SEOライティング

このカテゴリーでは、SEOを意識した文章術を紹介しています。

SEOスキルを証明できるおすすめ資格・検定7選

SEOに関する資格を取得してプロフィール欄などに書いておけば、Web系の仕事獲得につながるでしょう。

そこでこの記事では、SEOスキルを証明するのに役立つおすすめの資格や検定をまとめて紹介します。

  • WebライターやWebマーケターとしてスキルアップしたい
  • SEOコンサルタントとして独立したい

という人は、ぜひチェックしてみてください。

SEOスキルを証明できる資格・検定一覧

SEOに関する資格や検定には、下表のようなものがあります。

検定・資格名受験料受験資格資格有効期限
SEO検定1級:8,000円
2級:6,000円
3級:5,000円
4級:5,000円
特になし特になし
認定SEOコンサルタント150,000円認定SEOコンサルタント養成講座の受講者特になし
認定SEOスペシャリスト100,000円認定SEOスペシャリスト養成講座の受講者特になし
SEOマーケティングアドバイザー11,000円特になし特になし
Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)無料特になし1年間
WEBライティング技能検定6,000円WEBライティング技能検定講座の受講者特になし
ネットマーケティング検定6,000円特になし特になし

以下、それぞれの検定や資格について詳しく解説していきます。

1.SEO検定

受験料1級:8,000円
2級:6,000円
3級:5,000円
4級:5,000円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

SEO検定』は、全日本SEO協会が運営している検定試験です。

1〜4級に分かれているため、自分のレベルに合わせて受験できます。

初心者の状態から勉強を始めるなら4級から順番に受験して、以下のようなSEOに関する知識を少しずつ習得するのがおすすめです。

  • 検索エンジンの仕組み
  • 検索キーワードの設定方法
  • コンテンツSEO
  • ソーシャルSEO

自信がある場合は、いきなり1級を受けても問題ありません。

公式テキストも提供されているため、ぜひ挑戦してみましょう。

▼公式サイトはこちら

2.認定SEOコンサルタント

受験料150,000円
受験資格認定SEOコンサルタント養成講座の受講者
資格有効期限特になし

認定SEOコンサルタント』は、全日本SEO協会が主催している「認定SEOコンサルタント養成講座」を受講することで得られる資格です。

この講座を受講することで、

  • 検索キーワード設定
  • アクセス解析
  • ペナルティー回避

といったSEO対策に関する知識を幅広く学習できます。

クライアントを集客する方法や、SEOコンサルティングのコツなどを学べることも、この講座の大きな特徴です。

資格を取得するまでの流れは以下のとおり。

  1. 入学申込をする
  2. 講座を受講する(全3回)
  3. SEO検定1〜4級すべてに合格する
  4. 卒業課題を提出する
  5. 認定書を受け取る

講座の受講方法には、通学コース(東京・大阪)とダウンロード学習コースの2つがあります。

どちらのコースでも、毎月1回(4時間)の授業を3ヶ月にわたって受講しなければなりません。

また、同協会が運営している『SEO検定(1〜4級)』に合格する必要もあります。講座の受講料15万円とは別に費用が発生するため注意しましょう。

最後に卒業課題を提出し、認定審査に合格すれば認定書を受け取れます。

3.認定SEOスペシャリスト

受験料100,000円
受験資格認定SEOスペシャリスト養成講座の受講者
資格有効期限特になし

認定SEOスペシャリスト』は、「認定SEOスペシャリスト養成講座」を受講することで得られる資格です。

この講座も全日本SEO協会が主催しています。

SEOに関する最新の知識やテクニックを学ぶ上級者向きの資格、といえるでしょう。

資格取得までの流れは以下のとおりです。

  1. 入学申込をする
  2. 講座を受講する(全2回)
  3. SEO検定1〜4級すべてに合格する
  4. 卒業課題を提出する
  5. 認定書を受け取る

講座の受講方法は、通学コース(東京・大阪)とダウンロード学習コースの2つで、どちらのコースでも、毎月1回(4時間)の授業を2ヶ月間受講する必要があります。

また、同協会が運営している『SEO検定(1〜4級)』をすべて受験し、合格しなければなりません。

最後に卒業課題を提出し、審査を通過すれば認定書が授与されます。

4.SEOマーケティングアドバイザー

受験料11,000円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

SEOマーケティングアドバイザー』は、オンラインの講座や検定試験を実施している『ラーキャリ』によって提供されている資格です。

この資格を取得することで、

  • SEOの基礎知識
  • 集客できるWebサイトの構築方法
  • SEOライティング

など、SEOのプロとして活躍するために必要な知識とスキルを習得できます。

以下の2つのコースがあるため、自分の目的に合わせて選択しましょう。

  • テキスト+試験(49,500円)
  • 試験のみ(11,000円)

SEOの知識があまりない場合は、テキスト付きのコースで基礎から具体的なテクニックまで網羅的に学習するのがおすすめです。

自信がある場合は、試験だけ受けてもよいでしょう。

▼公式サイトはこちら

5.Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

受験料無料
受験資格特になし
資格有効期限1年間

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)』は、Googleが運営する資格。

WebサイトのSEO効果を高めるためには、アクセス状況を解析したうえで、新しいコンテンツを企画したり、記事を書き直したりすることが重要です。

アクセス解析には、解析ツールであるGoogleアナリティクスが欠かせません。

この資格を取得すれば、Googleアナリティクスの習熟度を証明できるので、ぜひチャンレンジしてみましょう。

無料のスキルショップアカウントを作成すれば、誰でも受験できます。

6.WEBライティング技能検定

受験料6,000円
受験資格WEBライティング技能検定講座の受講者
資格有効期限特になし

SEOに強いコンテンツを作成するためには、Webライティングの技術も必要です。

Webライティングに関する資格取得を目指すなら、日本クラウドソーシング検定協会が運営する『Webライティング技能検定』がおすすめ。

検定試験に合格することで「Webライティング実務士」として認定されるだけでなく、以下のクラウドソーシングサイトでは、ポイント付与や高単価の案件紹介といった合格者特典を受けられます。

  • ランサーズ
  • サグーワークス
  • CROWD
  • ちょびリッチ
  • タイピングベース

オンライン試験のため、インターネット環境さえあれば気軽に受験できるのも大きな特徴です。

ただし、受験するためには、『ヒューマンアカデミー』が提供するWEBライティング技能検定講座(Webライティングコース)」を受講しなければなりません。

この通信講座では、Webライターとして活躍するために必要な、以下のようなスキルと知識が身につきます。

  • SEOに強いライティング術
  • 文章構成や日本語の基礎
  • オリジナリティの高い記事を書くための企画力

理解できない部分は講師に何回でも質問できるため、初心者でも安心です。

学習期間の目安は6ヶ月(約30時間)ですが、休日などに集中して進めれば1ヶ月程度で学ぶこともできるでしょう。

「WEBライティング技能検定講座(Webライティングコース)」について詳しく知りたい場合は、公式サイトから資料請求をしてみてください。

▼無料で資料請求してみる

7.ネットマーケティング検定

受験料6,000円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

SEOに関する仕事をするうえでは、Webマーケティングの知識も欠かせません。

ネットマーケティング検定』は、Web集客やWeb広告についての総合的な知識を問う検定試験。

Webマーケティングに関する基礎知識を問う問題と、具体的な事例問題で構成されています。

集客できるコンテンツ、商品を売るための記事を作成するためには、Webマーケティングについての知識が必要です。

この検定試験を受けることで、

  • Webサイトを活用した集客方法
  • マーケティングリサーチ
  • SEOやSEM
  • 商品やサービスの販売手法

などの知識が身につくため、ぜひチャレンジしてみましょう。

SEOについての理解を深めるために検定を受けよう!

