化粧品代は経費計上できる?勘定科目や判断基準を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
化粧品代は経費計上できる?勘定科目や仕訳例も紹介

化粧品代が経費として認められるかどうかは、事業内容によって異なります。

この記事では、主にフリーランスや個人事業主向けに、

  • 化粧品代が経費として認められにくい理由
  • 化粧品代を経費計上できるケース
  • 経費計上するときの勘定科目

などについて解説しますので、ぜひ参考にしてください。

化粧品代は経費として認められる?

事業の内容にもよりますが、化粧品代は経費として認められにくい費用といえるでしょう。

一般的には事業との関連性が低い費用と考えられるからです。

仕事をするうえで身だしなみは大切であるため、「化粧品代も経費になるのでは……?」などと思うかもしれません。

しかし税務署側は、

  • 絶対に事業に必要とは言い切れないもの
  • プライベートでも使用できるもの

については、経費計上することを簡単には認めてくれないのです。

とはいえ、化粧品代が経費として認められるケースもあります。

次の項目で詳しく解説しますので、損をしないよう確認しておきましょう。

化粧品代が経費として認められる4つのケース

次のような場合は、化粧品代を経費として計上できるでしょう。

化粧品代を経費計上できるケース
1.YouTubeなどの動画撮影をするとき
2.モデルや講師として人前に立つとき
3.事業に関するパーティーや式典に出席するとき
4.取材に応じるとき

以下、それぞれのケースについて詳しく解説します。

1.YouTubeなどの動画撮影をするとき

YouTubeなどの動画に出演するために化粧品を購入する場合は、経費として認められるでしょう。

見た目が動画の再生回数や収益に影響すると説明できるからです。

化粧品と同様、整髪料や衣装なども経費計上できます。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
消耗品費 3,000普通預金 3,000化粧品代

動画撮影のために化粧品を購入し、事業専用の口座から支払った場合は、上記のように仕訳しましょう。

勘定科目は「消耗品費」でOKです。

ただ、勘定科目についての絶対的なルールはないため、「雑費」などとしても問題ありません。

2.モデルや講師として人前に立つとき

モデルや講師として人前に立つ仕事をしている場合も、化粧品代を経費として計上できます。

ただし、化粧品をプライベートでも使用する場合は50%を経費とするなど、按分しておくとよいでしょう。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
消耗品費 1,500事業主借 1,500化粧品代(按分比率50%)

化粧品代3,000円をポケットマネーから支払い、その50%を経費とする場合は上記のように仕訳します。

宣伝の目的があるなら、勘定科目を「広告宣伝費」としてもOKです。

3.事業に関するパーティーや式典に出席するとき

クライアントが主催する

  • パーティー
  • 式典
  • 結婚式

などに出席する場合は、化粧品代を経費計上できるでしょう。

当然ですが、仕事と無関係の友人の結婚式などに出席する場合は、経費計上できません。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
接待交際費 2,300普通預金 2,300化粧品代

クライアントの式典に出席するために化粧品を購入した場合は、上記のように「接待交際費」として仕訳します。

  • 消耗品費
  • 雑費

でも問題ありません。

4.取材に応じるとき

  • Webメディア
  • テレビ

などの取材に応じるために特別に化粧品を購入した場合も、経費計上してOKです。

勘定科目・仕訳例

借方貸方摘要
広告宣伝費 3,100普通預金 3,100化粧品代

取材対応のための化粧品代を経費として計上する場合は、上記のように仕訳します。

摘要欄にメディア名などを記載しておくとよいでしょう。

化粧品代を経費計上するときの2つの注意点

何も考えずに化粧品代を経費計上すると、税務署から指摘を受ける可能性もあります。

化粧品代を経費とする場合は、次のような点に注意しましょう。

  1. プライベートでも使う場合は按分しておく
  2. 事業に関連するという証拠を残しておく

以下、それぞれの注意点について簡単に解説します。

1.プライベートでも使う場合は按分しておく

仕事専用の化粧品なら全額を経費計上してもOKですが、プライベートでも使う場合は適切な割合で按分しておきましょう。

按分するのが面倒なら、仕事用とプライベート用の化粧品を分けておくのもよい方法です。

2.事業に関連するという証拠を残しておく

領収書やレシートさえあれば経費として認められる、というわけではありません。

化粧品代を安易に経費計上すると、

  • 仕事に必要な化粧品なのか……?
  • 本当にクライアントの式典に参加したのか……?

などと疑いの目でチェックされる可能性もあります。

確実に経費として認めてもらいたい場合は、領収書やレシートだけではなく、

  • 式典の招待状
  • 取材の記録

などを保管しておくことも大切です。

化粧品代を正しく経費計上して節税しよう!

今回は、化粧品代を経費計上するときのポイントについて解説しました。

化粧品代は経費として認められにくい費用ですが、仕事内容によっては経費計上してOKです。

事業との関連性をしっかりと考えたうえで、正しく経費計上して節税効果を高めましょう。

また、化粧品代以外にも、意外と多くの費用が経費として認められます。

次の記事では、フリーランスが経費計上できるものをまとめていますので、節税に興味のある人はチェックしてみてください。

フリーランスが経費計上できるものをチェック>>

節税効果を高めるためには、経費処理の基本について理解しておくことも大切です。

以下の参考書などで軽く勉強しておくと、経費や節税に対する意識が変わりますので、気になる人は読んでおきましょう。

created by Rinker
¥1,250 (2022/09/28 19:13:55時点 Amazon調べ-詳細)
  • 自分で経費処理をしたくない
  • 確定申告をスムーズに進めたい

といった場合は、『税理士ドットコム』で信頼できる税理士を探してみるのもおすすめです。

『税理士ドットコム』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料相談はこちら

化粧品代以外にもある!忘れずに経費計上しておきたい費用

化粧品代以外にも経費として認められる費用はあります。下表を参考にしてチェックしておきましょう。

費用勘定科目判断基準
家賃地代家賃詳しくチェック>>
敷金・礼金・仲介手数料修繕費
地代家賃
支払手数料
詳しくチェック>>
電気代・ガス代・水道代水道光熱費詳しくチェック>>
インターネット代通信費詳しくチェック>>
レンタルサーバー代通信費詳しくチェック>>
冠婚葬祭費接待交際費
福利厚生費
詳しくチェック>>
漫画代・雑誌代新聞図書費
研究費
詳しくチェック>>
新聞代新聞図書費
雑費
詳しくチェック>>
ガチャ代・ゲーム代通信費
消耗品費
研究費
詳しくチェック>>
お土産代・お菓子代接待交際費
福利厚生費
会議費
詳しくチェック>>
洋服代・スーツ代消耗品費
雑費
詳しくチェック>>
散髪代接待交際費
広告宣伝費
詳しくチェック>>
年賀状代通信費
広告宣伝費
詳しくチェック>>
お中元代・お歳暮代接待交際費
広告宣伝費
詳しくチェック>>
セミナー参加費研修費詳しくチェック>>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.