フリーランスWebディレクターになるための3ステップと仕事獲得方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスWebディレクターになるには?

Webディレクターは、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

ディレクターの需要は高まりつつありますが、

  • Webデザイン
  • Webマーケティング
  • SEO

といった幅広い知識が必要なため、優秀な人材は不足しています。

ライバルも少ないため、狙い目の職種といえるでしょう。

とはいえ、Webディレクターとして活躍するためには、スキルと経験が求められるのも事実です。

そこでこの記事では、

  • 稼げるフリーランスWebディレクターになるための流れ
  • 独立後に案件を獲得する方法

などについて紹介しますので、ぜひチェックしてください。

フリーランスWebディレクターの仕事内容とは?

フリーランスWebディレクターの仕事は、Webサイトの企画・制作・運営をマネジメントすることです。

Webサイトの制作や運営には、ライターやデザイナー、エンジニアなど多くの職種が関わります。

Webディレクターは、各スタッフに指示を出したり、全体の進捗を管理したりするリーダー的なポジションといえるでしょう。

依頼内容にもよりますが、Webディレクターの主な仕事内容は以下のとおり。

  • クライアントとのコミュニケーション
  • デザイナーやエンジニアへの指示
  • 全体のスケジュール管理
  • コンテンツの品質チェック

業務範囲が広いため、Webディレクターとして活躍するためには幅広い知識を習得しなければなりません。

クライアントや多くのスタッフと関わるため、コミュニケーション能力も必要です。

知識があるだけでは仕事が進まないケースも多いため、最低でも1年以上、実務経験を積んでからフリーランスWebディレクターとして独立するとよいでしょう。

実務経験があるならWebディレクター向けのフリーランスエージェントを利用しよう

Webディレクターとして、すでに1〜2年程度の実務経験がある場合は、レバテックフリーランス』などのディレクション案件を多く保有しているエージェントに登録して、仕事を探してみるとよいでしょう。

フリーランスエージェントを利用するメリットは以下のとおり。

  • 自分で営業するより高単価案件を受注しやすい
  • 条件交渉や契約手続きをサポートしてもらえる
  • 案件終了時に次の仕事を紹介してもらえる

もし今、独立を検討中なら、企業に所属した状態でフリーランスエージェントに登録して、担当者に相談してみるのがおすすめです。

  • 現在のスキルと経験で独立できるのか
  • どのような案件を受注できるのか

といったポイントを客観的に判断してもらえるので、リスクを避けつつ独立を目指せるでしょう。

『レバテックフリーランス』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

***

Webディレクター向けのフリーランスエージェントについては、次の記事でまとめていますので、

  • 実際に案件を検索してみたい
  • 独立やキャリアについて相談したい

という人はチェックしてみてください。

未経験から稼げるフリーランスWebディレクターになるための3ステップ

未経験から継続的に稼げるフリーランスWebディレクターになるためには、以下のようなスキルや知識を習得してから独立するのがおすすめです。

  • マネジメントスキル
  • 企画・提案スキル
  • Webデザインの基本
  • マーケティングの基本
  • SEO

さらに1〜2年程度の実務経験を積んでおくと、独立後にスムーズに仕事を獲得できます。

未経験からフリーランスWebディレクターを目指すなら、以下のようなプランで独立するとよいでしょう。

フリーランスWebディレクターになるための3つのステップ
1.転職サポートが充実したスクールでWebディレクションを学ぶ
2.Webディレクション系の会社に就職して実務経験を積む
3.フリーランスWebディレクターとして独立する

自信がある場合は、参考書で独学したり、自分のWebサイトを立ち上げたりして、スキルを磨いてもOKです。

ただし、スクールや会社を利用して指導を受けたほうが、経験を積みながらスムーズにスキルアップできるでしょう。

以下、各ステップについて詳しく解説します。

1.転職サポートが充実したスクールでWebディレクションを学ぶ

まずは、Webディレクターとして働くためのスキルと知識を身につけなければなりません。

参考書などを読んで独学することもできますが、スクールに通えば、メンターのサポートを受けながら幅広いディレクションスキルを体系的に習得できます。

以下のスクールは転職サポートが充実しているため、勉強から就職までをスムーズに進められるでしょう。

スクール名料金(税込)期間学び方
TechAcademy
(Webディレクションコース)
163,900円〜1ヶ月〜オンライン
ヒューマンアカデミー
(Webディレクターコース)
330,500円〜6ヶ月オンライン

