フリーランス校正者になるには?年収や仕事獲得方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランス校正者になる!年収や仕事獲得方法を紹介

校正者は、書籍や雑誌を出版するうえで欠かせない存在です。

出版社や新聞社などで働く校正者もいますが、フリーランスとして活躍している人もいます。

この記事では、

  • フリーランス校正者の仕事内容
  • フリーランス校正者として独立するまでの流れ
  • フリーランス校正者の仕事探しに役立つサービス

などを紹介しますので、独立を目指す人はチェックしておきましょう。

フリーランス校正者の仕事内容

フリーランス校正者になるには?

フリーランスの校正者は、

  • 新聞社
  • 出版社
  • Webメディアの運営会社

などから仕事を受注して収入を得ます。

主な仕事内容は、誤字脱字や変換ミスを指摘したり、原稿と校正刷り(ゲラ)を見比べて内容をチェックしたりすることです。

簡単な作業のように感じるかもしれませんが、校正記号を使って修正指示を出すなど、専門的な知識とスキルを求められます。

とくに書籍や雑誌の場合、出版されると修正できないため、丁寧にチェックしなければなりません。

フリーランス校正者は在宅で働ける?

フリーランス校正者として在宅で働くことも可能です。

出版社などに出勤して働くケースもありますが、

などを活用すれば、在宅ワークを受注することもできます。

家事や育児との両立はもちろん、パラレルワークも実現できるでしょう。

フリーランス校正者になるために資格は必要?

絶対に取得すべきというわけではありませんが、履歴書やプロフィール欄に記載しておくと採用されやすいでしょう。

校正に関する資格や検定としては、

  • 校正技能検定
  • 校正士

などが挙げられます。

校正の資格について詳しくチェック>>

未経験でもフリーランス校正者になれる?

クラウドワークス』などを利用すれば、初心者歓迎という案件も多く見つかります。

ただし、

  • 単価が低い
  • Webメディアの校正に限定される

といったデメリットもあるため、安定した収入を得たい場合は、ある程度の経験を積んでから独立するとよいでしょう。

フリーランス校正者の年収はどのくらい?

フリーランス校正者の年収目安

フリーランス協会の調査によると、校正者や編集者といった文筆系フリーランスの年収は上のグラフのとおりです。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 フリーランス白書2019

年収800万円を超えるようなベテラン校正者もいますが、一般的なフリーランス校正者の年収は200〜400万円程度といえるでしょう。

独立したばかりの頃は、年収200万円以下となるケースもあります。

フリーランス校正者の収入目安をクラウドテックの案件例でチェック!

クラウドテック』は、

  • 在宅ワークOK
  • 週3〜4日稼働OK

といった案件を多く扱うフリーランスエージェントです。

「校正」というキーワードで検索してみると、以下のような案件が見つかります。

フリーランス校正者向けの案件例1
フリーランス校正者向けの案件例2
フリーランス校正者向けの案件例3

クラウドソーシングサイトで仕事を探すよりも高単価の案件を獲得しやすいため、フリーランス校正者として独立するなら登録しておきましょう。

  • スキルや経験に合う案件を紹介してもらえる
  • 単価交渉や契約手続きをサポートしてもらえる

など、充実したサポートを受けられます。

▼無料登録はこちら

未経験からフリーランス校正者として独立するまでの流れ

未経験からフリーランスの校正者を目指すなら、ある程度の実務経験を積んでから独立するのがおすすめです。

次のような流れで進めるとよいでしょう。

フリーランス校正者になるまでの流れ
1.校正に関する基礎知識を学ぶ
2.出版社などで実務経験を積む
3.フリーランスの校正者として独立する

以下、それぞれのステップについて順番に解説します。

1.校正に関する基礎知識を学ぶ

まずは、校正に関する基礎的な知識とスキルを習得しなければなりません。

  • 本で独学する
  • アルバイトをする

といった方法で、校正の流れや注意点を学びましょう。

クラウドワークス』などで、初心者向けの案件を受注してスキルアップするのもおすすめです。

必要な知識やスキルを網羅的に習得したい場合は、民間のスクールを利用しましょう。

2.出版社などで実務経験を積む

出版社やWebメディアの運営会社などで、実践的なスキルを習得しましょう。

校正者として転職するなら、宣伝会議グループの転職エージェント『マスメディアンを利用するのがおすすめです。

以下のような就職先が見つかるため、ぜひ登録しておきましょう。

フリーランス校正者の転職案件1
フリーランス校正者の転職案件2
  • 出版
  • 新聞
  • Web

といったクリエイティブな業界に特化しており、面接アドバイスなどのサポートも充実しています。

▼無料登録はこちら

3.フリーランスの校正者として独立する

ある程度の実務経験を積んだら、フリーランス校正者として独立する準備を始めましょう。

フリーランスになると、自分で仕事を探して受注しなければなりません。

など、複数の仕事獲得ルートを確保しておきましょう。

現在、校正の仕事をしているなら、会社に所属している状態でフリーランスエージェントに登録して無料カウンセリングを受けてみるのがおすすめです。

  • 今のスキルと経験で独立できるのか
  • どのような案件を受注できるのか

といった点を事前に確認しておけば、安心して独立できます。

フリーランス校正者の仕事探しに役立つサービス3選

効率よく仕事を探したいなら、次のようなサービスを利用しましょう。

フリーランス校正者の仕事探しに役立つサービス
・クラウドテック
・クラウドワークス
・クラウディア

以下、それぞれのサービスの特徴を紹介します。

クラウドテック

フリーランス校正者の仕事探しに役立つサービス(クラウドテック)

クラウドテック』は、在宅ワークを豊富に扱うフリーランスエージェントです。

フリーランスとして安定した収入を得るためには、エージェントの利用が欠かせません。

ただし、校正案件を保有しているエージェントはあまり多くないのが実状です。

クラウドテック』は比較的多くの校正案件を扱っているため、独立するなら登録しておきましょう。

▼無料登録はこちら

クラウドワークス

フリーランス校正者の仕事探しに役立つサービス(クラウドワークス)

クラウドワークス』は、業界最大級のクラウドソーシングサイトです。

校正はもちろん、

  • 編集
  • 翻訳
  • 文字起こし

といった文筆系の案件も掲載されています。

未経験で受注できる案件も多いため、これから校正の仕事を始める人にもおすすめです。

▼無料登録はこちら

クラウディア

フリーランス校正者の仕事探しに役立つサービス(クラウディア)

クラウディア』も人気のクラウドソーシングサイトのひとつです。

  • 手数料が安い(最低3%)
  • 高単価オファーが届く場合もある

といった特徴があります。

校正だけではなく、ライティングや編集などの仕事も多く掲載されているため、興味のある人は登録しておきましょう。

▼無料登録はこちら

フリーランス校正者として独立するなら実践的なスキルを習得しよう!

今回は、フリーランス校正者の仕事内容や独立までの流れを紹介しました。

校正者として独立するなら、出版社やWebメディアの運営会社などで働き、実践的なスキルを習得しておくことが大切です。

などを利用して、副業から始めてみるのもよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.