターに人気のエージェントです。

基本的に常駐型の仕事を紹介してくれます。

常駐型には以下のようなメリットがあるため、「絶対に通勤したくない」という人以外は選択肢に入れておくとよいでしょう。

  • 高収入の案件が多い
  • 先輩や同僚に質問しながらスキルアップできる
  • 仕事のモチベーションを保ちやすい

独立したばかりのフリーランスへのサポートも充実しており、

  • 案件紹介
  • キャリアカウンセリング
  • クライアントとの交渉

などを丁寧に行ってくれます。

仕事獲得のことからキャリアプランのことまで何でも気軽に相談できるので、会員登録しておくだけでも価値があるでしょう。

▼無料で会員登録する

2.クラウドソーシングサイトを利用する

イラストレーターが仕事を探すうえでは、以下のようなクラウドソーシングサイトに登録しておくことも重要です。

とくに『クラウドワークス』にはイラスト案件も多く掲載されており、ほとんどのフリーランスが登録しているといっても過言ではありません。

クライアントとの信頼関係を構築すれば、継続して仕事を発注してくれたり、直接契約してくれたりする可能性もあります。

無料で登録できますので、どのような案件があるのかだけでも確認しておきましょう。

▼無料で会員登録する

3.ポートフォリオサイトを作って集客する

クライアントと直接会う場合はポートフォリオを持参して見せることができますが、クラウドソーシングサイトなどで仕事を探す場合、自分の作品を見せる機会はあまりありません。

そこで、ポートフォリオとして活用できるオリジナルWebサイトを作っておき、スキルや実績をアピールしましょう。

これまでに作成したイラストを掲載するのはもちろん、

  • 取引実績
  • 得意分野
  • クライアントの声

など、集客につながる内容を記載しておきましょう。

ポートフォリオサイトのURLをクラウドソーシングサイトのプロフィール欄などに貼っておけば信頼されやすく、仕事獲得につながります。

4.スキル販売サイトを利用する

といったインターネット上で自分のスキルを販売できるサイトに登録しておくことも大切です。

フリーランスは収入が不安定になりがちですので、できるだけチャンスを広げておきましょう。

5.イラスト素材サイトを利用する

  • イラストAC
  • PIXTA

などの素材サイトで自分の作品を販売するのもおすすめです。

イラスト素材は、ブログやアフィリエイトなどでも多く使用されるため、今後の需要も高いといえます。

テイストを気に入ってもらえれば、クライアントと直接契約できるケースもあるでしょう。

6.友人や知人から仕事を紹介してもらう

友人や知人から、イラスト関係の仕事を紹介してもらうのもよいでしょう。

フリーランス仲間を増やし、横のつながりを作ることで仕事を得るのも大切です。

ブロガーやアフィリエイター、YouTuberなどとチームを組めば、イラストの仕事を依頼してもらえる場合もあります。

「実はフリーランスでイラストレーターの仕事をしている」ということを話しておくだけでも仕事獲得のチャンスは広がりますので、積極的に自己開示していきましょう。

7.SNSで情報発信する

InstagramやTwitterなどのSNSで作品を発表することも、仕事を増やすうえで効果的です。

定期的に投稿してフォロワーを増やしておけば、自分の作品が拡散されるチャンスも広がります。

プロフィール欄には、ポートフォリオサイトのURLを貼っておきましょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランスイラストレーターになろう!

今回は、稼げるフリーランスイラストレーターになるためのステップや、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

未経験からフリーランスのイラストレーターを目指すなら、

  • スクールで基礎スキルを身につける
  • デザイン系の会社に就職して実務経験を積む

という流れで独立すると、継続的に仕事を獲得できるでしょう。

イラストの基礎スキルを勉強するなら以下のスクールがおすすめですので、まずは資料請求をしてみてください。

スクール名料金期間学び方
ヒューマンアカデミー
(イラストマスターコース)
270,000円〜15ヶ月オンライン
アミューズメントメディア総合学院
(マンガイラスト学科)
2,660,000円2年通学

イラストレーター以外の仕事についても知りたい人は、以下の記事がおすすめです。

フリーランスWebデザイナーになるには?始め方から稼ぎ方まで解説

Webデザイナーは、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

  • Webデザイン未経験からフリーランスを目指したい
  • Webデザイン会社を退職して通勤電車から解放されたい

といった人も多いでしょう。

そこでこの記事では、稼げるフリーランスWebデザイナーになるための流れと仕事獲得の方法を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

未経験から稼げるフリーランスWebデザイナーになるための3ステップ

極端な話、「独立します!」と宣言さえすれば誰でもフリーランスWebデザイナーになれますが、継続的に稼げなければ意味がありません。

継続的に稼げるフリーランスWebデザイナーになるためには、以下のようなスキルを身につけてから独立するのがおすすめです。

  • デザインに関する基礎知識
  • Illustrator / Photoshop
  • HTML / CSS
  • WordPress
  • JavaScript

未経験からフリーランスのWebデザイナーを目指すなら、次のようなステップで行動するとスムーズに独立できるでしょう。

フリーランスWebデザイナーになるための3ステップ
1.転職サポートが充実したスクールでWebデザインを学ぶ
2.デザイン系の会社に就職して実務経験を積む
3.フリーランスWebデザイナーとして独立する

自信がある場合は、スクールや独学で勉強して、そのまま独立してもOKです。

ただし、未経験の場合は、会社で指導を受けながら実務経験を積んでおいたほうが独立後の仕事獲得に困らないでしょう。

以下、それぞれのステップについて詳しく解説します。

1.転職サポートが充実したスクールでWebデザインを学ぶ

まずは、Webデザイナーとして必須のスキルを身につけなければなりません。

独学でも勉強することは可能ですが、スクールに通えば、メンターのサポートを受けながら幅広い知識を体系的に学べます。

転職サポートが充実しているWebデザインスクールとしては、以下の2つがおすすめです。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webデザインコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
TECH::CAMP
(デザイナー転職)
598,000円〜10週間〜通学

TechAcademy(Webデザインコース)

オンラインで学びたい場合は、『TechAcademy』がおすすめです。

Webデザイナーに必要なスキルを網羅的に学べ、最終的なゴールであるオリジナルWebサイトを公開するところまで、マンツーマンで徹底的にサポートしてもらえます。

転職サポートもついているので安心です。

公式サイトでは無料の説明会動画が公開されているので、気になる人はチェックしてみてください。

無料体験会に参加して雰囲気を確かめるのもおすすめです。

▼無料の説明会動画を見てみる

TECH::CAMP(デザイナー転職)