今回は、SEOに関する検定や資格を紹介しました。

資格を取得することで、SEOに関する深い知識があることを証明できるため、うまく活用して転職や仕事獲得につなげましょう。

ただし、受験や資格取得が目的になってしまうと意味がありません。

あくまでも、SEOについての理解を深めることや、仕事で役立つスキルを習得することが重要です。

SEOに関する知識やスキルを習得するための、資格取得以外の方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

SEOを効率的に勉強するための4つの方法

SEO(Search Engine Optimization)とは、Googleなどの検索結果において自分のWebサイトを上位に表示させ、アクセス数を増やす対策のことです。

SEOは、Webマーケティングの手法のひとつといえるでしょう。

  • フリーランスのWebライターとして活躍したい
  • アフィリエイトで稼ぎたい
  • 運営するWebサービスの集客力をアップさせたい

という場合は、ある程度、SEOについて理解しておかなくてはなりません。

SEOには難しそうなイメージもありますが、初心者向けの参考書やスクールもあるため、意外と簡単に学習できます。

この記事では、SEOについて最初に学ぶべきポイントや、勉強方法について解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

SEOを極めるために最初に勉強すべき2つの超重要ポイント

SEOを極めるためには多くの知識を習得する必要がありますが、とくに重要なポイントは次の2つです。

SEOについて最初に勉強すべき2つのポイント
1.キーワード選定のコツ
2.検索エンジンの仕組み

この2つの知識がSEO学習の土台になります。

ここでは、それぞれの内容についてざっくりと理解しておきましょう。

1.キーワード選定のコツ

SEOに強い記事を書くためには、検索キーワードを意識しなければなりません。

検索キーワードとは、ユーザーがGoogleなどの検索窓に入力する言葉のことです。

無計画に記事を書いても、検索上位は獲得できませんし、アクセスも集まりません。

SEOに強い記事を書くには、

  • 狙うキーワードを決める
  • キーワードの検索ニーズを把握する
  • キーワードを含めたタイトルを考える
  • キーワードを見出しや本文に含めながらライティングする

といった手順を踏む必要があります。

SEOの勉強を始めるなら、とくに検索キーワードについては理解を深めていきましょう。

2.検索エンジンの仕組み

検索エンジンは、ユーザーにとって最適な答え(検索結果)を返すことを目的としています。

検索エンジンは、

  • キーワードの含有率
  • 記事の網羅性
  • ユーザーの滞在時間

など、膨大なデータをもとにサイトをランク付けし、ユーザーにとって有益と思われるサイトを上位に表示しているのです。

SEOを極めるためには、このような検索エンジンの仕組みを理解しておく必要があります。

SEOを効率的にマスターするための4つの勉強方法

SEOを効率的に勉強するためには、以下4つの方法を組み合わせるのがおすすめです。

SEOをマスターするための4つの勉強方法
1.SEOの参考書を読んで独学する
2.SEOを学べるスクールに通う
3.オンラインの学習サイトを利用する
4.SEO会社や記事制作会社でアルバイトをする

それぞれの方法の特徴やメリット・デメリットについて順番に解説します。

1.SEOの参考書を読んで独学する

SEOに関する情報はWeb上でも多く発信されていますが、体系的に勉強するなら本を読むのがおすすめです。

本で勉強するメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット
・自分のペースで勉強できる
・費用があまりかからない

デメリット
・モチベーションを保ちにくい
・わからない部分を質問できない

独学が得意であれば、本を読むことから始めるとよいでしょう。

ここでは、初心者向けの本を2冊紹介しておきます。

SEO の全体像を把握できるため、ざっと読んでおくだけでも、その後の勉強がスムーズに進むでしょう。

10年つかえるSEOの基本

初心者向けに、SEOの全体像をわかりやすく解説してくれる入門書です。

  • 検索エンジンの仕組み
  • SEOの本質

など、すべてのSEO対策の基礎となる項目が網羅されているため、この本を読んでおくだけでテクニックの理解や習得がスムーズになるでしょう。

小手先のテクニックだけでは、検索エンジンにおいて頻繁に行われるアップデートやルール変更に対応できません。

この本を読んで、アップデートでも変わることのないSEOの本質を理解しておきましょう。

いちばんやさしい新しいSEOの教本

「いちばんやさしい教本」シリーズとして出版されている本で、初心者でも挫折せずに読み進められることをコンセプトとして書かれています。

図解や操作画面も豊富に掲載されているため、理解を深めやすいでしょう。

  • 対策すべきキーワードの選び方
  • ユーザーの検索意図の調べ方
  • アクセスが集まりやすいサイト構成

などをトレンドに合わせて解説してくれます。

実践的なテクニックと「なぜそうするべきなのか」をしっかりと理解できるでし
ょう。

2.SEOを学べるスクールに通う

SEOを本格的に勉強するなら、スクールに通うのがおすすめです。

オンライン制のスクールを利用すれば、通学の時間もかかりません。

スクールを利用することには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
・幅広い知識を体系的に習得できる
・わからない部分はすぐに質問できる
・転職サポートを受けられるスクールもある

デメリット
・費用がかかる

初心者からSEOを学ぶなら、学習サポートが充実している『TechAcademy(Webマーケティングコース)』がおすすめです。

完全オンラインで、

  • SEOの基礎知識
  • Google Analyticsを利用したアクセス解析
  • 広告の運用方法

などを学べます。

詳しく知りたい場合は、公式サイトで無料の説明会動画をチェックしてみるとよいでしょう。

▼無料の説明会動画を見てみる

その他のスクールも比較したい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

3.オンラインの学習サイトを利用する

スクールに通うほどのモチベーションではない場合は、

といったオンライン学習サイトを利用するのもおすすめです。

オンライン学習サイトのメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット
・スクールよりは安い料金で受講できる
・知りたい内容をピンポイントで学べる
・自分のペースで勉強できる

デメリット
・個人が提供する講座のため品質にばらつきがある
・わからない部分は自分で調べる必要がある

たとえば、『Udemy』でSEOに関する講座を探してみると、以下のようなものが見つかります。

  • SEO対策はこの3つだけで成功する! もう一生迷わない超本質的なSEO対策マスターコース(10,800円)
  • 【SEO対策 入門講座】Google検索でWebサイトを上位表示させるための基礎コース(12,000円)
  • SEO|Googleアップデート対策~順位低下したor検索順位が伸びないページを引き上げる具体的な施策~(24,000円)

数時間程度で気軽に受けられる講座も多いため、忙しくてスクールに通う暇がないという人は、ぜひ利用してみてください。

▼講座を検索してみる

4.SEO会社や記事制作会社でアルバイトをする

SEO会社や記事制作会社でアルバイトをすれば、お金を稼ぎながらSEOについて学べます。

先輩や同僚に質問できるため、スムーズにレベルアップできるでしょう。

  • SEO担当
  • 企画担当
  • ライター
  • 編集者
  • 校正者

など、会社によってはさまざまなスタッフを募集しているかもしれませんが、初心者でも採用されやすいはライターです。

実際に文章を書きながら、WebライティングやSEOの知識を習得できるでしょう。

私も約3年間、記事制作会社でライティングや企画の仕事をして、SEOの知識を身につけました。

最終的にはフリーランスとして企業に所属せずに働くことを目標としている人も、一度は会社に在籍しておくのがおすすめです。

アルバイトを探すときは、『ギガバイト』などで検索してみるとよいでしょう

▼公式サイトはこちら

SEOを勉強してWebサイトを強化しよう!

今回は、SEOについて学ぶべきポイントや勉強方法を紹介しました。

Webサイトのアクセス数を増やすためには、SEOの知識が欠かせません。

この記事で紹介した方法を参考にして、すぐに勉強をスタートしましょう。

SEOの基礎知識を学んだら、Webサイトを構築したり、記事を書いたりすることも大切です。

実際に体験してみて理解できることもたくさんあります。

本やスクールで勉強しつつ、手を動かすことも忘れないようにしましょう。

SEO・アクセス解析を学べるおすすめスクール5選

SEOやアクセス解析を効率的に学べるスクールを厳選しました。

  • Web系フリーランスとして独立したい
  • Web系の会社に転職したい
  • アフィリエイトで稼ぎたい

という人は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのSEOスクール一覧

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webマーケティングコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
Akros Academy270,000円〜1ヶ月〜通学・オンライン
KENスクール
(SEO実践テクニック)
9,000円1ヶ月通学
Udemy1,200円〜1日〜オンライン
ストアカ500円〜1日〜通学・オンライン

さまざまなスクールがありますが、自分の目的に合わせて選択することが大切です。

SEOやWebマーケティングについて体系的に学びたい場合は、『TechAcademy』を選ぶとよいでしょう。

もう少し気軽な感じで学びたいという人は、

などのオンライン学習サービスを利用するのがおすすめです。

以下、それぞれのスクールの特徴を紹介しますので、参考にしてください。

TechAcademy(Webマーケティングコース)

学び方オンライン
料金129,000円〜
期間1ヶ月〜

TechAcademy』は、完全オンラインでSEOについて学べるスクール

  • フリーランスとしてWebサービスを運営したい
  • Web広告業界に転職したい
  • アフィリエイトで稼ぎたい

といった人におすすめです。

現在の実力をヒアリングしたうえで、効率的にスキルアップできるメニューを設定してくれます

SEOに関する基礎知識はもちろん、

  • Google Analyticsを利用したアクセス解析
  • リスティング広告やソーシャル広告の運用方法

など、実践的なスキルを習得できるのが特徴です。

まずは公式サイトで無料の説明会動画をチェックして、スクールの雰囲気やカリキュラムが自分に合っているか確認してみましょう。

『TechAcademy』のおすすめポイント
・現役Webマーケターがサポートしてくれる
・週2回のマンツーマンメンタリングを受けられる
・4週間プランから16週間プランまで状況に応じて選択できる

▼無料の説明会動画を見てみる

Akros Academy

学び方通学・オンライン
所在地東京(上野)
長野
料金270,000円〜
期間1ヶ月〜

Akros Academy』は、通学とオンラインを選べるスクールです。

カウンセリングで集中的に学習したい内容を伝えておけば、受講者ごとにオリジナルのカリキュラムを作成してくれます。受講期間や受講料金は、カリキュラムの内容によって変動します。

