Webライターとは?仕事内容・働き方・必要なスキルを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webライターは、

  • フリーランスとして独立したい人
  • 副業を始めたい人

に人気の仕事のひとつです。

ただ、名前は聞いたことがあるけれど、具体的にはどのような職業なのかわからない、という人も多いでしょう。

そこでこの記事では、

  • Webライターの仕事内容や働き方
  • Webライターに求められるスキルや知識
  • Webライターの始め方

などについて詳しく解説します。

Webライターを目指す人は、ぜひ参考にしてください。

WebライターとはWebサイトに掲載する記事を書く人

Webライターとは、さまざまなWebサイトに掲載する記事を書く人のことです。

普段、私たちがニュースサイトやグルメサイトなどで読んでいる記事は、主にWebライターが書いています。

  • Webサイトを構築して集客する企業が増加したこと
  • 個人ブログで稼げる環境が整ってきたこと

などを背景として、Webライターの活躍の場は増えてきました。

未経験からでも挑戦しやすいため、本格的なWebライターとして活動している人はもちろん、副業やお小遣い稼ぎとして取り組んでいる人も多くいます。

Webライターの働き方は3タイプ

Webライターの働き方は、以下のようなタイプに分けられます。

  1. フリーランスWebライターとして働く
  2. 企業に所属して記事を書く
  3. 副業Webライターとして活動する

それぞれの働き方について具体的に見ていきましょう。

1.フリーランスWebライターとして働く

フリーランスWebライターとは、企業に所属せず、個人で活動するWebライターのことです。

個人で営業したり、知り合いから仕事を紹介してもらったりするWebライターもいますが、

を利用してWebライティングの仕事を獲得している人が多いでしょう。

クライアントからの依頼は受けず、自分のWebサイトを構築して広告を掲載することで稼いでいるアフィリエイターやブロガーと呼ばれる人もいます。

フリーランスWebライターとして活動するメリット・デメリットは、以下のとおりです。

メリット
・働き方や受注する案件を自由に選べる
・頑張った分だけ収入が増える
・家事や育児と両立しやすい

デメリット
・仕事とプライベートの境界が曖昧になりがち
・確定申告などの作業を自分で行う必要がある
・クライアントの都合で仕事が打ち切られる可能性もある

2.企業に所属して記事を書く

企業に所属することも、Webライターの働き方のひとつです。

  • 正社員
  • 契約社員
  • アルバイト社員

など、雇用形態はさまざまですが、Webライターを募集している企業も多く存在しています。

を利用して探してみるとよいでしょう。

自社メディアを運営している企業、記事作成を代行している企業など、さまざまなタイプがあるので応募前に確認しておくことが大切です。

2019年以降は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や働き方改革の影響により、在宅ワークを推進している企業も多いでしょう。

企業に所属して働くメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット
・わからない部分を教えてもらえるためスキルアップしやすい
・収入が安定する
・福利厚生が充実している

デメリット
・通勤が必要な場合もある
・働く時間帯を選べない場合もある
・担当する記事のジャンルや内容を選びにくい

3.副業Webライターとして活動する

副業としてWebライティングの仕事をしている人も多いでしょう。

所属している会社が副業OKなら、『クラウドワークス』などで仕事を探せば簡単に始められます。

副業としてWebライターを始めるメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット
・ほぼノーリスクで始められる
・仕事が増えたら独立もできる