東京(渋谷)への通学が可能な場合は、『TECH::CAMP』を選ぶとよいでしょう。

  • デザインの基礎知識
  • Illustrator / Photoshop
  • HTML / CSS
  • JavaScript

といったスキルを習得でき、仮に転職に失敗した場合は受講料を全額返却してもらえます。

▼無料カウンセリングを受けてみる

その他のWebデザインスクールも検討したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

2.デザイン系の会社に就職して実務経験を積む

Webデザインスクールで基礎的なスキルを習得したら、デザイン系の会社で実務を学びましょう。

実績がないままフリーランスとして独立すると、仕事獲得に苦労する場合もあります。

デザイン系の会社で実務経験を積んでおけばプロフィールなどに記載できるので、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

デザイン系の会社への就職は、前の項目で紹介したスクールの転職サポートを利用すればスムーズです。

といったWebデザイナーの転職に強いエージェントを利用する方法もあります。

就職に成功したら、先輩や同僚に積極的に質問しながら、

  • Webデザインの仕事の流れ
  • 実務レベルのデザインスキル
  • 仕事の獲得方法

などを学びましょう。

人脈を広げたり、独立プランを考えたりすることも大切です。

3.フリーランスWebデザイナーとして独立する

会社に就職した場合は、最低でも1年程度働いてから独立するとスムーズに仕事を獲得できるでしょう。

Webデザインに必要なスキルが身についていれば、スクールを卒業してそのままフリーランスになってもOKです。

後述する仕事の獲得方法を参考にしながら、実績を増やしていきましょう。

オンラインサービスでWebデザインを勉強するのもおすすめ

  • Webデザインスクールに通う費用を節約したい
  • 会社に就職するのは避けたい

という場合は、オンラインサービスを利用して勉強するのがおすすめです。

などを利用すれば、比較的安い料金で、必要な知識をピンポイントで習得できます。

とくに、『Udemy』で公開されている下記講座がおすすめです。

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

  • Photoshop
  • HTML / CSS

などの基礎知識から実際のサイト構築まで学べます。

『Udemy』の特徴や口コミについては次の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

フリーランスWebデザイナーが仕事を獲得するための5つの方法

フリーランスWebデザイナーが仕事を獲得する主な方法は以下の5つ。

  1. Webデザイン案件に強いエージェントを利用する
  2. クラウドソーシングサイトを利用する
  3. 自分のWebサイトを作って集客する
  4. 友人や知人から仕事を紹介してもらう
  5. SNSで情報発信する

安定して仕事を獲得するためには、エージェントに登録しておくことが一番重要です。

エージェントを軸にしながら、他の方法もうまく組み合わせて収入を増やしていきましょう。

1.Webデザイン案件に強いエージェントを利用する

フリーランス専門のエージェントを利用すれば、自分に合った仕事を簡単に探せますので、ぜひ登録しておきましょう。

企業に営業する手間も省け、ストレスなく仕事を獲得できます。

ここでは、Webデザイン案件を多く扱っているエージェントを紹介しますので、気に入ったエージェントに登録してみてください。

クラウドテック

クラウドテック』は、Webデザイン案件が豊富なフリーランスエージェントです。

登録している会社は、業界トップクラスの14万社以上。

  • リモートワークOK
  • 週3日勤務OK

など、自分に合った仕事が見つかるでしょう。

専任のキャリアアドバイザーが

  • 仕事の紹介
  • 面接の付き添い

といったサポートをしてくれますので、スムーズに仕事を獲得できます。

▼無料で会員登録する

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』もWebデザイナーやエンジニアに人気のエージェントです。

主に常駐型の仕事を紹介してくれます。

フリーランスには、在宅で働くというイメージも強いのですが、常駐型には以下のようなメリットがあるため、働きやすいと感じる人も多いでしょう。

  • 収入が安定しやすい
  • すぐに質問できるためスキルアップしやすい
  • モチベーションを保ちやすい

独立したばかりのフリーランスへのサポートも充実しており、

  • キャリアカウンセリング
  • 案件紹介
  • クライアントとの交渉

などを丁寧に行ってくれます。

今のスキルでフリーランスとして活躍できるのか、といったことも気軽に相談できるので、会員登録しておくだけでも価値があるでしょう。

▼無料で会員登録する

2.クラウドソーシングサイトを利用する

Webデザイナーが仕事を獲得するためには、クラウドソーシングサイトに登録しておくことも重要です。

Webデザイン案件が豊富なサイトは以下のとおり。

とくに『クラウドワークス』は、ほとんどのフリーランスが登録しているといっても過言ではありません。

無料で登録できますので、どのような案件があるのかだけでも確認しておきましょう。

▼無料で会員登録する

3.自分のWebサイトを作って集客する

長期的な視点で考えると、自分のWebサイトを作っておくことも重要です。

美しいサイトを作成しておけば、自分のスキルのアピールになります。

クライアントと直接契約できるため、より高額の報酬も期待できるでしょう。

ただし、実績がなければ個人で集客することは難しいため、まずはエージェントやクラウドソーシングサイトを利用して、受注数を増やすことが重要です。

その後、実績として自分のサイトに記載しておけば、効率的に仕事を獲得できるでしょう。

4.友人や知人から仕事を紹介してもらう

友人や知人からWebデザインの仕事を紹介してもらうのもよいでしょう。

仕事や収入が安定しないフリーランスにとって、横のつながりは大切です。

フリーランス仲間を増やしたり、積極的に情報を交換したりすることで、仕事獲得のチャンスは増えていきます。

「実はフリーランスでWebデザインの仕事をしている」ということを話しておくだけでも仕事をもらえるチャンスは広がりますので、積極的に自己開示していきましょう。

5.SNSで情報発信する

TwitterやInstagramなどのSNSで情報発信することも効果的です。

定期的に有益な情報を発信することで、フォロワーが増えていきます。

  • 作成したWebサイト
  • 取り組んでいる案件

などについて発信することで、次の仕事獲得につながるケースもあります。

自分のWebサイトを広める手段にもなるので、ぜひアカウントを取得しておきましょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランスWebデザイナーになろう!