たとえば、SEOを中心に学びたい場合は、

  • 内部SEO対策・外部SEO対策
  • Webマーケティング
  • Googleアナリティクスによる分析方法

などを含んだカリキュラムを作成してもらえるでしょう。

「Web業界に少し興味がある程度だからスクールに通うか迷っている…」という場合でも相談にのってくれます。

無料体験レッスンを受けて、スクールの雰囲気を確認するのもおすすめです。

『Akros Academy』のおすすめポイント
・SEO以外のスキルも幅広く習得できる
・マンツーマン指導を受けられる
・就職をサポートしてくれる

▼無料体験会に参加してみる

KENスクール(SEO実践テクニック)

学び方通学
所在地東京(新宿・池袋・北千住)
神奈川(横浜)
大阪(梅田)
愛知(名古屋)
料金9,000円
期間1ヶ月

KENスクール』は、開校31年という実績のある通学制スクールです。

SEO実践テクニック講座では、1ヶ月という短期間で、

  • ツールを用いたアクセス分析
  • 効果的なSEO対策

などを学びます。

  • フリーランスとしてWebサイト運営を始めたい
  • Web業界へ転職したい

という人におすすめです。

『KENスクール』のおすすめポイント
・初心者向けのSEO基礎コースもある
・多くのエリアにスクールがあるため通学しやすい
・個別指導なので初心者でもスキルアップしやすい

▼無料で資料請求してみる

KENスクール[ピーシーキョウシツ]

Udemy

学び方オンライン
料金1,200円〜
期間1日〜

Udemy』は、世界最大級のオンライン学習サービスです。

SEOやアクセス解析を含め、さまざまなスキルを習得できる100,000以上の講座が公開されています。

たとえば、SEOについては以下のような講座があります。

  • SEO対策はこの3つだけで成功する! もう一生迷わない超本質的なSEO対策マスターコース(10,800円)
  • 【SEO対策 入門講座】Google検索でWebサイトを上位表示させるための基礎コース(12,000円)
  • SEO|Googleアップデート対策~順位低下したor検索順位が伸びないページを引き上げる具体的な施策~(24,000円)

どの講座も基本的にはオンラインで動画を見るスタイルのため、自分のペースで学習できます。

比較的安い料金で、知りたい内容をピンポイントで学べるのも特徴です。

公式サイトで講座ごとの口コミを確認してから受講しましょう。

『Udemy』のおすすめポイント
・一度料金を支払えば繰り返し動画を見て復習できる
・30日間の返金保証もついている
・セール期間に受講するとさらに安くなる

▼講座を検索してみる

ストアカ

学び方通学・オンライン
料金500円〜
期間1日〜

ストアカ』は、日本最大級のスキルシェアサービス

45,000件以上のさまざまなジャンルの講座が掲載されており、1回から気軽に受講できるのが特徴です。

たとえば、SEOやアクセス解析に関する講座としては、以下のようなものがあります。

  • オンライン★ブログ集客・SEO集客・LINE集客の個別相談会(3,000円)
  • 【オンライン】初心者向け!ネットショップ別SEO対策講座(5,000円)
  • 【完全個別指導】ブログ初心者でも検索10位以内のSEOライティング(14,500円)

WebライティングやWebデザインなどの講座もあり、必要なスキルをピンポイントで習得できます。

1時間単位で気軽に受講できるコースが多いことも、メリットといえるでしょう。

『ストアカ』のおすすめポイント
・1時間単位や1日単位で受講できるコースが多い
・料金が安いため気軽に参加できる
・WebマーケティングやWebライティングの講座もある

▼講座を検索してみる

自分の目的に合ったSEOスクールを選ぼう!

以上、SEOやアクセス解析を学べるおすすめスクールを紹介しました。

たくさんのスクールが存在しているため、自分の目的に合わせて選びましょう。

SEOについて体系的に学びたい場合は、『TechAcademy』がおすすめです。

もう少し気軽な感じで学びたいという人は、

などのオンライン学習サービスを利用するとよいでしょう。

公式ページや口コミ、無料体験会なども参考にしながら、選んでみてください。

Web系のスキルを習得できるスクールについては、次の記事でも紹介しています。

Webライティングを学べるスクール10選

この記事では、

  • 初心者からWebライターを目指したい
  • クライアントから依頼が殺到するWebライターになりたい
  • Webライティングを学んで自分のサイトを作りたい

といった人向けに、おすすめのスクールを紹介します。

現役Webライターの私が厳選して紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Webライティングを学べるスクール一覧!選び方のポイントも紹介

スクール名料金期間学び方
ヒューマンアカデミー
(Webライティングコース)
32,000円〜6ヶ月テキスト
Udemy1,200円〜1日〜オンライン
ストアカ500円〜1日〜オンライン・通学
宣伝会議
(Webライティング実践講座)
79,000円2日通学
School×Work165,000円8〜10ヶ月オンライン
日本おうちワーク協会
(WEBライターdeおうちワーク講座)
29,800円1〜3ヶ月オンライン
ライターカレッジ
(実践Webライター講座初級コース)
24,800円1〜3ヶ月オンライン
副業の学校
(WEBライター講座)
59,800円
(+月額1,980円)
無制限オンライン
フラウネッツ
(Webライターオンライン講座)
20,000円3ヶ月オンライン
ユーキャン
(国語の常識講座)
29,000円〜6ヶ月テキスト

Webライティングを極めたいのなら、以下の2つを学べるスクールを選ぶことが重要です。

  • 日本語や文章構成の基礎
  • SEOに強いライティング術

すべての知識を網羅的に学びたい人は『ヒューマンアカデミー(Webライティングコース)』がおすすめです。

自分の苦手な部分だけを集中的に学びたい人は、

などで好きなコースを選ぶとよいでしょう。

以下、各スクールの特徴について紹介していきます。

ヒューマンアカデミー(Webライティングコース)

学び方テキスト
料金32,000円〜
期間6ヶ月

ヒューマンアカデミー』は、副業を始めたい人や在宅ワークで稼ぎたい人におすすめのスクールです。

テキストを使って学ぶスタイルのため、自分のペースで学習できます。不明点は講師に質問できるため、初心者でも安心です。

Webライターとして活躍するために必要な、

  • 日本語や文章構成の基礎
  • オリジナリティの高い記事を書くための発想力
  • SEOに強いライティング術

などが身につくでしょう。

目安の学習期間は6ヶ月(約30時間)ですが、休日などに集中して進めれば1ヶ月程度で学び終えることも可能です。

『ヒューマンアカデミー』のおすすめポイント
・日本語の基礎からSEOまで網羅的に学べる
・在宅ワークや副業をスタートするためのサポートを受けられる
・プロの講師に何度でもメールで質問できる

▼公式サイトはこちら

Udemy

学び方オンライン
料金1,200円〜
期間1日〜

Udemy』は、さまざまなジャンルのスキルや知識を習得できるオンラインの学習サイトです。

Webライティングだけではなく、プログラミングや動画編集など、100,000以上の講座が公開されています。

Webライティングについては、以下のような講座があります。

  • WEBライティングで稼げるようになる!ゼロから始めるライティング講座|在宅副業&脱サラを目指すコース(24,000円)
  • エモーショナルSEOライティング講座|心を動かす文章術(24,000円)
  • 1秒1文字!悩まず書ける ノンストップライティング(5,400円)

他にも多数の講座があるため、公式サイトにて検索してみてください。

基本的にはオンラインで動画を見て学習していきます。講座によって料金は異なりますが、一度支払っておけば何度でも繰り返し動画を見ることが可能です。

気軽に学べる学習サイトではありますが、個人が公開している講座であるため、公式サイトで各講座の口コミを確認してから受講しましょう。

『Udemy』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・30日間の返金保証もついている
・繰り返し動画を見て学習できる

▼公式サイトはこちら

ストアカ

学び方オンライン・通学
料金500円〜
期間1日〜

ストアカ』は、日本最大級のスキルシェアサービスです。

Webライティングに関連する講座も充実しており、以下のようなものがあります。

  • 【オンライン】1時間で基礎を掴む!初心者向けWEBライティング講座(7,000円)
  • セールスライティングの法則が分かる!実戦ライティングスキル養成講座(4,500円)
  • 在宅副業で月3万稼ぐ!WEBライター副収入の作り方【勉強法も紹介】(3,900円)

幅広い講座があるため、必要なスキルをピンポイントで学習できます。

1時間単位で気軽に受講できるコースが多いことも、メリットといえるでしょう。

『ストアカ』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・短時間で学習できる講座が多い
・SEOやWebデザインなどの講座もある

▼公式サイトはこちら

宣伝会議(Webライティング実践講座)

