【フリーランス向け】効率的な仕事の探し方5つを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスの仕事の探し方

フリーランスとして独立したいけれど、

  • 仕事の探し方がわからない
  • 継続的に仕事を受注できるか不安

という人も多いでしょう。

そこでこの記事では、フリーランス向けに効率的な仕事の探し方を紹介します。

さまざまな仕事の探し方を組み合わせることで、継続的かつ安定的に収入を得られるため、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスの仕事の探し方5つを詳しく解説

フリーランスが仕事を探す代表的な方法は、以下の5つです。

フリーランスが効率的に仕事を探す方法
1.フリーランスエージェントを活用する
2.クラウドソーシングサイトに登録する
3.ポートフォリオサイトを作って集客する
4.スキルシェアサイトに出品する
5.フリーランス仲間から仕事を紹介してもらう

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1.フリーランスエージェントを活用する

フリーランスエージェントとは、

  • 仕事を発注したい企業
  • 仕事を受注したいフリーランス

の両者をつないでくれるサービスです。

クラウドソーシングサイトよりも高単価の案件を多く扱っているため、収入アップを狙えるでしょう。

フリーランスエージェントには、次のようなメリットもあります。

  • 営業活動や単価交渉を代行してくれる
  • 継続的に案件を受注できるようサポートしてくれる
  • キャリアプランについて相談できる

ただし、1〜2年程度の実務経験がないと、案件を紹介してもらうのは難しいでしょう。フリーランスエージェントは、経験者向きのサービスといえます。

以下のように、フリーランスエージェントによって得意分野が異なるため、自分の職種や目的に合ったエージェントに登録することも大切です。

以下の記事では、職種別におすすめのフリーランスエージェントを紹介していますので、仕事探しを効率化したい人はぜひ参考にしてください。

2.クラウドソーシングサイトに登録する

クラウドソーシングサイトを使って仕事を探すことは、フリーランスの基本といえるでしょう。

初心者向けの案件も多いため、比較的簡単に仕事を受注できます。

など、さまざまなクラウドソーシングサイトがありますが、まずは登録者数も案件数も業界トップクラスの『クラウドワークスを使ってみるとよいでしょう。

クラウドワークス』で検索してみると、以下のような案件が見つかります。

フリーランスの仕事の探し方(クラウドワークス1)
フリーランスの仕事の探し方(クラウドワークス2)
フリーランスの仕事の探し方(クラウドワークス3)

他にもさまざまなジャンルの仕事があるため、公式サイトで探してみましょう。

▼公式サイトはこちら

その他のクラウドソーシングサイトについては、次の記事で紹介していますので参考にしてください。

3.ポートフォリオサイトを作って集客する

ポートフォリオサイトとは、自分の作品を掲載するためのWebサイトのことです。

  • イラストレーター
  • Webデザイナー
  • カメラマン

といったクリエイティブ系のフリーランスは、実績やスキルを視覚的に見せるほうが仕事を獲得しやすいため、早めにポートフォリオサイトを開設しておきましょう。

ポートフォリオサイトを開設するメリットは以下のとおり。

  • 自分の作品のテイストを伝えられる
  • デザイン技術やコーディング技術を見せられる
  • 仕事依頼フォームを作成しておけば営業する手間が省ける

無料ブログを使うことも可能ですが、自由にカスタマイズできないケースが多いため、本格的なポートフォリオサイトを作成したい場合はWordPressを利用するのがおすすめです。

4.スキルシェアサイトに出品する

スキルシェアサイトに自分のスキルを出品するのも、フリーランスが仕事を獲得する方法のひとつです。

最も有名なスキルシェアサイトは『ココナラ』でしょう。『ココナラ』には、以下のようにさまざまなスキルが出品されています。

フリーランスの仕事の探し方(ココナラ1)
フリーランスの仕事の探し方(ココナラ2)
フリーランスの仕事の探し方(ココナラ3)

販売時の手数料はかかりますが出品は無料ですので、仕事を受注する方法のひとつとして活用するとよいでしょう。

▼公式サイトはこちら

5.フリーランス仲間から仕事を紹介してもらう

フリーランスとして独立したばかりの頃は、なかなか仕事を依頼してもらえず苦労することも多いため、友人などから仕事を紹介してもらうことも必要です。

  • 以前に働いていた会社の同僚
  • すでにバリバリ働いているフリーランス仲間

などから仕事を回してもらえるケースもあるため、人間関係は大切にしておきましょう。

フリーランスの仕事探しを効率化する3つのポイント

以下のようなポイントを意識しておけば、効率的かつ安定的に仕事を獲得できるでしょう。

1.複数の方法を組み合わせる

前項では仕事探しの方法を5つ紹介しましたが、1つの方法にこだわりすぎず、複数の仕事獲得ルートを確保しておきましょう。

同じクライアントが継続的に仕事を発注してくれるとは限りません。

急に仕事が減ってしまう可能性もあるため、いくつかの方法を使いつつ、複数のクライアントと付き合うことが重要です。

  • 自分のWebサイト内でスキルシェアサイトの販売ページを紹介する
  • クラウドソーシングサイトのプロフィール欄にポートフォリオサイトのURLを貼っておく

など、うまく組み合わせることも考えましょう。

2.SNSを活用してスキルをアピールする

SNSは、自分のスキルや実績をアピールできる便利なツールです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

といったSNSをうまく活用して、自分の作品やWebサイトなどを拡散していきましょう。

SNSのプロフィール欄にポートフォリオサイトのURLなどを貼っておくことも重要です。

3.実務レベルのスキルを身につける

まずは初心者向けの案件から受注してもOKですが、単価が低いケースも多く、安定した収入を確保するのは難しいでしょう。

実務レベルのスキルを身につけ、高単価案件を狙うことも重要です。

  • クライアントからフィードバックをもらう
  • 参考書を使って独学する
  • スクールに通う

などの方法で、常にスキルアップを図りましょう。

フリーランスにおすすめのスクールについては、次の記事で紹介していますので参考にしてください。

フリーランスは複数の方法を組み合わせて仕事を探そう!

今回は、フリーランスの仕事の探し方を紹介しました。

さまざまな仕事の探し方がありますが、うまく組み合わせて効率的に仕事を獲得していきましょう。

1〜2年程度の実務経験があるなら、レバテックフリーランス』などのエージェントを軸にして仕事を探すのがおすすめです。

フリーランスにおすすめのエージェントは次の記事で紹介していますので、参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加