今回は、稼げるフリーランスWebデザイナーになるためのステップや、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

未経験からフリーランスのWebデザイナーを目指すなら、

  • Webデザインスクールで基礎スキルを身につける
  • デザイン系の会社に就職して実務経験を積む

という流れで独立すると、継続的に仕事を獲得できるでしょう。

以下のスクールなら転職サポートも充実していますので、ぜひ検討してみてください。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webデザインコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
TECH::CAMP
(デザイナー転職)
598,000円〜10週間〜通学

Webデザイナー以外の仕事についても知りたい人は、以下の記事がおすすめです。

フリーランスにおすすめの仕事10選!安定して稼げる職種を紹介

フリーランスとして独立したいけれど、どの仕事を選べばよいかわからないという人も多いでしょう。

この記事では、フリーランスにおすすめの仕事を紹介します。

  • 将来的な需要が高い
  • 継続的に稼げる

という仕事を厳選して紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスにおすすめの仕事一覧

仕事名平均年収
フリーランスWebライター300万円
フリーランスエンジニア700〜1,000万円
フリーランスWebデザイナー300〜400万円
アフィリエイター300〜400万円
YouTuber800万円
フリーランス動画編集者400万円
フリーランスWebディレクター400〜500万円
フリーランスWebマーケター500〜600万円
フリーランスイラストレーター300〜400万円
フリーランスWebコンサルタント600万円

興味のあることや得意なことを選ぶのがベストですが、スペシャリストよりもジェネラリストを目指すのがおすすめです。

1つのスキルに頼りすぎると、クライアントがいなくなったときに仕事がなくなってしまいます。

まずは主軸を決めて、少しずつ周辺領域の知識も習得していくとよいでしょう。

私の場合は、

  • Webライター
  • アフィリエイター

を主軸として、

  • WordPress
  • 簡単なコーディング
  • Illustrator
  • Photoshop

など、周辺領域のスキルも習得しています。

では、それぞれの仕事の特徴について順番に見ていきましょう。

1.フリーランスWebライター

平均年収300万円
必須スキル日本語力
Webライティング
タイピング
収入UPにつながるスキルSEO
アフィリエイト
WordPress
簡単なコーディング

Webライターは、クライアントからの依頼を受けて、主にWebサイトに掲載する文章を書く職業です。

最初の段階では、特別なスキルや資格は必要なく、パソコンと基本的な日本語力さえあれば始められます。

平均年収だけ見ると、あまり稼げないように思えますが、

  • Webライティングの特性
  • SEOに関する知識
  • WordPressの基本的な使い方
  • 簡単なコーディングスキル

などを習得していけば、少しずつ収入をアップできます。

文字単価を上げたり、自分のWebサイトを構築してアフィリエイトに発展させたりすれば、年収1,000万円も夢ではありません。

多くの企業がWeb集客に取り組んでいるため、今後の需要も高いといえるでしょう。

フリーランスWebライターとして活動を始めるときは、以下のようなクラウドソーシングサイトに登録して仕事を探すのが一般的です。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

無料で登録できますので、まずはどのような案件があるのか探してみるだけでも勉強になるでしょう。

フリーランスWebライターになるための方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方は読んでみてください。

フリーランスWebライターのおすすめポイント
・未経験でも始めやすい
・在宅で働ける
・クラウドソーシングサイトで簡単に仕事を探せる
・自分のWebサイトを作れば広告収入も得られる

2.フリーランスエンジニア

平均年収700〜1,000万円
必須スキルプログラミング
収入UPにつながるスキルWordPress
SEO
アフィリエイト

フリーランスエンジニアは、Webサイト上で動く仕組みを構築したり、アプリケーションを開発したりする職業です。

エンジニアとして活躍するためには、HTMLやCSS、PHPやRubyといったプログラミング言語を習得しておく必要があります。

とはいえ、スタート時点ですべての言語をマスターする必要はありません。

エンジニアには、

  • Webエンジニア
  • WordPressエンジニア
  • インフラエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • ゲームエンジニア

などの種類があり、主に用いる言語も異なるため、まずは目指す職種で必要となるプログラミング言語を学ぶことが大切です。

未経験からフリーランスエンジニアを目指すなら、

  • 転職サポートの充実したプログラミングスクールに通う
  • 転職先の会社で最低1年間は修行する
  • フリーランスとして独立する

といったステップで進めると、仕事を獲得しやすいでしょう。

転職サポートが充実したスクールは以下のとおり。

おすすめのスクールについては、下記の記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

すでにプログラミングやIT業界で働いた経験がある場合は、以下のようなフリーエンジニア専門エージェントに登録して仕事を探すのがおすすめです。

  • レバテックフリーランス
  • ギーグスジョブ

エンジニアは人手不足の傾向にあるため、仕事に困ることも少ないでしょう。

フリーランスエンジニアのおすすめポイント
・在宅でできる案件も多い
・週1日稼働など柔軟な働き方もできる
・フリーランス専門エージェントで簡単に仕事を探せる
・自分のWebサイトを構築すれば広告収入も得られる

3.フリーランスWebデザイナー

平均年収300〜400万円
必須スキルIllustrator
Photoshop
簡単なコーディング
収入UPにつながるスキルWordPress

Webデザイナーは、クライアントからの依頼を受けて、Webサイトのデザインや構成、コーディングなどを行う職業です。

コーディングはエンジニアが担当するケースも多いのですが、ある程度の方法を知っておくと仕事の幅が広がります。

未経験からフリーランスWebデザイナーとして独立するのは難しいため、

  • TechAcademy(Webデザインコース)
  • CodeCamp(デザインマスターコース)

といったスクールでスキルを習得するのがおすすめです。

さらに、

  • レバテックキャリア
  • Webist

などを利用してデザイナーとして転職し、1年ほど修行してからフリーランスとして独立すると、仕事を獲得しやすいでしょう。

フリーランスWebデザイナーになるための方法や、仕事を獲得する方法については下記の記事にまとめています。

フリーランスWebデザイナーのおすすめポイント
・在宅でできる案件も多い
・週1日稼働など柔軟な働き方もできる
・フリーランス専門エージェントで簡単に仕事を探せる

