コンサルタントが経費として確定申告できるもの一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンサルタントの経費や確定申告のポイント

コンサルタントが経費として計上できるものをまとめました。

節税効果を高めるためには、事業に関する費用を忘れずに経費計上することが大切です。

フリーランスや個人事業主としてコンサルタントをしている人はチェックしておきましょう。

コンサルタントが経費計上できるもの一覧

コンサルタントは、一般的に次のような費用を経費計上できます。

コンサルタントが経費計上できるもの
・事務所代
・インターネット代
・交通費
・セミナー参加費
・書籍代
・スーツ代
・飲食代

当然ですが、経費として認められるのは事業に関するものだけです。

仕事と無関係の費用まで計上すると、ペナルティを受けるケースもあるため注意しましょう。

以下、それぞれの経費の概要や仕訳例を紹介します。

事務所代(自宅の一部をオフィスとしている場合)

自宅の一部をオフィスとしているコンサルタントは、家賃の何割かを経費として計上できます。

自宅はプライベートな場所でもあり、仕事専用の空間ではないため、一般的には全額を経費計上することはできません。

作業時間などを根拠に家事按分して、事業に関わる割合を算出したうえで、経費計上しましょう。

たとえば、1日の作業時間が6時間である場合は、家賃の25%(6時間÷24時間×100%)は経費計上してOK。家賃が10万円とすると、その25%である2.5万円は経費計上できます。

割合は自由に決められますが、根拠が曖昧であったり、割合が大きすぎたりすると税務署から指摘を受ける可能性もあります。

  • オフィスとして利用している部分の面積
  • 1日の作業時間

などを根拠にして按分比率を決めましょう。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
地代家賃 40,000事業主借 40,000家賃1月分(按分比率50%)

自宅の家賃8万円を個人口座から支払い、按分比率を50%として経費計上する場合は、上記のように仕訳しましょう。

勘定科目は「地代家賃」とするのが一般的です。

残り半分の家賃についてはコンサルタントの仕事と無関係であるため、仕訳をする必要はありません。

事務所代(専用のオフィスを借りている場合)

自宅以外に事業専用のオフィスを借りているコンサルタントもいるでしょう。

仕事専用のオフィスであれば、家賃の全額を経費計上して問題ありません。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
地代家賃 95,000普通預金 95,000家賃5月分

オフィスの家賃を事業用口座から支払った場合、上記のように仕訳しましょう。

家事按分をする必要はありません。

インターネット代

  • インターネット
  • スマートフォン

などはコンサルタントに必要なものであるため、その利用料は経費として計上できます。

事業専用の場合は全額を経費計上できますが、仕事以外でも使っている場合は家賃と同様に家事按分しておきましょう。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
通信費 7,900普通預金 7,900インターネット代12月分

オフィスのインターネット代を事業専用の口座から支払った場合は、上のように仕訳します。

勘定科目は「通信費」としておきましょう。

交通費

クライアントの会社へ打ち合わせに行くといった理由で

  • 電車代
  • バス代
  • タクシー代

などを支払った場合は、経費計上してOKです。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
旅費交通費 2,320事業主借 2,320タクシー代

取引先の会社までタクシーで移動し、個人の現金から支払った場合は、上記のように仕訳します。

摘要欄に取引先の会社名や担当者名を記載しておくとよいでしょう。

セミナー参加費

コンサルタントとしてのスキルを高めるために、

  • 経営
  • マーケティング
  • IT

といったセミナーに参加した場合、その費用は経費として計上できます。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
研修費 10,000普通預金 10,000セミナー参加費

経営コンサルティングに関するセミナーの参加費を事業用口座から支払った場合、上記のように仕訳します。

勘定科目は「研修費」としておきましょう。

書籍代

コンサルタントは、さまざまな知識を習得しておかなければなりません。

  • 経営手法
  • 集客テクニック
  • ITの最新技術

など、コンサルティングに関わる書籍の購入費用も忘れずに経費計上しておきましょう。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
新聞図書費 1,700事業主借 1,700書籍代

コンサルティング手法に関する本を購入した場合、上記のように勘定科目「新聞図書費」として計上しましょう。

スーツ代

  • 会議で着用する
  • 講師を務める

といった理由であれば、スーツ代や洋服代も経費計上してOKです。

ただし、必要以上に高額なものは、経費として認められないケースもあるため注意しましょう。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
消耗品費 20,000普通預金 20,000スーツ代

