フリーランスのシナリオライターになるには?独立方法や稼ぎ方を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスシナリオライターになるには?

シナリオライターは、ゲームや映画などの脚本を書きたいという人におすすめの仕事です。

多くのシナリオライターはフリーランスとして活躍していますが、しっかりと経験を積んでから独立しなければ、安定的に仕事を獲得することはできません。

この記事では、フリーランスのシナリオライターについて、

  • 独立までのプラン
  • 仕事獲得の方法

などを紹介しますので、ぜひチェックしてください。

フリーランスシナリオライターの仕事内容とは?

フリーランスシナリオライターの仕事は、

  • ゲーム
  • 映画
  • 舞台
  • テレビドラマ
  • バラエティー番組

などの脚本を書くことです。

最近は、YouTube動画やスマホゲームの脚本を書く仕事も増えてきています。

  • クラウドソーシングサイト
  • フリーランスエージェント

など、フリーランスの仕事探しをサポートしてくれるサービスも増えてきたため、シナリオライターとして活躍しやすい環境が整ってきました。

たとえば、『クラウドワークス』でシナリオライター向けの仕事を検索してみると、以下のようなものが見つかります。

フリーランスシナリオライター向けの案件(クラウドワークス1)
フリーランスシナリオライター向けの案件(クラウドワークス2)
フリーランスシナリオライター向けの案件(クラウドワークス3)

Web業界やゲーム業界に特化したフリーランスエージェント『レバテッククリエイター』では、以下のような仕事を扱っています。

フリーランスシナリオライター向けの案件(レバテッククリエイター1)
フリーランスシナリオライター向けの案件(レバテッククリエイター2)
フリーランスシナリオライター向けの案件(レバテッククリエイター3)

以上のように、とくにYouTube動画やゲームのシナリオライターを募集する案件は増えつつあるため、独立のチャンスとはいえるでしょう。

ただ、しっかりとスキルを習得して、実務経験を積んでおかなければ、継続的に仕事を受注することはできません。

次の項目からは、フリーランスのシナリオライターとして独立するまでの流れや、仕事獲得の方法を紹介しますので、チェックしておきましょう。

シナリオライターとしての実務経験があるならフリーランスエージェントを活用しよう

シナリオライターとして、すでに1〜2年程度の実務経験がある場合は、レバテッククリエイター』などのフリーランスエージェントに登録して仕事を探すとよいでしょう。

フリーランスエージェントを利用するメリットは以下のとおり。

  • クラウドソーシングサイトより高単価の案件を受注しやすい
  • 条件交渉や契約手続きをサポートしてもらえる
  • 継続的に仕事を紹介してもらえる

もし今、企業に所属してシナリオライターとして働いているなら、独立前にフリーランスエージェントに登録して、

  • 現在の経験とスキルで独立できるのか
  • どのような案件を紹介してもらえるのか

といったポイントを相談してみるとよいでしょう。

『レバテッククリエイター』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

***

ちなみに、シナリオライティング関連の案件を扱っているフリーランスエージェントは、それほど多くありません。

レバテッククリエイター』以外で探すなら、以下のようなエージェントをチェックしてみるとよいでしょう。

未経験からフリーランスのシナリオライターになるには?

未経験からフリーランスのシナリオライターを目指すなら、次のようなステップで実績を積んでから独立するのがおすすめです。

未経験からフリーランスシナリオライターになる方法
1.専門学校でシナリオライティングを学ぶ
2.企業で実務経験を積む
3.フリーランスのシナリオライターとして独立する

それぞれのステップについて詳しく見ていきましょう。

1.専門学校でシナリオライティングを学ぶ

シナリオライターを目指すなら、専門学校に通ってフィードバックをもらいながら勉強すると効率的にスキルアップできるでしょう。

専門学校を利用することには、

  • 必要な知識を総合的に学べる
  • 就職やデビューをサポートしてもらえる
  • 仲間ができる

といったメリットもあります。

など、多くの専門学校があるため、カリキュラムや雰囲気を比較してから選びましょう。

もう少し気軽に学びたい場合は、オンライン学習サイト『Udemyを利用するのがおすすめです。

Udemy』でシナリオライティングの講座を探してみると、次のようなものが見つかります。

比較的安い料金で受講できるため、気になる人は公式サイトで検索してみてください。

▼公式サイトはこちら

2.企業で実務経験を積む

シナリオライティングに関する基礎知識を習得したら、企業に就職して実務経験を積みましょう。

いきなりフリーランスとして活動するより、企業で働いてから独立するほうがスムーズに仕事を獲得できます。

とくにフリーランスエージェントを利用する場合は、実務経験を求められるケースがほとんどですので、最低でも1〜2年程度は企業に所属しておきましょう。

就職先を探すときは、専門学校で紹介してもらうか、

などのWeb系やゲーム系の業界に強いエージェントを利用するのがおすすめです。

3.フリーランスのシナリオライターとして独立する

実践的なスキルを習得したら、フリーランスのシナリオライターとして独立しましょう。

次の項目では、シナリオライティングの仕事を獲得する方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

フリーランスのシナリオライターが仕事を獲得する3つの方法

フリーランスシナリオライターが仕事を獲得する主な方法は以下の3つ。

フリーランスシナリオライターが仕事を獲得する方法
1.フリーランスエージェントを利用する
2.クラウドソーシングサイトで仕事を探す
3.フリーランス仲間から紹介してもらう

以下、それぞれの方法について詳しく解説します。

1.フリーランスエージェントを利用する

フリーランスのシナリオライターとして、高単価案件を継続的に受注するためには、エージェントの利用が欠かせません。

など、シナリオライティング案件が豊富なエージェントに登録しておきましょう。

ただし、案件紹介を受けるために1〜2年程度の実務経験を求められるケースが多いため、前述のとおり、企業で実務経験を積んでおくことが大切です。

2.クラウドソーシングサイトで仕事を探す

などのクラウドソーシングサイトを利用するのもよい方法です。

アカウントとプロフィールを作成し、シナリオ関連の案件を検索して応募することで仕事を受注できます。

初心者向けの案件もあるため、比較的簡単に仕事を受けられるでしょう。

▼公式サイトはこちら

3.フリーランス仲間から紹介してもらう

友人や知人、フリーランス仲間などから仕事を紹介してもらえるケースもあるため、横のつながりはとても大切です。

シナリオライターの仕事を探していることを、積極的に伝えておきましょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランスシナリオライターになろう!

今回は、フリーランスのシナリオライターになるための方法や、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

専門学校でスキルを習得したり、企業で実務経験を積んだりしてから、フリーランスとして独立しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加