4.アフィリエイター

平均年収300〜400万円
必須スキルアフィリエイト
SEO
Webライティング

WordPress
収入UPにつながるスキルWebデザイン
簡単なコーディング

アフィリエイターは、Webサイトやブログを開設して記事を書き、広告収入を得る仕事です。

平均年収は300〜400万円ですが、月5万円以上稼げる人は全体の5%しかいません。

一方、1,000万円以上稼ぐアフィリエイターがいるのも事実です。

Webライターとの相性がよいため、クライアントからの依頼も受けつつ、自分のアフィリエイトサイトを作るとよいでしょう。

アフィリエイターのおすすめポイント
・努力次第で年収1,000万円超えも目指せる
・人と関わるストレスが少ない
・アクセスが集まれば楽に稼げる

5.YouTuber

平均年収800万円
必須スキル企画力
動画撮影
動画編集
収入UPにつながるスキルIllustrator
Photoshop

YouTuberの平均年収は800万円と高めですが、芸能人なども多く参入しているため、そう簡単に稼げるわけではありません。

ライバルに負けないよう独自の企画を立て、継続的に高頻度で動画をアップする必要があります。

  • エンタメ系
  • ビジネス系
  • 教育系

など、さまざまなジャンルがありますが、自分の得意分野で勝負するのがよいでしょう。

動画の撮影や編集は、別のスタッフに依頼することもできますが、ある程度のスキルは習得しておくべきです。

YouTuberのおすすめポイント
・努力次第で年収1,000万円超えも目指せる
・好きなことや得意分野で勝負できる
・成功すれば有名になれる

6.フリーランス動画編集者

平均年収400万円
必須スキルPremiere Pro
After Effects
収入UPにつながるスキル動画撮影
Illustrator
Photoshop

動画編集は、YouTube動画や広告用ムービーなどを編集する仕事です。

  • YouTubeに参入する個人や企業の増加
  • 動画マーケティング市場の拡大

などを背景として、動画編集者の需要は高まっています。

未経験からフリーランス動画編集者として独立するのは難しいため、

  • TechAcademy(動画編集コース)
  • デジタルハリウッド STUDIO by LIG(ネット動画クリエイター専攻)

などのスクールで編集ソフトの使い方や編集テクニックを習得するのがおすすめです。

動画編集者になるための詳しいステップや稼ぎ方は、次の記事に記載していますのでチェックしてみてください。

フリーランス動画編集者のおすすめポイント
・今後の需要拡大が期待できる
・在宅でできる案件も多い
・クラウドソーシングサイトで簡単に仕事を探せる

7.フリーランスWebディレクター

平均年収400〜500万円
必須スキルコミュニケーション能力
SEO
Webライティング
収入UPにつながるスキルWordPress
簡単なコーディング

Webディレクターは、Webサイトの制作や運営において、

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • エンジニア

など、多数の担当者の取りまとめを行います。

クライアントとの打ち合わせを行うケースも多いため、高いコミュニケーション能力が求められます。

作業は各担当者が行いますが、完成形をイメージして指示を出す必要があるため、広く浅く知識を習得しておかなければなりません。

Webディレクターとして独立するための詳しい流れや仕事獲得方法は、以下の記事を参考にしてください。

フリーランスWebディレクターのおすすめポイント
・幅広いスキルや知識が身につく
・Webサイト制作の全体を見渡せる
・多くの人と関わることができる

8.フリーランスWebマーケター

平均年収500〜600万円
必須スキルコミュニケーション能力
Webマーケティング
SEO
収入UPにつながるスキルWordPress
SNS

Webマーケターは、主にクライアントからの依頼を受けて、Web集客のアドバイスをする職業です。

  • Webサイトを上位表示させるSEOマーケター
  • TwitterやInstagramを活用して集客するSNSマーケター
  • Web広告を最適化する広告運用マーケター

など、さまざまな種類があります。

クライアントの要望をヒアリングして、ライターやエンジニアに指示を出す必要もあるため、コミュニケーション能力やマネジメント能力がとくに重要です。

データ分析などの専門スキルを習得する必要もあるため、スクールなどで勉強するとよいでしょう。

フリーランスWebマーケターになるためのステップと仕事を獲得する方法は、以下の記事でまとめていますのでチェックしてみてください。

フリーランスWebマーケターのおすすめポイント
・幅広いスキルや知識が身につく
・集客スキルを他の分野でも活かせる
・多くの人と関わることができる

9.フリーランスイラストレーター

平均年収300〜400万円
必須スキルIllustrator
Photoshop
XD
収入UPにつながるスキルSAI
Painter
FireAlpaca

イラストレーターは、

  • Webサイト上で使用する画像や図解イラスト
  • 企業のロゴやキャラクター
  • YouTubeのサムネイル画像

などを制作する職業です。

イラストはさまざまな場面で使われるため、需要の高い仕事といえるでしょう。

クラウドワークスなどで検索すると、たくさんの仕事が見つかります。

イラストレーターとして独立するための流れや稼ぎ方については、次の記事を参考にしてください。

フリーランスイラストレーターのおすすめポイント
・在宅で働ける
・週1日稼働など柔軟な働き方もできる
・クラウドソーシングサイトで簡単に仕事を探せる

10.Webコンサルタント

平均年収600万円
必須スキルコミュニケーション能力
Webマーケティング
SEO
収入UPにつながるスキルSNS

Webコンサルタントは、クライアントの経営課題やWeb集客の問題点を分析して、解決のための支援をする職業です。

IT業界のなかでは、平均年収はエンジニアに次いで高いため、稼ぎやすい職業といえます。

ただし、経営や集客、マーケティングについての確かな知識と実績がなければ、クライアントに話を聞いてもらえません。

まずは、コンサルティング会社で働いて経験を積んだり、スクールで勉強したりすることが必要です。

フリーランスWebコンサルタントになる方法や仕事獲得方法については、次の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

フリーランスWebコンサルタントのおすすめポイント
・幅広いスキルや知識が身につく
・経験を積めば稼ぎやすい
・多くの人と関わることができる

他にもある!フリーランスに人気の仕事一覧

フリーランスとしての独立に人気の仕事は他にもあります。

  • フリーランス美容師
  • フリーランス会計士
  • フリーランスカメラマン
  • フリーランス編集者

随時、更新していきますので、ぜひチェックしてみてください。

稼げないWebライターの5つの特徴!発注者から見たNGライターとは?

