主婦でもWebライターの副業はできる?始め方から稼ぎ方まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webライターは主婦の副業におすすめ!

Webライターは、主婦におすすめの副業のひとつです。

基本的な日本語力さえあれば未経験からでも始められ、スキマ時間を使って在宅で稼げます。

この記事では、

  • 主婦がWebライターの副業を始めるために必要なもの
  • 主婦がWebライターになるメリット・デメリット
  • 主婦がWebライターになる方法や稼ぐコツ

などを紹介しますので、文章を書く仕事に興味がある人は、ぜひチェックしてください。

目次

【未経験OK】主婦でもWebライターの副業はできる!仕事内容も簡単に紹介

主婦でもWebライターの副業を始めることは可能です。仕事をしながらWebライティングのスキルを高めていけば、他の副業より稼ぐこともできるでしょう。

Webライターの仕事は、Webサイトに掲載する文章を書くことです。

私たちがいつも見ている

  • ニュースサイト
  • 旅行サイト
  • グルメサイト

といったメディアの記事は、主にWebライターが執筆しています。

Webライターは、

  1. クライアントからテーマや記事構成をもらう
  2. インターネットや本で情報収集する
  3. わかりやすい文章でまとめる

といった流れで作業を進めるため、特別な知識やスキルは必要ありません。

また、小説やエッセイとは異なり、芸術的な表現や感動的な文章を求められるケースは少ないでしょう。

クライアントにもよりますが、

  • 有益な情報をすぐにゲットできる文章
  • サクサクと読み進められる文章

などを求められるケースがほとんどです。

主婦がWebライターの副業を始めるために必要なものは?

Webライターの副業を始めるなら、以下のものを準備しておきましょう。

  • パソコン
  • Word
  • インターネット環境

文章を書ければ問題ないため、高いパソコンを買う必要はありません。ちなみに私は、カフェなどで執筆作業をすることも多いため、軽くて持ち運びやすい『MacBook Air』を愛用しています。

Word』も準備しておくとよいでしょう。無料の『Googleドキュメント』で代用することも可能ですが、書きにくいと感じることが多いため、私は『Word』を使っています。

クライアントからWord形式での納品を求められるケースもあるため、できれば準備しておきましょう。

自宅で作業するなら、インターネット環境を整えることも必要です。回線工事が不要な『SoftBank Air』や安定の『ビックローブ光』など、コスパのよいものを選びましょう。

主婦がWebライターの副業を始める7つのメリット

主婦がWebライターの副業を始めることには、次のようなメリットがあります。

主婦がWebライターになるメリット
1.家事や育児のスキマ時間を有効活用できる
2.仕事量を調整しやすい
3.人間関係のストレスが少ない
4.主婦としての経験を活かせる
5.新しい知識を習得できる
6.長く続けやすい
7.努力次第では月20万円以上稼げる

