フリーランスWebライターになるには?独立プランを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスWebライターになるには

Webライターは、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

  • 文章を書くのが好き
  • わかりやすく説明するのが得意

という人におすすめの仕事といえるでしょう。

この記事では、稼げるフリーランスWebライターになるためのポイントや仕事獲得の方法を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

フリーランスWebライターの仕事内容とは?

Webライターの主な仕事は、インターネットや本で必要な情報を収集して、読者に伝わりやすい文章を書くことです。

案件にもよりますが、クライアントから指示される

  • 記事タイトル
  • 記事構成
  • 注意点

などに沿って執筆します。

フリーランスWebライターが執筆する記事のジャンルは?

フリーランスWebライターが執筆する記事の主なジャンルは以下のとおり。

  • ビジネス系(就職・転職・副業・起業)
  • 金融系(FX・株・投資・保険)
  • 不動産系(注文住宅・マンション売買・引っ越し)
  • 美容系(脱毛・エステ・健康グッズ)
  • エンタメ系(映画・音楽・アニメ・ゲーム)
  • 家事系(子育て・料理・家具・家電・ペット)
  • 教育系(スクール・資格・通信教育)
  • 趣味系(旅行・スポーツ・車)

多くの企業や個人がWebサイトを開設して集客しているため、さまざまなジャンルの案件があります。

まずは自分の得意ジャンルの記事を書いてみるとよいでしょう。

フリーランスWebライターに求められるスキルは?

Webライターは、未経験からでも始めやすい仕事のひとつです。

基本的な文章力さえあれば、誰でも簡単に始められます。

さらに以下のようなスキルや知識を習得すれば、単価の高い仕事を受注できるでしょう。

  • Webライティング
  • SEO
  • WordPress
  • HTML / CSS

仕様書を理解するスキルや、クライアントとのコミュニケーション能力なども必要です。

Webライター以外にも文章を書く職種はある?

Webライター以外にも、以下のような職種があります。

  • 新聞や雑誌の記事を書くライター
  • テープ起こしライター
  • ゲームのシナリオライター

自分のWebサイトを開設して広告収入を得るアフィリエイターも、広い意味ではライターといえるでしょう。

Webライターとしての実務経験があるならフリーランスエージェントを利用しよう

Webライターとして、すでに1〜2年程度の実務経験がある場合は、ライティング案件を多く保有している『レバテックフリーランス』などのエージェントに登録して、仕事を探すとよいでしょう。

フリーランスエージェントを利用するメリットは以下のとおり。

  • クラウドソーシングサイトより高単価の案件を受注しやすい
  • 自分で営業する手間やストレスがなくなる
  • 単価交渉や契約手続きをサポートしてもらえる

もし今、フリーランスのWebライターを目指しているなら、独立前にフリーランスエージェントに登録して、

  • 現在のスキルと経験で独立できるのか
  • どのような案件を受注できるのか

といったポイントを相談してみるとよいでしょう。

『レバテックフリーランス』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

***

Webライター向けのフリーランスエージェントについては、次の記事で詳しく紹介しています。

未経験からフリーランスWebライターになるには?

未経験からでもフリーランスWebライターになることは可能です。

クラウドワークス』などで仕事を探せば、初心者歓迎の案件を簡単に見つけられます。

コツコツと実績を増やしていけば、少しずつ単価の高い案件を受注できるでしょう。

ただし、次のような方法でスキルアップしておけば、よりスムーズに仕事を獲得できます。

未経験から稼げるフリーランスWebライターになる方法
1.Web系の会社で実務経験を積む
2.Webライティングスクールで学ぶ
3.本やインターネットで勉強する

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1.Web系の会社で実務経験を積む

独学するより、Web系の会社で先輩からフィードバックを受けながら学ぶほうが効率的にスキルアップできます。

  • SEO
  • Webライティング
  • アクセス解析

などに関するノウハウも豊富なため、幅広い知識を習得できるでしょう。

実務経験を積んでおけば、クライアントからの信頼を得やすく、収入も安定します。

就職先を探すときは、

など、Web系の転職に強いエージェントを利用するのがおすすめです。

転職に成功したら、1〜2年程度の実務経験を積んでからフリーランスWebライターとして独立しましょう。

2.Webライティングスクールで学ぶ

などのWebライティングスクールで学ぶのもおすすめです。

スクールを利用すれば、Webライターに必要なスキルや知識を体系的に習得できます。

フリーランスWebライターとして仕事を獲得するサポートも受けられるため、安心して独立できるでしょう。

Webライティングスクールについては以下の記事で詳しく紹介していますので、チェックしてみてください。

3.本やインターネットで勉強する

独学が得意な場合は、本やインターネットで勉強するとよいでしょう。

Udemy』などのオンライン学習サイトを利用するのもおすすめです。

『Udemy』の特徴や口コミ・評判をチェック>>

Webライターにおすすめの本については、次の記事で紹介しています。

フリーランスWebライターが仕事を獲得する3つの方法

フリーランスWebライターが仕事を獲得する主な方法は以下の3つ。

フリーランスWebライターが仕事を獲得する方法
1.ライティング案件が豊富なフリーランスエージェントに登録する
2.クラウドソーシングサイトを利用する
3.フリーランス仲間から紹介してもらう

以下、それぞれの方法について詳しく解説します。

1.ライティング案件が豊富なフリーランスエージェントに登録する

フリーランスのWebライターとして、高単価の案件を継続的に獲得するためには、エージェントの利用が欠かせません。

など、ライティング案件が豊富なエージェントに登録しておきましょう。

ただし、仕事を紹介してもらうために1〜2年程度のライティング経験を求められるケースも多いため、前述のとおり、Web系の会社で実務経験を積んでおくのがおすすめです。

ライティング案件が豊富なフリーランスエージェントについては、以下の記事でまとめています。

2.クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドワークス』などのクラウドソーシングサイトを利用するのもおすすめです。

アカウントとプロフィールを作成し、ライティング案件を検索して応募することで仕事を受注できます。

初心者向けの案件も多いため、比較的簡単に仕事を受けられるでしょう。

▼公式サイトはこちら

3.フリーランス仲間から紹介してもらう

フリーランス仲間や友人などからWebライティングの仕事を紹介してもらえるケースもあるため、横のつながりはとても大切です。

Webライターの仕事を探していることを、積極的に伝えておきましょう。

すでにクライアントとの関係を構築しているライター仲間から、仕事を回してもらえる可能性もあります。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランスWebライターになろう!

今回は、稼げるフリーランスWebライターになるためのポイントや、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

企業で実務経験を積んだり、スクールでスキルを習得したりしてから、フリーランスとして独立しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.