学び方通学
所在地東京(南青山)
料金79,000円
期間2日

雑誌や書籍の出版社である『宣伝会議』によるライティング講座です。

2日間の集中講義で、

  • Web集客スキル
  • 検索エンジン対応の基礎
  • 記事タイトルや文章作成のノウハウ
  • ライティング前の情報収集と整理のコツ

などを習得できます。

現役のコピーライターや編集者が講師を務めるため、現場で役立つスキルが身につくでしょう。

『宣伝会議』のおすすめポイント
・短期間で実践的なスキルが身につく
・ワークショップを通して考える力が鍛えられる
・通学制のため仲間を作りやすい

School×Work

学び方オンライン
料金165,000円
期間8〜10ヶ月

『School×Work』は、

  • Webライティングの基礎知識
  • Webライターとしての仕事体験

をセットで提供してくれるオンライン講座です。

具体的なカリキュラムは以下のとおり。

  • わかりやすい文章を書くテクニック
  • 情報収集の注意点
  • SEOを意識したライティング
  • 文章作成の流れ

Webライターに必要な知識を網羅的に習得できます。

カリキュラム修了後に、報酬が発生する仕事を発注してもらえるのが大きな特徴です。

『School×Work』のおすすめポイント
・プロのWebライターによるマンツーマン指導を受けられる
・卒業制作を実績としてアピールできる
・Webライターとしての仕事のイメージがつかめる

日本おうちワーク協会(WEBライターdeおうちワーク講座)

学び方オンライン
料金29,800円
期間1〜3ヶ月

ライティングや動画編集といった在宅ワークをサポートしている『日本おうちワーク協会』による講座です。

この講座では、

  • 文章の基礎知識
  • SEOライティング
  • WordPressの使い方

など、Webライターとして必須のスキルを習得できます。

プロによる添削やアドバイスを受けられるので、

  • ライティングに関するスキルも経験もない
  • 読書感想文くらいしか書いたことがない

という人でも安心です。

『日本おうちワーク協会』のおすすめポイント
・協会の認定資格を取得できる
・初心者からでも始めやすい
・仕事の受注をサポートしてもらえる

ライターカレッジ(実践Webライター講座初級コース)

学び方オンライン
料金24,800円
期間1〜3ヶ月

『ライターカレッジ』は、知識ゼロからWebライティングの基礎的スキルを習得できる初心者向けの講座です。

  • Webライティングについて何から勉強したらよいかわからない
  • ブログやアフィリエイトを始めたい

といった人におすすめです。

4つの課題を通して、

  • Webライター思考
  • 基本の文章構成パターン
  • 魅力的なキャッチコピーの作り方

などを学んでいきます。

『ライターカレッジ』のおすすめポイント
・丁寧な添削と具体的なアドバイスを受けられる
・プロのWebライターに質問できる
・オリジナルの文章を書くスキルが身につく

副業の学校(WEBライター講座)

学び方オンライン
料金59,800円
(+月額1,980円)
期間無制限

副業の学校』は、

  • Webライティング
  • アフィリエイト
  • 動画編集
  • Webデザイン

など、さまざまな副業スキルを学べるオンラインスクールです。

WEBライター講座では、以下のように基礎知識から実践的スキルまで幅広い内容を学べます。

  • Webライティングの基礎
  • Webライターとしての心構え
  • クラウドソーシングサイトの使い方
  • 収入を伸ばす方法

講義を受けるだけでなく、練習問題を通して理解を深められるでしょう。

『副業の学校』のおすすめポイント
・SEOライティングのスキルが身につく
・収益化するまでの流れが理解できる
・クライアントの要望に合わせた記事の書き方がわかる

▼公式サイトはこちら

フラウネッツ(Webライターオンライン講座)

学び方オンライン
料金20,000円
期間3ヶ月

これからWebライターを目指したい、という初心者向きの講座です。

全12回の講座を通して、

  • 読者に伝わる文章の書き方
  • 企画や情報収集の方法
  • 文章を要約する方法

などを学びます。

1講座は30分程度のため、文章が苦手という人でも無理なく受講できるでしょう。

『フラウネッツ』のおすすめポイント
・まずは読みやすい文章に触れるところからスタートできる
・自分のペースで勉強できる
・取材記事やコラムの執筆スキルが身につく

ユーキャン(国語の常識講座)

学び方オンライン
料金29,000円〜
期間6ヶ月

Webライティングの前に、日本語をしっかりと学びたい人におすすめの講座です。

標準学習期間である約6ヶ月で、

  • 豊かな語彙力
  • 文法の基礎
  • 伝わる文章表現

といったスキルが身につきます。

あまりにも日本語に自信がない人は、受講してみましょう。

『ユーキャン』のおすすめポイント
・添削指導を受けられる
・国語の総合力がアップする
・普段のコミュニケーションにも役立つ

自分の目的に合ったWebライティングスクールを選ぼう!

今回は、Webライティングを学べるスクールを紹介しました。

たくさんのスクールが存在しているため、自分の目的に合ったスクールを選ぶことが大切です。

Webライティングに関する知識を幅広く学びたい人は『ヒューマンアカデミー(Webライティングコース)』がおすすめです。

自分の知りたい部分だけを集中的に学びたい人は、

などで目的に合うコースを探してみるとよいでしょう。

また、スクール以外の勉強方法を知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

Web系フリーランスにおすすめのスクールについては、下記の記事でも紹介しています。

Webライティングを学べる本10冊!現役ライターが厳選

Webライティングに関する本は数多く発売されているため、どれを選べばよいか迷うことも多いでしょう。

そこでこの記事では、現役Webライターである私が厳選した本を10冊紹介します。

効率的に学べるようレベル別に紹介しますので、自分の状況に合わせて選んでみてくだくさい。

Webライティングを学べる本一覧

タイトルレベル価格(kindle版)
沈黙のWebライティング初級1,980円
シンプルに書く!初級1,121円
新しい文章力の教室初級1,168円
10年つかえるSEOの基本初級1,547円
人を操る禁断の文章術中級1,386円
SEOに強い Webライティング中級〜上級2,069円
最新SEO完全対策・成功の指南書中級〜上級1,881円
読みたいことを、書けばいい。番外1,336円
インターネット的番外594円
あなたの話はなぜ「通じない」のか番外495円

WebライティングやSEOについて何も知らないという人は、

の2冊からスタートするのがおすすめです。

以下、それぞれの本について順番に紹介していきますので、参考にしてください。

Webライティングを学べる参考書【初級】

まずは初心者におすすめな本を紹介します。

  • Webライティング
  • 日本語
  • SEO

の基礎を知っておけば後の学習が楽になりますので、ぜひ読んでみてください。

沈黙のWebライティング

著者松尾茂起
レベル初級
価格(kindle版)1,980円
ページ数634ページ

『沈黙のWebライティング』は、SEOに強い文章や集客できる文章の書き方を教えてくれる初心者向けの本。

この本でWebライティングの全体像を把握できますので、最初に読む参考書としておすすめです。

  • 読みやすい文章を書く方法が知りたい
  • Webサイトの成果を上げて稼ぎたい
  • 検索上位を獲得できる記事が書きたい

という人はぜひ読んでおきましょう。

ストーリー形式で解説してくれるため、本を読むのが苦手な人でも挫折せず最後まで読み進められます。

私もWebライティングを始めたばかりの頃に読みましたが、とてもわかりやすく、SEOやコンテンツマーケティングの本質を理解できました。

『沈黙のWebライティング』のおすすめポイント
・Webライティング初心者が知っておくべき知識が網羅的に解説されている
・SEOやコンテンツマーケティングの本質を理解できる
・サクサク読み進められる

シンプルに書く!

著者阿部紘久
レベル初級
価格(kindle版)1,121円
ページ数208ページ

タイトルのとおり、シンプルな文章を書く方法を教えてくれる本です。

Webライティングにおいては、ダラダラとした説明を避け、結論をわかりやすく示すことが求められます。

Web上の記事は基本的に無料で読めるため、サクサク読める文章で読者をひきつけなければすぐに離脱されてしまうからです。

  • 物事を説明するのが苦手
  • 相手に話が伝わらない

という人は読んでみるとよいでしょう。

『シンプルに書く!』のおすすめポイント
・日本語の基礎を理解できる
・説得力のある文章の書き方を学べる
・ビジネスやアフィリエイトにも役立つ

新しい文章力の教室

著者唐木元
レベル初級
価格(kindle版)1,168円
ページ数208ページ

ポップカルチャーのニュースサイト『ナタリー』を運営する著者が、

  • 日本語の基本
  • 情報を整理する方法
  • わかりやすい文章構成のコツ

を教えてくれる一冊です。

Webメディアの編集長としての経験や、初心者ライターを指導した経験をもとに、論理的な文章の書き方を教えてくれます。

軽く読んでおくだけでも、スピーディーに文章を書けるようになるでしょう。

『新しい文章力の教室』のおすすめポイント
・文章構成力や論理的思考力がアップする
・スピーディーな記事作成に役立つ
・日本語の基礎を理解できる

10年つかえるSEOの基本

著者土居健太郎
レベル初級
価格(kindle版)1,547円
ページ数180ページ

Webライティング を極めるためには、日本語力だけでなく、SEOに関する知識が欠かせません。

とはいえ、

  • 難しそうだから勉強する気にならない
  • SEOのどの部分から勉強すればよいかわからない

という人も多いでしょう。

この本は、一番最初に読むべきSEOの教科書といえます。

初心者向けではありますが、

  • 検索エンジンの仕組み
  • 検索キーワードの概念

というSEOにおける超重要な要素をしっかりと学べます。

『10年つかえるSEOの基本』のおすすめポイント
・知識ゼロからでも理解しやすい
・キャラクターによる対談形式のため読みやすい
・すぐに使えなくなるテクニック論ではなくSEOの本質を理解できる

