フリーランスWebデザイナーになるには?始め方から稼ぎ方まで解説

Webデザイナーは、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

  • Webデザイン未経験からフリーランスを目指したい
  • Webデザイン会社を退職して通勤電車から解放されたい

といった人も多いでしょう。

そこでこの記事では、稼げるフリーランスWebデザイナーになるための流れと仕事獲得の方法を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

未経験から稼げるフリーランスWebデザイナーになるための3ステップ

極端な話、「独立します!」と宣言さえすれば誰でもフリーランスWebデザイナーになれますが、継続的に稼げなければ意味がありません。

継続的に稼げるフリーランスWebデザイナーになるためには、以下のようなスキルを身につけてから独立するのがおすすめです。

  • デザインに関する基礎知識
  • Illustrator / Photoshop
  • HTML / CSS
  • WordPress
  • JavaScript

未経験からフリーランスのWebデザイナーを目指すなら、次のようなステップで行動するとスムーズに独立できるでしょう。

フリーランスWebデザイナーになるための3ステップ
1.転職サポートが充実したスクールでWebデザインを学ぶ
2.デザイン系の会社に就職して実務経験を積む
3.フリーランスWebデザイナーとして独立する

自信がある場合は、スクールや独学で勉強して、そのまま独立してもOKです。

ただし、未経験の場合は、会社で指導を受けながら実務経験を積んでおいたほうが独立後の仕事獲得に困らないでしょう。

以下、それぞれのステップについて詳しく解説します。

1.転職サポートが充実したスクールでWebデザインを学ぶ

まずは、Webデザイナーとして必須のスキルを身につけなければなりません。

独学でも勉強することは可能ですが、スクールに通えば、メンターのサポートを受けながら幅広い知識を体系的に学べます。

転職サポートが充実しているWebデザインスクールとしては、以下の2つがおすすめです。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webデザインコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
TECH::CAMP
(デザイナー転職)
598,000円〜10週間〜通学

TechAcademy(Webデザインコース)

オンラインで学びたい場合は、『TechAcademy』がおすすめです。

Webデザイナーに必要なスキルを網羅的に学べ、最終的なゴールであるオリジナルWebサイトを公開するところまで、マンツーマンで徹底的にサポートしてもらえます。

転職サポートもついているので安心です。

公式サイトでは無料の説明会動画が公開されているので、気になる人はチェックしてみてください。

無料体験会に参加して雰囲気を確かめるのもおすすめです。

▼無料の説明会動画を見てみる

TECH::CAMP(デザイナー転職)

東京(渋谷)への通学が可能な場合は、『TECH::CAMP』を選ぶとよいでしょう。

  • デザインの基礎知識
  • Illustrator / Photoshop
  • HTML / CSS
  • JavaScript

といったスキルを習得でき、仮に転職に失敗した場合は受講料を全額返却してもらえます。

▼無料カウンセリングを受けてみる

その他のWebデザインスクールも検討したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

2.デザイン系の会社に就職して実務経験を積む

Webデザインスクールで基礎的なスキルを習得したら、デザイン系の会社で実務を学びましょう。

実績がないままフリーランスとして独立すると、仕事獲得に苦労する場合もあります。

デザイン系の会社で実務経験を積んでおけばプロフィールなどに記載できるので、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

デザイン系の会社への就職は、前の項目で紹介したスクールの転職サポートを利用すればスムーズです。

といったWebデザイナーの転職に強いエージェントを利用する方法もあります。

就職に成功したら、先輩や同僚に積極的に質問しながら、

  • Webデザインの仕事の流れ
  • 実務レベルのデザインスキル
  • 仕事の獲得方法

などを学びましょう。

人脈を広げたり、独立プランを考えたりすることも大切です。

3.フリーランスWebデザイナーとして独立する

会社に就職した場合は、最低でも1年程度働いてから独立するとスムーズに仕事を獲得できるでしょう。

Webデザインに必要なスキルが身についていれば、スクールを卒業してそのままフリーランスになってもOKです。

後述する仕事の獲得方法を参考にしながら、実績を増やしていきましょう。

オンラインサービスでWebデザインを勉強するのもおすすめ

  • Webデザインスクールに通う費用を節約したい
  • 会社に就職するのは避けたい

という場合は、オンラインサービスを利用して勉強するのがおすすめです。

などを利用すれば、比較的安い料金で、必要な知識をピンポイントで習得できます。

とくに、『Udemy』で公開されている下記講座がおすすめです。

未経験からプロのWebデザイナーになる! 400レッスン以上の完全マスターコース

  • Photoshop
  • HTML / CSS

などの基礎知識から実際のサイト構築まで学べます。

『Udemy』の特徴や口コミについては次の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

フリーランスWebデザイナーが仕事を獲得するための5つの方法

フリーランスWebデザイナーが仕事を獲得する主な方法は以下の5つ。

  1. Webデザイン案件に強いエージェントを利用する
  2. クラウドソーシングサイトを利用する
  3. 自分のWebサイトを作って集客する
  4. 友人や知人から仕事を紹介してもらう
  5. SNSで情報発信する

安定して仕事を獲得するためには、エージェントに登録しておくことが一番重要です。

エージェントを軸にしながら、他の方法もうまく組み合わせて収入を増やしていきましょう。

1.Webデザイン案件に強いエージェントを利用する

フリーランス専門のエージェントを利用すれば、自分に合った仕事を簡単に探せますので、ぜひ登録しておきましょう。

企業に営業する手間も省け、ストレスなく仕事を獲得できます。

ここでは、Webデザイン案件を多く扱っているエージェントを紹介しますので、気に入ったエージェントに登録してみてください。

クラウドテック

クラウドテック』は、Webデザイン案件が豊富なフリーランスエージェントです。

登録している会社は、業界トップクラスの14万社以上。

  • リモートワークOK
  • 週3日勤務OK

など、自分に合った仕事が見つかるでしょう。

専任のキャリアアドバイザーが

  • 仕事の紹介
  • 面接の付き添い

といったサポートをしてくれますので、スムーズに仕事を獲得できます。

▼無料で会員登録する

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』もWebデザイナーやエンジニアに人気のエージェントです。

主に常駐型の仕事を紹介してくれます。

フリーランスには、在宅で働くというイメージも強いのですが、常駐型には以下のようなメリットがあるため、働きやすいと感じる人も多いでしょう。

  • 収入が安定しやすい
  • すぐに質問できるためスキルアップしやすい
  • モチベーションを保ちやすい

独立したばかりのフリーランスへのサポートも充実しており、

  • キャリアカウンセリング
  • 案件紹介
  • クライアントとの交渉

などを丁寧に行ってくれます。

今のスキルでフリーランスとして活躍できるのか、といったことも気軽に相談できるので、会員登録しておくだけでも価値があるでしょう。

▼無料で会員登録する

2.クラウドソーシングサイトを利用する

Webデザイナーが仕事を獲得するためには、クラウドソーシングサイトに登録しておくことも重要です。

Webデザイン案件が豊富なサイトは以下のとおり。

とくに『クラウドワークス』は、ほとんどのフリーランスが登録しているといっても過言ではありません。

無料で登録できますので、どのような案件があるのかだけでも確認しておきましょう。

▼無料で会員登録する

3.自分のWebサイトを作って集客する

長期的な視点で考えると、自分のWebサイトを作っておくことも重要です。

美しいサイトを作成しておけば、自分のスキルのアピールになります。

クライアントと直接契約できるため、より高額の報酬も期待できるでしょう。

ただし、実績がなければ個人で集客することは難しいため、まずはエージェントやクラウドソーシングサイトを利用して、受注数を増やすことが重要です。

その後、実績として自分のサイトに記載しておけば、効率的に仕事を獲得できるでしょう。

4.友人や知人から仕事を紹介してもらう

友人や知人からWebデザインの仕事を紹介してもらうのもよいでしょう。

仕事や収入が安定しないフリーランスにとって、横のつながりは大切です。

フリーランス仲間を増やしたり、積極的に情報を交換したりすることで、仕事獲得のチャンスは増えていきます。

「実はフリーランスでWebデザインの仕事をしている」ということを話しておくだけでも仕事をもらえるチャンスは広がりますので、積極的に自己開示していきましょう。

5.SNSで情報発信する

TwitterやInstagramなどのSNSで情報発信することも効果的です。

定期的に有益な情報を発信することで、フォロワーが増えていきます。

  • 作成したWebサイト
  • 取り組んでいる案件

などについて発信することで、次の仕事獲得につながるケースもあります。

自分のWebサイトを広める手段にもなるので、ぜひアカウントを取得しておきましょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランスWebデザイナーになろう!

今回は、稼げるフリーランスWebデザイナーになるためのステップや、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

未経験からフリーランスのWebデザイナーを目指すなら、

  • Webデザインスクールで基礎スキルを身につける
  • デザイン系の会社に就職して実務経験を積む

という流れで独立すると、継続的に仕事を獲得できるでしょう。

以下のスクールなら転職サポートも充実していますので、ぜひ検討してみてください。

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(Webデザインコース)
129,000円〜1ヶ月〜オンライン
TECH::CAMP
(デザイナー転職)
598,000円〜10週間〜通学

Webデザイナー以外の仕事についても知りたい人は、以下の記事がおすすめです。

フリーランスにおすすめの仕事10選!安定して稼げる職種を紹介

フリーランスとして独立したいけれど、どの仕事を選べばよいかわからないという人も多いでしょう。

この記事では、フリーランスにおすすめの仕事を紹介します。

  • 将来的な需要が高い
  • 継続的に稼げる

という仕事を厳選して紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスにおすすめの仕事一覧

仕事名平均年収
フリーランスWebライター300万円
フリーランスエンジニア700〜1,000万円
フリーランスWebデザイナー300〜400万円
アフィリエイター300〜400万円
YouTuber800万円
フリーランス動画編集者400万円
フリーランスWebディレクター400〜500万円
フリーランスWebマーケター500〜600万円
フリーランスイラストレーター300〜400万円
フリーランスWebコンサルタント600万円

興味のあることや得意なことを選ぶのがベストですが、スペシャリストよりもジェネラリストを目指すのがおすすめです。

1つのスキルに頼りすぎると、クライアントがいなくなったときに仕事がなくなってしまいます。

まずは主軸を決めて、少しずつ周辺領域の知識も習得していくとよいでしょう。

私の場合は、

  • Webライター
  • アフィリエイター

を主軸として、

  • WordPress
  • 簡単なコーディング
  • Illustrator
  • Photoshop

など、周辺領域のスキルも習得しています。

では、それぞれの仕事の特徴について順番に見ていきましょう。

1.フリーランスWebライター

平均年収300万円
必須スキル日本語力
Webライティング
タイピング
収入UPにつながるスキルSEO
アフィリエイト
WordPress
簡単なコーディング

Webライターは、クライアントからの依頼を受けて、主にWebサイトに掲載する文章を書く職業です。

最初の段階では、特別なスキルや資格は必要なく、パソコンと基本的な日本語力さえあれば始められます。

平均年収だけ見ると、あまり稼げないように思えますが、

  • Webライティングの特性
  • SEOに関する知識
  • WordPressの基本的な使い方
  • 簡単なコーディングスキル

などを習得していけば、少しずつ収入をアップできます。

文字単価を上げたり、自分のWebサイトを構築してアフィリエイトに発展させたりすれば、年収1,000万円も夢ではありません。

多くの企業がWeb集客に取り組んでいるため、今後の需要も高いといえるでしょう。

フリーランスWebライターとして活動を始めるときは、以下のようなクラウドソーシングサイトに登録して仕事を探すのが一般的です。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

無料で登録できますので、まずはどのような案件があるのか探してみるだけでも勉強になるでしょう。

フリーランスWebライターになるための方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方は読んでみてください。

フリーランスWebライターのおすすめポイント
・未経験でも始めやすい
・在宅で働ける
・クラウドソーシングサイトで簡単に仕事を探せる
・自分のWebサイトを作れば広告収入も得られる

