【職種別】Web系フリーランスにおすすめの資格・検定一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、Web系フリーランスにおすすめの資格や検定をまとめて紹介します。

  • Webライティング
  • Webデザイン
  • Webディレクション
  • Webマーケティング

に役立つ資格を知りたい人は、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスWebライターにおすすめの資格・検定

Webライティングに関する検定を受けるなら、SEOスキルや日本語力を証明できるものを選ぶとよいでしょう。

以下、おすすめの資格・検定を順番に解説していきます。

WEBライティング技能検定

受験料6,000円
受験資格WEBライティング技能検定講座の受講者
資格有効期限特になし

日本クラウドソーシング検定協会が実施している『Webライティング技能検定』に合格すれば、「Webライティング実務士」の資格を取得できます。

Webライティングの高いスキルがあることを証明できるため、仕事獲得や単価アップにつながるでしょう。

次のクラウドソーシングサイトでは、高単価の案件紹介といった合格者特典が受けられるのも大きな特徴です。

  • ランサーズ
  • サグーワークス
  • CROWD

オンライン試験のため気軽に挑戦できますが、受験の前に『ヒューマンアカデミー』が提供するWEBライティング技能検定講座(Webライティングコース)」を受講しなければなりません。

この通信講座では、

  • SEOライティングのスキル
  • 日本語や文章構成の基礎知識
  • オリジナルコンテンツを作成するための企画力

などが身につきます。

この講座の内容について詳しく知りたい場合は、公式サイトから資料請求をしてみてください。

▼無料で資料請求してみる

SEO検定

受験料1級:8,000円
2級:6,000円
3級:5,000円
4級:5,000円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

SEO検定』は、全日本SEO協会が実施している検定試験。1〜4級に分かれているため、自分のレベルに合わせて受験可能です。

SEOに関して網羅的に学習したい場合は、4級から順番に受験するとよいでしょう。以下のような知識やスキルを習得できます。

  • 検索エンジンの仕組み
  • 検索キーワードの設定方法
  • コンテンツSEO
  • ソーシャルSEO

SEOの知識があればWebライティングのスキルも大幅にアップするため、ぜひ挑戦してみましょう。

▼公式サイトはこちら

日本語検定

受験料1級:6,300円
2級:5,300円
3級:3,800円
4級:2,500円
5〜7級:1,800円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

日本語検定』は、文部科学省などが後援している検定試験です。Webライターはもちろん、編集や校正の仕事をしている人にも役立つでしょう。

試験では、

  • 漢字
  • 文法
  • 語彙
  • 敬語

など、日本語に関するさまざまな能力を試されます。

1〜7級に分かれていますが、4級以下は中学校卒業レベル以下であるため、仕事には役立ちません。

日本語力を証明するために試験を受けるなら、社会人上級レベルである1級を目指すとよいでしょう。

***

次の記事では、Webライティングに関する他の資格や検定についても紹介していますので参考にしてみてください。

フリーランスWebデザイナーにおすすめの資格・検定

Webデザインに関する検定を受けるなら、

  • デザインに関する基礎知識
  • コーディング技術
  • PhotoshopやIllustratorの操作スキル

などが身につくものを選ぶとよいでしょう。

以下、おすすめの資格・検定を紹介します。

ウェブデザイン技能検定

受験料1級:学科7,000円/実技:25,000円
2級:学科6,000円/実技:12,500円
3級:学科5,000円/実技:5,000円
受験資格学歴・実務要件など
資格有効期限特になし

ウェブデザイン技能検定』は、Webデザインに関する数少ない国家検定。厚生労働省の指定を受けた、インターネットスキル認定普及協会が実施しています。

1〜3級に分かれていますが、1級と2級を受験するためには、

  • 学歴
  • 実務経験
  • 下位の級の合格

といった要件を満たす必要があります。

Webデザインの経験がない場合は、受験資格が特にない3級から挑戦するとよいでしょう。

試験は、

  • デザインやコーディングに関する知識を問われる学科試験
  • 画像の配置やソースの修正を求められる実技試験

に分かれていますので、過去問題集などでしっかりと勉強しておくのがおすすめです。

Webクリエイター能力認定試験

受験料エキスパート:7,500円
スタンダード:5,900円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

Webクリエイター能力認定試験』は、コーディング能力やデザイン能力を証明してくれる試験です。

試験は次の3つに分かれています。

  • HTML5対応版
  • XHTML1.0対応版
  • HTML4.01対応版

それぞれの試験は、エキスパート(上級)とスタンダード(初級)に分かれているので、自分のレベルに合わせて受験しましょう。

スタンダードでは、HTMLやCSSに関する実技問題が出されます。

エキスパートでは実技問題に加えて知識問題も出されるため、しっかりと対策しておきましょう。HTMLやCSSだけではなく、JavaScriptについても学習しておかなければ合格できません。

合格率は80〜90%程度であるため、それほど難易度は高くない試験といえるでしょう。

Photoshopクリエイター能力認定試験

受験料エキスパート:8,600円
スタンダード:7,600円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

