Webディレクターの副業は稼げる?募集サイトや稼ぎ方を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webディレクターの副業!募集サイト・始め方・稼ぎ方

Webディレクターは、Webサイト制作の進捗管理や作業調整などに興味のある人におすすめの仕事です。

この記事では、

  • Webディレクターの副業内容
  • Webディレクターの副業に役立つ募集サイト
  • Webディレクターの副業で稼ぐための方法

などを紹介します。

副業を始めようと考えている人は、ぜひチェックしてください。

Webディレクターの副業とは?未経験でも始められる?

Webディレクターの仕事は、Webサイト制作全体を取りまとめることです。

具体的な仕事内容は案件によって異なりますが、

  • クライアントとの打ち合わせ
  • Webサイトの企画や提案
  • 作業スタッフの選定
  • スケジュール調整
  • コンテンツの品質管理
  • Webサイトの運用

など、幅広い業務を担当します。

WebライターやWebデザイナー、エンジニアといったスタッフとコミュニケーションを取る場面が多いため、幅広い知識が必要です。

以下、Webディレクターの副業を始める前に知っておきたいポイントを紹介しますので、チェックしておきましょう。

Webディレクターの副業は未経験でも始められる?

Webディレクターとして働くためには、最低でも1〜2年の実務経験を求められるのが一般的です。

未経験からWebディレクターを目指す人は、『TechAcademy(Webディレクションコース)』などのオンラインスクールで基礎知識を習得したうえで、企業で経験を積みましょう。

ある程度の実務経験がある場合は、

などのフリーランスエージェントを利用するのがおすすめ。

  • リモートOK
  • 週3〜4日勤務OK

という案件も多いので、副業にも最適です。

Webディレクターの副業はどんな人に向いている?

Webディレクターの副業は、

  • コミュニケーションを取るのが得意
  • 自分で作業するより指示を出すほうが好き
  • 物事を俯瞰的に見ることができる

といった人に向いているでしょう。

途中で仕様やスケジュールが変更になるケースもあるため、臨機応変に対応できることも求められます。

Webディレクターの副業に役立つ募集サイトを紹介

Webディレクターの副業を始めるなら、次のような募集サイトに登録しておきましょう。

Webディレクターの副業に役立つ募集サイト
・Midworks
・クラウドテック
・レバテックフリーランス

以下、それぞれの特徴や扱っている案件について紹介します。

Midworks

Webディレクターの副業に役立つ募集サイト(Midworks)

Midworks』はWebディレクターの副業を始めたい人に最適なフリーランスエージェントです。

  • リモートOK
  • 週3〜4日勤務OK

といった案件を多く扱っているため、本業と両立しやすいでしょう。

サポートが充実しているのも大きな特徴です。

案件の紹介はもちろん、

  • キャリアカウンセリング
  • 単価交渉
  • 参画中の相談対応

などのサポートも無料で受けられるため安心して働けます。

Webディレクター関連の案件例

Webディレクターの副業案件(Midworks1)
Webディレクターの副業案件(Midworks2)

8割以上が非公開案件のため、無料登録してから利用しましょう。

『Midworks』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

クラウドテック

Webディレクターの副業に役立つ募集サイト(クラウドテック)

クラウドテック』も、Webディレクターの副業におすすめのフリーランスエージェントです。

株式会社クラウドワークスが運営しており、

  • リモートOK
  • 週3〜4日勤務OK

といった案件を多く扱っています。

専任のアドバイザーが契約手続きや単価交渉をサポートしてくれるため、ストレスなく副業をスタートできるでしょう。

Webディレクター関連の案件例

Webディレクターの副業案件(クラウドテック1)
Webディレクターの副業案件(クラウドテック2)

他にもさまざまな案件があるため、気になる人は公式サイトで検索してみましょう。

『クラウドテック』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

レバテックフリーランス

Webディレクターの副業に役立つ募集サイト(レバテックフリーランス)

レバテックフリーランス』は業界最大級のエージェント。

Webディレクションを含め、

  • デザイン
  • マーケティング
  • コンサルティング

など幅広い案件を扱っています。

高単価案件も多いため、年収アップも狙えるでしょう。

Webディレクター関連の案件例

Webディレクターの副業案件(レバテックフリーランス1)
Webディレクターの副業案件(レバテックフリーランス2)

個人では受注しにくい大きなプロジェクトもあるため、ぜひ登録しておきましょう。

『レバテックフリーランス』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

Webディレクターの副業で収入をアップさせるための3つのコツ

副業収入をアップさせたい場合は、次のような方法を試してみてください。

Webディレクターの副業で稼ぐためのコツ
1.複数のサービスを併用して副業案件を探す
2.継続的にスキルアップする
3.キャリアカウンセリングを有効活用する

それぞれのポイントについて簡単に解説します。

1.複数のサービスを併用して副業案件を探す

副業の収入をアップさせたいなら、複数のサービスに登録しておくことが大切です。

フリーランスエージェントによって、

  • 扱っている案件
  • 案件が豊富にある時期

などは異なります。

フリーランスエージェントは無料で利用できるため、登録しておいて損はありません。

などのクラウドソーシングサイトを併用するのもおすすめです。

2.継続的にスキルアップする

Webディレクションの副業で稼ぐためには、継続的に勉強して幅広い知識を習得する必要があります。

  • SEO
  • 広告運用
  • Webマーケティング

など、自分に足りない分野について勉強していきましょう。

独学するなら次のような参考書がおすすめです。

Webディレクターにおすすめの本をまとめてチェック>>

3.キャリアカウンセリングを有効活用する

多くのフリーランスエージェントでは、無料でキャリアカウンセリングを受けられます。

  • 今の自分のレベルはどの程度なのか
  • 収入アップのためにはどのようなスキルが必要なのか

といったポイントを業界に精通した担当者が教えてくれるため、自分の課題が明確になるでしょう。

未経験からWebディレクターの副業を始めたい場合は?

前述のとおり、Webディレクターの副業案件においては一般的に1〜2年程度の実務経験を求められます。

未経験の場合は、基礎的なディレクションスキルを習得してから実務経験を積みましょう。

TechAcademy(Webディレクションコース)』などのオンラインスクールを利用すれば、必要なスキルを網羅的に学習できます。

転職サポートも充実しているので、

  • 学習する
  • 転職する
  • 経験を積む

という流れでスムーズにスキルアップできるでしょう。

Webディレクターにおすすめのスクールをまとめてチェック>>

Webディレクターの副業で収入を増やそう!

今回は、Webディレクターの副業を始める方法について解説しました。

などのエージェントを活用すれば効率的に副業案件を探せるので、ぜひチャレンジしてみてください。

あわせて読みたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加