例文で学ぶ!リード文の書き方5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログの導入文がうまく書けない
  • リード文の書き方がよくわからない

といった人も多いでしょう。

実は私もリード文を書くのが苦手でした。

でも、この記事で紹介する5つのポイントを知ったことで、簡単に書けるようになったのです。

今回は、その5つのポイントを例文付きでわかりやすく紹介しますので、参考にしてください。

リード文・導入文で書くべき5つのポイント

リード文に書いておくべき内容は、以下の5つ。

  1. 読者の悩み・疑問
  2. 記事の結論・要約
  3. 記事の信頼性
  4. 読めば得られるメリット(または避けられるデメリット)
  5. 簡単に実践できること

毎回5つ全部を書く必要はありませんが、最低でも3つは書くように心がけましょう。

上記5つの項目を盛り込むと、次のようなリード文になります。

魅力的なリード文の例
(1.読者の悩み・疑問)
ブログのネタがないと悩むことはありませんか?

(2.記事の結論・要約)
ブログのネタを効率よく探すためには、

・サジェストキーワードを参考にする
・共起語を参考にする

といったことが重要です。

(3.記事の信頼性)
この記事ではこれらのポイントについて、月30万PVのサイトを運営している私が詳しく解説します。

(4.読めば得られるメリット)
ポイントを把握しておけば、ネタ探しが効率的に進むでしょう。

(5.簡単に実践できること)
誰でも簡単に実践できる内容ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。

5つの項目の書き方について、詳しく見ていきましょう。

1.読者の悩み・疑問

この部分では、「この記事には自分の求める答えがありそうだ!」と読者に思ってもらうことが重要です。

ここで読者の気持ちを掴まないと、すぐに離脱されてしまいます。

そうなると、

  • せっかく書いた記事が読まれない
  • 滞在時間が短いことでGoogleの評価が下がる

といった残念な結果となるでしょう。

タイトルや検索キーワードから「この記事を読むのはどんな人かな?」と考えながら、読者の気持ちを掴む一文を書くことが大切です。

例文
・ブログのネタが見つからないとストレスがたまりますよね。
・ブログで稼ぐ方法を知りたいという人も多いでしょう。

2.記事の結論・要約

残念ながら、抽象的なことばかり書かれていて、具体的な結論がわかりにくい文章も増えてきてしまいました。

読者も「この記事には具体的な結論が書かれているのかな?」と不安を感じることも多いでしょう。

そこで、記事の結論はリード文の段階で提示することが大切です。

結論は、

  • 箇条書きなどを用いて簡潔に記載する
  • 詳しくは本文で解説する

ようにすると、スムーズに読み進めてもらえるでしょう。

例文
・ブログを書くうえで大切なのは信頼性や権威性です。
・ダイエットを成功させるためのポイントは次の3つです。

3.記事の信頼性

記事の信頼性とは、

  • 誰が書いているのか?
  • 何を根拠に書いているのか?

といったことです。

  • 情報技術の発達
  • アフィリエイトの普及

などを背景として、専門家でなくても専門的な内容を発信する世の中になりました。

そのため、読者は記事の信頼性について不安を感じる場合もあるでしょう。

そこで、読者に安心して読んでもらうために、以下のような内容を書いて信頼性を高めておくことが大切なのです。

例文
・ブログで月100万円稼ぐ私がアフィリエイトのコツを紹介します。
・厚生労働省のデータを基に解説します。
・1,000件以上食べ歩いた私がおすすめのお店を紹介します。
・ファイナンシャルプランナーが詳しく解説します。

どうしても書けない場合は、書かなくてもOKです。

他の項目に力を入れておき、また後でリライトしましょう。

4.読めば得られるメリット(または避けられるデメリット)

数字などを含めて、できるだけ具体的なメリットを書きましょう。

また、人は「メリットを得たい!」という気持ちだけではなく、「デメリットやストレスを避けたい!」という気持ちも強いもの。

以下のような例文を用いて、本文へ導きましょう。

例文
・この記事で紹介する方法を使えば月10万円稼げます。
・ポイントを知っておけば1ヶ月で5kg痩せられるでしょう。
・確定申告のストレスから解放されるでしょう。
・毎月1万円の無駄な出費を抑えられます。

5.簡単に実践できること

特に初心者向けの記事では、簡単に実践できることを示すのが重要です。

次のように記載しましょう。

例文
・初心者でも実践できる内容ばかりです。
・中学生でも理解できるようにわかりやすく解説します。
・1日1時間程度で効果が出ます。

そもそもリード文・導入文は重要?

ここまでリード文を書くポイントを紹介しましたが、「そんなにリード文に力を入れる必要はあるの?」と感じる方もいるでしょう。

結論から言うと、リード文はとても重要です。

2つの理由を紹介しますので、チェックしてみてください。

1.読者はリード文を読んで記事の価値を判断するから

読者はリード文(特に最初の1、2行)を読んだ時点で、その先も読むかどうかを判断しています。

Webサイトの文章は基本的に無料で読めるため、やめるのも気軽にできてしまうのです。

  • 自分の求める答えがなさそう
  • 記事の信頼性が低そう
  • 読むメリットがなさそう

と感じてしまうと、読者は一瞬で離脱してしまいます。

2.リード文の段階で離脱されるとGoogleの評価が下がるから

読者がリード文の段階で離脱すると滞在時間が短くなるため、Googleの評価が下がってしまう可能性があります。

Googleは、

  • 離脱率や直帰率
  • 文字数に対する滞在時間
  • スクロール状況

などを総合的に評価して、検索順位を決めていると考えられます。

そのため、しっかりとしたリード文で読者の心を掴み、本文を読み進めてもらい滞在時間を長くすることは、SEO的にも重要なのです。

リード文は最後に書こう

特別なルールではありませんが、私は本文を書いた後でリード文を書いています。

正確には、

  1. ざっとリード文を書く
  2. じっくり本文を書く
  3. じっくりリード文をまとめる

という流れです。

リード文には本文の結論を記載するため、上記の順番のほうがスムーズに書けます。

リード文は150~200文字で書こう

リード文はあまり長々と書かず、早めに本文へ進みましょう。

150~200文字くらいが適切です。

前述の5項目を盛り込むことは重要ですが、なかなか本題に入らないと読者がイライラしてしまいます。

魅力的なリード文で読者の心を掴もう

今回は、リード文の書き方や重要性を解説しました。

簡単にポイントをおさらいしておきましょう。

リード文に書くべき項目は以下の5つ。

  1. 読者の悩み・疑問
  2. 記事の結論・要約
  3. 記事の信頼性
  4. 読めば得られるメリット(または避けられるデメリット)
  5. 簡単に実践できること

また、魅力的なリード文を書くことで、

  • 読者の早期離脱
  • 滞在時間の低下

を防ぐことができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.