  • Webライターになりたいけれど「稼げない」という噂も聞くから不安…
  • Webライターとしてもっと効率よく稼ぎたい

と思っている人も多いでしょう。

Webライターは、簡単に始められる仕事として独立や副業に人気がありますが、どのくらい稼げるかは努力や働き方によって異なります。

クライアントとの信頼関係を構築して文字単価をアップしてもらったという人もいれば、

  • 継続的に発注してもらえない
  • 文字単価をアップしてもらえない

という人も多いでしょう。

効率的に稼げないと「もうWebライターを辞めようかな…」と思うこともありますよね。

ただ、稼げないWebライターには共通する特徴があるのも事実です。

以前、私はSEO会社にて、

  • 記事の企画や発注
  • 文章のチェックや修正
  • Webライターの採用
  • Webライターとのやりとり

などの仕事をしていました。

多くの人とのやりとりを通して、

  • 継続的に発注したいWebライター
  • もう発注したくないWebライター

には、文章力以外にもさまざまな違いがあることがわかりました。

この記事では、その経験から、「この人にはもう発注したくないな…」と思わせるWebライターの特徴を紹介します。

一生懸命やっているつもりでも、ついつい忘れがちな部分もありますので、自分の行動に当てはまっていないか確認しておきましょう。

最後に、稼げるライターになるためのポイントも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

稼げないWebライターの特徴とは?5つのポイントで徹底解説

稼げないWebライターに共通する特徴は以下のとおり。

  1. クライアントの仕様や表記ルールを守らない
  2. 無駄な文章を書いて文字数稼ぎをしている
  3. 納期を守らない
  4. オリジナリティを出そうとしすぎている
  5. スキルアップする意欲がない

順番に詳しく見ていきましょう。

1.クライアントの仕様や表記ルールを守らない

Webライティングの仕事を受注したときは、記事概要と一緒に仕様書や表記ルールも送られてくるのが一般的です。

  • 記事タイトルや構成
  • 主なターゲット
  • 記事を掲載するサイト
  • 漢字・ひらがなの使い分け

などが記載されているため、送られてきた資料には必ず目を通さなければなりません。

資料を理解せずに記事を書くと修正を依頼され、最悪の場合、最初から書き直しになる可能性もあります。

修正が多いと、効率的に稼げませんよね。

仕様や表記ルールを守ってくれるWebライターはクライアントに重宝されるので、記事を書き始める前にしっかりと理解しておきましょう。

***

私が記事の発注やチェックの仕事をしていた頃は、残念ながら、仕様や表記ルールを守れない人にも何度か出会いました。

もちろん、初めて記事を依頼する人であれば、多少のミスはあるでしょう。

しかし、「まったく仕様書を読んでいないのでは…」と思ってしまう記事が多いのも事実です。

指摘して修正してくれる場合もありますが、次の記事では、また同じミスを繰り返す人もいます。

「私の指示や仕様書がわかりにくいのかな?」とも思ったのですが、他の人はしっかりと書いてくれていたので、やはりその人の問題だなと思い、それ以降の発注は中止しました。

発注者としては、ダメなWebライターを教育していくよりも、他のWebライターへ依頼したほうが効率的だからです。

Webライターの数は多いため、とくにクラウドソーシングサイトで仕事を受注している場合は、簡単にクビになってしまいます。

  • 稼げない
  • 仕事を継続してもらえない

と悩んでいるなら、仕様書の理解を心がけてみましょう。

2.無駄な文章を書いて文字数稼ぎをしている

Webライティングの報酬は、

  • (1)1記事◯円
  • (2)文字単価 × 実際の執筆文字数

など、さまざまな方法で計算されます。

(2)の場合、多くの報酬をもらおうとして文字数稼ぎをすると、クライアントに嫌われる可能性が高いでしょう。

クライアントには決められた予算があるからです。

下表のとおり、指定された文字数の1割オーバー程度を目安に書きましょう。

指定文字数限界文字数
1,0001,100
2,0002,200
3,0003,300
4,0004,400
5,0005,500

***

  • SEO効果が高いから長文でもOK
  • 役立つ情報なら長文でもOK

といった考え方も、もちろんあります。

実際、

  • 個人のクライアント
  • オウンドメディアを運営している企業

から仕事を受ける場合は、指定文字数より多くても、質の高い記事であれば喜んでもらえるケースもあるでしょう。

クオリティが高く、文字数の多い記事は、多くのアクセスを集める大切な資産になるからです。

ただし、記事制作を代行する会社から仕事を受ける場合、文字数オーバーには注意しましょう。

その理由は以下の2つ。

  • 記事制作代行会社の利益が減ってしまう
  • よい記事でもエンドクライアントへ納品するため自社の資産にならない

記事制作代行会社の利益は、以下のように計算されます。

エンドクライアントから受け取る報酬 Webライターへ支払う費用

エンドクライアントからの報酬は定額である場合が多いため、Webライターへの支払いが増えると利益が減ってしまうのです。

「それでも長文でよい記事を書くべきだ!」という意見もあるでしょう。

ただ、私も過剰に文字数オーバーした記事をたくさん見てきましたが、残念ながら、文字数稼ぎをする人の多くは、十分なSEOの知識やライティングスキルを身につけていません。

