文賢の評判は?「使えない」という口コミは本当か現役ライターが検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
文賢の評判は?「使えない」という口コミは本当?

文賢』は、文章の誤字脱字や読みやすさをチェックしてくれる有料ツールです。

文賢』を活用している企業は多く、「校正作業の効率化に役立つ」という声もあるものの、「使えない」という口コミもあるため、導入するか迷っている人も多いでしょう。

そこでこの記事では、『文賢』の

  • よい口コミ/悪い口コミ
  • 強み/弱み

などを紹介します。

実際に『文賢』を使ってみたうえで、デメリットや実現できないことについても紹介しますので、ぜひチェックしてください。

『文賢』とは文章校正・推敲を効率化するサポートツール

『文賢』の口コミ・評判

文賢』は、株式会社ウェブライダーが提供している文章校正・推敲サポートツールです。

株式会社ウェブライダーは、

などでも有名ですね。

文賢』を活用すれば、

  • 読みやすさ
  • わかりやすさ
  • 日本語の誤用
  • 誤字脱字

といったポイントを効率的にチェックできます。

ライセンスを購入すればオンラインで使用できるため、パソコンにインストールする必要はありません。通信環境さえ整っていれば、MacでもWindowsでも使用可能です。

文章の作成やチェックを効率化するツールとして、

  • JTB
  • KDDI
  • FUJITSU

といった有名企業のほか、多くのフリーランスWebライターや校正者にも利用されています。

『文賢』の料金プラン

文賢』の料金プラン(税込)は下表のとおり。

初期費用11,800円
月額費用(1ライセンスあたり)2,178円

ライセンスをまとめて購入すると、以下のとおり月額費用が割引されます。

  • 5ライセンス以上:2,069円(5%OFF)
  • 15ライセンス以上:1,960円(10%OFF)
  • 30ライセンス以上:1,851円(15%OFF)

同じく校正ツールである『Just Right!6 Pro(51,700円)などと比較すると安いものの、費用をかけて導入する価値があるのかどうか、不安を感じる人も多いでしょう。

次の項目からは『文賢』の

  • よい口コミ/悪い口コミ
  • 強み/弱み

などを紹介しますので、参考にしながら導入するか検討してみてください。

『文賢』の口コミ・評判【Good編】

まずはよい口コミ・評判をチェックしてみましょう。

ライター[知らなかった表現に出会える]

ライター
ライター

文章表現機能を使えば、今まで使ったことがない表現に出会えるので勉強になります。少しずつ語彙力と表現力がアップしてきました。

メディア編集者[記事ごとのバラバラ感がなくなった]

メディア編集者
メディア編集者

漢字とひらがなの使い分けなど細かなルールを設定できるので、膨大な数の記事のチェックや表現の統一がとても楽になりました。ルールの共有もしやすいので、複数人でのチェック作業にも役立っています。

ブロガー[音声読み上げ機能が便利]

ブロガー
ブロガー

音声読み上げ機能をよく活用しています。音声で聞くと、リズムが悪い部分や不自然な部分を発見しやすいと思っています。

SEOディレクター[Webライティングのスキルアップにも役立つ]

SEOディレクター
SEOディレクター

見やすい文章、読みやすい文章にするためのアドバイスをもらえるので、クオリティが上がりました。Webライティングのスキルアップにも役立つと思います。

『文賢』の口コミ・評判【Bad編】

よい口コミ・評判だけでなく、悪い評価についてもチェックしておきましょう。

広報[誤字脱字のチェック精度が低いと感じる]

広報
広報

誤字脱字のチェック精度は、他のツールのほうが高いと思いました。表現力を高めたいときは『文賢』が頼りになります。今は複数のチェックツールを併用しています。

ライター[価格が高い]

ライター
ライター

とても便利な校正ツールですが、価格が高いように感じます。トライアル使用もできないので、導入のハードルが高い。

Webディレクター[自分で読み返すのと同じくらいのレベル]

Webディレクター
Webディレクター

誤字脱字をある程度は検出してくれるが、自分で読み返すのと同じくらいのレベル。このまま使い続けるか、もう少し使ってみてから判断する予定。

『文賢』を使ってできる4つのこと

文賢』のメイン機能は以下の4つです。

『文賢』を使ってできること
1.文章の読みやすさを高められる
2.誤字脱字や間違った日本語を検出できる
3.表現力を高められる
4.オリジナルルールを設定できる

それぞれの機能について順番に見ていきましょう。

1.文章の読みやすさを高められる

「推敲支援」は『文賢』のメイン機能のひとつです。この機能を使えば、文章の読みやすさを効率的に高められます。

文賢(推敲支援の文章貼り付け)
文賢(推敲支援の指摘事項)

