【Webデザイナー向け】仕事の取り方6つを現役フリーランスが徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webデザイナーの仕事の取り方

フリーランスWebデザイナーとして独立したいけれど、

  • 仕事の取り方がわからない
  • 継続的に仕事を受注できるか不安

という人も多いでしょう。

この記事では、Webデザイナー向けに仕事の取り方や探し方を紹介します。

いくつかの仕事の取り方を組み合わせることで、安定した収入を確保できるため、ぜひチェックしてみてください。

Webデザイナーの仕事の取り方6つを詳しく解説

Webデザイン関連の仕事を探す代表的な方法は、以下の6つです。

Webデザイナーの仕事を取る方法
1.デザイン案件が豊富なフリーランスエージェントを活用する
2.クラウドソーシングサイトに登録する
3.Web系に強い転職エージェントを利用する
4.ポートフォリオサイトを作って集客する
5.スキルシェアサイトに出品する
6.Webデザイナー仲間から仕事を紹介してもらう

それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1.デザイン案件が豊富なフリーランスエージェントを活用する

Webデザイナーとして安定的に仕事を獲得するためには、フリーランスエージェントの活用が欠かせません。

フリーランスエージェントとは、転職エージェントのようなイメージで、個人事業主や副業をしたい人に仕事を紹介してくれるサービスです。

フリーランスエージェントを利用すると、以下のようなメリットを得られます。

  • 営業活動や単価交渉を代行してくれる
  • 高額案件を見つけやすい
  • 案件参画中の相談対応をしてくれる

ただし、1〜2年程度の実務経験がないと仕事を紹介してもらえないケースも多いため、デザイン経験者向きのサービスといえるでしょう。

扱っている案件やサポート内容はフリーランスエージェントによって異なります。せっかく登録するなら、デザイン関連の案件を多く保有しているエージェントを選びましょう。

Webデザイナーにとくにおすすめのフリーランスエージェントは次の2つ。

試しに『レバテックフリーランス』でデザイン関連の案件を探してみると、次のようなものが見つかります。

Webデザインの案件例1(レバテックフリーランス)
Webデザインの案件例2(レバテックフリーランス)
Webデザインの案件例3(レバテックフリーランス)

Webデザインだけではなく幅広いジャンルの案件があるため、公式サイトもチェックしてみてください。

▼公式サイトはこちら

デザイン案件が豊富なフリーランスエージェントについては、以下の記事でも紹介しています。

2.クラウドソーシングサイトに登録する

クラウドソーシングサイトを利用することも、Webデザインの仕事を探すための基本的な方法です。

クラウドソーシングサイトとは、

  • 発注者(仕事を依頼したい法人や個人)
  • 受注者(仕事を受注したいフリーランスや個人事業主)

が集まるWebサイトのこと。

初心者向けの案件も多いため、フリーランスWebデザイナーはもちろん、副業したい人や在宅ワークで稼ぎたい人にもおすすめです。

専用のアカウントを作成し、案件を検索して応募することで、比較的簡単に仕事を受注できます。

多くのクラウドソーシングサイトがありますが、初めて登録する場合は、案件数も利用者数も業界トップクラスの『クラウドワークスを利用するとよいでしょう。

クラウドワークス』でデザイン関連の案件を検索してみると、以下のようなものが見つかります。

Webデザインの案件例1(クラウドワークス)
Webデザインの案件例2(クラウドワークス)
Webデザインの案件例3(クラウドワークス)
Webデザインの案件例4(クラウドワークス)
Webデザインの案件例5(クラウドワークス)

他にも多数の案件があるため、気になる人は公式サイトで探してみましょう。

▼公式サイトはこちら

その他のクラウドソーシングサイトについては、以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

3.Web系に強い転職エージェントを利用する

フリーランスWebデザイナーではなく、正社員や契約社員として働きたい場合は、Web系に強い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

将来的にフリーランスとして独立したい人も、企業で1〜2年の実務経験を積んでおいたほうが独立後に効率よく仕事を獲得できます。

  • doda
  • リクルートエージェント

といった大手の転職エージェントを利用しつつ、Web系クリエイター職に強い『レバテックキャリア』なども併用するとスムーズに転職できるでしょう。

▼公式サイトはこちら

4.ポートフォリオサイトを作って集客する

フリーランスWebデザイナーとして活動するなら、ポートフォリオサイトを構築しておくことが重要です。

ポートフォリオサイトとは、自分の作品や実績を掲載したWebサイトのこと。スキルや経験を視覚的にアピールできるため、クライアントの新規開拓やスムーズな仕事獲得につながります。

仕事依頼フォームなどを作成しておけば、営業する手間も省けるでしょう。

無料ブログでもOKですが、自由にカスタマイズできないケースも多いため、本格的なポートフォリオサイトを作成したい場合はWordPressを利用するのがおすすめです。

WordPressを使ってポートフォリオサイトを構築することで、Webデザイナーとしてのスキルアップも期待できます。

WordPressの導入方法は、次の記事でわかりやすく解説していますので、ぜひチャレンジしてみてください。

5.スキルシェアサイトに出品する

スキルシェアサイトにWebデザインのスキルを出品するのも、仕事を獲得する方法のひとつです。

スキルシェアサイトとは、

  • デザイン
  • ライティング
  • コーディング

といった個人のスキルを売り買いできるWebサイト。

代表的なスキルシェアサイトは以下のとおり。

たとえば、『ココナラ』には次のようなデザインスキルが出品されています。

Webデザインの出品例1(ココナラ)
Webデザインの出品例2(ココナラ)
Webデザインの出品例3(ココナラ)

販売時の手数料はかかりますが出品は無料ですので、集客方法のひとつとして活用しましょう。

▼公式サイトはこちら

6.Webデザイナー仲間から仕事を紹介してもらう

友人や知人などから仕事を紹介してもらうことも重要です。

すでにクライアントとの関係を構築しているWebデザイナー仲間から、仕事をもらえる可能性もあります。

以前に勤務していたWeb制作会社などから仕事を回してもらえるケースもあるため、横のつながりは大切にしておきましょう。

Webデザイナーとして効率的に仕事を取る2つのポイント

以下のようなポイントを意識しておけば、Webデザインの仕事を効率的に獲得できるでしょう。

1.複数の方法を組み合わせる

Webデザイナーに限らず、フリーランスは収入が不安定になりがちなため、いくつかの仕事獲得ルートを確保しておくことが重要です。

この記事で紹介した方法もうまく組み合わせることで、より効率的かつ安定的に仕事を取れるでしょう。

たとえば、

  • クラウドソーシングサイトのプロフィール欄にポートフォリオサイトのURLを貼っておく
  • 自分のWebサイトでスキルシェアサイトの販売ページを紹介する

といった方法もおすすめです。

2.SNSを活用する

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

などのSNSを活用することも、効率的に仕事を取るうえで重要です。

作成したWebサイトをSNSで拡散したり、Web制作会社やWebディレクターのアカウントをフォローして仕事情報を探したりするのもよいでしょう。

Webデザイナーは複数の方法を組み合わせて仕事を取ろう!

今回は、Webデザイナー向けに仕事の取り方を紹介しました。

さまざまな方法がありますが、うまく組み合わせて効率的に仕事を獲得していきましょう。

Webデザイナーとしての実務経験があるなら、レバテックフリーランス』などのエージェントを軸にして仕事を取るのがおすすめです。

Webデザイナー向きのエージェントは次の記事で紹介していますので、参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加