フリーランスと個人事業主の違いを3つのポイントで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスと個人事業主は、ともに会社に所属せずに働く人のことを指しますが、違いもあります。

特に大きな違いは、個人事業主のほうがフリーランスより「節税効果が大きい」ということでしょう。

開業届を出して個人事業主になることで、大きな節税効果が得られるのです。

自由なスタイルで働くだけでなく、できれば多くのお金を手にしたいですよね。

この記事では、フリーランスと個人事業主の違いを3つのポイントで解説します。

節税効果の違いについても紹介しますので、利益を逃さないようにしっかりと理解しておきましょう。

1.フリーランスと個人事業主の違いは開業届を出しているか否か

個人事業主とフリーランスの大きな違いは、税務署に開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)を提出しているか否かです。

開業届を提出することで、法律的に個人事業主と認められます。

個人事業主は、フリーランスのうち、開業届を出している人といえるでしょう。

例えば、個人でライターをしており開業届を出している場合は、個人事業主ともフリーランスともいえます。

個人のライターで開業届を出していない場合は、フリーランスとはいえますが、個人事業主とはいえません。

(開業届を出していない場合でも「個人で事業をしている」とはいえますが、法律的な個人事業主とはいえません)

2.フリーランスと個人事業主で働き方に違いはない

フリーランスか個人事業主かによって、働き方が異なるわけではありません。

フリーランスでも個人事業主でも、企業から仕事を請け負って働く場合もあれば、完全に個人で創作活動を行う場合もあるでしょう。

働き方の違いは、個人の考え方によるところが大きいといえます。

また、フリーランスか個人事業主かによって、できる仕事内容が異なるわけでもありません。

どちらであっても、

  • ライター
  • エンジニア
  • カフェ運営

など、さまざまなジャンルの仕事に挑戦できます。

3.フリーランスより個人事業主のほうが節税効果は大きい!

フリーランスと個人事業主で働き方に違いはありませんが、個人事業主のほうが「節税効果が大きい」というメリットがあります。

節税効果について、具体的に確認しておきましょう。

個人事業主になって青色申告すれば最大65万円の特別控除が受けられる

個人事業主の開業届と一緒に「青色申告承認申請書」を出しておけば、確定申告の際に青色申告が可能です。

確定申告は青色申告と白色申告に分けられますが、青色申告では最大65万円の特別控除が受けられます。

つまり、青色申告をするだけで収入から65万円が差し引かれるので、それだけ所得が少なくなり、以下の税金が安くなるのです。

  • 所得税
  • 住民税
  • 国民健康保険料

開業届を出していないフリーランスでも確定申告はできる

青色申告は、開業届と青色申告承認申請書を提出した個人事業主しかできません。

しかし、開業届を出していないフリーランスでも、白色による確定申告はできます。

白色申告でも38万円の基礎控除が受けられるので、大きな節税対策といえるでしょう。

また、以下のような経費を申告すれば、さらに所得が少なくなるので節税効果は大きくなります。

  • 自宅を事務所としている場合の家賃や光熱費の一部
  • 打ち合わせのための交通費や飲食代
  • 資料としての書籍代

確定申告は自分で意外と簡単にできるので、フリーランスの方もぜひチャレンジしてみてください。

フリーランスも個人事業主もソフトを使って手軽に確定申告をしよう!

確定申告は難しいと思われがちですが、ソフトを使えば誰でも簡単にできます。

私も特に資格があるわけではありませんが、税理士などに頼ることなく毎年自分で確定申告を行っています。

私が使っているのは『やよいの青色申告オンライン』というソフトです。

日々の収入や経費などを入力しておけば、確定申告の時期に印刷するだけで提出書類が完成します。

1年間無料で使え、次年度からは年間8,000円かかりますが、確定申告すれば余裕で取り戻せる金額ですので、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加