デメリット
・ライティングの時間が限られる
・副業NGの会社ではできない

Webライターの主な3つの仕事内容

Webライターの主な仕事は、必要な情報を収集したうえで、読みやすい文章を書くことです。

それぞれの仕事内容について、詳しく見ていきましょう。

1.必要な情報を収集する

自分が知っている情報だけで記事を書けるケースは少ないため、Webライティングの前には情報収集が欠かせません。

本などで調べることもありますが、効率よく記事を作成することが求められるため、インターネットで情報を集めるケースが多いでしょう。

ただし、

  • 複数のWebサイトを見て正しい情報を見極めること
  • 信頼性の高いWebサイトを参考にすること

などが大切です。

2.読みやすい記事を書くこと

集めた情報をもとに文章を書くことは、Webライターとしてのメインの仕事といえるでしょう。

Webライティングは、小説やエッセイを書くのとは異なるため、芸術的な表現が求められるケースはあまりありません。

クライアントやWebサイトのタイプにもよりますが、どちらかといえば、

  • 読者が必要な情報をすぐに得られる文章
  • シンプルで読みやすい文章

を求められるケースが多いでしょう。

記事構成や見出しについては、クライアントから細かく指定される場合もありますし、Webライターに任せられる場合もあります。

文字数や表記ルールなどが決められている場合は、それらに沿って執筆することも重要です。

3.インタビューや商品調査を行う

  • 対象となる人に話を聞いてインタビュー記事を作成する
  • 商品を使ってみてレビュー記事を作成する

といった案件もあります。

スキルがある場合は、文章と一緒に掲載する写真の撮影を依頼されるケースもあるでしょう。

執筆だけの案件より高単価であることが多いため、積極的にチャレンジすることで収入アップを狙えます。

Webライターに求められる3つのスキル・知識

Webライターを目指すなら、以下3つのスキルや知識を身につけておきましょう。

  1. 基本的な日本語力
  2. SEOに関する基礎知識
  3. 情報収集力

ただ、いきなりすべてのスキルや知識を習得する必要はありません。仕事をしながら少しずつステップアップしていくことが大切です。

以下、それぞれのスキルについて簡単に解説します。

1.基本的な日本語力

当然ですが、Webライティングの仕事をするためには、基本的な日本語力が必要です。

正しい文法や言葉の使い方を知っておかなければ、読者に内容を理解してもらえません。

とはいえ、新聞記事のような堅苦しい文章はあまり必要とされず、多くの場合、誰でも簡単に読める文章を書くことが求められます。

Webライティングに関する本を読んだり、さまざまなWebサイトを見て人気がある記事の傾向を把握したりするとよいでしょう。

初心者におすすめの本については、次の記事で紹介しています。

2.SEOに関する基礎知識

多くのクライアントは、SEO対策を目的として仕事を発注しているため、SEOに関する知識があれば収入アップを期待できます。

ただ、初心者向けの案件においては、SEOの知識を求められるケースは少ないため、

  • 検索エンジンの仕組み
  • 検索キーワードの概念

といった基礎知識をざっくりと理解しておくとよいでしょう。

3.情報収集力

前述のとおり、Webライティングには情報収集が欠かせません。効率的に正しい情報を収集する力を高めていきましょう。

情報収集力を高めるためには、実際に文章を書いてみることが大切です。

どのような情報を集めれば記事が書けるのか、少しずつ把握できるでしょう。

Webライターとして働く魅力

人によって感じ方は異なりますが、Webライターという仕事には以下のような魅力があります。

  1. 場所を選ばずに働ける
  2. 努力した分だけ稼げる
  3. 幅広いジャンルの知識が増える

順番にチェックしていきましょう。

1.場所を選ばずに働ける

フリーランスのWebライターであれば、通勤の必要がなく、場所を選ばずに働けます。育児や家事と両立しやすいことも魅力といえるでしょう。

記事を書いて納品することがメインであるため、パソコンとインターネット環境さえあれば、自宅やカフェなどで作業できます。

企業に所属するWebライターの場合は、出社を求められるケースもありますが、リモートワークを採用する企業も増えてきました。

2.努力した分だけ稼げる

  • 文章力を高める
  • SEOライティングの知識を身につける
  • WordPressの操作方法を覚える

など、コツコツと努力してレベルアップすれば、収入も増えていきます。

自分のWebサイトを開設して集客したり、広告を貼ってアフィリエイト収入を得たりすれば、月100万円以上の収入を獲得することも夢ではありません。

3.幅広いジャンルの知識が増える

Webライターとして活動していると、幅広いジャンルの依頼を受けるため、自然と知識も増えていきます。

普段の生活ではあまり接することのないジャンルの情報を得られることも、Webライターの魅力といえるでしょう。

Webライターとしての仕事を始めてみよう!

今回は、Webライターの仕事内容や働き方などについて解説しました。

未経験からでも始められますので、興味のある人はぜひチャレンジしてみてください。

Webライターとしての活動を開始する具体的な方法は、次の記事で詳しく解説しています。

SNSでもご購読できます。