about

コノハのフリーランス応援サイト』にお越しいただき、ありがとうございます!

現役フリーランスの「コノハ」と申します。

このページでは簡単に自己紹介をしていますので、「どんなヤツが記事を書いているんだ?」と気になっている方は読んでみてください。

名前コノハ(コノハズクの「コノハ」)
年齢30代
性別男性
居住地神奈川県
家族妻と子ども1人

東京都内を転々としていましたが、現在は神奈川県の静かなエリアにて、子育てをしながらのんびりと記事を書いて生活しています。

これまでの経歴は以下のとおりです。

1982年1月田舎の小さなまちにて誕生
2000年4月田舎を飛び出して福岡の大学へ進学
2008年3月紆余曲折あり、8年かけて大学を卒業
2008年4月某中堅ゼネコンに入社
2015年5月同社を退社し、バリバリ働くことに疲れたので1年間休憩
2016年4月フリーランスとして活動開始
2016年5月ブログ作成やイベント開催など、生きる道を模索
2017年4月SEO会社にてWebライティングやコンテンツ企画を学ぶ
2019年3月『コノハのフリーランス応援サイト』を開設

さまざまなことにチャレンジしてきましたが、現在はWebライターとして以下のような仕事をしています。

  • 『コノハのフリーランス応援サイト』の運営
  • 20代向け転職サイトの記事作成サポート
  • SEO会社の記事作成サポート

私が文章を書くうえで心がけている3つのこと

文章を書くときは、次の3つのポイントに注意しています。

  1. シンプルで読みやすい文章を書くこと
  2. リズムのよい文章を書くこと
  3. SEOを意識した文章を書くこと

Webライターとして当たり前のことばかりかもしれませんが、簡単に解説してみます。

1.シンプルで読みやすい文章を書くこと

Webライティングは、小説やエッセイを書くこととは異なります。

「物語の結末はどうなるんだろう?」とワクワクさせることよりも、読者が求める情報をわかりやすく届けることが大切です。

具体的には、

  • 結論を先に書く
  • 冗長表現を避ける
  • 箇条書きや改行を駆使する

といったことを意識しています。

2.リズムのよい文章を書くこと

読者に最後まで読んでもらえるよう、リズムのよい文章を書くように心がけています。

文章のリズムが悪いと、

  • 読者が途中で読むのをやめてしまう
  • 記事の離脱率が上がる
  • Googleの評価が下がる

という結果につながるためです。

具体的には、

  • 同じ文末表現を3回連続で使わない
  • 見出しを小まめに設置する
  • 漢字とひらがなのバランスを意識する

などのポイントに注意しています。

リズムのよい文章を書くコツについては、以下の記事にまとめていますので参考にしてください。

3.SEOを意識した文章を書くこと

検索上位を獲得するために、キーワードや検索ニーズなどを考慮して、見出し構成やライティングをしています。

記事が増えるほど、アクセス数も増加してきました。