TechAcademy(Webディレクションコース)

フリーランスWebディレクターになるためのおすすめスクール(TechAcademy)

TechAcademy(Webディレクションコース)』は、完全オンラインで学べるスクールです。

短期間で効率的に学べるカリキュラムが特徴で、

  • マネジメントスキル
  • Web制作の基礎知識
  • 企画スキル
  • 設計スキル

といったWebディレクターに必須のスキルを習得できます。

転職サポートもついているので安心です。

公式サイトでは無料の説明会動画が公開されているので、詳しく知りたい人はチェックしてみてください。

『TechAcademy(Webディレクションコース)』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料説明会動画はこちら

ヒューマンアカデミー(Webディレクターコース)

フリーランスWebディレクターになるためのおすすめスクール(ヒューマンアカデミー)

ヒューマンアカデミーが運営する講座『たのまな(Webディレクターコース)』は、オンライン講義とテキストで学ぶタイプのスクールです。

Webディレクターになるための必須スキルである、

  • ディレクションスキル
  • デジタルマーケティングスキル
  • Webリテラシー

などを習得できます。

  • Illustrator / Photoshop
  • HTML / CSS

といったWebデザインの基礎を学べるのも大きな特徴です。

フリーランスとして仕事を受注するためのサポートも受けられます。

『たのまな(Webディレクターコース)』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料資料請求はこちら

***

その他のWebディレクションスクールも検討したい人は、以下の記事を参考にしてみてください。

オンライン学習サービスを利用してWebディレクションを勉強してもOK

Webディレクションスクールに通う費用を節約したいという場合は、オンライン学習サービスを利用するのがおすすめです。

といった学習サイトを活用すれば、比較的安い料金で、必要なスキルと知識を習得できるでしょう。

たとえば、『Udemy』では以下のような講座を受講できます。

他にもさまざまな講座があるため、必要なスキルをピンポイントで学習できるでしょう。

『Udemy』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼公式サイトはこちら

2.Webディレクション系の会社に就職して実務経験を積む

Webディレクションスクールで基礎的なスキルを習得したら、Web制作関連の会社で実務経験を積みましょう。

実績や経験がないままディレクターとして独立すると、継続的に仕事を獲得できない場合もあります。

Web制作系の会社で実務経験を積んでおけば、経歴や実績としてアピールできるため、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

Web制作系の会社への就職は、前述のとおりTechAcademy』などの転職サポートを利用すればスムーズです。

または、

といったIT系の転職に強いエージェントを利用する方法もあります。

新しい会社に入ったら、

  • Webディレクションの仕事の流れ
  • 実務レベルのマネジメントスキル
  • 仕事の獲得方法

など、さまざまなスキルや知識を先輩から盗みましょう。

独立までのスケジュールを考えることや、積極的にコミュニケーションを取って人脈を広げておくことも大切です。

3.フリーランスWebディレクターとして独立する

Web系の会社に転職した場合は、最低でも1年程度働いてからフリーランスになるとスムーズに仕事を獲得できます。

次の項目で解説する仕事獲得方法を参考にしながら、経験や実績を積んでいきましょう。

IT業界は変化が激しいため、独立してからも積極的に勉強することが大切です。

フリーランスWebディレクターが仕事を獲得するための6つの方法

フリーランスWebディレクターが仕事を獲得する主な方法として、以下の6つが挙げられます。

フリーランスWebディレクターが仕事を獲得するための6つの方法
1.Webディレクション案件が豊富なエージェントを利用する
2.クラウドソーシングサイトを利用する
3.自分のWebサイトを開設して集客する
4.スキル販売サイトを利用する
5.フリーランス仲間から仕事を紹介してもらう
6.SNSを活用して集客する