それぞれのメリットについて、一般的なパートやアルバイトとも比較しながら解説しますので、チェックしてみてください。

1.家事や育児のスキマ時間を有効活用できる

家事や育児のスキマ時間を利用して働けることは、Webライターになる大きなメリットです。

パソコンとインターネット環境さえあれば、自宅で好きな時間に働けます。

基本的には納期までに記事を執筆すれば問題ないため、一般的なパートやアルバイトのように働く時間や場所を限定されることはありません。

2.仕事量を調整しやすい

一般的なパートやアルバイトを始めると、毎月、一定の出勤を求められるケースが多いでしょう。

Webライターの副業であれば、比較的自由に仕事量を調整できます。

  • 忙しい時期は受ける仕事量を減らす
  • クライアントと調整して納期を遅らせてもらう

といった調整もできるため、家事や育児との両立もしやすいでしょう。

3.人間関係のストレスが少ない

人間関係のストレスが少ないことも、Webライターの副業を始めるメリットといえるでしょう。

自宅やカフェにこもって1人で作業することが多いため、

  • 静かに働きたい
  • 人間関係を構築するのが苦手
  • 大人数でのコミュニケーションが嫌い

という人に向いています。

クライアントとのコミュニケーションもチャットやメールで完結するのが一般的です。

4.主婦としての経験を活かせる

主婦としての経験を活かして記事を書けることも大きなメリットです。

  • 家事
  • 育児
  • 介護
  • 料理
  • 美容

といったジャンルの記事を依頼されるケースも多いため、知識と経験を活かして執筆できるでしょう。

これまでの社会人経験を活かすことも可能です。

クラウドソーシングサイトには、

  • 不動産
  • 金融
  • IT
  • 語学

など、さまざまなジャンルの案件が掲載されているため、働いた経験がある業界のものに応募すると採用されやすいでしょう。

5.新しい知識を習得できる

Webライターとして働いていると、さまざまな内容について情報収集をするため、今まで知らなかった新しい知識に出会えます。

幅広い情報を得たい人には、おすすめの副業といえるでしょう。

  • Webライティング
  • Webマーケティング
  • SEO

といった知識を自然と習得できることも大きなメリットです。

6.長く続けやすい

Webライティングは、長く続けやすい仕事のひとつです。

自宅で自分のペースで作業でき、体力もそこまで必要ではないため、年齢を重ねても続けやすいでしょう。

長く続けるほどスムーズに書けるようになるため、負担も減っていきます。

7.努力次第では月20万円以上稼げる

継続的に努力すれば一般的なパートやアルバイトより稼げることも、Webライターの副業を始めるメリットです。

たとえば、時給1,000円のパートの場合、1日4時間で週3日働いたとしても、月に約5万円の収入しか得られません。家事や育児との両立を考えると、働く時間を増やすことにも限界がありますよね。

Webライターの副業であれば、

  • 高単価の仕事を探して応募する
  • 執筆スピードをアップする

といった方法で、月10〜20万円程度稼ぐことも可能です。

もちろん、いきなり稼げるわけではありませんが、少しずつスキルアップしていけば、一般的なパートより効率的に稼げるでしょう。

  • Webライティングの具体的な単価
  • 効率的に稼ぐコツ

については、あとで詳しく解説します。

主婦がWebライターの副業を始める3つのデメリット

主婦がWebライターの副業を始めることに、とくに大きなデメリットはありませんが、あえて挙げるとすると次の3つでしょう。

主婦がWebライターになるデメリット
1.多くの収入を得るためにはコツコツと勉強する必要がある
2.仕事仲間を作りにくい
3.クライアントからの連絡にストレスを感じる場合もある

それぞれのデメリットについて、順番に解説していきます。

1.多くの収入を得るためにはコツコツと勉強する必要がある

Webライティングの副業で稼げるのは事実ですが、継続的に勉強してスキルアップすることは必要です。

  • WebライティングやSEOの参考書を読む
  • クライアントからのフィードバックを受ける

といった方法で、記事のクオリティを高めていきましょう。

最初は情報収集や執筆に時間がかかり、時給に換算すると1,000円未満になってしまう場合もあります。

コツコツ勉強するのが苦手、すぐに稼ぎたいという人は、他の副業を始めるほうがよいでしょう。

2.仕事仲間を作りにくい

Webライターの仕事は、クライアントとの1対1のやり取りで進めることが多いため、パートやアルバイトのように新しい人間関係を構築することは難しいでしょう。

  • 新しい友人や仲間がほしい
  • 1人で作業するのが苦手

という人には、あまり向いていません。

3.クライアントからの連絡にストレスを感じる場合もある

クライアントにもよりますが、時間を問わずメールやチャットが送られてくる場合もあります。

すぐに返事を求められるケースばかりではありませんが、修正の連絡などがくると、気になって家事に集中できない場合もあるでしょう。

家事と副業をうまく両立させるためには、作業時間をしっかりと管理することが大切です。

主婦はWebライターの副業でどのくらいの収入を得られる?