2.フリーランスエンジニア

平均年収700〜1,000万円
必須スキルプログラミング
収入UPにつながるスキルWordPress
SEO
アフィリエイト

フリーランスエンジニアは、Webサイト上で動く仕組みを構築したり、アプリケーションを開発したりする職業です。

エンジニアとして活躍するためには、HTMLやCSS、PHPやRubyといったプログラミング言語を習得しておく必要があります。

とはいえ、スタート時点ですべての言語をマスターする必要はありません。

エンジニアには、

  • Webエンジニア
  • WordPressエンジニア
  • インフラエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • ゲームエンジニア

などの種類があり、主に用いる言語も異なるため、まずは目指す職種で必要となるプログラミング言語を学ぶことが大切です。

未経験からフリーランスエンジニアを目指すなら、

  • 転職サポートの充実したプログラミングスクールに通う
  • 転職先の会社で最低1年間は修行する
  • フリーランスとして独立する

といったステップで進めると、仕事を獲得しやすいでしょう。

転職サポートが充実したスクールは以下のとおり。

おすすめのスクールについては、下記の記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

すでにプログラミングやIT業界で働いた経験がある場合は、以下のようなフリーエンジニア専門エージェントに登録して仕事を探すのがおすすめです。

  • レバテックフリーランス
  • ギーグスジョブ

エンジニアは人手不足の傾向にあるため、仕事に困ることも少ないでしょう。

フリーランスエンジニアのおすすめポイント
・在宅でできる案件も多い
・週1日稼働など柔軟な働き方もできる
・フリーランス専門エージェントで簡単に仕事を探せる
・自分のWebサイトを構築すれば広告収入も得られる

3.フリーランスWebデザイナー

平均年収300〜400万円
必須スキルIllustrator
Photoshop
簡単なコーディング
収入UPにつながるスキルWordPress

Webデザイナーは、クライアントからの依頼を受けて、Webサイトのデザインや構成、コーディングなどを行う職業です。

コーディングはエンジニアが担当するケースも多いのですが、ある程度の方法を知っておくと仕事の幅が広がります。

未経験からフリーランスWebデザイナーとして独立するのは難しいため、

  • TechAcademy(Webデザインコース)
  • CodeCamp(デザインマスターコース)

といったスクールでスキルを習得するのがおすすめです。

さらに、

  • レバテックキャリア
  • Webist

などを利用してデザイナーとして転職し、1年ほど修行してからフリーランスとして独立すると、仕事を獲得しやすいでしょう。

フリーランスWebデザイナーになるための方法や、仕事を獲得する方法については下記の記事にまとめています。

フリーランスWebデザイナーのおすすめポイント
・在宅でできる案件も多い
・週1日稼働など柔軟な働き方もできる
・フリーランス専門エージェントで簡単に仕事を探せる

4.アフィリエイター

平均年収300〜400万円
必須スキルアフィリエイト
SEO
Webライティング

WordPress
収入UPにつながるスキルWebデザイン
簡単なコーディング

アフィリエイターは、Webサイトやブログを開設して記事を書き、広告収入を得る仕事です。

平均年収は300〜400万円ですが、月5万円以上稼げる人は全体の5%しかいません。

一方、1,000万円以上稼ぐアフィリエイターがいるのも事実です。

Webライターとの相性がよいため、クライアントからの依頼も受けつつ、自分のアフィリエイトサイトを作るとよいでしょう。

アフィリエイターのおすすめポイント
・努力次第で年収1,000万円超えも目指せる
・人と関わるストレスが少ない
・アクセスが集まれば楽に稼げる

5.YouTuber

平均年収800万円
必須スキル企画力
動画撮影
動画編集
収入UPにつながるスキルIllustrator
Photoshop

YouTuberの平均年収は800万円と高めですが、芸能人なども多く参入しているため、そう簡単に稼げるわけではありません。

ライバルに負けないよう独自の企画を立て、継続的に高頻度で動画をアップする必要があります。

  • エンタメ系
  • ビジネス系
  • 教育系

など、さまざまなジャンルがありますが、自分の得意分野で勝負するのがよいでしょう。

動画の撮影や編集は、別のスタッフに依頼することもできますが、ある程度のスキルは習得しておくべきです。

YouTuberのおすすめポイント
・努力次第で年収1,000万円超えも目指せる
・好きなことや得意分野で勝負できる
・成功すれば有名になれる

6.フリーランス動画編集者

平均年収400万円
必須スキルPremiere Pro
After Effects
収入UPにつながるスキル動画撮影
Illustrator
Photoshop

動画編集は、YouTube動画や広告用ムービーなどを編集する仕事です。

  • YouTubeに参入する個人や企業の増加
  • 動画マーケティング市場の拡大

などを背景として、動画編集者の需要は高まっています。

未経験からフリーランス動画編集者として独立するのは難しいため、

  • TechAcademy(動画編集コース)
  • デジタルハリウッド STUDIO by LIG(ネット動画クリエイター専攻)

などのスクールで編集ソフトの使い方や編集テクニックを習得するのがおすすめです。

動画編集者になるための詳しいステップや稼ぎ方は、次の記事に記載していますのでチェックしてみてください。

フリーランス動画編集者のおすすめポイント
・今後の需要拡大が期待できる
・在宅でできる案件も多い
・クラウドソーシングサイトで簡単に仕事を探せる

7.フリーランスWebディレクター

平均年収400〜500万円
必須スキルコミュニケーション能力
SEO
Webライティング
収入UPにつながるスキルWordPress
簡単なコーディング

Webディレクターは、Webサイトの制作や運営において、

  • Webライター
  • Webデザイナー
  • エンジニア

など、多数の担当者の取りまとめを行います。

クライアントとの打ち合わせを行うケースも多いため、高いコミュニケーション能力が求められます。

作業は各担当者が行いますが、完成形をイメージして指示を出す必要があるため、広く浅く知識を習得しておかなければなりません。

Webディレクターとして独立するための詳しい流れや仕事獲得方法は、以下の記事を参考にしてください。

フリーランスWebディレクターのおすすめポイント
・幅広いスキルや知識が身につく
・Webサイト制作の全体を見渡せる
・多くの人と関わることができる

8.フリーランスWebマーケター

平均年収500〜600万円
必須スキルコミュニケーション能力
Webマーケティング
SEO
収入UPにつながるスキルWordPress
SNS

Webマーケターは、主にクライアントからの依頼を受けて、Web集客のアドバイスをする職業です。

  • Webサイトを上位表示させるSEOマーケター
  • TwitterやInstagramを活用して集客するSNSマーケター
  • Web広告を最適化する広告運用マーケター

など、さまざまな種類があります。

クライアントの要望をヒアリングして、ライターやエンジニアに指示を出す必要もあるため、コミュニケーション能力やマネジメント能力がとくに重要です。

データ分析などの専門スキルを習得する必要もあるため、スクールなどで勉強するとよいでしょう。

フリーランスWebマーケターになるためのステップと仕事を獲得する方法は、以下の記事でまとめていますのでチェックしてみてください。

フリーランスWebマーケターのおすすめポイント
・幅広いスキルや知識が身につく
・集客スキルを他の分野でも活かせる
・多くの人と関わることができる

9.フリーランスイラストレーター

平均年収300〜400万円
必須スキルIllustrator
Photoshop
XD
収入UPにつながるスキルSAI
Painter
FireAlpaca

イラストレーターは、

  • Webサイト上で使用する画像や図解イラスト
  • 企業のロゴやキャラクター
  • YouTubeのサムネイル画像

などを制作する職業です。

イラストはさまざまな場面で使われるため、需要の高い仕事といえるでしょう。

クラウドワークスなどで検索すると、たくさんの仕事が見つかります。

イラストレーターとして独立するための流れや稼ぎ方については、次の記事を参考にしてください。

フリーランスイラストレーターのおすすめポイント
・在宅で働ける
・週1日稼働など柔軟な働き方もできる
・クラウドソーシングサイトで簡単に仕事を探せる

10.Webコンサルタント

平均年収600万円
必須スキルコミュニケーション能力
Webマーケティング
SEO
収入UPにつながるスキルSNS

Webコンサルタントは、クライアントの経営課題やWeb集客の問題点を分析して、解決のための支援をする職業です。

IT業界のなかでは、平均年収はエンジニアに次いで高いため、稼ぎやすい職業といえます。

ただし、経営や集客、マーケティングについての確かな知識と実績がなければ、クライアントに話を聞いてもらえません。

まずは、コンサルティング会社で働いて経験を積んだり、スクールで勉強したりすることが必要です。

フリーランスWebコンサルタントになる方法や仕事獲得方法については、次の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

フリーランスWebコンサルタントのおすすめポイント
・幅広いスキルや知識が身につく
・経験を積めば稼ぎやすい
・多くの人と関わることができる

他にもある!フリーランスに人気の仕事一覧

フリーランスとしての独立に人気の仕事は他にもあります。

  • フリーランス美容師
  • フリーランス会計士
  • フリーランスカメラマン
  • フリーランス編集者

随時、更新していきますので、ぜひチェックしてみてください。

稼げないWebライターの5つの特徴!発注者から見たNGライターとは?

  • Webライターになりたいけれど「稼げない」という噂も聞くから不安…
  • Webライターとしてもっと効率よく稼ぎたい

と思っている人も多いでしょう。

Webライターは、簡単に始められる仕事として独立や副業に人気がありますが、どのくらい稼げるかは努力や働き方によって異なります。

クライアントとの信頼関係を構築して文字単価をアップしてもらったという人もいれば、

  • 継続的に発注してもらえない
  • 文字単価をアップしてもらえない

という人も多いでしょう。

効率的に稼げないと「もうWebライターを辞めようかな…」と思うこともありますよね。

ただ、稼げないWebライターには共通する特徴があるのも事実です。

以前、私はSEO会社にて、

  • 記事の企画や発注
  • 文章のチェックや修正
  • Webライターの採用
  • Webライターとのやりとり

などの仕事をしていました。

多くの人とのやりとりを通して、

  • 継続的に発注したいWebライター
  • もう発注したくないWebライター

には、文章力以外にもさまざまな違いがあることがわかりました。

この記事では、その経験から、「この人にはもう発注したくないな…」と思わせるWebライターの特徴を紹介します。

一生懸命やっているつもりでも、ついつい忘れがちな部分もありますので、自分の行動に当てはまっていないか確認しておきましょう。

最後に、稼げるライターになるためのポイントも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

稼げないWebライターの特徴とは?5つのポイントで徹底解説

稼げないWebライターに共通する特徴は以下のとおり。

  1. クライアントの仕様や表記ルールを守らない
  2. 無駄な文章を書いて文字数稼ぎをしている
  3. 納期を守らない
  4. オリジナリティを出そうとしすぎている
  5. スキルアップする意欲がない

順番に詳しく見ていきましょう。

1.クライアントの仕様や表記ルールを守らない

Webライティングの仕事を受注したときは、記事概要と一緒に仕様書や表記ルールも送られてくるのが一般的です。

  • 記事タイトルや構成
  • 主なターゲット
  • 記事を掲載するサイト
  • 漢字・ひらがなの使い分け

などが記載されているため、送られてきた資料には必ず目を通さなければなりません。

資料を理解せずに記事を書くと修正を依頼され、最悪の場合、最初から書き直しになる可能性もあります。

修正が多いと、効率的に稼げませんよね。

仕様や表記ルールを守ってくれるWebライターはクライアントに重宝されるので、記事を書き始める前にしっかりと理解しておきましょう。

***

私が記事の発注やチェックの仕事をしていた頃は、残念ながら、仕様や表記ルールを守れない人にも何度か出会いました。

もちろん、初めて記事を依頼する人であれば、多少のミスはあるでしょう。

しかし、「まったく仕様書を読んでいないのでは…」と思ってしまう記事が多いのも事実です。

指摘して修正してくれる場合もありますが、次の記事では、また同じミスを繰り返す人もいます。

「私の指示や仕様書がわかりにくいのかな?」とも思ったのですが、他の人はしっかりと書いてくれていたので、やはりその人の問題だなと思い、それ以降の発注は中止しました。