フリーランスが継続的に仕事を獲得するためには、エージェントに登録しておくことが重要です。

エージェントから得る仕事を軸にしながら、複数の方法を組み合わせて収入を増やしていきましょう。

1.Webディレクション案件が豊富なエージェントを利用する

レバテックフリーランス』など、Webディレクション案件を多く扱っているエージェントに登録しておくと、自分に合う仕事を簡単に探せます。

営業や条件交渉の手間も省けるため、ストレスなく仕事を受注できるでしょう。

以下、簡単に特徴を紹介します。

レバテックフリーランス

フリーランスWebディレクターの仕事獲得方法(レバテックフリーランス)

レバテックフリーランス』は、Webディレクション案件を探すのにおすすめのエージェントです。

フリーランスとして独立したばかりの人も多く登録しており、初心者へのサポートが充実しています。

  • 案件紹介
  • キャリアカウンセリング
  • クライアントとの交渉

などを丁寧に行ってくれるでしょう。

Webディレクション分野に詳しいカウンセラーが担当してくれるため、ミスマッチなども避けられます。

『レバテックフリーランス』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

***

Webディレクター向けのフリーランスエージェントについては、次の記事で詳しく紹介しています。

2.クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトも、フリーランスWebディレクターが仕事を受注するために役立ちます。

とくに『クラウドワークス』は、Webディレクターに限らず、ほとんどのフリーランスが登録しているといっても過言ではありません。

Webディレクション案件だけでなく、

  • リサーチ・分析
  • 企画・広告
  • Webマーケティング
  • コンサルティング

など、Webディレクターのスキルを活かせる仕事がたくさんありますので、ぜひ登録しておきましょう。

▼無料登録はこちら

3.自分のWebサイトを開設して集客する

フリーランスWebディレクターにとって、自分のWebサイトを開設することはとても重要。

アクセス数を増やすことで、ディレクションスキルや集客スキルをアピールできるからです。

さらに、

  • WebライティングやSEOのスキルを強化できる
  • リスティング広告の効果などを実験的に試せる
  • Webサイト自体が資産になる

といったメリットも得られます。

エージェントを利用して経験を積みながら、Webサイトの準備も進めておくとよいでしょう。

4.スキル販売サイトを利用する

ココナラ』など、スキルや知識を販売できるサイトに登録しておくことも大切です。

実際に『ココナラ』でWebディレクション関連のスキルを販売している人を探してみると、以下のようなものが見つかりました。

  • WEBディレクション業務、承ります(8,000円)
  • 成果につながるWEBディレクションします(80,000円)

▼無料登録はこちら

5.フリーランス仲間から仕事を紹介してもらう

収入や仕事が不安定になりやすいフリーランスにとって、横のつながりはとても大切です。

フリーランス仲間や知人の会社などから、Webディレクションの仕事を紹介してもらうのもよいでしょう。

さまざまな人とコミュニケーションを取ることで、案件獲得のチャンスは増えていきます。

「実はフリーランスでWebディレクターをしている」ということを話しておくだけでも仕事を紹介してもらえるチャンスは広がりますので、積極的に自己開示をしましょう。

6.SNSを活用して集客する

  • Twitter
  • Instagram

などのSNSを活用することも重要です。

定期的にWeb関連の有益な情報を発信すれば、フォロワーが増加し、Webディレクターとしての実力や影響力を示すことにもつながります。

自分のWebサイトを広めるうえでも効果的ですので、ぜひアカウントを取得しておきましょう。

YouTubeを利用するのもおすすめです。最近は、多くのWeb系クリエイターがYouTuberとして参戦しています。

動画でWeb関連の情報や知識を発信すれば集客につながりますし、チャンネル登録者数が増えれば広告収入も得られるでしょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランスWebディレクターになろう!

今回は、稼げるフリーランスWebディレクターになるためのステップや、仕事の獲得方法を紹介しました。

組織に属さないフリーランスが仕事を獲得するためには、自分のスキルと実績をアピールするしかありません。

未経験からフリーランスのWebディレクターを目指すなら、

  • Webディレクションスクールで基礎を学ぶ
  • Webディレクション系の会社に就職して実務経験を積む

という流れで独立すると、継続的に仕事を受注できるでしょう。

Webディレクションスクールに通うなら、以下の2つがおすすめです。

スクール名料金(税込)期間学び方
TechAcademy
(Webディレクションコース)
163,900円〜1ヶ月〜オンライン
ヒューマンアカデミー
(Webディレクターコース)
330,500円〜6ヶ月オンライン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.