ここでは、Webライターの副業でどの程度の収入を得られるのか、具体的に試算してみましょう。

働き方にもよりますが、次の計算式のように月10万円稼ぐことも可能です。

文字単価2.0円 × 2,000文字 × 1記事 × 25日 = 10万円

まずは、Webライターの報酬体系を理解しておきましょう。

Webライターの報酬体系は文字単価or記事単価

Webライティングの仕事に対する報酬は、

  • 文字単価
  • 記事単価

のどちらかで支払われるのが一般的です。

文字単価の場合、1文字あたりの報酬が設定されており、たとえば、文字単価1.5円で2,000文字の文章を作成した場合、報酬として3,000円が支払われます。

1文字0.5〜4円以上など、求められるスキルによって文字単価は大きく異なるため、少しずつスキルアップして単価の高い案件を受注していきましょう。

記事単価の場合は、2,000文字の記事を執筆して3,000円など、文字数と報酬を指定されるのが一般的です。

月10万円の収入を得るためには文字単価2.0円以上の案件を狙おう!

効率的に稼ぎたい場合は、できるだけ文字単価の高い案件を探して応募しましょう。

文字単価ごとに求められるスキルや注意点を下表にまとめてみました。

ただし、どの程度のライティングスキルを求められるかは、文字単価だけでなく、クライアントによっても異なるため、あくまでも目安と考えてください。

文字単価レベル求められるスキルや注意点
1.0円未満超初心者向き・一般的な日本語力
・ライティングの練習におすすめ
1.0〜1.5円初心者向き・一般的な日本語力
・スキルアップにおすすめ
1.6〜2.5円中級者向き・ターゲットを意識したライティング力
・SEOに関する基礎知識
2.6〜3.9円上級者向き・SEOを意識したライティング力
・HTMLやCSSに関する基礎知識
4.0円以上有資格者向き・宅建・FP・保育士などの資格
・WordPressを使ったコーディングスキル

Webライターの副業で月10万円の収入を得たい場合は、文字単価2.0円の案件を獲得することを最初の目標にするとよいでしょう。もちろん、さらに高い案件の受注を目指してもOKです。

未経験から始めるなら、次のような流れで、文字単価2.0円を目指すとよいでしょう。

  1. 文字単価0.5〜1.0円の案件を10記事ほど受注する
  2. 文字単価1.0〜1.5円の案件を20記事ほど受注する
  3. 文字単価1.5〜2.0円の案件を20記事ほど受注する

まずは、仕事の流れやWebライティングの基礎知識を学ぶために、文字単価0.5〜1円程度の案件に応募するのがおすすめです。

未経験者歓迎といった案件も多いため、比較的簡単に採用してもらえます。10記事ほど書けば、ライティングの基本を理解できるでしょう。

実績も増えるため、次の仕事の受注も楽になります。文字単価の高い案件も少しずつ探していきましょう。

月10万円の収入を得るためには1時間で1,000文字書こう!

収入をアップさせるためには、情報収集や執筆のスピードを上げることも大切です。

情報収集を含めた1時間あたりの執筆文字数の目安は下表のとおり。

レベル1時間あたりの執筆文字数
超初心者500文字未満
初心者500〜700文字
中級者700〜1,000文字
上級者1,000文字以上

月10万円程度の収入を得たい場合は、1時間で1,000文字書くことを目標にしましょう。

たとえば、文字単価2.0円の仕事を受け、1日2時間作業する場合、

  • 2時間で2,000文字書くと4,000円
  • 25日働くと10万円

と試算できます。

ただし、最初はスピードよりも間違いの少ない記事を納品することを意識しましょう。

  • 誤字脱字や変換ミスが多い
  • 指定された構成やルールに従っていない
  • 話が矛盾している

といった状態だと、修正を依頼されるだけでなく、クライアントの信頼を失ってしまい継続して発注してもらえない可能性もあります。

主婦がWebライターの副業を始めるための3つのステップ

未経験からWebライターの副業を始めるなら、次のようなステップで進めるとよいでしょう。

主婦がWebライターになるためのステップ
1.クラウドソーシングサイトに登録する
2.Webライター向けの案件を探す
3.詳細を確認したうえで応募する

それぞれのステップについて詳しく解説します。

1.クラウドソーシングサイトに登録する

クラウドソーシングサイトを利用すれば、Webライティング未経験でも副業を始められます。

クラウドソーシングサイトとは、

  • 発注者(仕事を依頼したい人)
  • 受注者(仕事を受注したい人)

