補助形容詞とは「本来の意味が薄れた形容詞」!例文付きで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

補助形容詞(形式形容詞)とは、形容詞のひとつで、以下のような特徴をもっています。

  • 本来の意味が失われている(または、薄くなっている)
  • 他の語と一緒に用いられ、その意味を限定する
  • ひらがなで表記するのが一般的

以下、それぞれの特徴について、例文付きで詳しく解説します。

代表的な補助形容詞【例文付】

ない

例文1
「この部屋にはエアコンがない。」

例文2
「今日は働きたくない。」

2つの例文には「ない」が使われていますが、意味は異なります。

例文1の「ない」は、「存在しない」という意味の形容詞です。

例文2の「ない」は補助形容詞で、「働きたく」に対して否定の意味を付け加えています。

ほしい

例文3
「私は仕事がほしい。」

例文4
「仕事をしてほしい。」

例文3の「ほしい」は、「手に入れたい」という意味の形容詞です。

例文4の「ほしい」は補助形容詞で、「して」に対して願望の意味を付け加えています。

補助形容詞は形容詞本来の意味をもっていない

補助形容詞には、形容詞本来の意味がありません。

または、意味が薄くなっている場合もあるでしょう。

形容詞「ない」には本来、「存在しない」という意味があります。

しかし、次の例文中の補助形容詞「ない」には、本来の意味はありません。

例文
「私はテレビを見ない。」

同様に、形容詞「ほしい」には本来、

  • 手に入れたい
  • 自分のものにしたい

といった意味があります。

次の例文中の補助形容詞「ほしい」は、本来の意味が薄れ、願望を表すような意味だけが残っています。

例文
「もっと本を読んでほしい。」

補助形容詞はひらがなで表記するのが一般的

補助形容詞は、本来の意味が失われていたり、薄くなっていたりするため、一般的にはひらがなで表記されます。

例文
「まだ寝たくない。」
「早く寝てほしい。」

一方、通常の形容詞は漢字で表記しても問題ありません。

例文
「僕のパソコンが無い。」
「パソコンが欲しい。」

補助形容詞は単体では用いられない

補助形容詞は、他の語と一緒に用いられます。

例文
「私は走りたくない。」
「もっと早く走ってほしい。」

上の例文のように、補助形容詞「ない」や「ほしい」は、前の語と一体的に使われます。

一方、通常の形容詞は単独で用いられます。

例文
「僕の靴がない。」
「この靴がほしい。」

補助形容詞を正しく使って読みやすい文章を書こう!

以上、補助形容詞の特徴を解説しました。

通常の形容詞と区別できるよう、しっかりと理解しておきましょう。

参考文献

補助形容詞と同じく、本来の意味が薄れている動詞を「補助動詞」といいます。以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.