Webライティングを学べる参考書【中級・上級】

次に、中級〜上級者向けにおすすめの本を紹介します。

ある程度、WebライティングやSEOについて理解している人は、こちらを参考にしてください。

人を操る禁断の文章術

著者メンタリストDaiGo
レベル中級
価格(kindle版)1,386円
ページ数177ページ

人の心を読んで操る技術「メンタリズム」を使った文章術を紹介してくれる本です。

誰にでも理解でき、すぐに使えるように解説されているため、心理学などの特別な知識は必要ありません。

Webライティングに特化した本ではありませんが、アフィリエイトや商品ページの作成にも役立つでしょう。

  • 人を操るための「書かない」3原則
  • 人を動かす7つのトリガー
  • すぐに使える5つのテクニック

といった構成でまとまっています。

『人を操る禁断の文章術』のおすすめポイント
・人を動かす文章術が身につく
・売れる説明文の書き方がわかる
・Webライティング以外の場面でも役立つ

SEOに強い Webライティング

著者ふくだたみこ
レベル中級〜上級
価格(kindle版)2,069円
ページ数296ページ

『SEOに強い Webライティング』は、アクセス数を増やして効率的に稼ぐためのWebライティング手法を解説してくれる本です。

  • 集客力のあるWebサイト構築の方法
  • 人をひきつけるキャッチコピーの作り方
  • 人を動かすエモーショナルライティング

など、成約率をアップさせるためのノウハウが凝縮されています。

  • アクセス数をアップさせたい
  • アフィリエイトで稼ぎたい

といった人は、ぜひ読んでみてください。

『SEOに強い Webライティング』のおすすめポイント
・SEOとWebライティングをまとめて学べる
・稼ぐための近道がわかる
・すぐに使えるテクニックが習得できる

最新SEO完全対策・成功の指南書

著者山口耕平、徳井ちひろ
レベル中級〜上級
価格(kindle版)1,881円
ページ数224ページ

SEOを極めるなら、この本がおすすめです。

  • 検索エンジンの仕組み
  • サイトの分析方法
  • 内部リンクの最適化
  • ビッグキーワードで上位表示を獲得する方法

など、SEOに関する知識を網羅的に習得できます。

ペナルティを避けつつ、サイトの上位表示を目指したい人には、とくにおすすめです。

『最新SEO完全対策・成功の指南書』のおすすめポイント
・SEOの基礎から応用まで幅広く学べる
・ペナルティを受けないテクニックを習得できる
・SEOの未来がわかる

Webライティングを学べる参考書【番外】

ここからは番外編として、書くことや伝えることの本質について考えさせられる本を紹介します。

Webライティングのテクニック的な内容ではありませんが、個人的にはとてもおすすめな本ばかりなので、暇なときにでも読んでみてください。

読みたいことを、書けばいい。

著者田中泰延
レベル番外
価格(kindle版)1,336円
ページ数203ページ

株式会社電通にて24年間、コピーライターやCMプランナーとして活躍してきた著者による文章術の本です。

たくさんの情報やテクニックを仕入れすぎて、何をどう書けばよいのか、わからなくなったときに読みたい一冊。

SEOの基本のひとつである「ターゲットの想定」などをする必要はなく、自分が読みたいことを書くべきだ、ということがこの本の主張です。

意外な主張ですが、自分のために書いた文章からは熱量が感じられるため、結果的に人をひきつけるケースもあります。

  • せっかく書いたのに誰にも読んでもらえない
  • どうしても冷たい文章になってしまう
  • 効率を追い求めるのに疲れてしまった

という人は、ぜひ読んでみてください。

『読みたいことを、書けばいい。』のおすすめポイント
・書くことの本質を考えさせられる
・文章についての新しい視点が得られる
・ユーモアのある文章で読みやすい

インターネット的

著者糸井重里
レベル番外
価格(kindle版)594円
ページ数206ページ

コピーライターであり、Webサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』を運営する著者による、インターネットの本質論が凝縮された本。

  • 「消費者」という人はいない
  • 多様な人格が点滅する
  • お客様は神様じゃない

など、インターネットを活用して稼ぐうえで考えておきたいことがたくさん語られています。

発刊から10年以上経っているにも関わらず高い評価を得ている、普遍的な参考書です。

『インターネット的』のおすすめポイント
・インターネットの本質を考えさせられる
・クリエイティブな視点が身につく
・ユニークな発想で楽しく読み進められる

あなたの話はなぜ「通じない」のか

著者山田ズーニー
レベル番外
価格(kindle版)495円
ページ数249ページ

ベネッセコーポレーションの進研ゼミ小論文編集長として、高校生の考える力や書く力の育成をしてきた著者による、コミュニケーション論の本。

文章を書くことの根底にある、コミュニケーションや伝えることの本質について考えさせられる一冊です。

  • 説明するのが苦手
  • 相手に理解してもらえない

という人は、ぜひ読んでみてください。

『あなたの話はなぜ「通じない」のか』のおすすめポイント
・伝えることの本質を考えさせられる
・人を説得するのがうまくなる
・普段のコミュニケーションにも役立つ

Webライティングを極めるなら本を読むだけでなく書くことも忘れずに!

今回は、Webライティングを効率的に学ぶための本を紹介しました。

本を読んでテクニックを知ることは大切ですが、文章は書かないと上達しないため、手を動かすことを忘れないようにしましょう。

Webライティングの勉強方法については下記の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

漢字・ひらがなの使い分け一覧!迷わず文章を書くポイントを紹介

漢字とひらがなの使い分けに絶対的なルールはありません。

だからこそ、漢字で表記するか(閉じる)、ひらがなで表記するか(開く)、悩むことも多いでしょう。

そこでこの記事では、漢字とひらがなの使い分け方のポイントを紹介します。

絶対的なルールはないものの、ある程度の根拠を持って自分の表記ルールを決めておくと、迷わずスムーズに文章を書けるでしょう。

一覧表にはOK・NGと記載しましたが、新聞やWebサイト、小説や論文など、メディアによって適切な表記方法は異なりますし、好みの問題もありますので、あくまでも目安と考えてください。

ここでは主に、Webサイトやブログなど、あまり堅くない文章における使い分けを紹介します。

漢字・ひらがなの使い分けを6つのポイントで紹介

6つのポイントで漢字とひらがなの使い分け方を紹介します。

私も、“基本的には”ここに記載しているルールに従って文章を書いています。

“基本的には”と書いたのは、記事の内容や文章の流れに合わせて閉じるか開くかを微調整しているからです。

表を参考にしつつ、自分なりのルールを作ってみてください。

1.形式名詞はひらがなで書く

形式名詞とは、実質的な意味がない名詞や、本来の意味が薄くなっている名詞のことです。

形式名詞は、漢字ではなくひらがなで書くのが一般的です。

OKNG
こと
もの
わけ
はず
うち
ところ
ほう
とおり通り
とき

次の例文中の「こと」「ほう」「とおり」は形式名詞であるため、ひらがなで記載しています。

例文
・私は文章を書くことが好きだ。
・私より彼のほうが人気者です。
・私の言うとおりに行動してほしい。

同じ「こと」「ほう」「とおり」でも、実質的な意味がある場合(実質名詞)は漢字で書いてもOKです。

次の例文中の「事」には「出来事」、「方」には「方角」、「通り」には「道」という実質的な意味があるため、漢字で表記しています。

例文
・私はの重大さに気づいた。
・彼は西のへ向かった。
・私の店はこの通りにある。

2.補助動詞はひらがなで書く

補助動詞とは、形式名詞と同様に、本来の意味が薄れている動詞のことです。

補助動詞もひらがなで書きましょう。

OK NG
いく 行く
くる 来る
みる 見る
おく 置く
ください 下さい
いただく 頂く

次の例文中の「いく」「くる」「みる」は補助動詞であるため、ひらがなで書くのが一般的です。

例文
・彼は作業を続けていくらしい。
・私は食料を買ってくる
・この本を試しに読んでみる

以下の例文のように本来の意味で使う場合は、漢字で書きましょう。

例文
・彼の家へ行く
・私の家に来る
・テレビを見る

3.接続詞はひらがなで書く

接続詞もひらがなで書くほうが読みやすいでしょう。

接続詞を漢字で書くと、以下のような問題が起こります。

  • 「明日又は明後日」のように漢字が連続して読みにくい
  • 全体的に漢字の割合が大きくなり堅い印象になってしまう

ただし、公用文においては、常用漢字表に載っているものは漢字を用いる場合もあります。

OK NG
そのため その為
それゆえ それ故
したがって 従って
しかし 然し
たとえば 例えば
ただし 但し
なぜなら 何故なら
さらに 更に
そのうえ その上
くわえて 加えて
または 又は
および 及び
ならびに 並びに
あるいは 或いは
例文
たとえば、スマホやタブレットがあります。
そのうえ、彼は背も高い。
くわえて、本を読むことも重要です。