発注者としては、ダメなWebライターを教育していくよりも、他のWebライターへ依頼したほうが効率的だからです。

Webライターの数は多いため、とくにクラウドソーシングサイトで仕事を受注している場合は、簡単にクビになってしまいます。

  • 稼げない
  • 仕事を継続してもらえない

と悩んでいるなら、仕様書の理解を心がけてみましょう。

2.無駄な文章を書いて文字数稼ぎをしている

Webライティングの報酬は、

  • (1)1記事◯円
  • (2)文字単価 × 実際の執筆文字数

など、さまざまな方法で計算されます。

(2)の場合、多くの報酬をもらおうとして文字数稼ぎをすると、クライアントに嫌われる可能性が高いでしょう。

クライアントには決められた予算があるからです。

下表のとおり、指定された文字数の1割オーバー程度を目安に書きましょう。

指定文字数限界文字数
1,0001,100
2,0002,200
3,0003,300
4,0004,400
5,0005,500

***

  • SEO効果が高いから長文でもOK
  • 役立つ情報なら長文でもOK

といった考え方も、もちろんあります。

実際、

  • 個人のクライアント
  • オウンドメディアを運営している企業

から仕事を受ける場合は、指定文字数より多くても、質の高い記事であれば喜んでもらえるケースもあるでしょう。

クオリティが高く、文字数の多い記事は、多くのアクセスを集める大切な資産になるからです。

ただし、記事制作を代行する会社から仕事を受ける場合、文字数オーバーには注意しましょう。

その理由は以下の2つ。

  • 記事制作代行会社の利益が減ってしまう
  • よい記事でもエンドクライアントへ納品するため自社の資産にならない

記事制作代行会社の利益は、以下のように計算されます。

エンドクライアントから受け取る報酬 Webライターへ支払う費用

エンドクライアントからの報酬は定額である場合が多いため、Webライターへの支払いが増えると利益が減ってしまうのです。

「それでも長文でよい記事を書くべきだ!」という意見もあるでしょう。

ただ、私も過剰に文字数オーバーした記事をたくさん見てきましたが、残念ながら、文字数稼ぎをする人の多くは、十分なSEOの知識やライティングスキルを身につけていません。

  • 文字数削減を依頼する
  • 最悪の場合は依頼を中止する

といった結果になるケースも多いため、適切な文字数で書くことを意識しましょう。

3.納期を守らない

当たり前ですが、納期を守らないWebライターに発注しよう思うクライアントはいません。

Webライターが記事を納品した後に、

  • 編集
  • 校正
  • 投稿

といった作業を行う場合も多いため、納期は自分だけの問題ではないのです。

さらに、記事制作代行会社の場合は、エンドクライアントへの納期があるため、Webライターからの納品が遅れるとかなり困ります。

個人で活動するWebライターは、誰かに助けてもらうことも難しいでしょう。

  • 余裕をもって作業をする
  • 遅れそうな場合は早めに連絡する
  • 無理な仕事は受けない

といった対策も大切です。

4.オリジナリティを出そうとしすぎている

「クライアントはオリジナリティを求めている」というのはよくある誤解です。

クライアントにもよりますが、

  • 仕様に合っていること
  • サイトのテイストに合っていること

などが、オリジナリティよりも優先されます。

とくに、

  • サイトはやさしい雰囲気なのに過激な意見を書く
  • 主観的すぎる文章を書く

といった場合は、オリジナリティを出しても評価してもらえません。

もちろん、オリジナリティが評価される場合もありますが、それは基本ができている場合のみです。

稼げなくて悩んでいるなら、

  • オリジナリティよりも無難な文章を書く
  • 当たり前のことをわかりやすく説明する

といったところからスタートするとよいでしょう。

自由に書きたいのであれば、自分のブログを作ってアフィリエイトで稼ぐなどの方法がおすすめです。

5.スキルアップする意欲がない

誰でも簡単にWebライターになれるため、ライバルも多く存在します。

他のWebライターに仕事を奪われないよう、

  • Webライティングの参考書を読む
  • 人気の記事を読んで参考にする

など、常にスキルアップすることを心がけましょう。

クライアントからの修正依頼や指摘を素直に受け入れ、次の記事に活かすことも大切です。

最初はミスが多くても、少しずつ改善してくれるWebライターであれば、

  • 継続して発注したい
  • 単価アップを検討してもよい

などとクライアントが考えてくれるでしょう。

稼げないWebライターが理解すべきクライアント心理

クライアントの心理を理解しておくと、圧倒的に稼ぎやすくなります。

  • 継続案件の受注
  • 単価アップ交渉

などもうまく進むでしょう。

ここでは3つのポイントで解説するので、ぜひ参考にしてください。

意識すべきことは「おもてなし」です!

1.クライアントは効率的に記事を作成したい

一般的には、効率的に記事を作成したいと考えるクライアントが多いでしょう。

  • できるだけ費用をかけずに記事を量産したい
  • 記事数を増やしてサイトのドメインパワーを高めたい
  • アクセス数を増やして商品やサービスを売りたい
  • 利益を上げたい

といったことがクライアントの本音です。

そのために、多数の在宅ライターやフリーランスWebライターに発注しているのです。

せっかく費用をかけて記事を発注しても、

  • 仕様が間違っている
  • 誤字脱字が多い
  • サイトの目的やテイストに合っていない

といった状態だと修正や差し戻しの手間が増えるため、クライアントとしては嬉しくありません。

Webライターとしては、仕様や指示内容をしっかりと理解して、その手間をできる限り減らしてあげることが大切です。

とくに、サイトの目的は十分に理解しておかなければなりません。目的を間違うと大きな修正につながってしまい、Webライターにとっても痛手となるからです。

たとえば、企業のオウンドメディアの場合は、商品やサービスの契約につなげることが目的であるケースが多いでしょう。

当然、

  • 別の企業の商品やサービスを紹介する
  • 自力でがんばることをおすすめする

といった記事を書くと、サイトの目的に反しますよね。

これは極端な例ですが、サイトの目的を間違うことは意外と多いため、しっかりと確認しておきましょう。

2.面倒なやりとりを減らしたい

クライアントは効率的に記事を作成したいと考えているため、当然、無駄なメールや電話なども避けたいと思っています。

もちろん、ライティングするうえで不明な部分は質問すべきですが、

  • 仕様書を読み込まずに質問する
  • 自分で考えずにすぐに聞く

といったことはNGです。

まずは送られてきた仕様書やメール内容などをよく確認し、それでも理解できない部分を丁寧に質問しましょう。

単価アップの交渉もクライアントが面倒に感じるやりとりのひとつです。

Webライターとして稼ぐためには、単価アップの交渉が欠かせません。このサイトでも、単価アップ交渉の重要性は何度か記載しています。

しかし、クライアントはできるだけ安く記事を作成したいと考えているので、単価アップ交渉はできれば避けたいのです。

クライアントは、単価アップ交渉をされると、

  • 上司にも確認しないといけないから面倒
  • そこまで文章力もないから単価アップしたくない
  • 他の安いライターに依頼しようかな

などと考えることもあります。

とくに、ライティングスキルが低いのに単価アップ交渉をすると、発注をストップされたり減らされたりする可能性もあるため注意が必要です。

3.「中の人」の意識で書いてほしい

Webライターは、クライアントの企業に所属していないケースが多いでしょう。

しかし、ライティングする際は、クライアント企業の「中の人」という意識で書くことが大切です。

クライアントはその業界のプロですので、当然、サイトに掲載する記事もプロ目線で書かなければなりません。

  • 〜と思います
  • 〜かもしれません

といった表現ばかりだと、プロとしての説得力がありませんよね。

Webライターはその道のプロではないケースも多いので、ついつい断定を避けたり控えめに表現したりしがちです。

しかし、表現方法が違うとクライアントの手間が増えてしまうため、サイトの既存記事を読んでテイストを確認してから書くようにしましょう。

稼げないWebライターはもう卒業!稼げるライターになる3ステップ

ここまで紹介した稼げないWebライターの特徴は簡単に改善できるため、すぐに対応しておきましょう。

さらに稼げるライターになるためには、

  1. 複数のクラウドソーシングサイトに登録しておく
  2. 常にWebライティングの勉強をする
  3. クライアントとの関係を強化して単価アップ交渉をする

といったことが大切です。

順番に詳しく見ていきましょう。

1.複数のクラウドソーシングサイトに登録しておく

1つのクラウドソーシングサイトだけを利用している人も多いかもしれませんが、よいクライアントとの出会いがあるまでは複数サイトに登録しておくのがおすすめです。

有名どころである、以下の3サイトには必ず登録しておきましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

特定のサイトでのみ仕事を発注しているクライアントも多いため、複数サイトに登録することで出会いの可能性を増やすことが大切です。

2.常にWebライティングの勉強をする

Webライターとして稼ぐためには、常に勉強してスキルアップすることが重要です。

ライバルも多いため、油断するとすぐに差をつけられ、仕事を奪われてしまいます。

たくさんの文章を書くことが上達への近道ですので、クラウドソーシングサイトでさまざまな案件に挑戦してみましょう。

仕事をしながら、

  • Webライティングの参考書を読む
  • オンラインサービスを利用して勉強する
  • クライアントからのフィードバックを参考にする

といった方法で勉強するのがおすすめです。

Webライティングの勉強方法は以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

3.クライアントとの関係を強化して単価アップ交渉をする

よいクライアントに出会ったら、関係を強化して単価アップ交渉をしていきましょう。

ただし、稼げないライターの特徴である以下の項目に当てはまっていると、交渉に応じてもらえません。

  • クライアントの仕様や表記ルールを守らない
  • 無駄な文章を書いて文字数稼ぎをしている
  • 納期を守らない
  • オリジナリティを出そうとしすぎている
  • スキルアップする意欲がない

Webライターとしては守って当たり前の内容ばかりですので、まずは改善してから単価アップの交渉をしましょう。

できることから改善して稼げるWebライターになろう

稼げるWebライターになるためには、すぐに行動することが大切です。

クラウドソーシングサイトへの無料登録くらいはすぐに済ませておきましょう。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

動き始めないとモチベーションは上がりません。

Webライターの始め方を3ステップで現役ライターが解説

Webライターは、

  • 副業を始めたい
  • フリーランスとして独立したい

といった人におすすめの仕事です。

経験や資格は不要!

もちろん、ある程度の勉強は必要ですが、誰でも簡単に始められます。

この記事では、現役ライターの私がWebライターの始め方を3ステップで解説します。

  • 実際に勉強に使った参考書
  • SEO会社での経験
  • このサイトを運営して感じたこと

などに基づいて解説しますので、ぜひチェックしてください。

1.Webライティングの基礎的な知識を習得する

Webライターとして活動を始めるためには、

  • 日本語や文章構成
  • SEOライティング

などに関する基礎知識を習得する必要があります。

ただし、一気にすべての知識やスキルをマスターする必要はありません。

実際に文章を書いたり、仕事を受注したりしなければ、本格的なスキルは身につかないので、まずは最低限の知識だけを習得しておきましょう。

その後、少しずつスキルアップしていけばOKです。

ここでは、Webライティングに関する基礎知識を習得するための3つの方法を紹介します。

「すでに習得済み!」という人は、読み飛ばしてステップ2へ進んでください。

1-1.Webライティングに関する本を読む

Webライティングに関する本はたくさんありすぎて、どれを読むべきか悩むことも多いでしょう。

そこでこの項目では、Webライターの必須スキルである、

  • 基本的な文章構成力
  • Webメディアの特性に合わせた文章力
  • SEOを意識したライティング力

を学べる本を1冊ずつ紹介します。

どの本もわかりやすいので、ぜひ読んでみてください。

沈黙のWebライティング

Webライティングを始めるなら最初に読んでおきたい参考書です。

  • Webライティングの全体像を把握できる
  • SEOに強い文章の特徴を理解できる
  • ストーリー形式のためサクサクと読める

といったメリットがあります。

10年つかえるSEOの基本

Webライターとして活躍するためには、SEOに関する知識が欠かせません。

SEOの知識がなければ、文字単価の高い仕事は受注できませんし、自分のサイトを作っても上位表示を獲得できないでしょう。

  • SEOの概要
  • 検索エンジンの仕組み

などがわからない人は、『10年つかえるSEOの基本』を読んでおくのがおすすめです。

キャラクターの対談形式で丁寧に解説されているため、知識ゼロからでもSEOの本質を理解できるでしょう。

新しい文章力の教室

文章力に不安がある人には、この本がおすすめです。

  • 情報をわかりやすく整理するコツ
  • 伝わりやすい文章構成のテクニック

などを学べます。

流し読みしておくだけでも、スムーズに文章を書けるようになるでしょう。

***

ここでは、Webライティング初心者におすすめな3冊を簡単に紹介しました。

他にもおすすめの本が知りたい人は、以下の記事をチェックしてみてください。

1-2.Webライティングが学べるオンラインサービスを利用する

といったオンラインサービスを利用して、Webライティングを勉強するのもおすすめです。

オンラインサービスのメリットは以下のとおり。

オンラインサービスのメリット
・スクールに通うよりは安い費用でスキルアップできる
・オンラインで気軽に受講できる
・知りたい内容をピンポイントで学べる

ただし、以下のようなデメリットもあります。

オンラインサービスのデメリット
・本よりは高い費用がかかる
・個人による講座もあるため品質にばらつきがある

本だけで勉強するのが不安という人は、オンラインサービスの利用も検討してみましょう。

1-3.Webライティングをがっつり学びたいならスクールを利用する

Webライティングのスキルを独学で習得できるか不安な人は、スクールを利用してもよいでしょう。

スクールといっても、『ヒューマンアカデミー』のようにオンライン形式やテキスト形式で学べるところも多いため、実際に通学する必要はありません。

以下の記事でおすすめのスクールをまとめていますので、参考にしてみてください。

2.実際にWebライティングの仕事を始めてみる

ある程度のスキルを習得したら、早めに仕事にチャレンジしてみましょう。

いきなり仕事をするのは不安かもしれませんが、実際に文章を書かなければスキルアップはできません。

仕事をしながらも勉強を続け、少しずつ足りない知識やスキルを習得していきましょう。

初心者歓迎の案件も多いので、以下のクラウドソーシングサイトで探すのがおすすめです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

