ブログ初心者の「ネタがない」という悩みを解決する5つの秘策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを始めたばかりの頃は、

  • 記事のネタがない
  • 何を書いたら良いかわからない

と悩むこともあるでしょう。

そこで今回は、簡単に実践できるネタ探しの方法を紹介します。

なんとなく書きたいテーマが決まっている場合は、次の3つの方法を読んでみてください。

  • 方法1.サジェストキーワードを参考にする
  • 方法2.共起語を参考にする
  • 方法3.近いテーマのサイトを参考にする

そもそも何を書いたら良いかわからない場合は、

  • 方法4.自分の得意なことをネタにする
  • 方法5.本を読む

を参考にしてください。

最後に、どうしてもネタが見つからない人のために、具体的なネタの例も紹介しています。

記事のネタを簡単に探せる5つの方法

方法1.サジェストキーワードを参考にする

ざっくりとした記事のテーマは決まっているけれど、具体的に何を書けば良いのか明確でない場合は、サジェストキーワードを参考にするのがおすすめです。

サジェストキーワードとは、Googleなどの検索窓にキーワードを入力した際、候補として表示されるキーワードを意味します。

例えば、ざっくりと「フリーランス」というテーマだけは決まっているとしましょう。

「フリーランス」というキーワードを検索窓に入力すると、

  • エンジニア
  • 仕事
  • 確定申告

といったワードが自動で表示されます。

これがサジェストキーワードです。

「フリーランス」という言葉と一緒に入力されやすいワードを表示しているのです。

このサジェストキーワードを記事のネタ探しにも利用しましょう。

例えば、上記のサジェストキーワードを参考にすると、

  • フリーランスエンジニアの稼ぎ方
  • フリーランスが仕事を探す方法
  • フリーランスが確定申告する際の注意点

といった記事が書けそうですね。

サジェストキーワードはよく検索されているワードなので、需要がある記事を書けます。

また、サジェストキーワードを探すときは、無料ツールも使ってみましょう。

一気にたくさんのキーワードが抽出できます。

無料で使えるツールはたくさんありますが、下記サイトが使いやすくおすすめです。

https://www.gskw.net/

他のツールも使ってみたい場合は、次の記事を参考にしてみてください。

方法2.共起語を参考にする

共起語とは、あるキーワードと一緒に登場することが多い言葉のことです。

共起語は、下記の無料ツールを使うと簡単に抽出できます。

https://neoinspire.net/cooccur/

例えば、「フリーランス」の共起語としては、

  • 仕事
  • 働き方
  • 独立

といったキーワードが抽出されます。

これらのワードは「フリーランス」と関連性が高いため、同じサイトの中でも発信しやすいテーマといえるでしょう。

さらに、共起語のサジェストキーワードを探してみることで、どんどんネタを見つけられます。

方法3.近いテーマのサイトを参考にする

近いテーマや同じテーマのサイトを見てみるのも、ネタ探しの良い方法です。

単純に「フリーランス」などのキーワードで検索してみると良いでしょう。

フリーランスに関する多数の記事を発信しているサイトが見つかるはずです。

記事タイトルを見るだけでも、どんなネタがあるのか、読者はどんな情報を求めているのか、把握できるでしょう。

色々なサイトを見ていると、

  • どんな情報もすでに誰かが書いているのでは?
  • 自分が新しく発信することはないのでは?

と感じてしまうかもしれません。

インターネット上では膨大な情報が発信されているため、誰とも被らない完全にオリジナルなテーマで記事を書くことは、ほぼ不可能です。

もちろんパクリは絶対にNGですが、完全にオリジナルな記事を目指すのではなく、既存の情報を元に、自分の考えや新たな情報を加えて、読者にとってより価値のある記事を作成しましょう。

方法4.自分の得意なことをネタにする

ブログを始めたばかりで、ざっくりとしたテーマも決まっていない場合は、自分の得意な分野や詳しい分野をテーマにするのがおすすめです。

ブログは継続して記事を書くことが大切ですが、「儲かりそうだから」といった理由でテーマを選ぶと長続きしません。

例えば、「脱毛」などは儲かりやすい分野ですが、興味がなければ続けるのは苦しく、競合サイトとも継続的に戦っていけないでしょう。

興味のあるテーマを選び、楽しみながら記事を書いていくのがブログ運営のコツです。

例えば、私はフリーランスでライターをしているため、

  • フリーランス
  • 個人事業主
  • SEOライティング
  • アフィリエイト

といったテーマで記事を書き続けています。

興味も知識もあるためネタ切れすることはありませんし、詳しい内容も書けます。

方法5.本を読む

本を読むこともネタ探しの有効な手段です。

小説、漫画、雑誌、絵本、どんな本でも良いので読んでみましょう。

ちなみに、本屋を歩きながら本のタイトルだけを見るのも効果的です。

世の中のニーズや流行がわかるだけでなく、インターネットでは配信されにくい情報と出会えることもあります。

私もたまに本屋に行くようにしています。

ふと良いアイデアが思い浮かぶこともあるのでおすすめです。

どうしてもネタがないときは身近なところから探してみよう!

ここまでネタ探しの方法を紹介しましたが、どうしても見つからない場合は以下の例を参考にしてみてください。

自分の趣味や仕事など、極端な話どんなことでもネタになります。

趣味系のネタ

趣味系のネタは、知識も興味もあるため書きやすいといえます。

また、本の販売や映画配信サイトの登録などへ誘導できるため、アフィリエイトとも相性が良いでしょう。

例えば、以下のようなテーマがあります。

  • 読書
  • 映画
  • 音楽
  • ゴルフ
  • 釣り

具体的には、

  • おすすめの小説や漫画の紹介
  • 映画の評論
  • テーマ別おすすめ音楽の紹介
  • ゴルフのルールや道具の解説
  • 釣りの穴場スポット紹介

などがネタとなるでしょう。

仕事系のネタ

仕事の中にもネタは溢れています。

  • 部下の教育方法
  • 苦手な上司との付き合い方
  • プロジェクトマネジネントの方法
  • モチベーションを高める方法
  • 組織力を高める方法
  • 社内コミュニケーションのコツ

などが挙げられます。

仕事上の人間関係やコミュニケーションの悩みは普遍的なため、常に需要はあるでしょう。

生活系のネタ

実は普段の日常生活の中にもネタはあります。

  • ペットの飼い方
  • 子育てのコツ
  • レシピ紹介
  • 片付けや収納のコツ

など、身近なところにネタがあるはずです。

ペット用品や子ども用品の販売といったアフィリエイトにも繋がります。

とにかく書いてみよう!

ブログは書いてみることが最も重要です。

書いているうちに、より良いテーマやネタが見つかることもよくあります。

1つでも書けそうなネタが見つかったら、ぜひ書いてみてください。

以下の記事では、初心者向けに記事の書き方をわかりやすく解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.