上の画像のように文章を貼り付けるだけで、

  • 漢字で書くほうが適切な言葉
  • ひらがなで書くほうが適切な言葉
  • カタカナで書くほうが適切な言葉
  • 二重否定
  • 同じ文末表現の連続使用

など、17項目をチェックできます。

チェック項目は状況に合わせてON/OFFを切り替え可能です。

文賢(推敲支援の項目ON/OFF)

2.誤字脱字や間違った日本語を検出できる

「校閲支援」の機能を活用すれば、

  • 誤字脱字
  • 日本語の誤用
  • 固有名詞の間違い
  • ら抜き言葉
  • い抜き言葉
  • 重複表現
  • 半角カタカナ

などを検出できます。

文賢(校閲支援の文章貼り付け)
文賢(校閲支援の指摘事項)

上の画像のように指摘事項が表示されるので、確認のうえ修正しましょう。

校閲支援のチェック項目もON/OFFを切り替え可能です。

文賢(校閲支援の項目ON/OFF)

3.表現力を高められる

「文章表現」の機能を使えば、文中の言葉に対する関連表現を提案してもらえます。

3,500以上の文章表現や言い換え例が提示されるので、表現力を高めたり、語彙力をアップさせたりするのに役立つでしょう。

たとえば「読む」という言葉に対しては、

  • 言葉を追う
  • 読み進める
  • 目を走らせる
  • ページをめくる手が止まらない

といった表現が提示されます。

文賢(文章表現)

4.オリジナルルールを設定できる

文賢』では、

  • 漢字とひらがなの使い分け
  • 表記ゆれ

などに関するオリジナルルールを設定できます。

自社メディアやクライアントの表記ルールに合わせて自由にカスタマイズできるため、チェックの手間を大幅に削減できるでしょう。

下の画像のように、ルールは簡単に追加できます。

文賢(オリジナルルールの追加)

Excelなどを使ってCSV形式で保存しておけば、アップロードするだけでOKです。

文賢(オリジナルルールの追加CSV)

クライアントごとの表記ルールに合わせて変更できるので、設定の手間もかかりません。

『文賢』では実現できない2つのこと

ここまで紹介したように、『文賢』にはさまざまな機能が搭載されていますが、以下のようなことは実現できません。

『文賢』では実現できないこと
1.完璧なチェック
2.修正作業

それぞれのポイントについて確認していきましょう。

1.完璧なチェック

文賢』は随時バージョンアップされているため、チェック精度は高まりつつありますが、すべての間違いを検出できるわけではありません。

オリジナルルールを設定するなど、自分なりにカスタマイズしながら使っていくことが重要です。

完璧ではないとはいえ、無料の校正ツールと比較すると、多くの間違いを検出してくれます。

チェック精度を比較した結果については、以下の記事で紹介していますのでチェックしてみてください。

2.修正作業

文賢』を使えば、誤字脱字や入力ミスなどの指摘は受けられますが、修正作業は自分で行う必要があります。

  • 本当に間違いなのか
  • あえて使っている表現なのか

といったポイントは人間にしか判断できません。

メディアの特性なども考慮しながら、指摘された部分を修正していきましょう。

ただ、間違いの可能性がある部分をピックアップしてくれるため、確認作業は効率化できます。

『文賢』はこんな人におすすめ!口コミ・評判や特徴から考察

口コミ・評判や特徴から考察すると、『文賢』は以下のような人におすすめです。

  • 多くのライターが書いた文章をチェックしている人
  • 表記ルールが細かいクライアントの記事を担当している人
  • プレスリリースを書く機会が多い人

膨大な量の記事を、人間の目だけでミスなくチェックすることには限界があります。

多くのライターの記事を担当している編集者やWebディレクターなどは、『文賢』を併用してチェックするとよいでしょう。

表記ルールが細かい場合にも『文賢』はおすすめです。独自ルールを設定しておけば、ほぼ確実に間違いを検出してくれるため、校正作業を効率化できます。

『文賢』をうまく活用して校正を効率化しよう!

今回は、『文賢』の評判や機能などについて紹介しました。

文賢』には、無料トライアルなどのサービスはありませんが、公式サイトでチュートリアル動画が公開されているので、気になる人はチェックしてみましょう。

より詳しく知りたい場合は、オンライン無料体験会に参加してみるのもおすすめです。

機能や使い方について納得したうえで導入しましょう。

▼公式サイトはこちら

コメント

Comments are closed.