文章を改行して劇的に読みやすくする3つのテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

適切な位置で改行することで、文章は劇的に読みやすくなります。

逆に、改行の位置が不適切だと読みにくい文章になってしまい、読了率は下がってしまうでしょう。

そこでこの記事では、主にブログやWebサイト上の文章に関する改行のテクニックを紹介します。

簡単に使えるテクニックばかりなので、ぜひ参考にしてください。

1.Webサイトの文章は1文ごとに改行してもOK

Webサイトの文章は、第一印象が重要です。

文字ばかりが詰め込まれていると、読者が「読みにくそう…」と感じて離脱してしまう可能性もあります。

次の例文を読んでみてください。

改行のない文章
私の仕事は文章を書くことで、金融系や美容系などさまざまなジャンルの記事を書いています。記事を書くときに大切にしていることは、ターゲットのニーズを把握することやしっかりと情報収集をすることです。これまで多くのクライアントから依頼を受けて執筆してきました。記事のクオリティはもちろん、スムーズな連絡や納期を守ることも大切にしていますので、ぜひご依頼ください。

文字が詰まりすぎていて、読む気がなくなりますよね。

以下のように改行を入れてみましょう。

改行のある文章
私の仕事は文章を書くことで、金融系や美容系などさまざまなジャンルの記事を書いています。

記事を書くときに大切にしていることは、ターゲットのニーズを把握することやしっかりと情報収集をすることです。

これまで多くのクライアントから依頼を受けて執筆してきました。

記事のクオリティはもちろん、スムーズな連絡や納期を守ることも大切にしていますので、ぜひご依頼ください。

まったく同じ文章ですが、改行を入れるだけでグッと読みやすくなりました。

とくに最近はスマホから閲覧するユーザーが多いため、小さな画面でも読みやすくする配慮はとても大切。

このサイトの読者も半分以上がスマホから閲覧していますので、基本的に1文ごとに改行しています。

必ず1文ごとで改行する必要はありませんが、画面が文字でいっぱいになるような状況は避けましょう。

一方、新聞や雑誌などのメディアでは、内容や主張が変わる部分で改行するのが一般的です。改行はメディアに合わせて最適化しましょう。

2.「」内の文章は改行しない

1文ごとに改行するとスマホでも読みやすいことを紹介しましたが、「」内は改行しないようにしましょう。

「」内で改行すると、次の文章のようにどこまでを括っているのかわかりにくくなってしまいます。

NG例
友人から次のような相談を受けました。

「ブログを書き始めてみたものの、すぐに書くネタがなくなってしまった。

ブログのネタはどのように探せばよいのでしょうか?」

内容が途切れてしまって読みにくいですよね。

次のように「」内の改行はなくしましょう。

OK例
友人から次のような相談を受けました。

「ブログを書き始めてみたものの、すぐに書くネタがなくなってしまった。ブログのネタはどのように探せばよいのでしょうか?」

また、「」内の文章を長くしすぎないような配慮も大切です。

3.Webの文章は改行したときに1字下げをしない

本や新聞などのメディアでは、改行したときに1字下げをするのが一般的ですが、Webサイトの文章では1字下げは不要です。

次の例文を読んでみてください。

NG例
 ブログを書き始めてみたものの、すぐに書くネタがなくなってしまうとお悩みのライターも多いでしょう。

 効率よくブログのネタを探すためには、本を読むことやインターネットで情報を集めることが大切です。

 また、ブログのテーマとして自分の得意ジャンルを選ぶことも、ネタ切れを防ぐ方法の1つといえます。

ガタガタして読みにくいですよね。

OK例
ブログを書き始めてみたものの、すぐに書くネタがなくなってしまうとお悩みのライターも多いでしょう。

効率よくブログのネタを探すためには、本を読むことやインターネットで情報を集めることが大切です。

また、ブログのテーマとして自分の得意ジャンルを選ぶことも、ネタ切れを防ぐ方法の1つといえます。

文と文の間に空白部分ができるので、それで十分。

わざわざ1字下げをすると、読みにくくなってしまうので注意しましょう。

改行と組み合わせて使いたい文章デザインの3つのコツ

文章を読みやすくする方法は、改行だけではありません。

以下3つのコツを組み合わせれば、より読みやすい文章を書けるでしょう。

  1. こまめに小見出しを設置する
  2. 並列的な情報は箇条書きにする
  3. 太字やマーカーを使う

それぞれについて詳しく解説していきます。

1.こまめに小見出しを設置する

1文ごとに改行するだけでは、内容の変化や話の要点がわかりにくくなってしまいます。

そこで、Webサイトの文章の場合は、小見出しをこまめに設置しましょう。

小見出しを読んでいくだけで、文章全体の概要を把握できるのがベストです。

Webサイトの文章は基本的に無料で気軽に読めるため、読むのをやめることも気軽にできてしまいます。

読者に最後まで読み進めてもらうためには、

  • 話の要点がすぐにわかること
  • 求める情報が書かれている部分を簡単に把握できること

などが重要です。

小見出しにその段落の結論をわかりやすく書いて、読者に伝えるようにしましょう。

2.並列的な情報は箇条書きにする

ダラダラと書くよりも箇条書きを用いるほうが、文章は劇的に読みやすくなります。

箇条書きのメリットは以下のとおり。

  • 1文が短くなるので読みやすい
  • 文章が苦手な人でも要点を伝えやすい
  • 情報をグループ分けできる

少しでも並列的な情報が出てきたら、箇条書きにしてみましょう。

3.太字やマーカーを使う

前述のとおり、Webサイトの文章においては、話の要点を簡単に把握できることが重要。

太字やマーカーを使うことも、読者に要点を伝えるうえで効果的です。

使いすぎると情報が増えすぎて読みにくくなりますが、小見出しの中の重要な部分などで使ってみましょう。

文章を改行するコツを掴んで読みやすくしよう!

今回は、改行によって文章を劇的に読みやすくするコツを紹介しました。

  • 1文ごとに改行する
  • こまめに小見出しを設置する
  • 並列的な情報は箇条書きにする

といったことを意識すれば、誰でも簡単に読みやすい文章が書けます。

読みやすい文章を書くコツについては、次の記事でも解説していますので、あわせて読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.