SEOを効率的に勉強するための4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO(Search Engine Optimization)とは、Googleなどの検索結果において自分のWebサイトを上位に表示させ、アクセス数を増やす対策のことです。

SEOは、Webマーケティングの手法のひとつといえるでしょう。

  • フリーランスのWebライターとして活躍したい
  • アフィリエイトで稼ぎたい
  • 運営するWebサービスの集客力をアップさせたい

という場合は、ある程度、SEOについて理解しておかなくてはなりません。

SEOには難しそうなイメージもありますが、初心者向けの参考書やスクールもあるため、意外と簡単に学習できます。

この記事では、SEOについて最初に学ぶべきポイントや、勉強方法について解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

SEOを極めるために最初に勉強すべき2つの超重要ポイント

SEOを極めるためには多くの知識を習得する必要がありますが、とくに重要なポイントは次の2つです。

SEOについて最初に勉強すべき2つのポイント
1.キーワード選定のコツ
2.検索エンジンの仕組み

この2つの知識がSEO学習の土台になります。

ここでは、それぞれの内容についてざっくりと理解しておきましょう。

1.キーワード選定のコツ

SEOに強い記事を書くためには、検索キーワードを意識しなければなりません。

検索キーワードとは、ユーザーがGoogleなどの検索窓に入力する言葉のことです。

無計画に記事を書いても、検索上位は獲得できませんし、アクセスも集まりません。

SEOに強い記事を書くには、

  • 狙うキーワードを決める
  • キーワードの検索ニーズを把握する
  • キーワードを含めたタイトルを考える
  • キーワードを見出しや本文に含めながらライティングする

といった手順を踏む必要があります。

SEOの勉強を始めるなら、とくに検索キーワードについては理解を深めていきましょう。

2.検索エンジンの仕組み

検索エンジンは、ユーザーにとって最適な答え(検索結果)を返すことを目的としています。

検索エンジンは、

  • キーワードの含有率
  • 記事の網羅性
  • ユーザーの滞在時間

など、膨大なデータをもとにサイトをランク付けし、ユーザーにとって有益と思われるサイトを上位に表示しているのです。

SEOを極めるためには、このような検索エンジンの仕組みを理解しておく必要があります。

SEOを効率的にマスターするための4つの勉強方法

SEOを効率的に勉強するためには、以下4つの方法を組み合わせるのがおすすめです。

SEOをマスターするための4つの勉強方法
1.SEOの参考書を読んで独学する
2.SEOを学べるスクールに通う
3.オンラインの学習サイトを利用する
4.SEO会社や記事制作会社でアルバイトをする

それぞれの方法の特徴やメリット・デメリットについて順番に解説します。

1.SEOの参考書を読んで独学する

SEOに関する情報はWeb上でも多く発信されていますが、体系的に勉強するなら本を読むのがおすすめです。

本で勉強するメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット
・自分のペースで勉強できる
・費用があまりかからない

デメリット
・モチベーションを保ちにくい
・わからない部分を質問できない

独学が得意であれば、本を読むことから始めるとよいでしょう。

ここでは、初心者向けの本を2冊紹介しておきます。

SEO の全体像を把握できるため、ざっと読んでおくだけでも、その後の勉強がスムーズに進むでしょう。

10年つかえるSEOの基本

初心者向けに、SEOの全体像をわかりやすく解説してくれる入門書です。

  • 検索エンジンの仕組み
  • SEOの本質

など、すべてのSEO対策の基礎となる項目が網羅されているため、この本を読んでおくだけでテクニックの理解や習得がスムーズになるでしょう。

小手先のテクニックだけでは、検索エンジンにおいて頻繁に行われるアップデートやルール変更に対応できません。

この本を読んで、アップデートでも変わることのないSEOの本質を理解しておきましょう。

いちばんやさしい新しいSEOの教本

「いちばんやさしい教本」シリーズとして出版されている本で、初心者でも挫折せずに読み進められることをコンセプトとして書かれています。

図解や操作画面も豊富に掲載されているため、理解を深めやすいでしょう。

  • 対策すべきキーワードの選び方
  • ユーザーの検索意図の調べ方
  • アクセスが集まりやすいサイト構成

などをトレンドに合わせて解説してくれます。

実践的なテクニックと「なぜそうするべきなのか」をしっかりと理解できるでし
ょう。

2.SEOを学べるスクールに通う

SEOを本格的に勉強するなら、スクールに通うのがおすすめです。

オンライン制のスクールを利用すれば、通学の時間もかかりません。

スクールを利用することには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
・幅広い知識を体系的に習得できる
・わからない部分はすぐに質問できる
・転職サポートを受けられるスクールもある

デメリット
・費用がかかる

初心者からSEOを学ぶなら、学習サポートが充実している『TechAcademy(Webマーケティングコース)』がおすすめです。

完全オンラインで、

  • SEOの基礎知識
  • Google Analyticsを利用したアクセス解析
  • 広告の運用方法

などを学べます。

詳しく知りたい場合は、公式サイトで無料の説明会動画をチェックしてみるとよいでしょう。

▼無料の説明会動画を見てみる

その他のスクールも比較したい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

3.オンラインの学習サイトを利用する

スクールに通うほどのモチベーションではない場合は、

といったオンライン学習サイトを利用するのもおすすめです。

オンライン学習サイトのメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット
・スクールよりは安い料金で受講できる
・知りたい内容をピンポイントで学べる
・自分のペースで勉強できる

デメリット
・個人が提供する講座のため品質にばらつきがある
・わからない部分は自分で調べる必要がある

たとえば、『Udemy』でSEOに関する講座を探してみると、以下のようなものが見つかります。

  • SEO対策はこの3つだけで成功する! もう一生迷わない超本質的なSEO対策マスターコース(10,800円)
  • 【SEO対策 入門講座】Google検索でWebサイトを上位表示させるための基礎コース(12,000円)
  • SEO|Googleアップデート対策~順位低下したor検索順位が伸びないページを引き上げる具体的な施策~(24,000円)

数時間程度で気軽に受けられる講座も多いため、忙しくてスクールに通う暇がないという人は、ぜひ利用してみてください。

▼講座を検索してみる

4.SEO会社や記事制作会社でアルバイトをする

SEO会社や記事制作会社でアルバイトをすれば、お金を稼ぎながらSEOについて学べます。

先輩や同僚に質問できるため、スムーズにレベルアップできるでしょう。

  • SEO担当
  • 企画担当
  • ライター
  • 編集者
  • 校正者

など、会社によってはさまざまなスタッフを募集しているかもしれませんが、初心者でも採用されやすいはライターです。

実際に文章を書きながら、WebライティングやSEOの知識を習得できるでしょう。

私も約3年間、記事制作会社でライティングや企画の仕事をして、SEOの知識を身につけました。

最終的にはフリーランスとして企業に所属せずに働くことを目標としている人も、一度は会社に在籍しておくのがおすすめです。

アルバイトを探すときは、『ギガバイト』などで検索してみるとよいでしょう

▼公式サイトはこちら

SEOを勉強してWebサイトを強化しよう!

今回は、SEOについて学ぶべきポイントや勉強方法を紹介しました。

Webサイトのアクセス数を増やすためには、SEOの知識が欠かせません。

この記事で紹介した方法を参考にして、すぐに勉強をスタートしましょう。

SEOの基礎知識を学んだら、Webサイトを構築したり、記事を書いたりすることも大切です。

実際に体験してみて理解できることもたくさんあります。

本やスクールで勉強しつつ、手を動かすことも忘れないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.