フリーランスエンジニアになるには?独立プランを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランスエンジニアになるには?

エンジニアは、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

  • プログラミングが好き
  • システム開発やアプリ開発に興味がある

という人におすすめの仕事といえるでしょう。

この記事では、稼げるフリーランスエンジニアになるためのポイントや仕事獲得の方法を紹介しますので、ぜひチェックしてください。

フリーランスエンジニアの仕事内容とは?

エンジニアのなかにも、さまざまな職種があります。代表的な職種は以下のとおりです。

  • インフラエンジニア:ITインフラの設計・構築・運用を行う
  • ネットワークエンジニア:ネットワークの設計・構築・運用を行う
  • セキュリティエンジニア:セキュリティに配慮したシステムの設計や実装を行う
  • データベースエンジニア:データベースの設計・構築・運用を行う
  • アプリケーションエンジニア:Webアプリやスマホアプリを開発する
  • フロントエンドエンジニア:HTML・CSS・JavaScriptなどを用いてWebサイトを実装する
  • WordPressエンジニア:WordPressを使ってWebサイトの制作・更新・リニューアルを行う
  • AIエンジニア:ビッグデータを分析してAIをコントロールする
  • システムエンジニア:クライアントの希望を把握してシステムを設計する

多くの企業がWebサイト制作やアプリ開発に注力しているため、フリーランスエンジニアの需要は今後も高まっていくでしょう。

試しに『レバテックフリーランス』でエンジニア向けの案件を検索してみると、次のようなものが見つかります。

フリーランスエンジニア(レバテックフリーランスの案件例1)
フリーランスエンジニア(レバテックフリーランスの案件例2)
フリーランスエンジニア(レバテックフリーランスの案件例3)

他にも多数の案件があるため、詳しく知りたい人は公式サイトで探してみましょう。

▼公式サイトはこちら

フリーランスエンジニアに求められるスキルは?

フリーランスエンジニアとして活躍するためには、プログラミングのスキルを習得する必要があります。

ただ、すべてのプログラミング言語を学ぶ必要はありません。目指す職種に合わせて学ぶ言語を選べばOKです。

  • フロントエンドエンジニアを目指すならHTML・CSS・JavaScript
  • AIエンジニアを目指すならPython

などを中心に勉強するとよいでしょう。

エンジニアとしての実務経験がある場合はフリーランスエージェントを利用しよう

フリーランスエンジニアを目指している人のなかには、すでに1〜2年程度、企業で働いているという人も多いでしょう。

実務経験がある場合は、『レバテックフリーランス』などのエージェントに登録しておくと、比較的簡単に仕事を受注できます。

ただし、実務経験がないと、案件を紹介してもらうのは難しいため注意が必要です。

フリーランスエージェントを利用するメリットは以下のとおり。

  • クラウドソーシングサイトより高単価の仕事を獲得しやすい
  • 自分で営業するストレスから解放される
  • 単価交渉や契約手続きをサポートしてもらえる

もし今、フリーランスエンジニアとしての独立を検討しているなら、会社を辞める前にフリーランスエージェントに登録して、

  • 現在のプログラミングスキルと経験で独立できるのか
  • どのような案件を紹介してもらえるのか

といったポイントを相談してみるとよいでしょう。

『レバテックフリーランス』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼公式サイトはこちら

***

その他のフリーランスエージェントについては、次の記事で詳しく紹介しています。

未経験からフリーランスエンジニアになるには?

実務経験がない場合は、次のようなステップでフリーランスエンジニアを目指すとよいでしょう。

未経験から稼げるフリーランスエンジニアになるための3ステップ
1.転職サポートが充実したプログラミングスクールで学ぶ
2.IT系の会社で実務経験を積む
3.フリーランスエンジニアとして独立する

ステップ2を省略することも可能ですが、実務経験がないと単価の低い案件しか受注できず、収入が安定しない可能性もあります。

安定して稼ぐためには、フリーランスエージェントに登録して単価の高い仕事を紹介してもらうほうがよいでしょう。

フリーランスエージェントでは、最低でも1年程度の実務経験がないと案件を紹介してもらえないため、遠回りなようでも企業に就職してスキルアップするのがおすすめです。

以下、それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

1.転職サポートが充実したプログラミングスクールで学ぶ

まずは、エンジニアとして働くために必要なプログラミングスキルを身につけましょう。

といった転職サポートが充実したスクールを利用するのがおすすめです。

それぞれのスクールの特徴について簡単に紹介します。

TechAcademy

フリーランスエンジニアになるためのスクール(TechAcademy)