私もWebライターを始めた頃は、クラウドワークスで仕事を受注していました。

たとえば、以下のような案件が見つかります。

気になる案件を見つけたら、応募してみましょう。

3.オリジナルのWebサイトを作る

ステップ2まで完了すれば、Webライターとして活動していけます。

仕事をしながら、

  • 本を読む
  • オンライン学習サイトを利用する
  • クライアントからフィードバックをもらう

などの方法で、少しずつライティングスキルを上げていきましょう。

単価の高い案件に挑戦したり、単価アップの交渉をしたりすることも大切です。

実績やスキルをアピールするために自分のWebサイトを作ろう

条件のよい仕事を獲得するためには、自分の実績やスキルを示す必要がありますが、クライアントに納品した記事を実績としてアピールすることは、あまり許可してもらえません。

勝手に実績としてアピールすると、契約違反となる可能性もあるため注意しましょう。

実績やスキルをアピールするなら、オリジナルのWebサイトを作るのがおすすめです。

オリジナルWebサイトには、以下のようなメリットがあります。

オリジナルWebサイトのメリット
・詳細なプロフィールを記載できる
・文章力やサイト制作スキルをアピールできる
・アフィリエイトや自分の商品販売にもつなげられる

とくに「Webライターとしてバリバリ稼ぎたい!」と考えている人は、必ず自分のWebサイトを作りましょう。

クライアントからの受注だけで稼ぐことには限界があるからです。

私の場合は、当サイト『コノハのフリーランス応援サイト』を作って実績をアピールしていました。

現在は、アフィリエイト収入が増えてきたので、クライアントからの仕事はほとんど受けていません。

Webライターとしてスタートダッシュするための極意

本で勉強したり、クラウドソーシングサイトで仕事を探したりするのが面倒な人は、Webライターのアルバイトをするとよいでしょう。

アルバイトのメリットは以下のとおりです。

Webライターのアルバイトをするメリット
・稼ぎながら学べる
・Webライティングの知識やスキルを効率的に習得できる
・クラウドソーシングサイトで仕事を探す手間が省ける

ある程度スキルアップしてから独立すれば、スムーズに仕事を獲得して稼いでいけるでしょう。

実は私も、SEO会社にて2年ほどWebライティングやコンテンツ企画を学びました。

「学ぶ」なら通勤タイプの会社がおすすめ

Webライターの仕事はリモートワークが主流ですが、「学ぶ」という視点で考えると、通勤するタイプの会社がおすすめです。

通勤にはストレスもありますが、

  • 近くにいるからこそ関係性が深まり教えてもらえることが増える
  • 周囲のスタッフに気軽に質問できる
  • 営業・企画・ライティング・編集・校正といった一連の流れを理解できる

などのメリットもあります。

リモートワークの場合は積極的に質問することが大切

もちろん、リモートワークのアルバイトでもかまいません。

ただし、自分から積極的に質問しないと教えてもらえないケースも多いので注意しましょう。

「記事を書いて終わり」ではなく、自分からフィードバックを求めてみたり、おすすめの参考書を教えてもらったりすることが大切です。

積極的に学ぶ姿勢を見せることで、より多くの内容を教えてもらえるでしょう。

Webライターを始める前に知っておきたい3つのこと

ここでは、Webライターとして稼ぎ続けるために知っておきたいことを紹介します。

Webライターを始める前に、ぜひチェックしておきましょう。

1.フリーランスWebライターはどのくらい稼げる?

フリーランスWebライターの平均年収は約300万円、月収としては約25万円です。

ただ、下のグラフのとおり、働き方やスキルによって年収は大きく異なります。

  • 家事や育児の合間にライティングの仕事をして月10〜20万円稼ぐ人
  • 自分のサイトでアフィリエイトを始めて月100万円以上稼ぐ人

など、さまざまなタイプのWebライターがいます。

自分のスキルや状況に応じて働き方や稼ぎ方を選べることは、Webライターを始めるメリットといえるでしょう。

フリーランスWebライターの年収事情や収入アップのコツについては、以下の記事で詳しく解説しています。

2.Webライターは気軽に始められるがライバルも多い

  • 資格不要
  • 未経験OK

といった案件も多いため、Webライターは大学生や主婦でも簡単に始められます。

しかし、その分ライバルが多いのも事実です。

ライバルに負けないよう、決められた仕様に従って読みやすい文章を書くことはもちろん、

  • 丁寧な連絡を心がける
  • 納期をしっかりと守る
  • 常に勉強してスキルアップする

といったことも意識しましょう。

とくに、クラウドソーシングサイトで仕事を受注する場合は、クライアントとの関係構築がとても重要です。

クライアントは、「質のよい記事を効率的に作成したい!」と考えています。

  • 誤字脱字が多い
  • 仕様を守らない
  • 連絡が雑
  • 納期を守らない

というライターは簡単に切られてしまいます。

教育するより、星の数ほどいる他のライターを探したほうが早いからです。

もちろん、初心者のうちから100点の文章を書く必要はありませんが、

  • 執筆後に読み返して誤字脱字をなくす
  • クライアントごとの表記ルールを確認する

といった当たり前のことは必ず行うようにしましょう。

3.効率的に稼ぐためには継続案件を受注することが大切

少しずつ単価の高い案件に挑戦することは大切ですが、よいクライアントに出会った場合は継続して案件を受注しましょう。

継続案件のメリットとしては、

  • 仕様を把握しているためスムーズに書ける
  • クライアントの好みの文章がわかる
  • 単価アップの交渉をしやすい

といったことが挙げられます。

仕事に応募するためのメッセージを考える手間も省けるため、クライアントとよい関係を構築していきましょう。

Webライターを始める3つのメリット

Webライターを始めることには、次のようなメリットがあります。

  1. 気軽に始められて隙間時間を有効活用できる
  2. 文章力を鍛えれば他の場面でも役立つ
  3. 努力すれば月100万円以上稼げる

順番に見ていきましょう。

1.気軽に始められて隙間時間を有効活用できる

気軽に始められることは、Webライターの大きなメリットです。

  • 手軽な副業を始めたい
  • 家事や育児の隙間時間を有効活用したい

といった人にも向いています。

経験や資格がなくても受けられる案件も多いため、ぜひチャレンジしてみましょう。

ただし、前述のとおりライバルも多いため、継続的に勉強することが大切です。

次の記事では、Webライティングの勉強方法を紹介していますので、参考にしてください。

2.文章力を鍛えれば他の場面でも役立つ

Webライティングの仕事を通して文章力を鍛えておけば、

  • ビジネスメール
  • 資料作成

といったさまざまな場面で役立ちます。

Webライティングでは論理的な思考力も鍛えられるので、

  • 物事の説明がうまくなる
  • コミュニケーション能力がアップする

といった効果も期待できるでしょう。

3.努力すれば月100万円以上稼げる

Webライターとしてのスキルを高めていけば、どんどん収入をアップしていけます。

初心者の頃は、文字単価1円で3,000文字の記事を書いて1日3,000円稼ぐ程度かもしれません。

しかし、SEOなどの専門知識を習得すれば、文字単価3円で3,000文字の記事を書いて1日9,000円稼ぐことも可能です。

さらに、オリジナルのWebサイトを作ってアフィリエイトを始めたり、自分の商品を売ったりすれば、月100万円稼ぐことも夢ではありません。

もちろん、すべての人が月100万円稼ぐことを目指す必要はありませんが、努力すればいくらでも稼げる職業であるといえるでしょう。

Webライターを始めるならクラウドソーシングサイトに登録しておこう!

今回は、Webライターの始め方や、始める際の注意点などを解説しました。

Webライティングに関する勉強をする必要はありますが、未経験でも気軽に始められます。

  • 副業でWebライターをしたい
  • フリーランスのWebライターになりたい

といった人は、まずはクラウドソーシングサイトに登録しておくとよいでしょう。

有名なサイトは以下の3つです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

どのような案件があるのか、イメージをつかむだけでも意味があります。

実際に仕事をすることが上達の近道ですので、気になる案件があったら早めにチャレンジしてみるのもおすすめです。

Webライティングを学べるスクール10選

この記事では、

  • 初心者からWebライターを目指したい
  • クライアントから依頼が殺到するWebライターになりたい
  • Webライティングを学んで自分のサイトを作りたい

といった人向けに、おすすめのスクールを紹介します。

現役Webライターの私が厳選して紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Webライティングを学べるスクール一覧!選び方のポイントも紹介

スクール名料金期間学び方
ヒューマンアカデミー
(Webライティングコース)
32,000円〜6ヶ月テキスト
Udemy1,200円〜1日〜オンライン
ストアカ500円〜1日〜オンライン・通学
宣伝会議
(Webライティング実践講座)
79,000円2日通学
School×Work165,000円8〜10ヶ月オンライン
日本おうちワーク協会
(WEBライターdeおうちワーク講座)
29,800円1〜3ヶ月オンライン
ライターカレッジ
(実践Webライター講座初級コース)
24,800円1〜3ヶ月オンライン
副業の学校
(WEBライター講座)
59,800円
(+月額1,980円)
無制限オンライン
フラウネッツ
(Webライターオンライン講座)
20,000円3ヶ月オンライン
ユーキャン
(国語の常識講座)
29,000円〜6ヶ月テキスト

Webライティングを極めたいのなら、以下の2つを学べるスクールを選ぶことが重要です。

  • 日本語や文章構成の基礎
  • SEOに強いライティング術

すべての知識を網羅的に学びたい人は『ヒューマンアカデミー(Webライティングコース)』がおすすめです。

自分の苦手な部分だけを集中的に学びたい人は、

などで好きなコースを選ぶとよいでしょう。

以下、各スクールの特徴について紹介していきます。

ヒューマンアカデミー(Webライティングコース)

学び方テキスト
料金32,000円〜
期間6ヶ月

ヒューマンアカデミー』は、副業を始めたい人や在宅ワークで稼ぎたい人におすすめのスクールです。

テキストを使って学ぶスタイルのため、自分のペースで学習できます。不明点は講師に質問できるため、初心者でも安心です。

Webライターとして活躍するために必要な、

  • 日本語や文章構成の基礎
  • オリジナリティの高い記事を書くための発想力
  • SEOに強いライティング術

などが身につくでしょう。

目安の学習期間は6ヶ月(約30時間)ですが、休日などに集中して進めれば1ヶ月程度で学び終えることも可能です。

『ヒューマンアカデミー』のおすすめポイント
・日本語の基礎からSEOまで網羅的に学べる
・在宅ワークや副業をスタートするためのサポートを受けられる
・プロの講師に何度でもメールで質問できる

