Webライティングを効率的に勉強するための5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webライティングを勉強して、

  • フリーランスWebライターとして活躍したい
  • 自分のサイトを作って稼ぎたい

という人も多いでしょう。

Webライティングを勉強するときは、通常のライティングとは異なることを理解して、効率的に学習することが大切です。

この記事では、Webライティングを極めるために勉強すべきことや、効率的な勉強方法について解説します。

Webライティングを極めるために勉強すべき3つのこと

Webライターとして活躍するためには、次の3つのスキルを習得する必要があります。

  1. 基本的な日本語力
  2. Webメディアの特性に合わせた文章力
  3. SEOを意識したライティング力

これらのスキルを習得することで、高額案件受注や単価アップにつながるでしょう。

オリジナルサイトを作れば、年収1,000万円超えも夢ではありません。

それぞれのスキルについて、順番に見ていきましょう。

1.基本的な日本語力

当然ですが、Webライティングをするためには、

  • 主語と述語の関係
  • 漢字とひらがなの使い分け
  • 論理的な文章展開

など、日本語の基礎をしっかりと理解しておくことが必要です。

私たちは、文章を書くという教育をほとんど受けてこなかったため、やってみると意外と書けないことも多いでしょう。

文章を書く機会を積極的につくりながら、本やスクールで勉強することが大切です。

2.Webメディアの特性に合わせた文章力

Webメディアの大きな特徴は、基本的には読者が無料で読めることです。

気軽に読んでもらえるというメリットもありますが、お金を払っていないため、気軽に読むのをやめられるというデメリットもあります。

読者が途中で離脱すると、

  • せっかく役立つ情報を書いても読んでもらえない
  • Googleの評価も下がる

という結果につながるため、読者を飽きさせず、最後まで読んでもらえるような文章力を身につけることが大切です。

また、クライアントから仕事を受ける場合、メディアごとの特性や目的を理解する必要があります。

Webメディアには、

  • 自社の商品やサービスを売る
  • アフィリエイト収入を得る

など、それぞれの目的があるため、それを達成できるような文章を書かなければなりません。

文体に指定がある場合も多いので、既存記事や仕様書を読み解くスキルも必要です。

3.SEOを意識したライティング力

Web上には膨大な量の情報があるため、ただ記事を公開するだけでは埋もれてしまい、読者に読んでもらえる可能性はほとんどありません。

自分が書いた記事を多くの人に読んでもらうためには、SEO対策により検索順位を上げることが必要です。

とくに、

  • 検索キーワード
  • 検索ニーズ
  • タイトル設定
  • 見出し構成

などについては、しっかりと理解しておきましょう。

クライアントからSEOを意識したライティングを求められるケースもあります。

Webライティングを効率的にマスターするための5つの勉強方法

Webライティングを効率的にマスターするためには、次の5つの方法を組み合わせるのがおすすめです。

  1. 本を読んで学ぶ
  2. ライティングのアルバイトをする
  3. スクールに通う
  4. オンラインの学習サイトを利用する
  5. クラウドワークスなどで仕事をする

それぞれの方法について、詳しく解説していきます。

1.本を読んで学ぶ

独学が得意なら、本を読んで学ぶのがおすすめです。

ただし、文章は書かないと上達しないため、本を読みつつ書くことも忘れないようにしましょう。

ここでは、初心者にもおすすめの本を2冊紹介しておきます。

沈黙のWebライティング

  • わかりやすい文章を書く方法が知りたい
  • 検索上位を獲得できる記事が書きたい
  • Webサイトの成果を上げて稼ぎたい

といった人におすすめの本です。

漫画形式で解説してくれるため、文章を読むのが苦手な人でも挫折せず最後まで読み進められるでしょう。

10年つかえるSEOの基本

SEOや検索エンジンの仕組みの基礎を学べる一冊です。

SEOについて、小手先のテクニック的なことだけを知っていてもあまり意味はありません。

本質を知っておかなければ、検索エンジンにおいて頻繁に行われるアップデートやルール変更に対応できないからです。

この本を読んで、

  • 検索エンジンが目指していること
  • SEOの本質

をしっかりと理解しておきましょう。

その他のおすすめ本については下記の記事で紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

2.ライティングのアルバイトをする

効率よく文章力を上げるためには、自分の書いた文章に対して、第三者からフィードバックをもらうことが重要です。

記事制作会社やSEO会社でライティングのアルバイトをすれば、先輩から日本語や記事構成についてアドバイスしてもらえるため、初心者でもレベルアップしやすいでしょう。

  • SEO担当
  • 企画担当
  • ライター
  • 編集者
  • 校正者
  • 営業

など、さまざまなスタッフがいる会社であれば幅広い知識が身につきます。

内部の人間、近くにいる存在だからこそ教えてもらえることも多いでしょう。

仕事をするだけならクラウドソーシングサイトでも可能ですが、単発の関係になりやすくフィードバックをしてもらえないケースもあります。

私も約3年間、記事制作会社でライティングや企画の仕事をした後、フリーランスWebライターとして独立しました。

在籍中に、Webライティングの基本から仕事の受注方法まで幅広く学べたため、その後の独立がスムーズに進んだと思います。

最終的にはフリーランスとして在宅で働くことを目標としている人も、一度は会社に在籍しておくのがおすすめです。

アルバイトを探すときは、『ギガバイト』などで検索してみるとよいでしょう。

▼公式サイトはこちら

3.スクールに通う

Webライティングについて体系的に学びたい場合は、スクールに通ってもよいでしょう。

  • オンラインで気軽に学びたい
  • 通学してがっつり学びたい

など、自分の目的に合ったスクールを選ぶことが大切です。

オンラインで学びたい場合は『ヒューマンアカデミー』のWebライティング技能検定講座などを選ぶとよいでしょう。

▼公式サイトはこちら

その他のスクールについては下記の記事で紹介していますので、参考にしてください。

4.オンラインの学習サイトを利用する

オンラインの学習サイトを利用するのもおすすめです。

スクールよりも低価格で学べるケースも多いので、気軽に利用できます。

学習サイトとしては、『Udemy』が有名です。

基本的には動画を見て学習するスタイルで、講座によって料金は異なりますが、一度支払えば何度でも繰り返し動画を見ることができます。

『Udemy』の特徴や評判は下記の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてください。

▼公式サイトはこちら

5.クラウドワークスなどで仕事をする

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

などのクラウドソーシングサイトで仕事をしながら学ぶのもよい方法です。

たくさんの文章を書くことがスキルアップへの近道ですので、ぜひチャレンジしてみましょう。

  • 初心者歓迎の案件も多い
  • 稼ぎながら学べる

といったメリットもあります。

Webライティングを勉強してフリーランスになろう!

今回は、Webライティングを極めるために勉強すべきことや勉強方法について解説しました。

それぞれの勉強方法にメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法でスキルアップしていきましょう。

複数の勉強方法を組み合わせるのも大切です。

Webライティングを極めて稼げるフリーランスを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.