Midworks(ミッドワークス)の評判・メリット・デメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Midworksの口コミ・評判

Midworks(ミッドワークス)』は、Web系フリーランスに人気のエージェントです。

給与保障サービスがあることが、他のフリーランスエージェントとの大きな違いといえるでしょう。

この記事では、『Midworks』の

  • 特徴やメリット・デメリット
  • Goodな口コミ・評判
  • Badな口コミ・評判

などを紹介します。

どのフリーランスエージェントを利用するか検討中の人は、ぜひ読んでみてください。

『Midworks(ミッドワークス)』の概要

『Midworks(ミッドワークス)』の口コミ・評判
運営会社株式会社Branding Engineer
対象職種・ポジションエンジニア
デザイナー
ライター
マーケター
ディレクター

Midworks』は、株式会社Branding Engineerが運営しているフリーランスエージェントです。

  • 価格満足度
  • 案件充実度

の高いフリーランスエージェントとして人気があります。

案件数が豊富で、

  • リモート可
  • 週3日稼働OK

といった仕事もあるので、自分に合った働き方を実現できるでしょう。

案件紹介や契約サポートなどのサービスは、無料で利用できます。

以下、『Midworks』のメリット・デメリットをわかりやすく解説しますので、エージェント選びの参考にしてください。

『Midworks(ミッドワークス)』を利用する5つのメリット

Midworks』を利用する主なメリットは以下のとおり。

『Midworks』のメリット
1.案件数が豊富でリモートOKの仕事も多い
2.正社員並みの保障や福利厚生が付いている
3.給与保障制度を利用できる
4.フリーランスへの還元率は80%以上
5.専任のコンサルタントがサポートしてくれる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.案件数が豊富でリモートOKの仕事も多い

『Midworks』が扱っている案件数は、業界トップクラス。IT系やWeb系を中心として、幅広い業種の会社と出会えるでしょう。

中小企業はもちろん、大手企業の案件も多く、個人では受注が難しい大きな仕事も紹介してもらえます。

  • 高単価案件
  • リモートOKの案件
  • 常駐型の案件
  • 週3〜4日稼働でOKの案件

など、さまざまなタイプの仕事を扱っているため、自分の希望に合わせて働けるでしょう。

公式サイトでは案件を検索できるので、具体的にどのような仕事があるのか知りたい人はチェックしてみてください。

ただし、新規サービスなどの情報を競合他社に知られたくない、といった理由から、80%以上が非公開案件とされています。より多くの案件を見たい場合は、無料登録して確認してみるのがおすすめです。

2.正社員並みの保障や福利厚生が付いている

フリーランスでも正社員並みの保障や福利厚生を受けられることも、『Midworks』を利用する大きなメリットです。

主な保障と福利厚生は、以下のとおり。

(1)フリーランス協会(ベネフィットプラン)の年会費1万円が無料になる

フリーランス協会は、個人事業主やパラレルワーカー向けに、保険や福利厚生を提供してくれる団体です。

フリーランス協会に加入しておけば、

  • フリーランス賠償責任補償を無料で利用できる
  • 健康診断や人間ドックを会員価格で受けられる
  • バーチャルオフィスを優待価格で利用できる

といった特典を得られます。

(2)クラウド会計ソフト『freee』の個人事業主プランを無料で利用できる

個人事業主向けのスタンダードプラン(月額1,650円)を無料で利用できるため、面倒な経費処理や確定申告をスムーズに進められます。

確定申告セミナーも開催されているため、フリーランスになったばかりという人でも安心して利用できるでしょう。

確定申告などの税務処理を外注したい場合は、税理士を紹介してもらうことも可能です。

(3)『リロクラブ』の各種サービスを無料で利用できる

『リロクラブ』は、国内最大級の福利厚生サービス。

  • グルメ
  • 旅行
  • スポーツ
  • 子育て
  • 介護

など、幅広いジャンルのサービスを特別価格で利用できます。

3.給与保障制度を利用できる

『Midworks』では、仕事が途切れてしまった場合に、月額契約単価の80%を日割りで支給してもらえます。

収入が不安定になりがちなフリーランスにとって、頼りになる制度です。次の案件がなかなか見つからない場合でも、自分に合う企業を焦らずに探せます。

ただし、給与保障制度を利用するためには審査を受ける必要があるため、無料カウンセリング時に詳しく聞いてみましょう。

4.フリーランスへの還元率は80%以上

『Midworks』は、ブラックボックスになりがちな、

  • クライアントからエージェントへの発注金額
  • フリーランスへの還元率

を公開してくれます。

還元率は80%以上!