▼公式サイトはこちら

Udemy

学び方オンライン
料金1,200円〜
期間1日〜

Udemy』は、さまざまなジャンルのスキルや知識を習得できるオンラインの学習サイトです。

Webライティングだけではなく、プログラミングや動画編集など、100,000以上の講座が公開されています。

Webライティングについては、以下のような講座があります。

  • WEBライティングで稼げるようになる!ゼロから始めるライティング講座|在宅副業&脱サラを目指すコース(24,000円)
  • エモーショナルSEOライティング講座|心を動かす文章術(24,000円)
  • 1秒1文字!悩まず書ける ノンストップライティング(5,400円)

他にも多数の講座があるため、公式サイトにて検索してみてください。

基本的にはオンラインで動画を見て学習していきます。講座によって料金は異なりますが、一度支払っておけば何度でも繰り返し動画を見ることが可能です。

気軽に学べる学習サイトではありますが、個人が公開している講座であるため、公式サイトで各講座の口コミを確認してから受講しましょう。

『Udemy』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・30日間の返金保証もついている
・繰り返し動画を見て学習できる

▼公式サイトはこちら

ストアカ

学び方オンライン・通学
料金500円〜
期間1日〜

ストアカ』は、日本最大級のスキルシェアサービスです。

Webライティングに関連する講座も充実しており、以下のようなものがあります。

  • 【オンライン】1時間で基礎を掴む!初心者向けWEBライティング講座(7,000円)
  • セールスライティングの法則が分かる!実戦ライティングスキル養成講座(4,500円)
  • 在宅副業で月3万稼ぐ!WEBライター副収入の作り方【勉強法も紹介】(3,900円)

幅広い講座があるため、必要なスキルをピンポイントで学習できます。

1時間単位で気軽に受講できるコースが多いことも、メリットといえるでしょう。

『ストアカ』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・短時間で学習できる講座が多い
・SEOやWebデザインなどの講座もある

▼公式サイトはこちら

宣伝会議(Webライティング実践講座)

学び方通学
所在地東京(南青山)
料金79,000円
期間2日

雑誌や書籍の出版社である『宣伝会議』によるライティング講座です。

2日間の集中講義で、

  • Web集客スキル
  • 検索エンジン対応の基礎
  • 記事タイトルや文章作成のノウハウ
  • ライティング前の情報収集と整理のコツ

などを習得できます。

現役のコピーライターや編集者が講師を務めるため、現場で役立つスキルが身につくでしょう。

『宣伝会議』のおすすめポイント
・短期間で実践的なスキルが身につく
・ワークショップを通して考える力が鍛えられる
・通学制のため仲間を作りやすい

School×Work

学び方オンライン
料金165,000円
期間8〜10ヶ月

『School×Work』は、

  • Webライティングの基礎知識
  • Webライターとしての仕事体験

をセットで提供してくれるオンライン講座です。

具体的なカリキュラムは以下のとおり。

  • わかりやすい文章を書くテクニック
  • 情報収集の注意点
  • SEOを意識したライティング
  • 文章作成の流れ

Webライターに必要な知識を網羅的に習得できます。

カリキュラム修了後に、報酬が発生する仕事を発注してもらえるのが大きな特徴です。

『School×Work』のおすすめポイント
・プロのWebライターによるマンツーマン指導を受けられる
・卒業制作を実績としてアピールできる
・Webライターとしての仕事のイメージがつかめる

日本おうちワーク協会(WEBライターdeおうちワーク講座)

学び方オンライン
料金29,800円
期間1〜3ヶ月

ライティングや動画編集といった在宅ワークをサポートしている『日本おうちワーク協会』による講座です。

この講座では、

  • 文章の基礎知識
  • SEOライティング
  • WordPressの使い方

など、Webライターとして必須のスキルを習得できます。

プロによる添削やアドバイスを受けられるので、

  • ライティングに関するスキルも経験もない
  • 読書感想文くらいしか書いたことがない

という人でも安心です。

『日本おうちワーク協会』のおすすめポイント
・協会の認定資格を取得できる
・初心者からでも始めやすい
・仕事の受注をサポートしてもらえる

ライターカレッジ(実践Webライター講座初級コース)

学び方オンライン
料金24,800円
期間1〜3ヶ月

『ライターカレッジ』は、知識ゼロからWebライティングの基礎的スキルを習得できる初心者向けの講座です。

  • Webライティングについて何から勉強したらよいかわからない
  • ブログやアフィリエイトを始めたい

といった人におすすめです。

4つの課題を通して、

  • Webライター思考
  • 基本の文章構成パターン
  • 魅力的なキャッチコピーの作り方

などを学んでいきます。

『ライターカレッジ』のおすすめポイント
・丁寧な添削と具体的なアドバイスを受けられる
・プロのWebライターに質問できる
・オリジナルの文章を書くスキルが身につく

副業の学校(WEBライター講座)

学び方オンライン
料金59,800円
(+月額1,980円)
期間無制限

副業の学校』は、

  • Webライティング
  • アフィリエイト
  • 動画編集
  • Webデザイン

など、さまざまな副業スキルを学べるオンラインスクールです。

WEBライター講座では、以下のように基礎知識から実践的スキルまで幅広い内容を学べます。

  • Webライティングの基礎
  • Webライターとしての心構え
  • クラウドソーシングサイトの使い方
  • 収入を伸ばす方法

講義を受けるだけでなく、練習問題を通して理解を深められるでしょう。

『副業の学校』のおすすめポイント
・SEOライティングのスキルが身につく
・収益化するまでの流れが理解できる
・クライアントの要望に合わせた記事の書き方がわかる

▼公式サイトはこちら

フラウネッツ(Webライターオンライン講座)

学び方オンライン
料金20,000円
期間3ヶ月

これからWebライターを目指したい、という初心者向きの講座です。

全12回の講座を通して、

  • 読者に伝わる文章の書き方
  • 企画や情報収集の方法
  • 文章を要約する方法

などを学びます。

1講座は30分程度のため、文章が苦手という人でも無理なく受講できるでしょう。

『フラウネッツ』のおすすめポイント
・まずは読みやすい文章に触れるところからスタートできる
・自分のペースで勉強できる
・取材記事やコラムの執筆スキルが身につく

ユーキャン(国語の常識講座)

学び方オンライン
料金29,000円〜
期間6ヶ月

Webライティングの前に、日本語をしっかりと学びたい人におすすめの講座です。

標準学習期間である約6ヶ月で、

  • 豊かな語彙力
  • 文法の基礎
  • 伝わる文章表現

といったスキルが身につきます。

あまりにも日本語に自信がない人は、受講してみましょう。

『ユーキャン』のおすすめポイント
・添削指導を受けられる
・国語の総合力がアップする
・普段のコミュニケーションにも役立つ

自分の目的に合ったWebライティングスクールを選ぼう!

今回は、Webライティングを学べるスクールを紹介しました。

たくさんのスクールが存在しているため、自分の目的に合ったスクールを選ぶことが大切です。

Webライティングに関する知識を幅広く学びたい人は『ヒューマンアカデミー(Webライティングコース)』がおすすめです。

自分の知りたい部分だけを集中的に学びたい人は、

などで目的に合うコースを探してみるとよいでしょう。

また、スクール以外の勉強方法を知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

Web系フリーランスにおすすめのスクールについては、下記の記事でも紹介しています。

Webライティングを学べる本10冊!現役ライターが厳選

Webライティングに関する本は数多く発売されているため、どれを選べばよいか迷うことも多いでしょう。

そこでこの記事では、現役Webライターである私が厳選した本を10冊紹介します。

効率的に学べるようレベル別に紹介しますので、自分の状況に合わせて選んでみてくだくさい。

Webライティングを学べる本一覧

タイトルレベル価格(kindle版)
沈黙のWebライティング初級1,980円
シンプルに書く!初級1,121円
新しい文章力の教室初級1,168円
10年つかえるSEOの基本初級1,547円
人を操る禁断の文章術中級1,386円
SEOに強い Webライティング中級〜上級2,069円
最新SEO完全対策・成功の指南書中級〜上級1,881円
読みたいことを、書けばいい。番外1,336円
インターネット的番外594円
あなたの話はなぜ「通じない」のか番外495円

WebライティングやSEOについて何も知らないという人は、

の2冊からスタートするのがおすすめです。

以下、それぞれの本について順番に紹介していきますので、参考にしてください。

Webライティングを学べる参考書【初級】

まずは初心者におすすめな本を紹介します。

  • Webライティング
  • 日本語
  • SEO

の基礎を知っておけば後の学習が楽になりますので、ぜひ読んでみてください。

沈黙のWebライティング

著者松尾茂起
レベル初級
価格(kindle版)1,980円
ページ数634ページ

『沈黙のWebライティング』は、SEOに強い文章や集客できる文章の書き方を教えてくれる初心者向けの本。

この本でWebライティングの全体像を把握できますので、最初に読む参考書としておすすめです。

  • 読みやすい文章を書く方法が知りたい
  • Webサイトの成果を上げて稼ぎたい
  • 検索上位を獲得できる記事が書きたい

という人はぜひ読んでおきましょう。

ストーリー形式で解説してくれるため、本を読むのが苦手な人でも挫折せず最後まで読み進められます。

私もWebライティングを始めたばかりの頃に読みましたが、とてもわかりやすく、SEOやコンテンツマーケティングの本質を理解できました。

『沈黙のWebライティング』のおすすめポイント
・Webライティング初心者が知っておくべき知識が網羅的に解説されている
・SEOやコンテンツマーケティングの本質を理解できる
・サクサク読み進められる

シンプルに書く!

著者阿部紘久
レベル初級
価格(kindle版)1,121円
ページ数208ページ

タイトルのとおり、シンプルな文章を書く方法を教えてくれる本です。

Webライティングにおいては、ダラダラとした説明を避け、結論をわかりやすく示すことが求められます。

Web上の記事は基本的に無料で読めるため、サクサク読める文章で読者をひきつけなければすぐに離脱されてしまうからです。

  • 物事を説明するのが苦手
  • 相手に話が伝わらない

という人は読んでみるとよいでしょう。

『シンプルに書く!』のおすすめポイント
・日本語の基礎を理解できる
・説得力のある文章の書き方を学べる
・ビジネスやアフィリエイトにも役立つ

新しい文章力の教室

著者唐木元
レベル初級
価格(kindle版)1,168円
ページ数208ページ

ポップカルチャーのニュースサイト『ナタリー』を運営する著者が、

  • 日本語の基本
  • 情報を整理する方法
  • わかりやすい文章構成のコツ

を教えてくれる一冊です。

Webメディアの編集長としての経験や、初心者ライターを指導した経験をもとに、論理的な文章の書き方を教えてくれます。

軽く読んでおくだけでも、スピーディーに文章を書けるようになるでしょう。

『新しい文章力の教室』のおすすめポイント
・文章構成力や論理的思考力がアップする
・スピーディーな記事作成に役立つ
・日本語の基礎を理解できる

10年つかえるSEOの基本

著者土居健太郎
レベル初級
価格(kindle版)1,547円
ページ数180ページ

Webライティング を極めるためには、日本語力だけでなく、SEOに関する知識が欠かせません。

とはいえ、

  • 難しそうだから勉強する気にならない
  • SEOのどの部分から勉強すればよいかわからない

という人も多いでしょう。

この本は、一番最初に読むべきSEOの教科書といえます。

初心者向けではありますが、

  • 検索エンジンの仕組み
  • 検索キーワードの概念

というSEOにおける超重要な要素をしっかりと学べます。

『10年つかえるSEOの基本』のおすすめポイント
・知識ゼロからでも理解しやすい
・キャラクターによる対談形式のため読みやすい
・すぐに使えなくなるテクニック論ではなくSEOの本質を理解できる