上の例文では接続詞をひらがなで書きましたが、単純に「例」「上」「加」などを必ずひらがなで書けばよい、というわけではありません。

以下の例文のように、名詞や動詞として本来の意味で使う場合は、漢字で書くのが適切です。

例文
として、スマホやタブレットがあります。
・机のに本を置く。
・砂糖を加える

4.副詞・連体詞・形容動詞の一部はひらがなで書く

副詞や連体詞、形容動詞を開くか閉じるかは、悩みがちなポイントです。

いくつかのWebサイトの表記ルールを調べてみたところ、一定の決まりはなさそうでしたが、下表の言葉はひらがなで書くケースが多いようです。

OK NG
まったく 全く
すべて 全て
あまりに 余りに
おおむね 概ね
もっとも 最も
ともに 共に
ついに 遂に
たいへん 大変
たびたび 度々
すでに 既に
しだいに 次第に
さまざまな 様々な
いろいろな 色々な

5.副助詞はひらがなで書く

程度などを表す副助詞は、ひらがなで書くのが一般的です。

「この会社で10年働いている」と書くと、漢字が連続して読みにくいですよね。

「この会社で10年ほど働いている」と書くほうが読みやすいでしょう。

OK NG
くらい
など
ほど
ころ
まで

6.動詞・形容詞の一部はひらがなで書く

動詞や形容詞にも、ひらがなで書くほうが適切な言葉はあります。

OK NG
わかる 分かる
できる 出来る
ない 無い
よい 良い
例文
・私には彼女の気持ちがわかる
・彼はプログラミングができる
・この部屋には照明がない
よい方法を探す。

「理解する」という意味の場合は、上の例文のように「わかる」とひらがなで表記するのが適切です。

ただし、以下の例文のように「分割する」の意味の場合は、「分ける」と漢字で表記してもよいでしょう。

例文
材料を種類ごとに分ける

漢字とひらがなを使い分ける際の3つの注意点

漢字とひらがなを使い分ける際は、次の3つのポイントに注意しましょう。

1.無駄に漢字に変換するのは避ける

  • 漢字で書くほうがプロっぽい
  • 漢字を多用すれば頭がよいと思われそう

などと考えがちですが、実は逆です。

パソコンで変換すれば誰でも難しい漢字を書けるので、漢字を使ったからといって頭がよいと思われるわけではありません。

むしろ、「何も考えず適当に変換しているのでは…」と思われる可能性もあります。

  • そもそもの言葉の意味
  • 記事を掲載するメディアの読者層

などを考慮し、漢字とひらがなを使い分けましょう。

ひらがなを適度に使うほうがプロのように見え、読者に対しても親切です。

2.文章内での表記ゆれを避ける

この記事で紹介した使い分け方は目安ですので、自分なりの表記ルールを作っても問題ありません。

たとえば、「できる」はひらがなで書くのが一般的ですが、「出来る」と表記してもOKですし、実際に漢字で表記しているメディアもあります。

ただし、ひとつの文章内に「できる」と「出来る」が混在するのは避けましょう。

3.全体的なバランスを考える

表記ルールに縛られると、ひらがなが多すぎて読みにくい文章になってしまう可能性もあります。

次の例文を読んでみてください。

例文
たとえば、ひらがなのほうがわかりやすいということもあります。

少し極端ですが、ひらがなが連続しすぎていて読みにくいですよね。

以下のように調整してみましょう。

例文
たとえば、ひらがなを使うほうが理解しやすいという場合もあります。

別の表現に変えたり、漢字を追加したりして、全体的に読みやすくすることが大切です。

漢字とひらがなの使い分けを例文で学ぶ

ここまでの内容を例文で確認しておきましょう。

例文
彼が言ったとおり、机のには勉強道具が乱雑に置かれていたうえ、床にも本が積まれていた。

漢字とひらがなの使い分けのポイントは以下のとおりです。

  • 言った:実際に口に出しているため漢字
  • とおり:形式名詞のためひらがな
  • :物理的な上下を表すため漢字
  • うえ:接続詞的に使っているためひらがな
例文
彼が転職したとき、私は驚いた。まったく予想していなかったからだ。しかし、転職の理由は、が経てばわかると思っていた。

ポイントは以下のとおり。

  • とき:形式名詞のためひらがな
  • まったく:副詞のためひらがな
  • :「時間」を意味する実質名詞のため漢字
  • わかる:「理解する」という意味のためひらがな

言葉の意味を考えて漢字・ひらがなを使い分けよう!

今回は、漢字とひらがなを使い分けるポイントや注意点を紹介しました。

冒頭で記載したとおり、使い分けに絶対的なルールはありません。

また、一般的な考え方はあるものの、時代によって変化していくことも考えられます。

  • 言葉の本来の意味
  • 記事を掲載するメディアの読者層
  • 自分の好み

なども考えながら、閉じるか開くかを決めましょう。

文章デザインで読了率をアップさせる6つの基本テクニック

  • 読者に最後まで読んでもらえる文章を書きたい
  • 簡単な文章デザインの方法を知りたい

と考えているWebライターも多いでしょう。

そこで今回は、私がよく使う文章デザインの方法を紹介します。

文章デザインに難しい知識やスキルは不要です。

よく使われるタグをコピペしたりしながら、誰でも簡単に文章を読みやすくできるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

文章をデザインするときの6つの基本テクニック

ブログなどWebサイト上の文章を書く際は、第一印象が重要です。

せっかくよい内容を書いても、読者が「なんとなく読みにくそう…」と感じてしまうと読み進めてもらえません。

以下6つのテクニックを使って、文章を読みやすくデザインしましょう。

  1. 重要な文章や例文を枠で囲む
  2. 適切な位置で文章を改行する
  3. 箇条書きで情報のグループをまとめる
  4. 太字やマーカーで重要な部分を示す
  5. 見出しだけ読めば文章全体を把握できるようにする
  6. 1文の文字数は80文字程度にする

順番に解説していきます。

1.重要な文章や例文を枠で囲む

文章だけがダラダラと続くと、

  • 読者が飽きてしまう
  • 重要なポイントがわかりにくくなる

といった場合があります。

そんなときは、適度に枠を取り入れるとよいでしょう。

私は、次のような枠をよく使っています。

青い枠
テキスト
テキスト
テキスト

オレンジの枠
テキスト
テキスト
テキスト

赤い枠
テキスト
テキスト
テキスト

タグをコピペすれば簡単に使えますので、利用してみてください。

2.適切な位置で文章を改行する

改行は、誰でも簡単に使える文章デザインの方法です。

文字ばかりが続くと読者が「読みにくそう…」と感じてしまい、途中で読むのをやめる可能性もあります。

たとえば、次の文章を読んでみてください。

改行のない文章
ブログを運営するうえで、読者にとって有益な情報を提供することや、アクセスを解析することはとても大切です。キーワードばかりを詰め込んだ記事は読みにくく、読者には好かれません。読者に読まれていない記事は、検索エンジンの評価も下がってしまいます。アクセスを解析しながら、どのような記事が読まれているのか把握していきましょう。

文章が詰まっていて少し読みにくいですよね。

次の文章のように改行を入れてみましょう。

改行のある文章
ブログを運営するうえで、読者にとって有益な情報を提供することや、アクセスを解析することはとても大切です。

キーワードばかりを詰め込んだ記事は読みにくく、読者には好かれません。

読者に読まれていない記事は、検索エンジンの評価も下がってしまいます。

アクセスを解析しながら、どのような記事が読まれているのか把握していきましょう。

全く同じ文章ですが、改行を入れるだけでサクッと読めるようになりました。

最近はスマホやタブレットから閲覧する読者も多いため、小さな画面でも読みやすい文章デザインにすることはとても大切です。

改行については下記の記事でも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

3.箇条書きで情報のグループをまとめる

文章を箇条書きにするメリットは、以下のとおりです。

  • 情報のグループがわかりやすい
  • 1文が短くなって読みやすい
  • 文章が苦手でもまとめやすい

次の例文を読んでみてください。

例文
文章を読みやすくデザインするためには、適切な位置で改行することや箇条書きで情報をまとめること、わかりやすい見出しを設定することなどが重要です。

1文が長いので、次のように箇条書きにしてみましょう。

箇条書きの例文
文章を読みやすくデザインするためには、

・適切な位置で改行すること
・箇条書きで情報をまとめること
・わかりやすい見出しを設定すること

などが重要です。

サクッと読めるようになりましたよね。

箇条書きのコツについては以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方は読んでみてください。

4.太字やカラーで重要な部分を示す

Webサイトの文章を書くときは、「読んでもらう」というより「見てもらう」ことを意識するのが重要です。

太字やカラーを用いれば、読者に重要な情報を届けつつ、最後まで読み進めてもらえる確率が高まるでしょう。

この記事でも、重要な部分を赤の太字にしてみました。

5.見出しだけ読めば文章全体を把握できるようにする

見出しも重要な情報を読者に届けるうえで重要です。

大見出し(h2)や小見出し(h3、h4など)はこまめに設置しましょう。

特に、大見出しが500文字を超える場合は要注意。

小見出しを2つくらい設置するほうが読みやすいでしょう。

6.1文の文字数は80文字程度にする

1文が長くなりすぎると、

  • 主語と述語がねじれてしまう
  • 意味が伝わりにくい

といった文章になりがちです。

長くても80文字程度でまとめるようにしましょう。

文章をデザインして読了率をアップさせよう!