透明性があって安心できるだけでなく、多くの報酬を受け取れるでしょう。

5.専任のコンサルタントがサポートしてくれる

専任のコンサルタントが丁寧にサポートしてくれることも大きなメリットです。

希望に合った案件の紹介だけでなく、

  • 経験やスキルのヒアリング
  • 収入アップのためのキャリアカウンセリング
  • クライアントとの面談調整や契約
  • 参画中の相談対応

といったサポートも充実しています。

フリーランスとして初めて働く場合でも心配ありません。登録後、3営業日以内に担当者から連絡をもらえるため、スムーズに仕事を見つけられるでしょう。

『Midworks(ミッドワークス)』を利用する2つのデメリット

さまざまなメリットがある一方、以下のようなデメリットもあります。

『Midworks』のデメリット
1.東京と大阪以外の案件は少ない
2.ある程度の実務経験を求められる

それぞれのデメリットについて順番に見ていきましょう。

1.東京と大阪以外の案件は少ない

『Midworks』では、基本的に東京と大阪の案件しか扱っていません。

それ以外の案件を探すなら、北海道から沖縄まで、広いエリアをカバーしている『Pe-BANK』を利用するとよいでしょう。

2.ある程度の実務経験を求められる

どのフリーランスエージェントでも共通ですが、実務経験がまったくない状態では、なかなか案件を紹介してもらえません。

継続的に案件を受注するためには、フリーランスとして独立する前に、最低でも1年以上は経験を積んでおくとよいでしょう。

『Midworks』で扱っている案件も、ある程度の実務経験を求められるものがほとんどです。

ただ、未経験者歓迎という案件もあるため、無料カウンセリング時に相談してみましょう。

『Midworks(ミッドワークス)』の案件例

ここでは、『Midworks』の案件例を職種別に紹介します。

エンジニア向けの案件例

『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(エンジニア向け1)
『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(エンジニア向け2)

職種別に見ると、エンジニア向けの案件が最も充実しています。

  • PHP
  • Java / JavaScript
  • Python
  • HTML / CSS
  • iOS / Android

などのスキルがある人は、登録しておきましょう。

デザイナー向けの案件例

『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(デザイナー向け1)
『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(デザイナー向け2)
  • Webサイト
  • スマホアプリ
  • ゲーム

などのデザイナーを募集している案件が多く見つかります。

ライター向けの案件例

『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(ライター向け1)
『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(ライター向け2)

シナリオライティングの仕事がいくつか見つかるものの、あまり多くはありません。

そもそも、ライター向けの案件を扱っているフリーランスエージェントは、あまり多くないのが現状です。

Webライティングの仕事を探すなら、

に登録しておくとよいでしょう。

マーケター向けの案件例

『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(マーケター向け1)
『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(マーケター向け2)

上流工程の担当者を募集している案件も多く見つかります。

データ解析やマーケティングの経験がある人は、登録しておきましょう。

ディレクター向けの案件例

『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(ディレクター向け1)
『Midworks(ミッドワークス)』の案件例(ディレクター向け2)

Webサイトの開発や運営といった案件が多く見つかります。

***

ここで紹介した以外にもさまざまな案件があるため、公式サイトで検索してみてください。

ただし、80%以上が非公開案件であるため、多くの案件を見たい場合は、無料登録してチェックしてみましょう。

▼無料登録はこちら

『Midworks(ミッドワークス)』の評判・口コミ【Good編】

Midworks』に登録する前に、利用者の声も確認しておきましょう。まずは、よい評判を紹介します。

30代・男性[苦手な面接をサポートしてもらえる]

30代・男性
30代・男性

Midworksの紹介で、Webマーケティング会社でシステム開発の仕事をしています。面接がとても苦手なのですが、丁寧にサポートしてもらえたので、4社中3社に合格できました。

30代・女性[給与保障があるので安心]

30代・女性
30代・女性

給与保障があることを知って、Midworksを利用することに決めました。全体的にサポートが充実しているので、安心して働けています。将来的に結婚したら、リモート案件などを探そうと考えています。

30代・男性[仕事探しのストレスが減った]

30代・男性
30代・男性

以前は、知り合いから仕事を紹介してもらっていたのですが、忙しいうえに通勤も大変で、給料はそれほど高くないという状況でした。仕事探しのストレスも大きかったので、エージェントを利用することにしました。複数のエージェントを活用していますが、ここ数年はMidworksの案件を主に受けています。

『Midworks(ミッドワークス)』の評判・口コミ【Bad編】

悪い口コミ・評判についても確認しておきましょう。

20代・男性[経験が浅いと紹介してもらえない]

20代・男性
20代・男性

エンジニアの実務経験1年ほどで登録してみましたが、ほとんど案件を紹介してもらえませんでした。もっと実務経験を積んでおけばよかったと思います。

30代・男性[マージンが高いような気がする]

30代・男性
30代・男性

正社員並みの保障はあるものの、マージンが高いような気もする。事前に公開してくれるのは良心的だと思います。

『Midworks(ミッドワークス)』はこんな人におすすめ!特徴や評判・口コミから考察

特徴や評判・口コミから考察すると、『Midworks』は以下のような人におすすめです。

  • フリーランスとして独立したばかりの人
  • キャリアカウンセリングや参画中のサポートを受けたい人

『Midworks』は、給与保障や福利厚生が充実しているため、フリーランスになったばかりという人でも安心して利用できます。

案件探しや面接、単価交渉などを丁寧にサポートしてもらえるため、スムーズに仕事を始められるでしょう。

▼無料登録はこちら

『Midworks(ミッドワークス)』を利用して自分に合った案件を見つけよう!

今回は、『Midworks』の特徴や口コミ・評判などを紹介しました。

フリーランスとして継続的に仕事を得るためには、エージェントをうまく活用することが大切です。

2〜3つのフリーランスエージェントを併用すると安定的に案件を受注できるので、自分に合ったエージェントをいくつか探しておきましょう。

リモートOK、週3〜4日OKの案件を探すなら、『クラウドテック』もおすすめですので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

Comments are closed.