Webライティングを学べる参考書【中級・上級】

次に、中級〜上級者向けにおすすめの本を紹介します。

ある程度、WebライティングやSEOについて理解している人は、こちらを参考にしてください。

人を操る禁断の文章術

著者メンタリストDaiGo
レベル中級
価格(kindle版)1,386円
ページ数177ページ

人の心を読んで操る技術「メンタリズム」を使った文章術を紹介してくれる本です。

誰にでも理解でき、すぐに使えるように解説されているため、心理学などの特別な知識は必要ありません。

Webライティングに特化した本ではありませんが、アフィリエイトや商品ページの作成にも役立つでしょう。

  • 人を操るための「書かない」3原則
  • 人を動かす7つのトリガー
  • すぐに使える5つのテクニック

といった構成でまとまっています。

『人を操る禁断の文章術』のおすすめポイント
・人を動かす文章術が身につく
・売れる説明文の書き方がわかる
・Webライティング以外の場面でも役立つ

SEOに強い Webライティング

著者ふくだたみこ
レベル中級〜上級
価格(kindle版)2,069円
ページ数296ページ

『SEOに強い Webライティング』は、アクセス数を増やして効率的に稼ぐためのWebライティング手法を解説してくれる本です。

  • 集客力のあるWebサイト構築の方法
  • 人をひきつけるキャッチコピーの作り方
  • 人を動かすエモーショナルライティング

など、成約率をアップさせるためのノウハウが凝縮されています。

  • アクセス数をアップさせたい
  • アフィリエイトで稼ぎたい

といった人は、ぜひ読んでみてください。

『SEOに強い Webライティング』のおすすめポイント
・SEOとWebライティングをまとめて学べる
・稼ぐための近道がわかる
・すぐに使えるテクニックが習得できる

最新SEO完全対策・成功の指南書

著者山口耕平、徳井ちひろ
レベル中級〜上級
価格(kindle版)1,881円
ページ数224ページ

SEOを極めるなら、この本がおすすめです。

  • 検索エンジンの仕組み
  • サイトの分析方法
  • 内部リンクの最適化
  • ビッグキーワードで上位表示を獲得する方法

など、SEOに関する知識を網羅的に習得できます。

ペナルティを避けつつ、サイトの上位表示を目指したい人には、とくにおすすめです。

『最新SEO完全対策・成功の指南書』のおすすめポイント
・SEOの基礎から応用まで幅広く学べる
・ペナルティを受けないテクニックを習得できる
・SEOの未来がわかる

Webライティングを学べる参考書【番外】

ここからは番外編として、書くことや伝えることの本質について考えさせられる本を紹介します。

Webライティングのテクニック的な内容ではありませんが、個人的にはとてもおすすめな本ばかりなので、暇なときにでも読んでみてください。

読みたいことを、書けばいい。

著者田中泰延
レベル番外
価格(kindle版)1,336円
ページ数203ページ

株式会社電通にて24年間、コピーライターやCMプランナーとして活躍してきた著者による文章術の本です。

たくさんの情報やテクニックを仕入れすぎて、何をどう書けばよいのか、わからなくなったときに読みたい一冊。

SEOの基本のひとつである「ターゲットの想定」などをする必要はなく、自分が読みたいことを書くべきだ、ということがこの本の主張です。

意外な主張ですが、自分のために書いた文章からは熱量が感じられるため、結果的に人をひきつけるケースもあります。

  • せっかく書いたのに誰にも読んでもらえない
  • どうしても冷たい文章になってしまう
  • 効率を追い求めるのに疲れてしまった

という人は、ぜひ読んでみてください。

『読みたいことを、書けばいい。』のおすすめポイント
・書くことの本質を考えさせられる
・文章についての新しい視点が得られる
・ユーモアのある文章で読みやすい

インターネット的

著者糸井重里
レベル番外
価格(kindle版)594円
ページ数206ページ

コピーライターであり、Webサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』を運営する著者による、インターネットの本質論が凝縮された本。

  • 「消費者」という人はいない
  • 多様な人格が点滅する
  • お客様は神様じゃない

など、インターネットを活用して稼ぐうえで考えておきたいことがたくさん語られています。

発刊から10年以上経っているにも関わらず高い評価を得ている、普遍的な参考書です。

『インターネット的』のおすすめポイント
・インターネットの本質を考えさせられる
・クリエイティブな視点が身につく
・ユニークな発想で楽しく読み進められる

あなたの話はなぜ「通じない」のか

著者山田ズーニー
レベル番外
価格(kindle版)495円
ページ数249ページ

ベネッセコーポレーションの進研ゼミ小論文編集長として、高校生の考える力や書く力の育成をしてきた著者による、コミュニケーション論の本。

文章を書くことの根底にある、コミュニケーションや伝えることの本質について考えさせられる一冊です。

  • 説明するのが苦手
  • 相手に理解してもらえない

という人は、ぜひ読んでみてください。

『あなたの話はなぜ「通じない」のか』のおすすめポイント
・伝えることの本質を考えさせられる
・人を説得するのがうまくなる
・普段のコミュニケーションにも役立つ

Webライティングを極めるなら本を読むだけでなく書くことも忘れずに!

今回は、Webライティングを効率的に学ぶための本を紹介しました。

本を読んでテクニックを知ることは大切ですが、文章は書かないと上達しないため、手を動かすことを忘れないようにしましょう。

Webライティングの勉強方法については下記の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Webライティングを効率的に勉強するための5つの方法

Webライティングを勉強して、

  • フリーランスWebライターとして活躍したい
  • 自分のサイトを作って稼ぎたい

という人も多いでしょう。

Webライティングを勉強するときは、通常のライティングとは異なることを理解して、効率的に学習することが大切です。

この記事では、Webライティングを極めるために勉強すべきことや、効率的な勉強方法について解説します。

Webライティングを極めるために勉強すべき3つのこと

Webライターとして活躍するためには、次の3つのスキルを習得する必要があります。

  1. 基本的な日本語力
  2. Webメディアの特性に合わせた文章力
  3. SEOを意識したライティング力

これらのスキルを習得することで、高額案件受注や単価アップにつながるでしょう。

オリジナルサイトを作れば、年収1,000万円超えも夢ではありません。

それぞれのスキルについて、順番に見ていきましょう。

1.基本的な日本語力

当然ですが、Webライティングをするためには、

  • 主語と述語の関係
  • 漢字とひらがなの使い分け
  • 論理的な文章展開

など、日本語の基礎をしっかりと理解しておくことが必要です。

私たちは、文章を書くという教育をほとんど受けてこなかったため、やってみると意外と書けないことも多いでしょう。

文章を書く機会を積極的につくりながら、本やスクールで勉強することが大切です。

2.Webメディアの特性に合わせた文章力

Webメディアの大きな特徴は、基本的には読者が無料で読めることです。

気軽に読んでもらえるというメリットもありますが、お金を払っていないため、気軽に読むのをやめられるというデメリットもあります。

読者が途中で離脱すると、

  • せっかく役立つ情報を書いても読んでもらえない
  • Googleの評価も下がる

という結果につながるため、読者を飽きさせず、最後まで読んでもらえるような文章力を身につけることが大切です。

また、クライアントから仕事を受ける場合、メディアごとの特性や目的を理解する必要があります。

Webメディアには、

  • 自社の商品やサービスを売る
  • アフィリエイト収入を得る

など、それぞれの目的があるため、それを達成できるような文章を書かなければなりません。

文体に指定がある場合も多いので、既存記事や仕様書を読み解くスキルも必要です。

3.SEOを意識したライティング力

Web上には膨大な量の情報があるため、ただ記事を公開するだけでは埋もれてしまい、読者に読んでもらえる可能性はほとんどありません。

自分が書いた記事を多くの人に読んでもらうためには、SEO対策により検索順位を上げることが必要です。

とくに、

  • 検索キーワード
  • 検索ニーズ
  • タイトル設定
  • 見出し構成

などについては、しっかりと理解しておきましょう。

クライアントからSEOを意識したライティングを求められるケースもあります。

Webライティングを効率的にマスターするための5つの勉強方法

Webライティングを効率的にマスターするためには、次の5つの方法を組み合わせるのがおすすめです。

  1. 本を読んで学ぶ
  2. ライティングのアルバイトをする
  3. スクールに通う
  4. オンラインの学習サイトを利用する
  5. クラウドワークスなどで仕事をする

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

1.本を読んで学ぶ

独学が得意なら、本を読んで学ぶのがおすすめです。

ただし、文章は書かないと上達しないため、本を読みつつ書くことも忘れないようにしましょう。

ここでは、初心者にもおすすめの本を2冊紹介しておきます。

沈黙のWebライティング

  • わかりやすい文章を書く方法が知りたい
  • 検索上位を獲得できる記事が書きたい
  • Webサイトの成果を上げて稼ぎたい

といった人におすすめの本です。

漫画形式で解説してくれるため、文章を読むのが苦手な人でも挫折せず最後まで読み進められるでしょう。

10年つかえるSEOの基本

SEOや検索エンジンの仕組みの基礎を学べる一冊です。

SEOについて、小手先のテクニック的なことだけを知っていてもあまり意味はありません。

本質を知っておかなければ、検索エンジンにおいて頻繁に行われるアップデートやルール変更に対応できないからです。

この本を読んで、

  • 検索エンジンが目指していること
  • SEOの本質

をしっかりと理解しておきましょう。

その他のおすすめ本については下記の記事で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

2.ライティングのアルバイトをする

効率よく文章力を上げるためには、自分の書いた文章に対して、第三者からフィードバックをもらうことが重要です。

記事制作会社やSEO会社でライティングのアルバイトをすれば、先輩から日本語や記事構成についてアドバイスしてもらえるため、初心者でもレベルアップしやすいでしょう。

  • SEO担当
  • 企画担当
  • ライター
  • 編集者
  • 校正者
  • 営業

など、さまざまなスタッフがいる会社であれば幅広い知識が身につきます。

内部の人間、近くにいる存在だからこそ教えてもらえることも多いでしょう。

仕事をするだけならクラウドソーシングサイトでも可能ですが、単発の関係になりやすくフィードバックをしてもらえないケースもあります。

私も約3年間、記事制作会社でライティングや企画の仕事をした後、フリーランスWebライターとして独立しました。

在籍中に、Webライティングの基本から仕事の受注方法まで幅広く学べたため、その後の独立がスムーズに進んだと思います。

最終的にはフリーランスとして在宅で働くことを目標としている人も、一度は会社に在籍しておくのがおすすめです。

アルバイトを探すときは、『ギガバイト』などで検索してみるとよいでしょう。

▼公式サイトはこちら

3.スクールに通う

Webライティングについて体系的に学びたい場合は、スクールに通ってもよいでしょう。

  • オンラインで気軽に学びたい
  • 通学してがっつり学びたい

など、自分の目的に合ったスクールを選ぶことが大切です。

オンラインで学びたい場合は『ヒューマンアカデミー』のWebライティング技能検定講座などを選ぶとよいでしょう。

▼公式サイトはこちら

その他のスクールについては下記の記事で紹介していますので、参考にしてください。

4.オンラインの学習サイトを利用する

オンラインの学習サイトを利用するのもおすすめです。

スクールよりも低価格で学べるケースも多いので、気軽に利用できます。

学習サイトとしては、『Udemy』が有名です。

基本的には動画を見て学習するスタイルで、講座によって料金は異なりますが、一度支払えば何度でも繰り返し動画を見ることができます。

『Udemy』の特徴や評判は下記の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

▼公式サイトはこちら

5.クラウドワークスなどで仕事をする

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

などのクラウドソーシングサイトで仕事をしながら学ぶのもよい方法です。

たくさんの文章を書くことがスキルアップへの近道ですので、ぜひチャレンジしてみましょう。

  • 初心者歓迎の案件も多い
  • 稼ぎながら学べる

といったメリットもあります。

Webライティングを勉強してフリーランスになろう!

今回は、Webライティングを極めるために勉強すべきことや勉強方法について解説しました。

それぞれの勉強方法にメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法でスキルアップしていきましょう。

複数の勉強方法を組み合わせるのも大切です。

Webライティングを極めて稼げるフリーランスを目指しましょう。

フリーランスWebライターの年収は?収入UPの極意も紹介

フリーランスのWebライターを目指すとき、

  • 毎月どのくらい稼げるのか?
  • 平均年収はどのくらいなのか?

など、お金に関する不安を感じることも多いでしょう。

この記事では、フリーランスWebライターの年収や収入アップのコツを紹介します。

  • フリーランスWebライター歴5年
  • クライアントからの依頼による月収20万円
  • 自分のWebサイト運営による月収50万円

という私が経験も含めて解説します。

フリーランスWebライターの平均年収は約300万円!