今回は、簡単に使える文章デザインのテクニックを紹介しました。

Webサイトの文章は見た目が重要です。

読者が離脱してしまわないよう、読みやすい文章デザインを心がけましょう。

例文で学ぶ!リード文の書き方5つのポイント

  • ブログの導入文がうまく書けない
  • リード文の書き方がよくわからない

といった人も多いでしょう。

実は私もリード文を書くのが苦手でした。

でも、この記事で紹介する5つのポイントを知ったことで、簡単に書けるようになったのです。

今回は、その5つのポイントを例文付きでわかりやすく紹介しますので、参考にしてください。

リード文・導入文で書くべき5つのポイント

リード文に書いておくべき内容は、以下の5つ。

  1. 読者の悩み・疑問
  2. 記事の結論・要約
  3. 記事の信頼性
  4. 読めば得られるメリット(または避けられるデメリット)
  5. 簡単に実践できること

毎回5つ全部を書く必要はありませんが、最低でも3つは書くように心がけましょう。

上記5つの項目を盛り込むと、次のようなリード文になります。

魅力的なリード文の例
(1.読者の悩み・疑問)
ブログのネタがないと悩むことはありませんか?

(2.記事の結論・要約)
ブログのネタを効率よく探すためには、

・サジェストキーワードを参考にする
・共起語を参考にする

といったことが重要です。

(3.記事の信頼性)
この記事ではこれらのポイントについて、月30万PVのサイトを運営している私が詳しく解説します。

(4.読めば得られるメリット)
ポイントを把握しておけば、ネタ探しが効率的に進むでしょう。

(5.簡単に実践できること)
誰でも簡単に実践できる内容ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

5つの項目の書き方について、詳しく見ていきましょう。

1.読者の悩み・疑問

この部分では、「この記事には自分の求める答えがありそうだ!」と読者に思ってもらうことが重要です。

ここで読者の気持ちを掴まないと、すぐに離脱されてしまいます。

そうなると、

  • せっかく書いた記事が読まれない
  • 滞在時間が短いことでGoogleの評価が下がる

といった残念な結果となるでしょう。

タイトルや検索キーワードから「この記事を読むのはどんな人かな?」と考えながら、読者の気持ちを掴む一文を書くことが大切です。

例文
・ブログのネタが見つからないとストレスがたまりますよね。
・ブログで稼ぐ方法を知りたいという人も多いでしょう。

2.記事の結論・要約

残念ながら、抽象的なことばかり書かれていて、具体的な結論がわかりにくい文章も増えてきてしまいました。

読者も「この記事には具体的な結論が書かれているのかな?」と不安を感じることも多いでしょう。

そこで、記事の結論はリード文の段階で提示することが大切です。

結論は、

  • 箇条書きなどを用いて簡潔に記載する
  • 詳しくは本文で解説する

ようにすると、スムーズに読み進めてもらえるでしょう。

例文
・ブログを書くうえで大切なのは信頼性や権威性です。
・ダイエットを成功させるためのポイントは次の3つです。

3.記事の信頼性

記事の信頼性とは、

  • 誰が書いているのか?
  • 何を根拠に書いているのか?

といったことです。

  • 情報技術の発達
  • アフィリエイトの普及

などを背景として、専門家でなくても専門的な内容を発信する世の中になりました。

そのため、読者は記事の信頼性について不安を感じる場合もあるでしょう。

そこで、読者に安心して読んでもらうために、以下のような内容を書いて信頼性を高めておくことが大切なのです。

例文
・ブログで月100万円稼ぐ私がアフィリエイトのコツを紹介します。
・厚生労働省のデータを基に解説します。
・1,000件以上食べ歩いた私がおすすめのお店を紹介します。
・ファイナンシャルプランナーが詳しく解説します。

どうしても書けない場合は、書かなくてもOKです。

他の項目に力を入れておき、また後でリライトしましょう。

4.読めば得られるメリット(または避けられるデメリット)

数字などを含めて、できるだけ具体的なメリットを書きましょう。

また、人は「メリットを得たい!」という気持ちだけではなく、「デメリットやストレスを避けたい!」という気持ちも強いもの。

以下のような例文を用いて、本文へ導きましょう。

例文
・この記事で紹介する方法を使えば月10万円稼げます。
・ポイントを知っておけば1ヶ月で5kg痩せられるでしょう。
・確定申告のストレスから解放されるでしょう。
・毎月1万円の無駄な出費を抑えられます。

5.簡単に実践できること

特に初心者向けの記事では、簡単に実践できることを示すのが重要です。

次のように記載しましょう。

例文
・初心者でも実践できる内容ばかりです。
・中学生でも理解できるようにわかりやすく解説します。
・1日1時間程度で効果が出ます。

そもそもリード文・導入文は重要?

ここまでリード文を書くポイントを紹介しましたが、「そんなにリード文に力を入れる必要はあるの?」と感じる方もいるでしょう。

結論から言うと、リード文はとても重要です。

2つの理由を紹介しますので、チェックしてみてください。

1.読者はリード文を読んで記事の価値を判断するから

読者はリード文(特に最初の1、2行)を読んだ時点で、その先も読むかどうかを判断しています。

Webサイトの文章は基本的に無料で読めるため、やめるのも気軽にできてしまうのです。

  • 自分の求める答えがなさそう
  • 記事の信頼性が低そう
  • 読むメリットがなさそう

と感じてしまうと、読者は一瞬で離脱してしまいます。

2.リード文の段階で離脱されるとGoogleの評価が下がるから

読者がリード文の段階で離脱すると滞在時間が短くなるため、Googleの評価が下がってしまう可能性があります。

Googleは、

  • 離脱率や直帰率
  • 文字数に対する滞在時間
  • スクロール状況

などを総合的に評価して、検索順位を決めていると考えられます。

そのため、しっかりとしたリード文で読者の心を掴み、本文を読み進めてもらい滞在時間を長くすることは、SEO的にも重要なのです。

リード文は最後に書こう

特別なルールではありませんが、私は本文を書いた後でリード文を書いています。

正確には、

  1. ざっとリード文を書く
  2. じっくり本文を書く
  3. じっくりリード文をまとめる

という流れです。

リード文には本文の結論を記載するため、上記の順番のほうがスムーズに書けます。

リード文は150~200文字で書こう

リード文はあまり長々と書かず、早めに本文へ進みましょう。

150~200文字くらいが適切です。

前述の5項目を盛り込むことは重要ですが、なかなか本題に入らないと読者がイライラしてしまいます。

魅力的なリード文で読者の心を掴もう

今回は、リード文の書き方や重要性を解説しました。

簡単にポイントをおさらいしておきましょう。

リード文に書くべき項目は以下の5つ。

  1. 読者の悩み・疑問
  2. 記事の結論・要約
  3. 記事の信頼性
  4. 読めば得られるメリット(または避けられるデメリット)
  5. 簡単に実践できること

また、魅力的なリード文を書くことで、

  • 読者の早期離脱
  • 滞在時間の低下

を防ぐことができるでしょう。

10の語尾を使い分けて文章のリズムを改善しよう!

「ですます調」で文章を書く場合、同じ語尾が連続してしまい読みにくい文章になることもあるでしょう。

そこで今回は、さまざまな語尾を使い分けて、文章のリズムを改善するコツを紹介します。

誰でも簡単にリズムを改善できるよう例文付きで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

簡単に使える10の語尾

リズムのよい文章を書くために、以下で紹介する10の語尾を覚えておきましょう。

〜です

「ですます調」の基本となる語尾ですが、3つ以上連続するとリズムが悪くなります。

例文
語尾のリズムは大切です

〜ます

こちらも「ですます調」の基本の1つ。

特に初心者の頃は「~です」と「~ます」だけになりがちですので、他の語尾も意識的に取り入れましょう。

例文
語尾のリズムを整えます

〜でしょう

未来のことや提案内容などを書くときに使います。

例文
文章を書くときは、語尾に注意しましょう

〜でしょうか?

疑問形を用いるのもよい方法です。

例文
文章を書くときは、何に注意すればよいでしょうか?

