Webディレクターの勉強方法4つを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webディレクションの勉強方法

Webディレクターは、エンジニアやデザイナーなどの職種を取りまとめながら、Webサイトの制作や運営を指揮する仕事です。

Webディレクターとして活躍するためには、プログラミングやデザインといった幅広い知識を習得しておかなければなりません。

この記事では、

  • Webディレクターに転職したい
  • フリーランスWebディレクターとして独立したい
  • Webディレクターとしてレベルアップしたい

という人向けに、勉強すべき内容や勉強方法を解説します。

Webディレクターが勉強すべき3つのポイント

Webディレクターは、Webサイト制作に関する知識やスキルを幅広く習得しておく必要があります。

Webディレクターがとくに勉強しておくべき内容は以下のとおりです。

Webディレクターが勉強すべき3つのポイント
1.Webサイト制作に関する基礎的な知識
2.企画書や設計書の作成方法
3.チームマネジメント

それぞれの内容について簡単に確認しておきましょう。

1.Webサイト制作に関する基礎的な知識

Webサイトの制作や運営には、

  • エンジニア
  • デザイナー
  • ライター

など、多くの職種が関わります。

Webディレクターは、これらの職種の人とコミュニケーションを取る必要があるため、

  • プログラミング
  • Webデザイン
  • Webライティング

といった仕事の内容を、ある程度は把握しておかなければなりません。

SEOやWebマーケティングに関する知識も習得しておくと役立つでしょう。

専門的な知識やスキルを習得しても損はありませんが、Webディレクターを目指すなら、ひとつの内容を深く学ぶより、さまざまな内容を広く浅く知っておくことが重要です。

たとえば、美しい絵を描く技術の習得を目指すのではなく、Webデザインの流れやトレンドなどを把握するようなイメージで勉強するとよいでしょう。

2.企画書や設計書の作成方法

  • 新しいWebサイトの企画
  • クライアントへの提案

などもWebディレクターの仕事に含まれます。

Webディレクターを目指すなら、Googleドキュメントやスプレッドシートなどを使った企画書や提案書の作成方法を学んでおきましょう。

チームメンバーに指示を出すための設計書の作成方法についても習得しておく必要があります。

3.チームマネジメント

チームマネジメントは、Webディレクターのメインの仕事といえるでしょう。

Webサイトの制作や運営をスムーズに進めるためには、

  • チームメンバーの確保
  • スケジュールやリソースの管理

などの方法について、知っておかなければなりません。

必要に応じて、Web制作に関する法律についても学んでおきましょう。

Webディレクターとしてのスキルを習得する4つの勉強方法

Webディレクションを効率的にマスターするためには、以下のような方法で勉強するとよいでしょう。

Webディレクションを勉強するための4つの方法
1.Webディレクションを学べるスクールに通う
2.Webディレクションの参考書で独学する
3.オンライン学習サイトを利用する
4.クラウドワークスなどで仕事をしながら学ぶ

それぞれの方法について順番に解説していきます。

1.Webディレクションを学べるスクールに通う

スクールに通うメリットは以下のとおりです。

  • Webディレクションに関するスキルを網羅的に習得できる
  • モチベーションを持続しやすい
  • わからない部分をすぐに質問できる

費用はかかりますが、独学が苦手な人はスクールに通うとよいでしょう。

オンラインで気軽に学べるスクールもあるため、検討してみてください。ここでは、人気のスクールを2つ紹介します。

TechAcademy(Webディレクションコース)

Webディレクターの勉強方法:TechAcademy(Webディレクションコース)
学び方オンライン
料金(税込)163,900円〜
期間1ヶ月〜

TechAcademy(Webディレクションコース)』は、オンラインで現役ディレクターの指導を受けられるスクール。

短期間で効率的に学べるカリキュラムが特徴で、

  • Web制作の基本知識
  • マネジメントスキル
  • 企画スキル
  • 設計スキル

など、Webディレクターに必須のスキルを網羅的に習得できます。

パーソナルメンターが丁寧にサポートしてくれるため、挫折することなく最後まで続けられるでしょう。

まずは公式サイトで無料の説明会動画をチェックして、カリキュラムやスクールの雰囲気を確認してみるのがおすすめです。

『TechAcademy(Webディレクションコース)』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

『TechAcademy』のおすすめポイント
・週2回のマンツーマンメンタリングを受けられる
・現役Webディレクターがメンターを務める
・短期間で効率的に学べる

▼無料説明会動画はこちら

ヒューマンアカデミー(Webディレクターコース)