フリーランスWebライターの平均年収は約300万円です。月収としては、25万円程度でしょう。

平成30年における一般的なサラリーマンの平均年収が約440万円であるため、フリーランスWebライターの年収は少ないと感じるかもしれません。

国税庁 平成30年分民間給与実態統計調査結果について

ただし、下のグラフのとおり、フリーランスWebライターの年収は人によって大きく異なります。

約3割の人が年収200万円未満であるのに対し、年収1,000万円を超えるWebライターもいるのです。

  • 家事や育児の合間にライティングの仕事をしている
  • インタビュー記事を書いている
  • ライティングだけでなくコーディングもしている
  • 自分のサイトを作成して広告収入を得ている

など、ライターとしての働き方や稼ぎ方はさまざまであるため、年収にも幅があります。

1記事あたりの報酬金額は?

案件によって異なりますが、文字単価1.0〜2.0円で2,000文字程度を書くケースが多いため、一般的な報酬金額は以下のように計算できます。

文字単価1.0〜2.0円 × 2,000文字 = 報酬金額2,000〜4,000円

文字単価は、求められるスキルや資格、記事内容などによって変動します。

1.0円未満の案件もありますし、逆に4.0〜5.0円という高額案件もありますので、よく確認してから受注することが重要です。

文字単価ごとの違いや注意点は下表のとおり。

文字単価レベル求められるスキルや注意点
1.0円未満超初心者向き・一般的な日本語力
・練習のために受けてもよいが、あまりおすすめではない
1.0〜1.5円初心者向き・一般的な日本語力
・スキルアップにおすすめ
1.6〜2.5円中級者向き・ターゲットを意識したライティング力
・SEOに関する基礎知識
2.6〜3.9円上級者向き・SEOを意識したライティング力
・HTMLやCSSに関する基礎知識
4.0円以上有資格者向き・宅建・FP・保育士などの資格
・WordPressを使ったコーディングスキル

当然、文字単価が高くなるほど、高度な知識やスキルを要求されます。

  • クライアントとのコミュニケーション能力
  • 仕様書を読み解くスキル

なども必要です。

ただ、文字単価の高い案件のほうが効率的に稼げるため、少しずつスキルアップして収入アップを目指しましょう。

文字単価ではなく、以下のように記事ごとに報酬金額が決まっているケースもあります。

  • 必要な内容を3,000〜5,000文字でまとめて1万円
  • インタビューから執筆まで含めて1万5,000円
  • WordPressでの投稿作業まで含めて2万円

1記事あたりの執筆時間は?

執筆時間が短いほうが多くの記事を書けるため、収入もアップできます。

ただし、いくら短い時間で書いたとしても、

  • 誤字脱字が多い
  • 情報が間違っている
  • 話の流れに一貫性がない

といった状態であれば、納品後に差し戻されるだけでなく、クライアントの信頼を失い、仕事の依頼がストップしてしまう可能性もあるでしょう。

内容にもよりますが、情報収集も含めた1時間あたりの執筆文字数の目安は以下のとおりです。

レベル1時間あたりの執筆文字数
初心者500〜700文字
中級者700〜1,000文字
上級者1,000文字以上

スピードとクオリティのバランスを意識するようにしましょう。

時給に換算すると?

ここまで紹介した報酬金額や執筆時間から、時給換算でどのくらい稼げるのか計算してみましょう。

文字単価2.0円で2,000文字(報酬金額4,000円)の記事を書くと想定すると、執筆時間ごとの時給は下表のように計算できます。

1時間あたりの執筆文字数執筆時間時給換算
500文字4時間1,000円
700文字2.9時間1,380円
1,000文字2時間2,000円

初心者は時給1,000円以上、上級者は時給2,000円以上が目標です。時給に換算すると悪い数字ではないですよね。

日給や月給に換算すると?

先ほどと同様、文字単価2.0円で2,000文字(報酬金額4,000円)の記事を例にして、日給や月給を計算してみましょう。

1日の執筆記事数日給月給
14,000円12万円
28,000円24万円
312,000円36万円

1日に3記事のペースで30日間書くと月給は36万円、年収は432万円と想定できます。

フリーランスWebライターが収入を上げる5つの極意

フリーランスWebライターが収入を上げるためには、次の5つが重要です。

  1. 文字単価を上げる
  2. SEOライティングに関する知識を習得する
  3. HTMLやCSSに関する基礎知識を習得する
  4. WordPressの使い方を覚える
  5. 自分のWebサイトを作る

順番に詳しく見ていきましょう。

1.文字単価を上げる

文字単価を上げるためには、

  • 単価の高い案件を探す
  • 単価アップの交渉をする

といった対応が必要です。

とくに、文字単価1.0円未満の案件ばかりをこなしている場合は効率が悪いため、1.0円以上の案件に切り替えていきましょう。

1.5円くらいまでは、求められるレベルもあまり変わりません。

案件は、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

などで探すと簡単に見つかります。

同じクライアントと継続的にやり取りしている場合は、単価アップの交渉をしてみましょう。

現状の単価より0.2円アップなど、0.1円きざみで交渉するのがおすすめです。

2.SEOライティングに関する知識を習得する

  • 単価アップの交渉
  • 単価が高い案件の受注

などのためには、日本語力だけではなく、SEOライティングに関する知識を身につける必要があります。

SEOを意識したキーワード設定や見出し構成ができることは、中級以上のWebライターに必須のスキルです。

必要に応じて書籍を読んだり、スクールに通ったりして、スキルアップしていきましょう。

3.HTMLやCSSに関する基礎知識を習得する

HTMLやCSSは、Webサイトを構築したりデザインしたりするための言語です。

この2つの言語を使えば、

  • 文字にアンダーラインを付ける
  • 文字の大きさを変える
  • リンクをボタン形式で表示する

など、さまざまなデザインを実現できます。

完全にマスターする必要はありませんが、簡単なタグ付まではWebライターに依頼する案件もあるため、HTMLやCSSの基礎知識を習得しておけば、収入アップにつながるでしょう。

4.WordPressの使い方を覚える

WordPressでの投稿作業まで含まれる高額案件もあるため、使い方を覚えておけば年収アップにつながるでしょう。

また、WordPressを使えば、自分のWebサイトを作ることもできます。

誰でも簡単に使えるように設計されているため、初心者でも安心です。

WordPressの勉強方法については、下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

5.自分のWebサイトを作る

新しい仕事を獲得したり、単価アップの交渉をしたりするためには、自分の実績や経験をアピールすることが重要ですが、クライアントに納品した記事を実績として公開することは、あまり許可してもらえません。

そこで、自分のWebサイトを作って、さまざまな文章を発信することで、それ自体を実績としてアピールするとよいでしょう。

さらに、自分のWebサイトは新たな収入源にもなります。

単価交渉にも上限はありますし、1日に書ける記事数にも限界はあります。

効率よく稼ぎ、年収を上げるためには、

  • アフィリエイトを始める
  • 自分の商品を作って売る

といったことが重要です。

Webライターとしてのスキルを横に展開していきましょう。

フリーランスWebライターはスキルアップして年収を上げよう!

今回は、フリーランスWebライターの年収や、収入アップのコツを紹介しました。

自分のWebサイトを作ったり、アフィリエイトを始めたりすることで、年収をアップできます。

WordPressを使えば誰でも簡単に作れるため、ぜひチャレンジしてみましょう。

WordPressを効率的にマスターするための4つの勉強方法

WordPressは、誰でも簡単にWebサイトを作成できるように設計された無料ツールです。

特別な知識がなくても記事を書いたり、画像を挿入したりできますが、HTMLやCSSなどのスキルを習得すれば、高機能なWebサイトも構築できます。

  • オリジナルデザインのブログを作りたい
  • 副業のためのアフィリエイトサイトを作りたい
  • フリーランスの実績を掲載するサイトを作りたい

という人は、ぜひWordPressの使い方をマスターしましょう。

この記事では、WordPressに関して学んでおくべき内容や、効率的にマスターするための勉強方法などを紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

WordPressに関して勉強すべき3つのこと

WordPressに関しては、次の3つについて勉強するとよいでしょう。

  • WordPressの基礎知識
  • HTML / CSS
  • JavaScript / jQuery

順番に解説していきます。

1.WordPressの基礎知識

  • WordPressのインストール方法
  • 記事の投稿方法
  • 画像の挿入方法

といった基礎知識は、実際に使ってみることで簡単に習得できます。

インターネット上にも多くの情報が掲載されているため、必要に応じて調べるとよいでしょう。

2.HTML / CSS

HTMLとCSSは、Webサイトを作るうえで必要となる基礎的なコーディングスキルで、簡単に言うと以下のような特徴があります。

  • HTMLは文章の構造を作る言語
  • CSSは文章をデザインするための言語

この2つの言語をマスターしておけば、

  • リンクをボタンの形で表示する
  • 文字にアンダーラインを付ける

など、さまざまなデザインを実現できます。

Web業界への転職やフリーランスとして仕事を受注する際にも役立つスキルです。

ただ、WordPressを使えばコーディングスキルがなくてもある程度のサイトは作れるため、簡単な個人ブログを作る場合などは無理に学ぶ必要はありません。

3.JavaScript / jQuery

JavaScriptやjQueryは、サイトに動きをつけるために必要なスキルです。

簡単に説明すると、

  • JavaScriptはプログラミング言語
  • jQueryはJavaScriptで書かれたライブラリ

という違いがあります。

JavaScriptで書くと数十行かかる処理を1つの命令文だけで済ませる技術がjQuery、というイメージです。

この2つのスキルを習得すれば、

  • スライダー
  • ハンバーガーメニュー
  • ライトボックス

などを取り入れた、動きのあるサイトを構築できます。

WordPressを効率よく勉強する4つの方法

WordPressを効率的にマスターするためには、次の4つの方法を組み合わせるとよいでしょう。

  • 実際に使ってみる
  • 参考書で勉強する
  • Webサービスを利用する
  • スクールに通う

それぞれについて詳しく解説していきます。

1.WordPressを実際に使ってみる

WordPressの一番効率的かつ重要な勉強方法は、実際に使ってみることです。

WordPressは直感的に操作しやすく設計されているため、動かしてみるだけでもある程度は理解できます。

まずはWordPressをインストールして、試しに触ってみましょう。

2.WordPressの参考書で勉強する

参考書を使って勉強するのもおすすめです。参考書のメリットは以下のとおり。

  • 自分のペースで勉強できる
  • さまざまなスキルを網羅的に習得できる
  • わからない部分を重点的に学べる

ここで重要なのは、やはり実際にWordPressを動かしながら勉強することです。

参考書を読むだけではスキルアップできませんので、手を動かすことを意識しましょう。

3.Webサービスを利用して勉強する

Web上の学習サイトを利用するのもおすすめの勉強方法です。

  • 動画形式で学習できる『ドットインストール』
  • スライド形式で学習できる『Progate』

などは、初心者でも利用しやすいでしょう。

基本的には無料で利用できますが、有料プランにすればさらに発展的な内容も学べます。

4.スクールに通って勉強する

ここまで紹介した3つの方法は、ほぼ独学であるため自分のペースで勉強できるというメリットがある一方、

  • モチベーションが続かない
  • わからない部分を質問できない
  • 難しい部分で挫折しやすい

といったデメリットもあります。

独学が苦手な人は、思い切ってWordPressを学べるスクールに通ってみてもよいでしょう。

スクールは、

  • WordPressについて時間をかけてじっくり学びたい
  • 自由にカスタマイズするためにHTMLやCSSをマスターしたい
  • Web業界に転職できるレベルまで到達したい

という人におすすめです。

オンラインで気軽に学べるスクールもあるため、検討してみてください。

とくに人気のあるスクールは以下の2つです。

TechAcademy(WordPressコース)

学び方オンライン
料金129,000円〜
期間1ヶ月〜

TechAcademy』は完全オンライン制のスクールで、Web系のエンジニアやデザイナーに人気があります。

WordPressコースでは、

  • WordPressの基礎知識
  • HTML / CSS
  • WordPressテーマのカスタマイズ
  • プラグインの利用方法
  • PHP
  • オリジナルWordPressテーマの作成

