アフィリエイトは実名・顔出しでやるべき?メリット・デメリットを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アフィリエイトを始めたいけれど顔や実名は出したくない
  • できればこっそりと始めたい

と考える人も多いでしょう。

顔や実名を出したほうが稼ぎやすいという意見もありますが、本当にそうでしょうか?

この記事では、さまざまな視点から考えてみたいと思います。

アフィリエイトは必ずしも実名・顔出しでやる必要はない

アフィリエイトは、必ずしも実名や顔出しでやる必要はありません。

名前も顔も出さずに成功しているアフィリエイトサイトはたくさんあります。

後述するように、名前や顔を出すことにはメリットもデメリットもありますので、慎重に判断しましょう。

重要なのはサイトを覚えてもらいやすいかどうか

アフィリエイトを成功させるためのポイントとして、

  • 読者にサイトを覚えてもらうこと
  • 親近感や信頼感をもってもらうこと

が挙げられます。

顔や実名を出すと、読者の印象に残りやすいでしょう。

  • 読者に真剣さが伝わる
  • 信頼感につながりやすい

という場合もあります。

ただ、他の方法でサイトの存在を印象づけることもできます。

実名や顔を出さずに成功しているアフィリエイトサイト

名前や顔を出さずに成功しているサイトを2つ紹介します。

1つ目は、『ひつじアフィリエイト』です。

運営者情報のページには小さく名前が記載されていますが、読者が目にすることはあまりなさそうです。

本人の代わりに、ひつじとおおかみのキャラクターが登場して、アフィリエイトの始め方やサイトデザインなどを解説してくれます。

どの記事にもひつじとおおかみの会話が挿入されているのが特徴的で、読者の親近感を得ることに成功しているといえるでしょう。

2つ目は、『クロネのブログ講座』です。

このサイトも、本名や顔を出さずに成功しています。

猫のキャラクターが登場して、ブログの始め方から稼ぎ方まで解説してくれるのが特徴です。

また、100記事書くことを目標として、10記事ごとのポイントを解説してくれる企画が印象に残ります。

他にも、実名を出さずに成功しているアフィリエイトサイトはたくさんあります。

以上のように、顔や本名を出さなくても、

  • 読者の印象に残るキャラクター
  • サイトを特徴づける企画や記事

があれば、アフィリエイトは成功しやすいといえるでしょう。

実名や顔を出して成功しているアフィリエイトサイト

逆に、名前や顔を出して成功しているアフィリエイトサイトもあります。

1つ目は、『manablog』です。

このサイトの運営者は名前や顔を公開して、アフィリエイトやコンサルなどで稼いでいます。

Twitterでも生活スタイルを公開するなど、自分のキャラクターを最大限に活用して存在感をアピールしているといえるでしょう。

2つ目は、『KYOKOオフィシャルブログ』です。

このサイトでも名前や顔が公開されており、副業としてアフィリエイトやブログを始める方法などが紹介されています。

以上のように、自分のキャラクターをうまく活用してファンを獲得し、収益を得ているサイトもあります。

アフィリエイトを実名・顔出しでする4つのメリット

アフィリエイトを実名や顔出しでするメリットは以下のとおりです。

  • 読者の印象に残りやすい
  • アフィリエイト以外のビジネスにも発展しやすい
  • 資格や実績などがあればさらに信頼性が上がる
  • 承認欲求が満たされる

順番に見ていきましょう。

1.読者の印象に残りやすい

実名や顔出しをする一番のメリットは、読者の印象に残りやすいことでしょう。

無数にあるサイトの中から自分のサイトを選んで見てもらったり、覚えてもらったりするのは、とても難しいことです。

記事だけが並んでいるサイトより、プロフィールページが充実しており、名前や顔が載っているサイトのほうが読者の記憶に残ります。

読者によい印象を与えれば、「またわからないことがあれば見てみよう」と思ってもらえるでしょう。

ただし、前述のとおり、実名や顔を出す以外にも、キャラクターや独自の企画によって読者に覚えてもらう方法もあります。

実名や顔を出せば簡単に稼げる、というわけではないので注意しましょう。

2.アフィリエイト以外のビジネスにも発展しやすい

実名や顔を出して良質なコンテンツを提供すれば、サイトの信頼性だけでなく、個人の信頼性も上がっていきます。

そのため、アフィリエイト以外のビジネスも展開しやすくなるでしょう。

たとえば、『manablog』の運営者は、SEOに関するコンサルやブログ教材の販売、YouTuberとしての活動なども展開しています。

アフィリエイトサイトで得た信頼をもとに、さまざまなビジネスを展開しているのです。

3.資格や実績などがあればさらに信頼性が上がる

名前や顔に加えて資格や実績なども公開すると、さらに信頼性が上がるでしょう。

不動産関係のアフィリエイトなら宅地建物取引士、子ども関連商品のアフィリエイトなら保育士といった資格があると信頼獲得につながります。

また、子育て経験や不動産会社での勤務経験などをプロフィールに記載するのもよい方法です。

4.承認欲求が満たされる

サイトのPV数が増えることや、収益が上がることも嬉しいのですが、個人として認められることも喜びにつながります。

承認欲求を満たしたい場合は、実名や顔を公開するとよいでしょう。

ただし、コンテンツが批判されると逆効果なので注意も必要です。

アフィリエイトを実名・顔出しでする4つのデメリット

名前や顔を出すことには、以下のようなデメリットがあります。

  • 会社に副業がばれる
  • 記事を自由に書きにくくなる
  • 個人情報の流出につながる
  • 自分が批判されている気分になる

順番に詳しく解説していきます。

1.会社に副業がばれる

副業禁止の会社に勤めているなら、名前や顔を出すのは避けるべきです。

本業に支障が出てしまっては意味がありません。

実名を出す代わりにキャラクターなどをうまく活用して、読者を獲得していきましょう。

2.記事を自由に書きにくくなる

普段とは違う人のように振る舞えることは、インターネットにおける匿名性の利点のひとつです。

もちろん、匿名だからといって何でも発言してよいわけではありません。

人を傷つけるような発信は避けるべきです。

ただ、匿名だからこそ、普段は書けないような記事や、できないような企画が実現することもあるでしょう。

名前や顔を出すことで、記事を自由に書きにくくなりそうなら、ニックネームなどを利用するほうがおすすめです。

3.個人情報の流出につながる

名前や顔といった個人情報が流出したり、間違った形で拡散されたりするリスクもあります。

インターネット上に流出した情報を削除するのは難しいため、注意しましょう。

4.自分が批判されている気分になる

コンテンツが批判されると、自分の存在まで否定された気分になることもデメリットです。

また、名指しで批判されるケースもあるので、自信がない場合は顔や名前は出さないほうがよいでしょう。

アフィリエイトでの実名公開や顔出しは慎重に判断しよう!

今回は、アフィリエイトにおける実名公開や顔出しのメリット・デメリットなどを紹介しました。

名前や顔を公開することでファンを獲得できるケースもありますが、会社に副業がばれる、批判されて傷つくこともある、といったデメリットもあります。

実名や顔を出したからといって、簡単に稼げるわけではありません。

キャラクターやペンネームなどをうまく活用する方法もありますので、実名や顔を出す前によく考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加