Photoshopクリエイター能力認定試験』は、Webデザイナーには欠かせないツールであるPhotoshopのスキルを測定する試験です。

認定試験では、指示を理解したうえで、実際にPhotoshopを使ってグラフィックを作成することが求められます。

エキスパートとスタンダードという2つのレベルに分かれているため、自分のスキルに合わせて受験しましょう。

エキスパートの試験では、実技だけではなく知識問題も出題されます。

***

その他のWebデザインに関する資格については、以下の記事で紹介していますので、気になる人はチェックしてみてください。

フリーランスWebディレクターにおすすめの資格・検定

Webディレクターは、Webサイト制作を取りまとめる役割を担うため、幅広い知識を習得しておかなければなりません。

検定を受けるなら、

  • Webサイト制作について体系的に学べるもの
  • 足りないスキルを補えるもの

を選ぶとよいでしょう。

Webディレクター

受験料10,000円
受験資格特になし
資格有効期限2年間

Webディレクター』の資格は、株式会社ボーンデジタルが実施している「Webディレクション試験」に合格すると得られます。

  • Webディレクターとして就職や転職をしたい人
  • 会社のWebサイト運営を担当している人
  • フリーランスWebディレクターとして独立したい人

などにおすすめです。

試験では、

  • Webサイト設計
  • プロジェクト企画
  • 現状分析
  • 工程管理

といった幅広い内容が出題されます。

公式テキストや公式問題集が提供されているため、うまく活用して学習しておきましょう。

Webプロデューサー

受験料10,000円
受験資格特になし
資格有効期限2年間

Webプロデューサー』は、株式会社ボーンデジタルが運営する「Webプロデュース試験」に合格することで得られる資格です。

Webディレクターを目指す人はもちろん、WebプロデューサーやWebコンサルタントになりたい人にもおすすめの資格といえるでしょう。

試験では、以下のような内容を問われます。

  • インターネットビジネスのプロデュース
  • Webマーケティングの手法
  • Webサイトのプロデュース
  • Webサイトの設計

『Webディレクター』の試験と同様に、公式テキストや公式問題集を使って勉強するとよいでしょう。

ビジネス著作権検定

受験料初級:5,100円
上級:8,000円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

ビジネス著作権検定』は、著作権についての基礎知識や応用力を問う検定試験。

著作権に関する知識は、Webサイトやコンテンツを作成するときにも必要です。知らないうちに著作権を侵害してしまわないよう、しっかりと理解しておきましょう。

この検定を受けることで、

  • 著作権法の概要
  • 著作権で保護されるもの
  • 著作権の保護期間
  • 著作権の侵害

などの知識を習得できます。

***

Webディレクターにおすすめの資格や検定については、以下の記事でも紹介しています。ぜひ参考にしてください。

フリーランスWebマーケターにおすすめの資格・検定

Webマーケティングに関する検定を受けるなら、SEOやWeb集客についての知識を証明できるものを選択するとよいでしょう。

以下、おすすめの資格や検定を紹介します。

SEOマーケティングアドバイザー

受験料11,000円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

SEOマーケティングアドバイザー』は、SEOやWebマーケティングに関する高いスキルを有することを証明する資格です。

オンライン試験でさまざまな資格を取得できる『ラーキャリ』によって提供されています。

選べるコースは以下の2つ。

  • テキスト+試験(49,500円)
  • 試験のみ(11,000円)

テキスト付きのコースでは、SEOライティングやWebマーケティングについて体系的に学習できます。

SEOやマーケティングの知識があまりない場合は、テキスト付きのコースを選ぶとよいでしょう。

自信がある場合は、試験だけ受けてもOKです。

▼公式サイトはこちら

ネットショップ実務士

受験料レベル1:7,000円
レベル2:7,500円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

ネットショップ実務士』は、ECサイトの設計や運営に関わる際に役立つ資格です。

2つのレベルに分かれており、レベル1の試験では、

  • ネットショップの動向
  • ネットショップを始めるための準備
  • ネットショップの企画や運用

といった基礎的な知識を問われます。

レベル2の試験では、

  • ネットショップにおけるクレーム対応
  • 商品写真の撮影技術
  • ネットショップのカラーデザイン
  • キャッチコピーの作成方法

などの実践的な知識を問われます。

基本的には公式テキストから出題されるため、しっかり対策しておけば、合格するのはそれほど難しくないでしょう。

▼公式サイトはこちら

ネットマーケティング検定

受験料6,000円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

ネットマーケティング検定』は、株式会社サーティファイが実施する検定試験です。

  • インターネットの構造
  • 検索エンジンの仕組み
  • 情報セキュリティ対策
  • インターネット広告の種類や特徴
  • アクセス解析の基本
  • 個人情報保護法

といった内容が出題されるため、幅広い分野について理解しておかなければなりません。

ただ、全体的に難易度は低めに設定されているため、初心者でも挑戦しやすい検定といえるでしょう。

***

Webマーケティングに関する資格や検定について、もっと詳しく知りたい人は、次の記事をチェックしてみてください。

資格を取得してフリーランスとしてのスキルを証明しよう!

今回は、Web系フリーランスにおすすめの資格や検定を紹介しました。

フリーランスとして活躍するために、必ず資格がいるわけではありません。

ただ、資格をアピールすることで、特定の知識やスキルを習得していることを証明できるため、仕事獲得や単価アップにつながるケースも多いでしょう。

とくにフリーランスとして独立したばかりの頃は、実績をアピールできないため、資格が役立つ場面も多いといえます。

自分のレベルや目的に合った資格を取得しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加