テープ起こし・文字起こしに資格は必要?おすすめの資格も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テープ起こし・文字起こしの資格

テープ起こしや文字起こしは、簡単に始められる副業として人気があります。

関連する資格もありますが、副業や在宅ワークを始める前に取得する必要はあるのでしょうか?

この記事では、

  • テープ起こし・文字起こしに関する資格の必要性
  • テープ起こし・文字起こしのおすすめ資格

などについて解説します。

テープ起こし・文字起こしに資格は必要?

テープ起こしや文字起こしの仕事を始めるために、絶対に資格が必要というわけではありません。

クラウドワークス』などのクラウドソーシングサイトで検索すると、初心者OKという案件も多く見つかるため、資格や経験がなくても仕事を始めることは可能です。

ただし、テープ起こしの仕事で効率よく稼ぐには、

  • 素起こし・ケバ取り・整文の違い
  • テキスト化するときの表記ルール

などを理解しておく必要があるため、資格取得を通して基本的な内容を勉強しておくことには意味があります。

また、高単価の案件では資格を求められるケースもあるため、収入をアップさせたい場合は資格取得を検討するとよいでしょう。

テープ起こし・文字起こしの資格を取得する2つのメリット

資格を取得することには、次のようなメリットがあります。

テープ起こし・文字起こしの資格を取得するメリット
1.仕事を獲得しやすくなる
2.作業をスムーズに進められる

それぞれのメリットについて順番に見ていきましょう。

1.仕事を獲得しやすくなる

テープ起こしや文字起こしは、簡単に始められる副業として人気があるため、かなり多くの人が仕事を探しています。

資格がなくても仕事に応募することは可能ですが、応募人数が多い場合は、有資格者のほうが採用されやすいでしょう。

クライアントとしては、専門的なスキルや知識がありそうな人に依頼したいからです。

資格を取得した場合は、プロフィール欄などに記載してアピールしましょう。

2.作業をスムーズに進められる

テープ起こしや文字起こしの作業をスムーズに進められることも、資格を取得するメリットのひとつです。

  • テキスト化するときの一般的なルール
  • 漢字・ひらがなの使い分け

などを把握しておけば、細かい部分で迷うことなく作業できます。

クライアントからの指示も理解しやすくなるため、コミュニケーションもスムーズに進むでしょう。

テープ起こし・文字起こしの資格おすすめ2選

テープ起こしや文字起こしの仕事に役立つ資格をまとめてみました。

資格・検定名受験料(税込)受験資格資格有効期限
テープ起こし技術者 資格検定試験6,600円特になし特になし
文字起こし技能テスト5,500円特になし特になし

以下、それぞれの資格について詳しく解説します。

テープ起こし技術者 資格検定試験

テープ起こし・文字起こしの資格(テープ起こし技術者 資格検定試験)
受験料(税込)6,600円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

テープ起こし技術者 資格検定試験』は、一般社団法人音声テキスト化協会が実施している検定試験です。

この検定試験では、

  • テープ起こしに必要な知識やスキル
  • 職業倫理や一般常識

などが問われます。

インターネット上で行われるため、通信環境さえあれば、好きな時間に好きな場所で気軽に受験できることが大きな特徴です。受験時間は1.5時間であり、それほど長くはありません。

試験に合格すると「テープ起こし技術者 資格認定証書」が発行されます。さらに「ボイテックス メンバーズ」に加入すれば、会員特典として「テープ起こし 仕事情報サイト」の利用も可能となるため、仕事探しを効率化できるでしょう。

試験問題は、ヒューマンアカデミー株式会社が運営する通信講座『たのまな(テープ起こし講座)』をもとに出題されます。

この講座では、

  • 仕事の流れ
  • 書き起こしのテクニック
  • 漢字やひらがなの表記基準

など、テープ起こしに必要なスキルや知識を網羅的に習得できるため、効率よく合格を目指せるでしょう。

無料で資料請求できるため、詳細を確認してから受講するのがおすすめです。

▼無料資料請求はこちら

文字起こし技能テスト

テープ起こし・文字起こしの資格(文字起こし技能テスト)
受験料(税込)5,500円
受験資格特になし
資格有効期限特になし

文字起こし技能テスト』は、一般社団法人文字起こし活用推進協議会が運営している検定試験です。

合格・不合格という基準ではなく1000点満点のスコア制であるため、自分のスキルを客観的に把握できます。

スコアの目安は以下のとおり。

  • 400点〜:初心者レベル
  • 600点〜:一般的な文字起こしができるレベル
  • 800点〜:知らない分野でも文字起こしができるレベル
  • 900点〜:文字起こしのエキスパート

試験は、知識編(30分)と実技編(30分)の2つに分かれています。

  • 知識編:音声を聞きながらの記述問題
  • 実技編:録音された音声(約5分間)のキーボード入力

どちらもWebフォーム上に入力する形式であるため、通信環境とパソコンさえあれば自宅で受験可能です。

以下の公式テキストや公式問題集などで勉強すれば、高得点を狙えるでしょう。

created by Rinker
¥1,870 (2021/12/03 13:06:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,200 (2021/12/03 20:55:04時点 Amazon調べ-詳細)

テープ起こしの国家資格はある?

テープ起こしや文字起こしの国家資格はありません。

ここまで紹介したような民間の資格取得を検討しましょう。

テープ起こし・文字起こしの資格取得を目指しながら仕事をするのもOK

テープ起こしや文字起こしの資格取得を目指しつつ、実際に仕事を始めてみるのもおすすめです。

といったクラウドソーシングサイトを利用すれば、初心者向けの案件を簡単に見つけられます。

経験者向けの案件と比べると単価は安くなるかもしれませんが、経験を積みながら実務的なスキルを習得できるでしょう。

テープ起こし・文字起こしの資格を取得して高単価案件を狙おう!

今回は、テープ起こしや文字起こしに関する資格の必要性や、おすすめの資格について解説しました。

テープ起こしの仕事をするために、絶対に資格が必要というわけではありませんが、資格を取得しておくことで高単価案件を受注しやすくなります。

テープ起こしや文字起こしのスキルを習得するためには、講座を利用するのもおすすめです。

次の記事では、テープ起こしのおすすめ講座をまとめていますので、ぜひチェックしてください。

コメント

Comments are closed.