Webライターに必須の3スキル!これができたら売上倍増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライティングのスキルを上げて、

  • クライアントからの注文が殺到するWebライターになりたい
  • 自分のサイトのアクセス数を増やして稼ぎたい

と考えている方は多いでしょう。

そこでこの記事では、Webライターに必須のスキルを紹介します。

今回、紹介するスキルは以下の3つ。

  • 仕様書を理解するスキル
  • 文章力・構成力
  • SEOライティングに関するスキル

これらのスキルは、コツを知っておけば誰でも簡単に習得できます。

私は、ライターとしてこのサイトを運営しつつ、クライアントからの依頼を受けて記事の執筆や編集なども行っています。

そんな経験をとおして、ライターに必要なスキルや身に付け方を紹介しますので、参考にしてください。

1.Webライターにとって最も大切なのは仕様書を読み解くスキル

自分のサイトに掲載する記事であれば、自由に書いても問題ありません。

しかし、クライアントから依頼を受けて記事を書く場合は、仕様書を正確に読み取り、それに沿って記事作成をすることが大切です。

仕様書とは、クライアントの依頼内容が書かれた「記事の設計図」のようなもの。

内容や形式はクライアントによって異なりますが、一般的には以下のようなことが書かれています。

仕様書を正しく理解してから記事を書かないと、せっかく書いても使えない記事になってしまったり、報酬をもらえなかったりするので注意しましょう。

Webライターは、仕様書から以下のような内容を読み取ることが大切です。

  • 掲載先サイト
  • 記事タイトル
  • 対策キーワード
  • 見出し構成・記事概要

順番に詳しく解説していきます。

(1)掲載先サイト

Webライターにとって、掲載先サイトの内容や目的を把握するスキルはとても重要です。

ここを理解しておかないと、記事を書いても無駄になってしまう可能性もあります。

掲載先サイトのURLが記載されている場合は、必ずクリックして確認しましょう。

全記事をチェックする必要はありませんが、何記事か読んでみて、サイトの目的やターゲット、「ですます調」なのか「である調」なのか、などを確認します。

ここで一番重要なチェックポイントは、サイトの目的です。

基本的にどんなサイトにも、自社のサービスや商品を売る、アフィリエイトで商品を売るなど、何らかの目的があります。

たとえば、掲載先が仮想通貨を紹介するサイト『仮想通貨のすべて』だったとすると、このサイトの目的は「ユーザーにサイト経由で仮想通貨の取引口座を開設してもらい、アフィリエイト収入を得ること」と予想できます。

サイト内に口座開設ページへのリンクが貼ってあったりすれば、上記の予想はほぼ間違いありません。

記事を外注しているサイトの多くは「稼ぐこと」を目的としているので、予想しながらサイト内を見てみると目的を把握しやすいでしょう。

(2)記事タイトル

掲載先サイトの目的を把握したら、それに念頭に置いて他の項目も確認していきましょう。

記事タイトルは、記事のテーマを示す重要な項目です。

このタイトルに合わせて記事を書いていくことになりますが、それだけでは失敗する可能性があります。

タイトルに合わせつつ、先ほど確認した、掲載サイトの目的とも合わせる必要があるのです。

たとえば、記事タイトルが「仮想通貨を始める前に知っておきたい3つのリスク」だったとしましょう。

掲載先サイトは、先ほどの『仮想通貨のすべて』です。

この場合、リスクを紹介する記事ではありますが、「仮想通貨はリスクが大きいので始めないほうがよい」という内容を書いてしまうのはNGですよね。

なぜなら『仮想通貨のすべて』の目的は、「仮想通貨の取引口座を開設してもらうこと」だからです。

  • 仮想通貨にはリスクがあるため、しっかり対策しておくことが大切
  • リスクはあるけれどメリットもあるので、注意しながら進めることが重要

などように、仮想通貨を否定しないように配慮することが大切です。

記事概要や見出し構成を見れば記事の方向性がわかる場合もありますが、特に記載がないケースもあります。

その場合は、掲載先サイトや記事タイトルから、クライアントの意向を読み取りましょう。

(3)対策キーワード

対策キーワードが指定されている場合は、そのキーワードで実際に検索してみて、ライバルサイトや検索ニーズを確認しましょう。

検索ニーズについては、下記の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

また、対策キーワードは、すでにタイトルや見出しに含まれているケースもありますが、もし含まれていない場合は、記事を書きながら入れていくとクライアントに喜ばれます。

小見出しや文章内にも、不自然にならない程度に入れていくとよいでしょう。

ただし、タイトルや見出しは変更不可という場合もあるので注意してください。

(4)見出し構成・記事概要

見出し構成や記事概要が指定されている場合は、基本的にそれに従って書きましょう。

掲載先サイトの目的や記事タイトルから大きくずれなければ見出し構成を変えてもOKという場合もありますし、構成を変えるのは絶対NGという場合もあります。

判断に迷う部分は、クライアントに確認しておくと安心です。

仕様書はクライアントによって大きく異なる

ここまで、仕様書を読み解くポイントを解説しましたが、仕様書はクライアントによって大きく異なります。

タイトルや概要だけが指定される場合もありますし、全体の構成がしっかりと定められている場合もあるでしょう。

ライターが自由に変更できる範囲もクライアントによって違いますので、気になる部分は、事前にクライアントへ質問しておくのがおすすめです。

ライターには、クライアントとやりとりするスキルも必要といえるでしょう。

仕様書を理解したら「中の人」という意識で記事を書こう

意外と忘れがちなのが「中の人」という意識です。

たとえば、先ほどの『仮想通貨のすべて』の記事を書く場合は、「中の人=仮想通貨のプロ」になりきって書かなければなりません。

  • 仮想通貨には◯◯というリスクがあるようです。
  • 仮想通貨には△△というメリットがあるといわれています。

といった表現は避けるべきでしょう。

  • 仮想通貨には◯◯というリスクがあるのです。
  • 仮想通貨には△△というメリットがあります。

などのように、実際には知らなくても、詳しい人になりきることが大切です。

2.Webライターには文章力や構成力が必要

当たり前ですが、Webライターには、わかりやすい文章を書くスキルや、全体を構成するスキルが必要です。

これらのスキルは書くことで身に付きますので、どんどん記事を書いていきましょう。

また、このサイトでも、文章力や構成力を上げる方法をいくつか紹介していますので、参考にしてください。

ここでは、いくつかのポイントを簡単に紹介します。

(1)冗長表現を避けよう

冗長表現とは、無駄が多いダラダラとした表現のことです。

冗長表現を多用すると読みにくいだけでなく、幼稚な文章という印象を読者に与えてしまい、記事の信憑性まで疑われる可能性もあります。

以下の記事では、冗長表現を改善するポイントを例文付きで解説していますので、ぜひ参考にしてください。

3.WebライターにはSEOライティングに関するスキルも必要

Webライターには、SEOに関するスキルや知識も必要です。

検索キーワードや見出し構成に関する知識があれば、自分のサイトのアクセスをより効率的に増やしていけるでしょう。

また、クライアントから依頼を受けて記事を書く場合でも、SEOを意識してライティングすれば喜ばれます。

SEOに関する情報はインターネット上にもあふれているので、少しずつ勉強していきましょう。

Webライターに必要なスキルを習得して売上をアップしよう!

今回は、Webライターにとって必須のスキルを紹介しました。

記事を書くときに意識しておけば、誰でも簡単に習得できます。

このサイトでは、SEOやライティングに関する情報を発信していますので、ぜひ他の記事も読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加