〜ました

過去形もうまく使うと、語尾のバリエーションが増えます。

例文
ここまで、語尾のバリエーションを増やすポイントを紹介しました

〜ません

適度に否定形を用いると、上級者らしい文章になります。

例文
リズムの悪い文章は、読者に好まれません

〜ください

上から目線の文章にならないよう、適度に使うのがポイントです。

例文
この記事を参考にしてください

〜よね

読者の共感を求める場合に使いましょう。

例文
リズムのよい文章を書きたいですよね

体言止め

名詞などの体言で終わらせる形です。

例文
文章を書くうえで大切なのは語尾のリズム

会話調

「」を使って会話調にすれば、語尾のバリエーションがかなり増えます。

例文
「リズムのよい文章を書きたい…」

例文で学ぶ!単調な語尾にバリエーションをもたせよう

ここまで紹介した10の語尾を使って、バリエーション豊かな文章にしてみましょう。

語尾が単調な文章のリズムを改善しよう【初級編】

語尾が単調な文章
文章を書く前に、しっかり情報収集をすることが大切です
次に行うことはターゲットの設定です
これらを行うことで、魅力的な文章になるのです

「~です」が3回も連続しているので、以下のように改善してみましょう。

語尾のリズムがよい文章
文章を書く前に、しっかり情報収集をすることが大切です
次に、ターゲットの設定を行います
これらを行うことで、魅力的な文章になるでしょう

次のような改善方法もあります。

語尾のリズムがよい文章
文章を書く前に、しっかり情報収集をすることが大切です
次に行うことはターゲットの設定
これらを行わなければ、魅力的な文章にはなりません

体言止めや否定形を使って、語尾のリズムを改善してみました。

語尾が単調な文章のリズムを改善しよう【中級編】

語尾が単調な文章
ブログのネタがないときもあります
インターネットで検索すると、よいネタが見つかることもあります
本を読むことで見つかることもあります
さまざまな情報を得ることで、ブログを書き続けられます

少し極端な例ですが、「~ます」が4回も続いているので以下のように改善してみます。

語尾のリズムがよい文章
ブログのネタがないとお悩みではないでしょうか?
インターネットで検索すると、よいネタが見つかることもあります
本を読むこともネタ探しの方法の1つです
さまざまな情報を得ることで、ブログを書き続けていけるでしょう

次のような表現もできます。

語尾のリズムがよい文章
ブログのネタがないときもありますよね
インターネットで検索すると、よいネタが見つかることもあります
本を読むこともネタ探しの方法の1つ
さまざまな情報を得ることで、ブログを書き続けていけるでしょう

読者への語りかけや体言止めを用いて、読みやすくしてみました。

語尾が単調な文章のリズムを改善しよう【上級編】

語尾が単調な文章
ライターとして活躍するためには文章力が必要です
読者にわかりやすく伝えるための説明力も重要です
稼ぐためには継続力も大切です
クライアントとの交渉力も必要です
読者を集めるための企画力も重要です

「〜です」が5回も連続しているので、幼稚な文章という印象もありますよね。

語尾だけを変える方法もありますが、「重要」や「大切」といった同じような言葉が並んでいるので、次のように改善してみましょう。

語尾のリズムがよい文章
ライターとして活躍するためには文章力のほか、以下のようなスキルが必要です。

・読者にわかりやすく伝えるための説明力
・稼ぐための継続力
・クライアントとの交渉力
・読者を集めるための企画力

箇条書きを使えば、文章全体のリズムがよくなりサクサクと読めます。

語尾のバリエーションを増やして幼稚な文章を卒業しよう!

今回は、10の語尾を使い分けて、リズムのよい文章を書くコツを紹介しました。

同じ語尾が連続しすぎると読みにくいだけでなく、読者に幼稚な文章と思われかねません。

この記事で紹介した10の語尾を使えば、誰でも簡単にリズムを改善できますので、ぜひ試してみてください。

例文で学ぶ!箇条書きを駆使して文章を読みやすくしよう

箇条書きをうまく使えば、誰でも簡単に読みやすい文章を書けます。

箇条書きのメリットは、以下のとおり。

  • 1文が短くなって読みやすい
  • 文章が苦手でもまとめやすい
  • 情報のグループがわかりやすい

ユーザーは情報を素早く把握でき、文章全体をサクッと読めるため、読了率が上がることも期待できます。

この記事では、箇条書きを使うコツを例文付きで紹介していますので、参考にしてください。

「や」が出てきたら箇条書きにしよう

並列的な内容を示す「や」が出てきたら、箇条書きを使ってみましょう。

まずは、次の例文を読んでみてください。

例文
シンプルな文章を書くためには、冗長表現を避けること無駄な修飾語を使わないことが大切です。

「や」で並べられた項目を箇条書きにしてみます。

箇条書きの例文
シンプルな文章を書くためには、

・冗長表現を避けること
・無駄な修飾語を使わないこと

が大切です。

内容は同じですが、サクッと読みやすい感じになりましたよね。

「〜たり」が出てきたら箇条書きにしよう

「や」と同様に、並列的な情報を示す「〜たり」が出てきたら箇条書きにしてみましょう。

まずは、「〜たり」を使った例文を読んでみてください。

例文
多くの情報を得るために、本を読んだり、インターネットで検索したり、人と話したりすることを心がけましょう。

意味はわかりますが、少しダラダラとした印象ですね。

以下のように、箇条書きにしてみましょう。

箇条書きの例文
多くの情報を得るために、

・本を読む
・インターネットで検索する
・人と話す

といったことを心がけましょう。

箇条書きによって情報がグループ化されたので、内容を把握しやすくなりました。

「、」で並べられた情報を箇条書きにしよう

読点「、」で並列的に書かれた情報も、箇条書きにすると読みやすいでしょう。

例文
私は、シンプルな文章を書くこと丁寧なコミュニケーションを取ること納期を守ることを大切にしています。

読点「、」が連続すると、読むのが少し面倒ですよね。

箇条書きにしてみましょう。

箇条書きの例文
私は、

・シンプルな文章を書くこと
・丁寧なコミュニケーションを取ること
・納期を守ること

を大切にしています。

サクッと読めて、頭に入りやすくなりました。

並列的な情報はなるべく箇条書きにしよう

少しでも並列的な情報が出てきたら、箇条書きにしてもOK。

特にWebサイトの文章の場合は、箇条書きは効果的です。

Webサイトの文章は基本的に無料であるため、読むのを簡単にやめられてしまいます。

最後まで読んでもらうために、箇条書きを用いてサクサク読み進められるようにしましょう。

例文
ブログを書くうえでは、適切なキーワードを選び、しっかりと情報を収集しましょう。また、ユーザーニーズの把握も大切です。

このような文章も箇条書きにしてみましょう。

箇条書きの例文
ブログを書くうえで大切なことは、以下の3つです。

・適切なキーワード選び
・しっかりとした情報収集
・ユーザーニーズの把握

箇条書きを使う際の3つのコツ

箇条書きを使う際は、以下3つのポイントを意識しましょう。

  1. 共通部分は箇条書きの外にまとめる
  2. 箇条書きの深さを揃える
  3. 箇条書きの言い回しを揃える

それぞれ順番に解説していきます。

1.共通部分は箇条書きの外にまとめよう

箇条書きを用いる際、各項目はシンプルにまとめることが大切です。

まずは、箇条書きを使った以下の例文を読んでみてください。

箇条書きの例文
文章を書くときは、

・キーワードに関するユーザーニーズを把握すること
・インターネット上の最新情報を把握すること

が大切です。

「把握すること」が箇条書きの中に2回登場しているので、以下のようにシンプルにしてみましょう。

よりよい箇条書きの例文
文章を書くときは、

・キーワードに関するユーザーニーズ
・インターネット上の最新情報

を把握することが大切です。

文章が短くなり、読みやすくなりましたよね。

2.箇条書きの深さを揃えよう

箇条書きの深さとは、各項目の長さや詳しさのことです。

次の例文を読んでみてください。

箇条書きの例文
多くの知識を集めるためには、

・本を読むこと
・気になったキーワードをインターネットで検索して調べること

などが大切です。

文法的には問題ないのですが、インターネットについてだけ詳しく書かれているので、少しバランスが悪いですね。

以下のように改善してみましょう。

よりよい箇条書きの例文
多くの知識を集めるためには、

・本を読むこと
・インターネットで検索すること

などが大切です。

箇条書きの深さが揃いました。

3.箇条書きの言い回しを揃えよう

言い回しを揃えると、読みやすい箇条書きになります。

箇条書きの例文
ブログを書くときは、

・キーワード選定
・ユーザーニーズを把握する

といったことが重要です。

せっかく箇条書きを使ったのに各項目の語尾が不揃いであるため、まとまりがありませんね。

次のように改善しましょう。

よりよい箇条書きの例文
ブログを書くときは、

・キーワードの選定
・ユーザーニーズの把握

といったことが重要です。

各項目の語尾を名詞に統一したので、すっきりとまとまりました。

箇条書きを駆使して文章を読みやすくしよう

今回は、箇条書きを使う際のポイントを紹介しました。

箇条書きをうまく使えば、誰でも簡単に読みやすい文章を書けます。

並列的な内容を示す「や」や「たり」が出てきたら、積極的に箇条書きにしましょう。