記事タイトルを魅力的にしてクリック率を倍増させる9つのテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく良い文章を書いても、検索結果に表示される記事タイトルが魅力的でなければ、読者にクリックして読んでもらえません。

今回は、魅力的な記事タイトルを作るための9つのテクニックを紹介します。

魅力的な記事タイトルを作る9つのテクニック

1.タイトルは32文字以内を基本とする

記事のタイトルは32文字以内にしましょう。

その理由は、Googleの検索結果ページに表示されるのが32文字程度であるためです。

それより長いタイトルは、下の図のように途切れてしまいます。

Googleのアップデートにより表示文字数が変わる場合もありますが、32文字以内にしておけば問題なく表示されるでしょう。

この記事のタイトル「記事タイトルを魅力的にしてクリック率を倍増させる9つのテクニック」は32文字です。

せっかく良いタイトルを考えても読者に見てもらえなければ意味がないので、文字数には注意しましょう。

2.対策キーワードはタイトルの前方に配置する

SEO対策のため記事に対策キーワードを盛り込む場合は、タイトルの前方に入れることが重要です。

前述の通り、検索結果は32文字程度で途切れてしまうため、対策キーワードをタイトルの後方に配置すると読者の目に付かない可能性があります。

また、前方に置いた方が、読者が対策キーワードと早く出会えるため、自分が探していた記事だと認識してもらいやすいのです。

この記事においても、対策キーワード「記事,タイトル」を一番頭に配置しました。

3.何を解説している記事なのか具体的に示す

読者にタイトルをクリックしてもらうためには、何を解説している記事なのか明確に示すことが大切です。

例えば、「記事タイトルについて」という漠然としたタイトルでは、何に関する記事なのかわかりにくいですよね。

読者は、自分が求めている記事なのかどうか判断できません。

記事タイトルの作り方なのか、良い記事タイトルの実例なのか、明確に示しましょう。

今回は「魅力的に」や「テクニック」という言葉を用いて、「記事タイトルを魅力的にするテクニック」を紹介する記事であることを明示しました。

他にも以下のような言葉を加えればタイトルが具体的になるでしょう。

  • 〜の方法
  • 〜のポイント
  • 〜の理由
  • 〜のコツ
  • 〜の極意
  • 〜の背景

4.具体的な数字やメリットを盛り込んでタイトルを「装飾」する

読者にタイトルをクリックしてもらうためには、タイトルを「装飾」してライバルサイトと差別化することも重要です。

タイトルを装飾する際は以下のようなポイントを意識します。

  • 記事を読むと得られるメリットを示す
  • 記事を読むと避けられるデメリットを示す
  • 具体的な数字や結論を示す
  • 簡単にできることを示す

これら全てを取り入れる必要はありません。

内容に合わせて適切なものをチョイスしてみてください。

例えば今回は、「記事タイトルを魅力的にするテクニック」を読むことで、「クリック率を倍増させる」というメリットが得られることを示しています。

他にも以下のようなタイトルであれば、読者がクリックしたいと感じるでしょう。

  • 10万PV達成するためにすぐ実践できる3つの裏技
  • 不動産投資で失敗しないために知っておきたい5つの注意点
  • 毎日5分の勉強で英語が上達する3つの方法

5.1記事1テーマとする

タイトルを決める際には、1記事1テーマを意識しましょう。

欲張って多くのテーマを詰め込みすぎると、何の記事かわからなくなります。

例えば以下のような、テーマやキーワードを詰め込みすぎたタイトルは避けましょう。

  • 文章力を高めるテクニックと読みやすい構成を作るコツ
  • 食事制限ダイエットにおすすめのレシピ5選と食後の運動について
  • 英語勉強のポイントや注意点を解説

「メリット・デメリット」など、対になるキーワードについては2つ入っていても問題ありません。

また、様々なテーマを網羅的に解説する記事があっても構わないのですが、サイト全体のパワーが弱いうちは、1テーマに絞って書くのがおすすめです。

6.対策キーワードと検索ニーズを一致させる

検索ニーズとは、ある対策キーワードで検索している読者が知りたいことを意味します。

検索ニーズと一致しないタイトルを付けてしまうと、当然クリックしてもらえません。

この記事の対策キーワード「記事,タイトル」に対する検索ニーズは、「魅力的な記事タイトルの付け方を知りたい」ということだったため、それに合わせて最終的なタイトルを決定しました。