Webディレクターの勉強方法:ヒューマンアカデミー(Webディレクターコース)
学び方オンライン
料金(税込)330,500円〜
期間6ヶ月

ヒューマンアカデミーが運営する『たのまな(Webディレクターコース)』は、オンライン講義とテキストで学習を進める講座です。

わからない部分はメールで講師に質問できます。

このコースを受講すれば、

  • ディレクションスキル
  • デジタルマーケティングスキル
  • Webリテラシー

など、Webディレクターとして活躍するために必要なスキルを習得できるでしょう。

  • HTML / CSS
  • Illustrator / Photoshop

といったコーディングやデザインの基礎も学べます。

学習期間の目安は6ヶ月(約70時間)ですが、休日などに集中して勉強すれば2ヶ月程度で学び終えることもできるでしょう。

『たのまな(Webディレクターコース)』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

『ヒューマンアカデミー』のおすすめポイント
・自分のペースで学習できる
・パソコンが必要な場合はアカデミック価格で購入できる
・仕事を受注するためのサポートを受けられる

▼無料資料請求はこちら

その他のスクールについては以下の記事で紹介していますので、気になる人は読んでみてください。

2.Webディレクションの参考書で独学する

独学が得意な人は、Webディレクションの参考書を使って勉強するのもよいでしょう。

参考書で勉強するメリットは、自分のペースで進められることです。ただし、実践的なスキルが身につきにくいため、他の方法も組み合わせるとよいでしょう。

ここではおすすめの参考書を2冊紹介します。

Webディレクションの新・標準ルール

Webディレクションの新・標準ルール』は、Webサイト制作のディレクションに関して網羅的に学べる初心者向けの参考書です。

  • 企画
  • 設計
  • 制作
  • 進行管理
  • 運用

など、Webディレクターとして活躍するために必要なスキルを習得できます。

Webディレクターとして仕事をしている複数の著者がそれぞれの得意分野を執筆しているため、実践的で具体的な内容を学べるでしょう。

超実践的 Webディレクターの教科書

超実践的 Webディレクターの教科書』は、Webディレクションの本質やトレーニング方法を学べる本です。

Webディレクターに求められる基礎知識はもちろん、

  • コンテンツマーケティング
  • SEO
  • 失敗しない進行管理とチームビルド

など、実践的な内容を学べます。

初心者から上級者まで、多くのWebディレクターに役立つ参考書といえるでしょう。

3.オンライン学習サイトを利用する

オンライン学習サイトもおすすめの勉強方法のひとつです。

オンライン学習サイトのメリットは以下のとおり。

  • スクールほど費用がかからない
  • 必要な知識をピンポイントで学べる

ここでは、人気の学習サイトを2つ紹介します。

Udemy

Webディレクターの勉強方法:Udemy
学び方オンライン
料金(税込)1,200円〜
期間1日〜

Udemy』は、主にWeb系のスキルを習得できるオンライン学習サイトです。

Webディレクションだけではなく、

  • プログラミング
  • Webマーケティング
  • Webデザイン
  • SEO

など、さまざまなジャンルの講座があります。

以下のように、必要なスキルをピンポイントで習得できる講座が多いので、足りない知識を補いたい場合などにおすすめです。

どの講座もオンラインで動画を見て学習する形式のため、自分のペースで勉強できます。

料金は講座によって異なり、一度支払っておけば繰り返し動画を見ることが可能です。

『Udemy』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

『Udemy』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・知りたい内容をピンポイントで学習できる
・30日間の返金保証もついている

▼公式サイトはこちら

ストアカ

Webディレクターの勉強方法:ストアカ
学び方通学・オンライン
料金(税込)500円〜
期間1日〜

ストアカ』は、日本最大級のスキルシェアサービスで、Web系のスキルを学べる講座も充実しています。

Webディレクションに関する講座を検索してみたところ、以下のようなものが見つかりました。

他にも多数の講座があるため、必要なスキルや知識をピンポイントで習得できます。

『ストアカ』のおすすめポイント
・安い料金で気軽に学べる
・数時間単位で参加できる講座が多い
・SEOやWebデザインなどの講座もある

▼公式サイトはこちら

4.クラウドワークスなどで仕事をしながら学ぶ

Webディレクションに関してある程度の知識を習得したら、実戦経験を積むことが重要です。

  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル

などは、仕事をしなければ身につきません。

クラウドワークス』などのクラウドソーシングサイトで検索すれば、Webディレクション初心者向けの仕事が簡単に見つかりますので、ぜひ探してみましょう。

▼無料会員登録はこちら

その他のクラウドソーシングサイトも比較したい場合は、下記の記事を参考にしてください。

Webディレクションを勉強して稼げるフリーランスになろう!

今回は、Webディレクターとして活躍するために学習すべき内容や勉強方法について解説しました。

稼げるWebディレクターになるためには、Web制作の基礎知識だけでなく、SEOやWebマーケティングなども含め幅広い知識を習得する必要があります。

知識ゼロの状態からスタートするなら、

などのスクールを利用して体系的に学習するとよいでしょう。

無料体験会などに参加して、スクールの雰囲気が自分に合っているか確認してから受講するのがおすすめです。

この記事を読んで「Webディレクションの勉強はハードルが高い」と感じた場合は、Webライティングから勉強するとよいでしょう。

実際、Webディレクターの仕事は上流工程に位置するため、ライティングやデザインといった作業についても把握しておく必要があります。

以下の記事で勉強方法を紹介していますので、気になる人はチェックしてみてください。

コメント

Comments are closed.