といったスキルを習得し、最終的にはオリジナルサイトを構築します。

『TechAcademy』のおすすめポイント
・マンツーマン指導のため初心者でもスキルアップできる
・転職サポートもついている
・現役WordPressエンジニアが指導してくれる

▼公式サイトはこちら

CodeCamp(WordPressコース)

学び方オンライン
料金148,000円
(入学金30,000円)
期間2ヶ月

CodeCamp』も、WordPressの使い方を学べるオンラインスクールです。

WordPressコースでは以下のような内容を学べます。

  • WordPressのインストール
  • サーバーの設定
  • WordPressテーマの設定
  • プラグインの導入
  • Webサイトの作成

オリジナルサイトが完成するまで丁寧にサポートしてもらえますので、未経験でも安心です。

『CodeCamp』のおすすめポイント
・完全オンラインでマンツーマン指導を受けられる
・料金が比較的安い
・無料体験レッスンを受けると10,000円割引になる

▼公式サイトはこちら

以下の記事では、WordPressを学べるオンライン制スクールや通学制スクールについてまとめていますので、その他のスクールも比較したい人は読んでみてください。

WordPressを勉強するときの3つの注意点

WordPressを勉強するときは、次の3つのポイントに注意しましょう。

1.WordPressで記事を書いたらどんどん公開する

前述のとおり、WordPressをマスターするためには実際に触ってみることが大切ですが、オリジナルページを作ったり記事を書いたりしたら、どんどん公開していくことも重要です。

いきなり100%の完成度を目指す必要はありません。

むしろ、60〜80%の完成度であっても公開して、ユーザーの反応などをチェックしながら修正していきましょう。

2.すぐにアクセスが集まるわけではないことを知っておく

残念ながら、どんなにデザイン性の高いWebサイトを作ったとしても、そう簡単にアクセスが集まるわけではありません。

ある程度の記事数やページ数を作成することで、検索順位が上がり、アクセス数も少しずつ増えてくるでしょう。

最初からアクセスを期待しすぎると、挫折してしまいがちですので注意が必要です。

3.必要ないことは勉強しない

WordPressに関するスキルは幅広く奥が深いため、すべてを理解するのは難しいでしょう。

HTMLやCSSの知識がなくても、個人のブログなどは簡単に作成できます。

自分の目的に合わせて必要なスキルだけを効率的に学び、実際にWebサイトを作成しながら少しずつスキルアップしていくことが大切です。

WordPressを勉強してオリジナルサイトを構築しよう!

今回は、WordPressに関して学んでおくべきことや、効率的に勉強するための方法などを紹介しました。

基礎的な知識さえあれば記事作成や画像挿入は可能ですが、高機能なWebサイトを構築したい場合は、HTMLやCSS、JavaScriptなどのスキルを習得する必要があります。

WordPressに関する書籍やスクールなどをうまく利用して、効率的にマスターしましょう。

動画編集・映像制作を学べるスクール8選

動画編集や映像制作を学べるスクールを厳選しました。

  • 動画編集の基礎知識を習得したい
  • Premiere ProやAfter Effectsの使い方を学びたい
  • YouTuberを目指したい

という人は、ぜひチェックしてみてください。

動画編集・映像制作を学べるスクール一覧

スクール名料金期間学び方
TechAcademy
(動画編集コース)
149,000円〜1ヶ月〜オンライン
デジタルハリウッド STUDIO by LIG
(ネット動画クリエイター専攻)
300,000円〜3ヶ月〜通学
Udemy1,200円〜1日〜オンライン
ヒューマンアカデミー
(映像編集コース)
119,000円〜6ヶ月オンライン
MOOV SCHOOL6,000円〜
(入会費用10,000円)
1ヶ月〜オンライン
BYND44,000円〜1ヶ月〜オンライン・通学
Winスクール
(映像デザインコース)
108,000円2ヶ月通学
東京映画映像学校27,000円〜
(入会金11,000円)
5回〜通学

スクールで使用する動画編集ソフトは、主に以下の2つです。

  • Premiere Pro
  • After Effects

スクールやコースを選ぶ前に、どちらのソフトを学びたいか明確にしましょう。

初心者であれば、操作がわかりやすく、YouTube動画の編集にも用いられるPremiere Proを学ぶのがおすすめです。

さらに複雑な編集を行いたい場合は、After Effectsも勉強するとよいでしょう。

どちらを学ぶか悩んだときは、各スクールの無料説明会や無料カウンセリングで相談してみてもよいですね。

以下、それぞれのスクールの特徴について詳しく紹介していきます。

TechAcademy(動画編集コース)

学び方オンライン
料金149,000円〜
期間1ヶ月〜

TechAcademy』は、多くのエンジニアやデザイナーが利用している人気スクールです。

完全オンラインで、Premiere Proを使った動画編集スキルを習得できます。

  • Premiere Proの基礎から応用まで学びたい人
  • YouTuberを目指したい人
  • 働きながら勉強したい人

などにおすすめです。

実際にPremiere Proを使いながら、カット編集やアニメーション設定、トリック動画の作り方などを学びます。

現役の動画クリエイターがメンターを務めるため、疑問点もすぐに解決でき、最後まで挫折せずに続けられるでしょう。

  • 4週間プラン
  • 8週間プラン
  • 12週間プラン

という3つのコースがあるため、状況に応じて選択できます。

『TechAcademy』のおすすめポイント
・Premiere Proを使った本格的な動画編集を学べる
・マンツーマン指導のため初心者でもスキルアップできる
・回数無制限で課題レビューを受けられる

▼公式サイトはこちら

デジタルハリウッド STUDIO by LIG(ネット動画クリエイター専攻)

学び方通学
所在地東京(上野)
料金300,000円〜
期間3ヶ月〜

デジタルハリウッド STUDIO by LIG』は、人気のWeb制作会社であるLIGが運営するスクールです。

3ヶ月の短期集中型で、

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • 企画
  • シナリオライティング
  • ネット動画マーケティング

など、映像制作に必要なスキルを幅広く習得できます。

  • 動画制作会社に就職したい
  • フリーランスとして仕事の幅を広げたい

といった人におすすめです。

現役の動画クリエイターが講師を務めるため、現場で役立つハイレベルな技術を学べるでしょう。

『デジタルハリウッド STUDIO by LIG』のおすすめポイント
・Premiere ProとAfter Effectsを両方学べる
・株式会社LIGに採用してもらえる可能性もある
・併設のコワーキングスペースを無料で使える

▼公式サイトはこちら

Udemy

学び方オンライン
料金1,200円〜
期間1日〜

Udemy』は、正確にはスクールではなく、オンラインの学習サイトです。

動画編集や映像制作だけではなく、プログラミングやWebデザインなど、100,000以上の講座が公開されています。

動画編集や映像制作については、以下のような講座があります。

  • 【1日完結】Premiere Proの使い方 〜動画クリエイターコース〜(4,800円)
  • 【目指せYouTuber】Adobe Premiere Pro CCでYouTube用動画を編集をしよう!!(14,400円)
  • プロフェッショナルな料理動画の作り方(24,000円)

基本的には動画を見て学習するスタイルです。講座によって料金は異なりますが、一度支払えば何度でも繰り返し動画を見ることができます。

ただし、それぞれの業界のプロとはいえ個人が作成している講座であるため、品質にばらつきがあるのも事実です。

公式サイトでは各講座の口コミをチェックできるため、確認してから受講するようにしましょう。

『Udemy』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・セール期間に受講するとさらに安くなる
・30日間の返金保証もついている

▼公式サイトはこちら

ヒューマンアカデミー(映像編集コース)

学び方オンライン
料金119,000円〜
期間6ヶ月

ヒューマンアカデミー』は、在宅ワークや副業で稼ぎたい人におすすめのスクールです。

オンライン学習とテキストを組み合わせて学ぶスタイルで、映像編集コースではPremiere Proを使いながら以下のようなスキルを習得できます。

  • 動画編集の基本
  • 効率的な作業方法
  • オーディオ編集
  • テロップ挿入
  • 動画の書き出し

映像編集コース以外にも、

  • Premiere ProとAfter Effectsの両方を学べる「動画編集 / エフェクトコース」
  • Webデザインも一緒に学べる「映像編集 / Webコース」

などもあるので、幅広いスキルを身につけたい場合は検討してみてください。

『ヒューマンアカデミー』のおすすめポイント
・就職や転職をサポートしてもらえる
・副業や在宅ワークを始めるためのサポートも受けられる
・何度でもメールで質問できる

▼公式サイトはこちら

MOOV SCHOOL

学び方オンライン
料金6,000円〜
(入会費用10,000円)
期間1ヶ月〜

『MOOV SCHOOL』は、Zoomを使って学ぶオンライン動画編集スクール。1講習(60分)ごとに6,000円で受講できるのが特徴です。

個別カウンセリングを通して、目的に合ったオリジナルのカリキュラムを作成してもらえます。

現役映像クリエイターの指導のもと、

  • Illustrator‎
  • Photoshop
  • Premiere Pro
  • After Effects

といった映像制作に必要なスキルを習得できます。

『MOOV SCHOOL』のおすすめポイント
・マンツーマンの個別指導を受けられる
・受講日時を自由に決められる
・講習時間外でも講師に質問できる

BYND

学び方オンライン・通学
所在地東京(青山・神宮)
料金44,000円〜
期間1ヶ月〜

『BYND』は、動画制作に必要な感性と技術を磨くためのスクールです。

  • フラットデザインアニメーションを学ぶ「モーショングラフィッカー」
  • 動画撮影や編集の技術を学ぶ「ビデオグラファー」

といったコースがあり、通学かオンラインを選んで受講できる場合もあります。

コミュニティづくりにも積極的なため、刺激的な環境でモチベーションを保ちながらスキルアップできるでしょう。

『BYND』のおすすめポイント
・本格的なスタジオで学べる
・クリエイティブな仲間と出会える
・さまざまなオプションを組み合わせられる

Winスクール(映像デザインコース)

学び方通学
所在地全国
料金108,000円
期間2ヶ月

『Winスクール』は、現場で役立つスキルを習得できる通学タイプのスクールです。

映像デザインコースには、Premiere ProとAfter Effectsの2つのコースがあります。

講師にすぐに質問できる環境が整っているため、未経験からでも安心です。

  • 映像制作の基礎知識や専門用語
  • 動画編集ソフトの操作方法
  • 映像業界における制作の流れ

などを効率的に学べるでしょう。

『Winスクール』のおすすめポイント
・全国に50以上のスクールがある
・就職をサポートしてもらえる
・IllustratorやPhotoshopを学ぶコースもある

東京映画映像学校

学び方通学
所在地東京(新宿)
料金27,000円〜
(入会金11,000円)
期間5回〜

『東京映画映像学校』は、本格的な撮影や編集を学べるスクールです。

  • 1年間で映画・映像業界への就職を目指す「ジョブトレーニング本科」
  • 短期間で企画や編集を学ぶ「動画クリエイターズGYM」

の2つのコースがあります。

ジョブトレーニング本科は、撮影現場研修などを通して、仕事としての映像制作を学ぶのが特徴です。

また、動画クリエイターズGYMには、以下のような講義があります。

  • 一眼レフカメラを使った動画撮影
  • 特殊撮影・ストップモーション・タイムラプス
  • クオリティを上げる編集術

チケット制で興味のある講義だけを受講できるため、気軽に学びたい人におすすめです。

『東京映画映像学校』のおすすめポイント
・現役のプロから実践的なスキルを学べる
・企画・撮影・編集などを幅広く学べる
・初心者にも丁寧に指導してくれる

自分の目的に合った動画編集・映像制作スクールを選ぼう!

以上、動画編集や映像制作を学べるスクールを紹介しました。

多くのスクールがありますが、自分の目的に合ったスクールを選ぶことが大切です。

初心者からのスタートなら、オンラインで受講できる『TechAcademy』などを利用して、操作が比較的わかりやすいPremiere Proを学ぶとよいでしょう。

さらに複雑な編集スキルも身につけたい場合は、『デジタルハリウッド STUDIO by LIG』などにじっくりと通って、Premiere ProとAfter Effectsの両方を学ぶのがおすすめです。

どのスキルを習得すべきか悩んだときは、各スクールの無料説明会や無料カウンセリングで相談してみるとよいでしょう。

Web系フリーランスにおすすめのスクールについては、下記の記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。