TechAcademy』は、完全オンラインのプログラミングスクールです。

  • Webアプリケーションコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース

など、さまざまなコースがあり、複数のコースを組み合わせて受講することもできます。

全コースで転職サポートを受けられるため、安心して利用できるでしょう。また、エンジニア転職保証コースを選択すれば、受講後に転職が成功しなかった場合、受講料を全額返金してもらえます。

▼公式サイトはこちら

CodeCampGATE

フリーランスエンジニアになるためのスクール(CodeCamp GATE)

CodeCampGATE』は、オンラインでマンツーマン指導を受けられるプログラミングスクールです。

Webサービスを開発するための基礎スキルから、チームでの開発手法まで、網羅的に学習できます。

キャリアコンサルタントによる転職支援が充実しているのも大きな特徴です。

  • 自己分析
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 推薦状の発行

といったサポートを受けられるため、転職活動がスムーズに進むでしょう。

▼公式サイトはこちら

2.IT系の会社で実務経験を積む

プログラミングスクールで基礎的なスキルを習得したら、IT系の会社で実務経験を積みましょう。

前の項目で紹介したとおり、スクールの転職サポートを利用すればスムーズに入社できます。

といったIT系の転職に強いエージェントを利用するのもおすすめです。

転職に成功したら、

  • システム開発やアプリ開発のプロセス
  • 実務レベルのプログラミング技術

などを積極的に学びましょう。

3.フリーランスエンジニアとして独立する

転職先の会社で最低でも1年程度は働いてから、フリーランスエンジニアとして独立するとよいでしょう。

繰り返しになりますが、実務経験がなければフリーランスエージェントで仕事を紹介してもらうのが難しく、収入が安定しない可能性もあります。

フリーランスエンジニアが仕事を獲得する3つの方法

フリーランスエンジニアが仕事を獲得する代表的な方法は以下の3つ。

フリーランスエンジニアが仕事を獲得する方法
1.エンジニア向けの案件が豊富なフリーランスエージェントに登録する
2.クラウドソーシングサイトを利用する
3.エンジニア仲間から紹介してもらう

以下、それぞれの方法について詳しく解説します。

1.エンジニア向けの案件が豊富なフリーランスエージェントに登録する

フリーランスのエンジニアとして、高単価の案件を継続的に受注するためには、エージェントの利用が欠かせません。

など、エンジニア向けの案件が豊富なエージェントに登録しておきましょう。

以下、それぞれのエージェントの特徴を簡単に紹介します。

レバテックフリーランス

エンジニア向けフリーランスエージェント(レバテックフリーランス)

レバテックフリーランス』は、業界最大手のフリーランスエージェント。

直請案件が多く、高単価の仕事を受注しやすいのが大きなメリットです。報酬額が100万円/月を超える案件も多いため、やる気やスキルがあれば年収アップを狙えるでしょう。

  • 条件交渉をサポートしてもらえる
  • 継続的に案件を受注できる
  • 福利厚生が充実している

といった特徴もあり、多くのフリーランスに利用されています。

『レバテックフリーランス』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

Midworks

エンジニア向けフリーランスエージェント(Midworks)

Midworks』は、

  • リモート可
  • 週3日稼働OK

といった案件を多く扱っているフリーランスエージェントです。

柔軟なワークスタイルを実現したい人は、ぜひ登録しておきましょう。

給与保障制度を利用できるのも大きな特徴です。審査はありますが、仕事が途切れてしまった場合に、月額契約単価の80%を日割りで支給してもらえるため、焦らずに次の案件を探せます。

『Midworks』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

***

その他のフリーランスエージェントについては以下の記事でまとめていますので、比較したい人はチェックしてみてください。

2.クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドワークス』などのクラウドソーシングサイトを利用するのも、仕事を獲得する方法のひとつです。

フリーランスエージェントと比較すると単価は下がってしまいますが、初心者向けの案件も多いため、比較的簡単に仕事を受けられるでしょう。

アカウントとプロフィールを作成し、システム開発やアプリ開発などの案件を検索して応募することで仕事を受注できます。

▼公式サイトはこちら

3.エンジニア仲間から紹介してもらう

エンジニア仲間や知人などから仕事を紹介してもらえるケースもあるため、横のつながりは大切にしておきましょう。

エンジニアの仕事を探していることを、積極的に伝えておくことも重要です。

すでにクライアントとの関係を構築しているエンジニア仲間から、仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

実務経験を積んで稼げるフリーランスエンジニアになろう!

今回は、稼げるフリーランスエンジニアになるためのポイントや、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

企業で実務経験を積んだり、プログラミングスクールでスキルを習得したりしてから、フリーランスとして独立しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.