キーワードごとの検索ニーズを調べるには、そのキーワードでGoogle検索すれば良いのですが、詳しくは別の記事で解説します。

7.「の」は連続2つまでとする

以下のように「の」が連続すると読みにくくなってしまいます。

  • 英語の発音の改善のための3つのポイント
  • 不動産投資を成功させるための初心者向けの5つの極意

次のように「の」は連続2つまでにしましょう。

  • 英語の発音を改善するための3つのポイント
  • 不動産投資を成功させるための初心者向け極意5つ

8.煽りすぎないようにする

タイトルで読者を引きつけることは重要ですが、煽りすぎには注意しましょう。

例えば以下のようなタイトルは避けるべきです。

  • 1ヶ月で絶対10kg痩せるダイエット方法5選
  • 不動産投資を必ず成功させる3つのテクニック

明確な根拠がある場合を除き、「絶対」や「必ず」などの言葉は使わない方が無難です。

仮にクリックしてもらえたとしても、読者が騙されたと感じれば、二度とサイトを訪れてもらえないでしょう。

9.まず仮タイトルを作り記事完成後に本タイトルを作る

SEO効果の高い記事を作るなら、対策キーワードの検索ニーズを把握した上で仮タイトルを作り、記事の完成後に本タイトルを決めましょう。

仮タイトルの段階では、検索ニーズを反映していれば漠然としたタイトルでも問題ありません。

記事を書き終えた後、内容に合わせて魅力的な本タイトルにすることが重要です。

9つのテクニックを使って魅力的な記事タイトルを作ってみよう

では、実際に9つのテクニックを使って、読者がクリックしたくなるような魅力的なタイトルを作ってみましょう。

3つの例を紹介しますので参考にしてみてください。

例1.「ダイエットの方法」に関する記事のタイトル

「ダイエット,方法」という対策キーワードで、ダイエットの方法をいくつか紹介した記事のタイトルを考えてみましょう。

単純に考えると「ダイエットの方法3選」などというタイトルを思いつきます。

このままでは魅力が足りませんので、記事内容にもよりますが、以下のように装飾してみましょう。

  • 効果的なダイエット方法3選!自宅で簡単にできるものを厳選紹介(30文字)
  • ダイエット方法3つを採用して1ヶ月で3kg減を目指そう!(28文字)

できるだけ対策キーワードを前方に配置しながら、具体的な数値や簡単にできることを示しています。

例2.「文章力の向上」に関する記事のタイトル

次に「文章力,向上」という対策キーワードで、文章力向上の方法を紹介した記事のタイトルを考えてみます。

まずはシンプルに「文章力向上に関する3つのポイント」というタイトルはどうでしょうか?

少し魅力が足りませんよね。

以下のように、文章力向上によって得られるメリットや、簡単に向上できることを明示してみましょう。

  • 文章力を向上して読者を獲得するための3つのポイント(25文字)
  • 文章力を向上するために1人でできる3つの練習方法(24文字)

例3.「部下とのコミュニケーション」に関する記事のタイトル

「部下,コミュニケーション」という対策キーワードで、会社での部下とのコミュニケーション方法を紹介した記事のタイトルを考えてみましょう。

単純に「会社における部下とのコミュニケーション方法」では魅力的ではないですよね。

記事内容にもよりますが、以下のようなタイトルにしてみましょう。

  • 部下とのコミュニケーションで仕事を効率化する3つの極意(27文字)
  • 部下とのコミュニケーションでやる気を引き出す3つのポイント(29文字)
  • 部下とのコミュニケーションでパワハラを避ける3つの注意点(28文字)

「部下」というキーワードで検索するのは、上司であることが予想されます。

そこで、上司にとってのメリットである「仕事の効率化」や「部下のやる気を引き出す」ことを明示してみました。

また、「パワハラを避けたい」という気持ちもあるはずです。

この記事を読んで得られるメリットや、避けられるデメリットを明示すると良いですね。

また、「部下」という言葉だけで「会社」であることはイメージできるため、「会社」という言葉は省略しても良いでしょう。

魅力的な記事タイトルで読者を引きつけよう!

以上、記事タイトルを魅力的にする9つのテクニックを紹介しました。

自分の記事がせっかく上位に表示されても、クリックされなくては意味がありません。

ライバルサイトに負けないよう魅力的なタイトルを作り、読者にクリックしてもらいましょう。

コメント

Comments are closed.