共起語とは?具体例を交えてわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共起語とは、あるキーワードと一緒に登場することが多い言葉を意味します。

例えば、「ブログ」の共起語としては、以下のような言葉が挙げられます。

  • 公式
  • フォロワー
  • 情報
  • 日記
  • フォロー

「ブログ」という言葉が登場する文章内には、「公式」や「フォロワー」という言葉も一緒に登場する確率が高い、ということです。

以下、共起語の調べ方や使い方、サジェストキーワードとの違いなどを詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

共起語は検索ツールを使って調べられる

共起語は、ツールを使って誰でも簡単に調べられます。

無料で使えるツールはいくつかありますが、以下のツールが手軽に使えるのでおすすめです。

検索窓にキーワードを入力するだけで、共起語が抽出されます。

このツールは、Google検索における上位30サイトを対象として、共起語を抽出しています。

どのような母集団を対象として共起語を抽出するかはツールによって異なるので、気になる方は他のツールも使ってみてください。

記事を書く際は共起語を意識する必要はない

共起語に対しては、次の2つの意見があります。

  • 共起語を強く意識して記事に盛り込むべきだ
  • 共起語を意識する必要はない

共起語のSEO効果はありますが、記事を書く際は、特に共起語を意識する必要はないと、私は考えています。

1つのキーワードの検索ニーズに沿って丁寧に記事を書いていけば、共起語は自然と文章中に含まれるからです。

共起語を無理に詰め込むと、読みにくい文章になるので注意しましょう。

そもそも共起語はなぜ生まれたのか?

そもそも、共起語という概念は、SEO対策の1つの方法として生まれました。

Googleなどの検索エンジンは、ロボット(クローラー)を使ってインターネット上の情報を収集し、ランキングしています。

以前はクローラーやランキングの精度が低かったため、1つのキーワードを詰め込んでさえいれば検索上位が獲得できていました。

しかし、キーワードを詰め込んだ記事は読みにくく、ユーザーにとっては利便性が低いですよね。

そこで、Googleは共起語という概念を用いて、1つのキーワードだけでなく、それに関連する言葉も盛り込まれている記事を高評価するようになりました。

記事を作成する側は、共起語を盛り込むことで検索上位を狙うようになったのです。

共起語よりも検索ニーズを意識すべき

Googleなどの検索エンジンは進化し続けているので、現在は、共起語を盛り込んでいるだけでは検索上位を獲得できません。

検索エンジンは、ユーザーの利便性を重要視しています。

そのため、共起語を盛り込んだとしても、読みにくくユーザーがすぐに離脱してしまう場合は、記事の評価は下がってしまうでしょう。

共起語を盛り込むことよりも、検索ニーズを把握してユーザーに役立つ情報を届けることが重要です。

繰り返しになりますが、検索ニーズを把握して記事を書けば、共起語は自然と記事内に盛り込まれるでしょう。

共起語を正しく用いる3つのポイント

ここまで、共起語をあまり意識する必要はないと説明しましたが、SEO的に全く意味がないわけではありません。

以下のようなポイントを参考に、うまく活用してください。

ポイント1.共起語から検索ニーズを把握する

検索ニーズは、以下のようにGoogleの検索結果から把握するのがおすすめですが、共起語からも想定できます。

例えば、「SEO」の共起語としては次のようなワードが挙げられます。

  • 対策
  • キーワード
  • コンテンツ
  • リンク
  • ツール

ここから、「SEO」で検索するユーザーは、以下のような内容が知りたいと予想できます。

  • SEO対策のためのキーワードの選び方
  • SEO効果のあるコンテンツの作り方
  • SEO効果のあるリンクの貼り方
  • SEOに役立つツール

単純に共起語を盛り込むのではなく、このような検索ニーズを満たすことを意識すると良いでしょう。

ポイント2.共起語から記事のネタを探す

共起語は、記事のネタ探しにも役立ちます。

例えば、「SEO」に関するサイトを運営しているなら、「SEO,○○」といったキーワードで記事を書くだけでなく、共起語も参考にするとネタに困ることがなくなるでしょう。

「キーワード,○○」や「コンテンツ,○○」などのキーワードでも記事が書けそうですよね。

このように、共起語を活用してサイトの幅を広げていきましょう。

ポイント3.共起語をタイトルや見出しに盛り込む

記事内に共起語を入れるなら、文章だけでなくタイトルや見出しに盛り込む方がSEO効果を期待できます。

Googleは、タイトルや見出しに含まれている言葉を、重要なものと認識するからです。

ただし、文章が不自然にならないよう注意しましょう。

無理やり共起語を入れたような読みにくい文章は、ユーザーの離脱に繋がるだけでなく、悪質な場合はGoogleからペナルティを受ける可能性もあります。

共起語とサジェストキーワードの違い

共起語と似た概念に、サジェストキーワードがあります。

サジェストキーワードとは、ある検索キーワードと一緒に入力される頻度の高い言葉のことです。

例えば、Googleの検索窓に「SEO」と入力すると、

  • 対策
  • チェック
  • キーワード

などの言葉が自動で表示されます。

これらの言葉は「SEO」と一緒に入力される頻度が高いため、サジェストキーワードとして表示されているのです。

あるキーワードの共起語とサジェストキーワードを調べると、結果として同じ言葉が抽出される場合もありますが、概念としては異なっています。

共起語をうまく活用してSEO効果を高めよう!

以上、この記事では共起語の意味や調べ方を解説しました。

記事内に共起語を詰め込むだけではSEO効果は得られませんが、共起語から検索ニーズを把握したり、共起語からネタを探したりすることは重要です。

うまく活用してSEO効果を高めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.