  • 文字数削減を依頼する
  • 最悪の場合は依頼を中止する

といった結果になるケースも多いため、適切な文字数で書くことを意識しましょう。

3.納期を守らない

当たり前ですが、納期を守らないWebライターに発注しよう思うクライアントはいません。

Webライターが記事を納品した後に、

  • 編集
  • 校正
  • 投稿

といった作業を行う場合も多いため、納期は自分だけの問題ではないのです。

さらに、記事制作代行会社の場合は、エンドクライアントへの納期があるため、Webライターからの納品が遅れるとかなり困ります。

個人で活動するWebライターは、誰かに助けてもらうことも難しいでしょう。

  • 余裕をもって作業をする
  • 遅れそうな場合は早めに連絡する
  • 無理な仕事は受けない

といった対策も大切です。

4.オリジナリティを出そうとしすぎている

「クライアントはオリジナリティを求めている」というのはよくある誤解です。

クライアントにもよりますが、

  • 仕様に合っていること
  • サイトのテイストに合っていること

などが、オリジナリティよりも優先されます。

とくに、

  • サイトはやさしい雰囲気なのに過激な意見を書く
  • 主観的すぎる文章を書く

といった場合は、オリジナリティを出しても評価してもらえません。

もちろん、オリジナリティが評価される場合もありますが、それは基本ができている場合のみです。

稼げなくて悩んでいるなら、

  • オリジナリティよりも無難な文章を書く
  • 当たり前のことをわかりやすく説明する

といったところからスタートするとよいでしょう。

自由に書きたいのであれば、自分のブログを作ってアフィリエイトで稼ぐなどの方法がおすすめです。

5.スキルアップする意欲がない

誰でも簡単にWebライターになれるため、ライバルも多く存在します。

他のWebライターに仕事を奪われないよう、

  • Webライティングの参考書を読む
  • 人気の記事を読んで参考にする

など、常にスキルアップすることを心がけましょう。

クライアントからの修正依頼や指摘を素直に受け入れ、次の記事に活かすことも大切です。

最初はミスが多くても、少しずつ改善してくれるWebライターであれば、

  • 継続して発注したい
  • 単価アップを検討してもよい

などとクライアントが考えてくれるでしょう。

稼げないWebライターが理解すべきクライアント心理

クライアントの心理を理解しておくと、圧倒的に稼ぎやすくなります。

  • 継続案件の受注
  • 単価アップ交渉

などもうまく進むでしょう。

ここでは3つのポイントで解説するので、ぜひ参考にしてください。

意識すべきことは「おもてなし」です!

1.クライアントは効率的に記事を作成したい

一般的には、効率的に記事を作成したいと考えるクライアントが多いでしょう。

  • できるだけ費用をかけずに記事を量産したい
  • 記事数を増やしてサイトのドメインパワーを高めたい
  • アクセス数を増やして商品やサービスを売りたい
  • 利益を上げたい

といったことがクライアントの本音です。

そのために、多数の在宅ライターやフリーランスWebライターに発注しているのです。

せっかく費用をかけて記事を発注しても、

  • 仕様が間違っている
  • 誤字脱字が多い
  • サイトの目的やテイストに合っていない

といった状態だと修正や差し戻しの手間が増えるため、クライアントとしては嬉しくありません。

Webライターとしては、仕様や指示内容をしっかりと理解して、その手間をできる限り減らしてあげることが大切です。

とくに、サイトの目的は十分に理解しておかなければなりません。目的を間違うと大きな修正につながってしまい、Webライターにとっても痛手となるからです。

たとえば、企業のオウンドメディアの場合は、商品やサービスの契約につなげることが目的であるケースが多いでしょう。

当然、

  • 別の企業の商品やサービスを紹介する
  • 自力でがんばることをおすすめする

といった記事を書くと、サイトの目的に反しますよね。

これは極端な例ですが、サイトの目的を間違うことは意外と多いため、しっかりと確認しておきましょう。

2.面倒なやりとりを減らしたい

クライアントは効率的に記事を作成したいと考えているため、当然、無駄なメールや電話なども避けたいと思っています。

もちろん、ライティングするうえで不明な部分は質問すべきですが、

  • 仕様書を読み込まずに質問する
  • 自分で考えずにすぐに聞く

といったことはNGです。

まずは送られてきた仕様書やメール内容などをよく確認し、それでも理解できない部分を丁寧に質問しましょう。

単価アップの交渉もクライアントが面倒に感じるやりとりのひとつです。

Webライターとして稼ぐためには、単価アップの交渉が欠かせません。このサイトでも、単価アップ交渉の重要性は何度か記載しています。

しかし、クライアントはできるだけ安く記事を作成したいと考えているので、単価アップ交渉はできれば避けたいのです。

クライアントは、単価アップ交渉をされると、

  • 上司にも確認しないといけないから面倒
  • そこまで文章力もないから単価アップしたくない
  • 他の安いライターに依頼しようかな

などと考えることもあります。

とくに、ライティングスキルが低いのに単価アップ交渉をすると、発注をストップされたり減らされたりする可能性もあるため注意が必要です。

3.「中の人」の意識で書いてほしい

Webライターは、クライアントの企業に所属していないケースが多いでしょう。

しかし、ライティングする際は、クライアント企業の「中の人」という意識で書くことが大切です。

クライアントはその業界のプロですので、当然、サイトに掲載する記事もプロ目線で書かなければなりません。

  • 〜と思います
  • 〜かもしれません

といった表現ばかりだと、プロとしての説得力がありませんよね。

Webライターはその道のプロではないケースも多いので、ついつい断定を避けたり控えめに表現したりしがちです。

しかし、表現方法が違うとクライアントの手間が増えてしまうため、サイトの既存記事を読んでテイストを確認してから書くようにしましょう。

稼げないWebライターはもう卒業!稼げるライターになる3ステップ

ここまで紹介した稼げないWebライターの特徴は簡単に改善できるため、すぐに対応しておきましょう。

さらに稼げるライターになるためには、

  1. 複数のクラウドソーシングサイトに登録しておく
  2. 常にWebライティングの勉強をする
  3. クライアントとの関係を強化して単価アップ交渉をする

といったことが大切です。

順番に詳しく見ていきましょう。

1.複数のクラウドソーシングサイトに登録しておく

1つのクラウドソーシングサイトだけを利用している人も多いかもしれませんが、よいクライアントとの出会いがあるまでは複数サイトに登録しておくのがおすすめです。

有名どころである、以下の3サイトには必ず登録しておきましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

特定のサイトでのみ仕事を発注しているクライアントも多いため、複数サイトに登録することで出会いの可能性を増やすことが大切です。

2.常にWebライティングの勉強をする

Webライターとして稼ぐためには、常に勉強してスキルアップすることが重要です。

ライバルも多いため、油断するとすぐに差をつけられ、仕事を奪われてしまいます。

たくさんの文章を書くことが上達への近道ですので、クラウドソーシングサイトでさまざまな案件に挑戦してみましょう。

仕事をしながら、

  • Webライティングの参考書を読む
  • オンラインサービスを利用して勉強する
  • クライアントからのフィードバックを参考にする

といった方法で勉強するのがおすすめです。

Webライティングの勉強方法は以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

3.クライアントとの関係を強化して単価アップ交渉をする

よいクライアントに出会ったら、関係を強化して単価アップ交渉をしていきましょう。

ただし、稼げないライターの特徴である以下の項目に当てはまっていると、交渉に応じてもらえません。

  • クライアントの仕様や表記ルールを守らない
  • 無駄な文章を書いて文字数稼ぎをしている
  • 納期を守らない
  • オリジナリティを出そうとしすぎている
  • スキルアップする意欲がない

Webライターとしては守って当たり前の内容ばかりですので、まずは改善してから単価アップの交渉をしましょう。

できることから改善して稼げるWebライターになろう

稼げるWebライターになるためには、すぐに行動することが大切です。

クラウドソーシングサイトへの無料登録くらいはすぐに済ませておきましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

動き始めないとモチベーションは上がりません。

Webライターの始め方を3ステップで現役ライターが解説

Webライターは、

  • 副業を始めたい
  • フリーランスとして独立したい

といった人におすすめの仕事です。

経験や資格は不要!

