あなたはフリーランスに向いている?成功する人に共通する3つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

組織に属さず自由気ままに働けるイメージのあるフリーランスですが、実際のところどんな人がフリーランスに向いているのでしょうか?

今回は、フリーランスとして成功する人に共通する3つの特徴を紹介します。

フリーランスとして成功する人に共通する3つの特徴

成功する人の特徴1.しっかりと自己管理ができる

フリーランスとして成功するためには、自己管理能力が必須です。

会社員であれば、基本的に出社・退社時間が決められ、ある程度の仕事やノルマが与えられます。

また、決まった日に給料が振り込まれますし、税金は給料から天引きされるため気にする必要はありません。

勤務時間や勤務場所の制約がある反面、時間や納税に関して自分で管理する必要は少ないといえます。

一方、フリーランスの場合は自由である反面、時間や収入、税金のことなどを全て自分で管理しなければなりません。

クライアントに依頼された仕事が納期に間に合わなかったり、仕事がもらえず収入が減ったりしても、自分の責任で処理する必要があります。

逆に、自己管理ができてさえいれば、何時に寝て何時に起きて、どこで仕事をしてもOKです。

自己管理が得意な人は、楽しみながらフリーランスとして働いていけるでしょう。

成功する人の特徴2.仕事とプライベートのバランスが保てる

フリーランスとして働いていると、仕事とプライベートの境目が曖昧になりがちです。

会社員であれば、会社から帰宅することでオン・オフのスイッチを切り替えられますが、フリーランスとして自宅で仕事をすると、場所による切り替えができません。

また、何時間働くかも自由に決められるため、仕事の依頼を受けすぎて体調を崩してしまう可能性もあります。

  • 勤務時間を決める
  • 定休日を決める
  • クライアントから依頼を受ける上限を決める

など、仕事とプライベートのバランスをうまく保つことが大切です。

成功する人の特徴3.自分で意識的にスキルアップできる

フリーランスは常にスキルアップしていく必要があります。

会社員であれば、会社全体の信用力やチームの組織力などのサポートを受けながら仕事を進められますが、フリーランスの場合は自分のスキルのみが武器です。

フリーランスとして働く人も多いため、気を抜くとすぐにライバルに差をつけられてしまいます。

ライターであれば文章力、イラストレーターであればデザイン力など、常に個人の力を磨いていきましょう。

その他、

  • コミュニケーション力
  • マーケティング力
  • 営業力

など、一人で多くの作業をこなすフリーランスにとって、必要な能力は多岐にわたります。

一気に全ての能力を身につける必要はありませんが、得意分野を中心として幅広い能力を鍛えていきましょう。

会社員であれば研修などによりスキルアップが図れますが、フリーランスの場合は自分で意識して動かなければ情報さえ得ることができません。

フリーランス同士のつながりを広げたり、コミュニティに所属したりして、スキルアップを図ることも大切です。

サポートツールも使いながらフリーランスとして活動しよう

以上、フリーランスとして成功する人の特徴を紹介しました。

もし自分に当てはまっていなくても、すぐに諦める必要はありません。

自分はどの部分が苦手かを把握しておくだけでも、そこに意識が向き失敗が少なくなります。

苦手な部分はフリーランスとして活動しながら改善していけば良いですし、サポートツールをうまく使って効率化すれば良いのです。

私も確定申告や業務管理のツールを使いながら仕事をしています。

これからフリーランスになりたい方も、既にフリーランスとして活動している方も、ぜひ前向きに考えてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加