共起語の検索ツールおすすめ5選【無料版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共起語とは、あるキーワードと関連性が強く、文章中に一緒に登場する頻度が高い言葉を意味します。

共起語はツールを使って簡単に調べられます。

この記事では、無料で簡単に使えるおすすめツールを紹介しますので、参考にしてください。

そもそも共起語とは何か知りたい方は、こちらの記事を読んでみてください。

無料で使える共起語検索ツール5選

1.共起語検索

最もシンプルで簡単に使える共起語検索ツールです。

検索窓にキーワードを入力するだけで、共起語を抽出できます。

Googleにおける検索順位の上位30サイトを対象として、共起語とその登場回数を表示してくれます。

2.ポインタ

『ポインタ』もシンプルで使いやすい共起語検索ツールです。

検索窓にキーワードを入力すれば、その共起語と重要度を表示してくれます。

共起語の他、サジェストキーワードを調べる機能もあるため、気になる方はチェックしてみてください。

3.Find Word

『Find Word』でも共起語を抽出できます。

キーワードと一緒に記事URLを入力すれば、その記事に含まれていない共起語も表示してくれるのが特徴です。

既存記事に対して、共起語を追加してSEO効果を高めたいときに使うと良いでしょう。

4.共起語分析ツール

このツールでは、名詞・動詞・形容詞の3つに分けて共起語を表示してくれます。

また、「共起ネット」ボタンをクリックすると、キーワード同士の関係が視覚的に表示されます。

5.共起語調査ツール

『共起語調査ツール』も無料で使えますが、会員登録が必要です。

  • 最大10件まで同時に検索できること
  • 検索結果が保存できること
  • GoogleとYahoo!の両方を対象として調査できること

がメリットといえるでしょう。

共起語ツールを活用する際の3つのポイント

ポイント1.共起語から検索ニーズを把握する

共起語ツールを使う際は、抽出された共起語を基に、キーワードの検索ニーズ(そのキーワードで検索するユーザーが知りたいこと)を把握することが重要です。

例えば、『共起語検索』のツールで「猫」の共起語を調べると、次のような単語が抽出されます。

  • カフェ
  • おすすめ
  • 東京
  • 人気
  • ペット

これらの共起語から、「猫」というキーワードの検索ニーズは以下のように想定できます。

  • おすすめの猫カフェが知りたい
  • ペットとして人気の猫が知りたい

このような細かな検索ニーズを把握することで、「猫」という漠然としたテーマで記事を書くよりも、ユーザーに届きやすい記事が書けるでしょう。

検索ニーズについては、下記の記事でも詳しく解説していますので参考にしてください。

ポイント2.共起語をタイトルや見出しに盛り込む

共起語検索ツールを使って抽出した共起語は、タイトルや見出しに盛り込むことを意識しましょう。

Googleは、タイトルや見出しに含まれるワードを重要なものと判断するため、SEO効果が高まります。

ただし、読みにくいタイトルや見出しを付けるのはNGです。

あくまでも、ユーザーの読みやすさを優先した文章を心がけてください。

ポイント3.共起語を文章中に詰め込みすぎるのは避ける

共起語を把握するのは大切ですが、記事内に無理に共起語を詰め込むのは避けましょう。

共起語を詰め込むと読みにくい文章になってしまい、ユーザーの利便性が下がってしまいます。

その結果、ユーザーの離脱率が上がったり、滞在時間が短くなったりすると、Googleからの評価も下がってしまいます。

共起語を意識するよりも、キーワードの検索ニーズを把握することが重要です。

検索ニーズに沿って記事を書けば、共起語は自然と文章内に盛り込まれるでしょう。

共起語検索ツールを活用してSEO効果の高い記事を書こう!

以上、この記事では、おすすめの共起語検索ツールや共起語を活用する際のポイントを紹介しました。

共起語を調べることは大切ですが、文章内に詰め込むことはNGです。

共起語を基に検索ニーズを把握し、ユーザーに役立つ読みやすい文章を作成しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加