もちろん、ある程度の勉強は必要ですが、誰でも簡単に始められます。

この記事では、現役ライターの私がWebライターの始め方を3ステップで解説します。

  • 実際に勉強に使った参考書
  • SEO会社での経験
  • このサイトを運営して感じたこと

などに基づいて解説しますので、ぜひチェックしてください。

1.Webライティングの基礎的な知識を習得する

Webライターとして活動を始めるためには、

  • 日本語や文章構成
  • SEOライティング

などに関する基礎知識を習得する必要があります。

ただし、一気にすべての知識やスキルをマスターする必要はありません。

実際に文章を書いたり、仕事を受注したりしなければ、本格的なスキルは身につかないので、まずは最低限の知識だけを習得しておきましょう。

その後、少しずつスキルアップしていけばOKです。

ここでは、Webライティングに関する基礎知識を習得するための3つの方法を紹介します。

「すでに習得済み!」という人は、読み飛ばしてステップ2へ進んでください。

1-1.Webライティングに関する本を読む

Webライティングに関する本はたくさんありすぎて、どれを読むべきか悩むことも多いでしょう。

そこでこの項目では、Webライターの必須スキルである、

  • 基本的な文章構成力
  • Webメディアの特性に合わせた文章力
  • SEOを意識したライティング力

を学べる本を1冊ずつ紹介します。

どの本もわかりやすいので、ぜひ読んでみてください。

沈黙のWebライティング

Webライティングを始めるなら最初に読んでおきたい参考書です。

  • Webライティングの全体像を把握できる
  • SEOに強い文章の特徴を理解できる
  • ストーリー形式のためサクサクと読める

といったメリットがあります。

10年つかえるSEOの基本

Webライターとして活躍するためには、SEOに関する知識が欠かせません。

SEOの知識がなければ、文字単価の高い仕事は受注できませんし、自分のサイトを作っても上位表示を獲得できないでしょう。

  • SEOの概要
  • 検索エンジンの仕組み

などがわからない人は、『10年つかえるSEOの基本』を読んでおくのがおすすめです。

キャラクターの対談形式で丁寧に解説されているため、知識ゼロからでもSEOの本質を理解できるでしょう。

新しい文章力の教室

文章力に不安がある人には、この本がおすすめです。

  • 情報をわかりやすく整理するコツ
  • 伝わりやすい文章構成のテクニック

などを学べます。

流し読みしておくだけでも、スムーズに文章を書けるようになるでしょう。

***

ここでは、Webライティング初心者におすすめな3冊を簡単に紹介しました。

他にもおすすめの本が知りたい人は、以下の記事をチェックしてみてください。

1-2.Webライティングが学べるオンラインサービスを利用する

といったオンラインサービスを利用して、Webライティングを勉強するのもおすすめです。

オンラインサービスのメリットは以下のとおり。

オンラインサービスのメリット
・スクールに通うよりは安い費用でスキルアップできる
・オンラインで気軽に受講できる
・知りたい内容をピンポイントで学べる

ただし、以下のようなデメリットもあります。

オンラインサービスのデメリット
・本よりは高い費用がかかる
・個人による講座もあるため品質にばらつきがある

本だけで勉強するのが不安という人は、オンラインサービスの利用も検討してみましょう。

1-3.Webライティングをがっつり学びたいならスクールを利用する

Webライティングのスキルを独学で習得できるか不安な人は、スクールを利用してもよいでしょう。

スクールといっても、『ヒューマンアカデミー』のようにオンライン形式やテキスト形式で学べるところも多いため、実際に通学する必要はありません。

以下の記事でおすすめのスクールをまとめていますので、参考にしてみてください。

2.実際にWebライティングの仕事を始めてみる

ある程度のスキルを習得したら、早めに仕事にチャレンジしてみましょう。

いきなり仕事をするのは不安かもしれませんが、実際に文章を書かなければスキルアップはできません。

仕事をしながらも勉強を続け、少しずつ足りない知識やスキルを習得していきましょう。

初心者歓迎の案件も多いので、以下のクラウドソーシングサイトで探すのがおすすめです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

私もWebライターを始めた頃は、クラウドワークスで仕事を受注していました。

たとえば、以下のような案件が見つかります。

気になる案件を見つけたら、応募してみましょう。

3.オリジナルのWebサイトを作る

ステップ2まで完了すれば、Webライターとして活動していけます。

仕事をしながら、

  • 本を読む
  • オンライン学習サイトを利用する
  • クライアントからフィードバックをもらう

などの方法で、少しずつライティングスキルを上げていきましょう。

単価の高い案件に挑戦したり、単価アップの交渉をしたりすることも大切です。

実績やスキルをアピールするために自分のWebサイトを作ろう

条件のよい仕事を獲得するためには、自分の実績やスキルを示す必要がありますが、クライアントに納品した記事を実績としてアピールすることは、あまり許可してもらえません。

勝手に実績としてアピールすると、契約違反となる可能性もあるため注意しましょう。

実績やスキルをアピールするなら、オリジナルのWebサイトを作るのがおすすめです。

オリジナルWebサイトには、以下のようなメリットがあります。

オリジナルWebサイトのメリット
・詳細なプロフィールを記載できる
・文章力やサイト制作スキルをアピールできる
・アフィリエイトや自分の商品販売にもつなげられる

とくに「Webライターとしてバリバリ稼ぎたい!」と考えている人は、必ず自分のWebサイトを作りましょう。

クライアントからの受注だけで稼ぐことには限界があるからです。

私の場合は、当サイト『コノハのフリーランス応援サイト』を作って実績をアピールしていました。

現在は、アフィリエイト収入が増えてきたので、クライアントからの仕事はほとんど受けていません。

Webライターとしてスタートダッシュするための極意

本で勉強したり、クラウドソーシングサイトで仕事を探したりするのが面倒な人は、Webライターのアルバイトをするとよいでしょう。

アルバイトのメリットは以下のとおりです。

Webライターのアルバイトをするメリット
・稼ぎながら学べる
・Webライティングの知識やスキルを効率的に習得できる
・クラウドソーシングサイトで仕事を探す手間が省ける