が集まるサービスのことです。

無料登録しておけば、WebライティングやWebデザインといったジャンルの仕事を検索して応募できます。

初心者向けの案件も多いため、比較的簡単に仕事を獲得できるでしょう。

Webライティング案件が多く掲載されているクラウドソーシングサイトは以下の3つです。

初めて登録するなら、案件数も利用者数も業界トップクラスの『クラウドワークス』を利用するとよいでしょう。

2.Webライター向けの案件を探す

たとえば、『クラウドワークス』でWebライター向けの案件を検索すると、以下のようなものが見つかります。

主婦のWebライターの副業におすすめの案件1
主婦のWebライターの副業におすすめの案件2
主婦のWebライターの副業におすすめの案件3

「未経験OK」といった条件で絞り込むことも可能です。気になる案件を見つけたら、記事の詳細や納期などもチェックしてみましょう。

3.詳細を確認したうえで応募する

  • ライティング内容
  • 文字単価
  • 納期

などを確認して問題なければ、応募してみましょう。

まずは文字単価0.5〜1.0円程度の案件を多くこなして経験を積むのがおすすめです。

主婦がWebライターの副業で稼ぐための3つのコツ

Webライターの副業で効率よく稼ぐためには、次の3つのポイントを意識しましょう。

主婦がWebライターとして稼ぐためのコツ
1.本などを参考にして継続的に勉強する
2.個人のWebサイトやブログを開設する
3.アフィリエイトを始める

それぞれのポイントについて順番に解説していきます。

1.本などを参考にして継続的に勉強する

主婦に限らずですが、Webライターとして稼ぐためには、

  • 読みやすい文章を書く力
  • SEOを意識したライティング力

などを高めなければなりません。

すぐにスキルアップできるわけではないため、少しずつ勉強していきましょう。

本で勉強するなら、次の2冊がおすすめです。

created by Rinker
¥1,547 (2021/09/22 21:10:36時点 Amazon調べ-詳細)

費用をかける余裕がある場合は、

などを利用するとよいでしょう。

Webライティングの勉強方法については、次の記事でまとめていますのでチェックしてみてください。

2.個人のWebサイトやブログを開設する

自分のWebサイトを開設することには、次のようなメリットがあります。

  • ライティングスキルをアピールできるため案件を受注しやすい
  • 記事を書く機会が増えるためスキルアップしやすい
  • アフィリエイトを始めることで収入が増える

無料ブログでもOKですが、自由にカスタマイズできるWordPressを使ってWebサイトを構築するのがおすすめです。

WordPressの基本的な操作方法を学んでおけば、高単価案件の受注にもつながるでしょう。

3.アフィリエイトを始める

個人のWebサイトを開設してアフィリエイトを始めれば、主婦でも月20万円以上稼げます。うまく進めていけば、月100万円以上稼ぐことも夢ではありません。

とはいえ、スタートしてすぐに稼げる人はほとんどいないでしょう。

  • コツコツと記事を書く
  • SEOやWebライティングについて勉強する

といった努力を続けていく必要があります。

余裕がある場合は、クラウドソーシングサイトである程度の収入を確保しつつ、アフィリエイトサイトの準備も並行して進めておくとよいでしょう。

主婦がアフィリエイトを始める方法は、次の記事で詳しく解説しています。

主婦でもWebライターの副業で稼げる!

今回は、主婦がWebライターになる方法や稼ぐコツなどを紹介しました。

主婦でもWebライターの副業で稼ぐことは十分に可能です。

コツコツと勉強すれば、一般的なパートやアルバイトより安定して稼げるので、興味のある人はぜひチャレンジしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加