クライアントとの会議用にスーツを買った場合は、上記のように仕訳します。

勘定科目は「消耗品費」としておきましょう。

飲食代

コンサルタントとして仕事をしていると、喫茶店などで打ち合わせを行うケースもあるでしょう。

  • 会議
  • 打ち上げ

などの飲食代は経費として計上できます。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
会議費 1,000事業主借 1,000打ち合わせ

カフェでクライアントと打ち合わせを行い、個人の現金で飲食代を支払った場合は、上のように仕訳します。

摘要欄にクライアント名を記載しておくと確認しやすいでしょう。

  • 領収書にクライアント名をメモしておく
  • 打ち合わせの議事録を残しておく

といった対応も大切です。

***

ここまで紹介したように、コンサルタントは意外と多くの費用を経費計上できます。

また、紹介した費用以外でも、コンサルティングに関係していれば経費として計上可能です。

経費の本質について理解しておくと、より節税効果が高まるため、以下の本などで勉強しておきましょう。

created by Rinker
¥1,250 (2022/09/28 19:13:55時点 Amazon調べ-詳細)

コンサルタントが経費処理・確定申告するときの3つの注意点

コンサルティングの仕事において発生した経費を処理するときは、次のような点に注意しましょう。

コンサルタントが経費処理・確定申告するときの注意点
1.コンサルティングに関する費用であることの証明を残しておく
2.プライベートでも使う場合は家事按分する
3.所得税や住民税は経費計上できない

それぞれのポイントについて順番に解説します。

1.コンサルティングに関する費用であることの証明を残しておく

経費として処理できるのは、事業に関する費用だけです。

「コンサルティングの仕事と無関係の費用では……?」と疑われそうなものに関しては、領収書やレシートを保存するだけでなく、次のような対策をしておきましょう。

  • 飲食店の領収書と一緒に議事録を保存しておく
  • 居酒屋の領収書にクライアント名を記載しておく
  • 企画書やメールのやり取りを残しておく

指摘を受けたときにしっかりと説明できる状態にしておくことが重要です。

2.プライベートでも使う場合は家事按分する

仕事専用ではない場合は、家事按分しておくことが大切です。

  • 家賃
  • 電気代
  • パソコン代
  • インターネット代

など、完全に事業用と言い切れないときは、費用の何割かを経費計上しましょう。

3.所得税や住民税は経費計上できない

  • 所得税
  • 住民税

といった税金は、経費として認められません。

国民年金や国民健康保険も経費計上できないため、注意しましょう。

コンサルタントの経費処理には確定申告ソフトがおすすめ!

コンサルタントに限りませんが、経費処理や確定申告をスムーズに進めるためには、以下のようなツールを導入するのがおすすめです。

確定申告ソフト名料金(税込)備考
やよいの青色申告オンライン8,800円〜/年初年度無料
freee12,936円〜/年30日間無料
マネーフォワード クラウド確定申告10,560円〜/年
  • 確定申告書やレポートの自動作成
  • クレジットカードや銀行口座との連携
  • 領収書やレシートの自動仕訳

といった機能を利用できるため、ぜひ導入を検討してみてください。

ちなみに私は『やよいの青色申告オンライン』を使っています。

会計や簿記に関する専門知識がなくても使いこなせるので、気になる人は次の記事で詳細をチェックしてみてください。

コンサルタント業に関する経費を忘れずに計上しよう!

今回は、コンサルタントが経費計上できる費用や確定申告のポイントを紹介しました。

下表の費用も経費計上できる可能性があるため、気になる人は確認してみてください。

費用勘定科目判断基準
敷金・礼金・仲介手数料修繕費
地代家賃
支払手数料
詳しくチェック>>
電気代・ガス代・水道代水道光熱費詳しくチェック>>
レンタルサーバー代通信費詳しくチェック>>
冠婚葬祭費接待交際費
福利厚生費
詳しくチェック>>
漫画代・雑誌代新聞図書費
研究費
詳しくチェック>>
ガチャ代・ゲーム代通信費
消耗品費
研究費
詳しくチェック>>
お土産代・お菓子代接待交際費
福利厚生費
会議費
詳しくチェック>>
散髪代接待交際費
広告宣伝費
詳しくチェック>>