ある程度スキルアップしてから独立すれば、スムーズに仕事を獲得して稼いでいけるでしょう。

実は私も、SEO会社にて2年ほどWebライティングやコンテンツ企画を学びました。

「学ぶ」なら通勤タイプの会社がおすすめ

Webライターの仕事はリモートワークが主流ですが、「学ぶ」という視点で考えると、通勤するタイプの会社がおすすめです。

通勤にはストレスもありますが、

  • 近くにいるからこそ関係性が深まり教えてもらえることが増える
  • 周囲のスタッフに気軽に質問できる
  • 営業・企画・ライティング・編集・校正といった一連の流れを理解できる

などのメリットもあります。

リモートワークの場合は積極的に質問することが大切

もちろん、リモートワークのアルバイトでもかまいません。

ただし、自分から積極的に質問しないと教えてもらえないケースも多いので注意しましょう。

「記事を書いて終わり」ではなく、自分からフィードバックを求めてみたり、おすすめの参考書を教えてもらったりすることが大切です。

積極的に学ぶ姿勢を見せることで、より多くの内容を教えてもらえるでしょう。

Webライターを始める前に知っておきたい3つのこと

ここでは、Webライターとして稼ぎ続けるために知っておきたいことを紹介します。

Webライターを始める前に、ぜひチェックしておきましょう。

1.フリーランスWebライターはどのくらい稼げる?

フリーランスWebライターの平均年収は約300万円、月収としては約25万円です。

ただ、下のグラフのとおり、働き方やスキルによって年収は大きく異なります。

  • 家事や育児の合間にライティングの仕事をして月10〜20万円稼ぐ人
  • 自分のサイトでアフィリエイトを始めて月100万円以上稼ぐ人

など、さまざまなタイプのWebライターがいます。

自分のスキルや状況に応じて働き方や稼ぎ方を選べることは、Webライターを始めるメリットといえるでしょう。

フリーランスWebライターの年収事情や収入アップのコツについては、以下の記事で詳しく解説しています。

2.Webライターは気軽に始められるがライバルも多い

  • 資格不要
  • 未経験OK

といった案件も多いため、Webライターは大学生や主婦でも簡単に始められます。

しかし、その分ライバルが多いのも事実です。

ライバルに負けないよう、決められた仕様に従って読みやすい文章を書くことはもちろん、

  • 丁寧な連絡を心がける
  • 納期をしっかりと守る
  • 常に勉強してスキルアップする

といったことも意識しましょう。

とくに、クラウドソーシングサイトで仕事を受注する場合は、クライアントとの関係構築がとても重要です。

クライアントは、「質のよい記事を効率的に作成したい!」と考えています。

  • 誤字脱字が多い
  • 仕様を守らない
  • 連絡が雑
  • 納期を守らない

というライターは簡単に切られてしまいます。

教育するより、星の数ほどいる他のライターを探したほうが早いからです。

もちろん、初心者のうちから100点の文章を書く必要はありませんが、

  • 執筆後に読み返して誤字脱字をなくす
  • クライアントごとの表記ルールを確認する

といった当たり前のことは必ず行うようにしましょう。

3.効率的に稼ぐためには継続案件を受注することが大切

少しずつ単価の高い案件に挑戦することは大切ですが、よいクライアントに出会った場合は継続して案件を受注しましょう。

継続案件のメリットとしては、

  • 仕様を把握しているためスムーズに書ける
  • クライアントの好みの文章がわかる
  • 単価アップの交渉をしやすい

といったことが挙げられます。

仕事に応募するためのメッセージを考える手間も省けるため、クライアントとよい関係を構築していきましょう。

Webライターを始める3つのメリット

Webライターを始めることには、次のようなメリットがあります。

  1. 気軽に始められて隙間時間を有効活用できる
  2. 文章力を鍛えれば他の場面でも役立つ
  3. 努力すれば月100万円以上稼げる

順番に見ていきましょう。

1.気軽に始められて隙間時間を有効活用できる

気軽に始められることは、Webライターの大きなメリットです。

  • 手軽な副業を始めたい
  • 家事や育児の隙間時間を有効活用したい

といった人にも向いています。

経験や資格がなくても受けられる案件も多いため、ぜひチャレンジしてみましょう。

ただし、前述のとおりライバルも多いため、継続的に勉強することが大切です。

次の記事では、Webライティングの勉強方法を紹介していますので、参考にしてください。

2.文章力を鍛えれば他の場面でも役立つ

Webライティングの仕事を通して文章力を鍛えておけば、

  • ビジネスメール
  • 資料作成

といったさまざまな場面で役立ちます。

Webライティングでは論理的な思考力も鍛えられるので、

  • 物事の説明がうまくなる
  • コミュニケーション能力がアップする

といった効果も期待できるでしょう。

3.努力すれば月100万円以上稼げる

Webライターとしてのスキルを高めていけば、どんどん収入をアップしていけます。

初心者の頃は、文字単価1円で3,000文字の記事を書いて1日3,000円稼ぐ程度かもしれません。

しかし、SEOなどの専門知識を習得すれば、文字単価3円で3,000文字の記事を書いて1日9,000円稼ぐことも可能です。

さらに、オリジナルのWebサイトを作ってアフィリエイトを始めたり、自分の商品を売ったりすれば、月100万円稼ぐことも夢ではありません。

もちろん、すべての人が月100万円稼ぐことを目指す必要はありませんが、努力すればいくらでも稼げる職業であるといえるでしょう。

Webライターを始めるならクラウドソーシングサイトに登録しておこう!

今回は、Webライターの始め方や、始める際の注意点などを解説しました。

Webライティングに関する勉強をする必要はありますが、未経験でも気軽に始められます。

  • 副業でWebライターをしたい
  • フリーランスのWebライターになりたい

といった人は、まずはクラウドソーシングサイトに登録しておくとよいでしょう。

有名なサイトは以下の3つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

どのような案件があるのか、イメージをつかむだけでも意味があります。

実際に仕事をすることが上達の近道ですので、気になる案件があったら早めにチャレンジしてみるのもおすすめです。