【図解】アフィリエイトとは?仕組みをわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アフィリエイトとは?仕組みをイラストで解説

アフィリエイトは、自分のWebサイトやブログを使って収入を得る方法のひとつです。

アフィリエイトで本格的に稼ぎたい場合は、レンタルサーバー代やドメイン代などが発生しますが、無料ブログを使って始めることもできます。

この記事では、

  • アフィリエイトの仕組み
  • アフィリエイトで毎月どのくらい稼げるのか

といったポイントを解説しますので、ぜひチェックしてください。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、インターネットを活用して広告収入を得る方法のひとつです。

自分のWebサイトやブログに広告を貼っておき、読者がその広告をクリックして商品を購入したときに広告収入を得られます。

プログラミングなどの専門スキルがなくても始められるため、副業にもおすすめです。

アフィリエイトには、

  • 広告を出したい企業(広告主)
  • 広告を掲載して稼ぎたい人(アフィリエイター)

の両方にとってメリットがあります。

以下、それぞれのメリットについて簡単に解説しますのでチェックしておきましょう。

アフィリエイトのメリット(広告主側)

無駄な広告費が発生しないことは、広告主がアフィリエイトを利用する大きなメリットです。

新聞や雑誌などに広告を掲載する場合、10万〜100万円(またはそれ以上)といった高額な費用が必要となりますが、必ず商品が売れるとは限りません。

あまり成果が出ないと広告費が無駄になり、全体として赤字になってしまうケースもあるでしょう。

一方、アフィリエイト広告の場合、高額な広告費はかかりません。

アフィリエイターのWebサイトに広告を掲載してもらった段階では報酬を支払う必要はなく、広告経由で商品が売れたり、サービスの契約が成立したりしたときに報酬を支払う仕組みであるため、無駄な広告費の発生を防げます。

アフィリエイトのメリット(アフィリエイター側)

アフィリエイターにとってのメリットは以下のとおり。

アフィリエイター側のメリット
・特別なスキルがなくても始められる
・初期費用が発生しない
・自分の知識や経験を活かせる

アフィリエイトは、

  • パソコン
  • インターネット環境
  • 自分のWebサイトやブログ
  • 基本的な日本語力

などがあれば誰でも始められます。

フリーランス、学生、主婦など、さまざまな人がアフィリエイトを利用して稼いでいるので、興味のある人はぜひ始めてみましょう。

【アフィリエイトの仕組み】4者関係を把握しておこう!

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトの仕組みを理解するためには、

  1. ASP
  2. アフィリエイター
  3. 広告主
  4. 読者

という4者の関係を把握しておくことが大切です。

以下、それぞれの役割について解説します。

1.ASP

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)は、広告主とアフィリエイターをつないでくれるサービスです。

アフィリエイトを始めるためには、広告主もアフィリエイターもASPに登録しなければなりません。アフィリエイター側は無料で登録できます。

多数のASPがありますが、まずは、

など、初心者でも審査に通りやすいサービスを利用するとよいでしょう。

その他のASPをチェック>>

2.アフィリエイター

アフィリエイターは、ASPを利用して好きな企業と提携すれば、その企業の広告を掲載することが可能です。

広告を掲載するためのWebサイトやブログを準備しておきましょう。

本格的に稼ぎたい場合はWordPressを使ったWebサイトを開設するのがおすすめですが、無料ブログでもOKです。

ただし、アフィリエイトが禁止されている無料ブログもあるため注意しましょう。

アフィリエイトOKな無料ブログをチェック>>

3.広告主

ASPには、

  • 食品・グルメ
  • 学び・資格
  • 金融・保険・投資
  • 美容
  • 旅行
  • 暮らし
  • エンタメ

など、さまざまなジャンルの広告主が登録しています。

有名企業から新進気鋭のベンチャー企業まで、多くの企業が参加しているため、自分のWebサイトに合う広告主を探してみましょう。

ASPによって登録している企業や得意ジャンルは異なるため、複数のASPを併用するのがおすすめです。

4.読者

アフィリエイト報酬を得るためには、読者に記事を読んでもらい、広告をクリックしてもらう必要があります。

とはいえ、芸術的な文章を書く必要はありません。

商品の魅力や使い方などをわかりやすく伝えられればOKです。

アフィリエイト報酬はどのくらいもらえる?

アフィリエイト報酬は、商品やサービスによって大きく異なりますが、高額なものが売れたときほど報酬額も高くなるのが一般的です。

ここでは、ASPに登録されている商品や報酬額の例を紹介しますので、チェックしておきましょう。

通信講座の無料資料請求(800〜1,200円)

資格取得やキャリアアップのための通信講座は、ASPに多数登録されています。

無料資料請求の報酬額は1,000円程度ですが、読者にとってのハードルが低いため発生頻度は高めです。

さらに読者が講座を受講した場合は、受講料の3〜10%の報酬をもらえるケースもあります。

学びや資格などのジャンルで勝負したいアフィリエイターには、おすすめの広告といえるでしょう。

動画配信サイトの無料トライアル(1,000〜3,000円)

動画配信サイトの無料トライアルも、人気の広告のひとつです。

ASPには、有名な動画配信サイトが多く登録されているため、紹介もしやすいでしょう。

エンタメ系のジャンルに挑戦したい人に、おすすめの広告です。

通販サイトでの購入(1〜5%)

通販サイトの紹介は、アフィリエイト初心者でも取り組みやすいジャンルのひとつです。

  • 食品
  • ファッション
  • 雑貨
  • ゲーム
  • ベビー用品

など、幅広い商品があるため、自分のWebサイトや興味に合うものを見つけやすいでしょう。

クレジットカードの発行(5,000〜10,000円)

クレジットカードの発行は、高額な報酬がもらえる広告です。

ただ、読者が申し込んでくれる確率は低いため、多くのアクセスを集めなければ報酬を得られません。

また、儲かるジャンルであるため、多くの競合サイトが存在します。クレジットカードの発行を含む金融系のジャンルは、上級者向きといえるでしょう。

不動産投資セミナーの受講(10,000〜20,000円)

不動産に関連する広告も、高額な報酬を期待できます。

ただし、前述のクレジットカードと同様、簡単には報酬が発生しないため、挑戦するならSEOやWebライティングについてしっかりと勉強しておきましょう。

アフィリエイトで毎月どのくらい稼げる?

アフィリエイトで毎月100万円以上稼いでいる人がいる一方で、まったく稼げないという人もいます。

アフィリエイトは誰でも簡単に始めることができますが、すぐに稼げるわけではありません。

アフィリエイトで稼ぐためには、それなりに時間がかかるため、途中で挫折してしまう人が多いのも事実です。

アフィリエイトは、長距離走的に努力できる人に向いているといえるでしょう。

これからアフィリエイトを始めるなら、まずは月3〜5万円程度を稼ぐことを目標にするのがおすすめです。

月3万円稼げるレベルに到達すれば、アフィリエイトのコツを把握できているはずですので、その先は一気にレベルアップできるでしょう。

アフィリエイトで月3万円稼ぐまでにどのくらいの期間がかかる?

アフィリエイトで月3万円稼ぐためには、最低でも3ヶ月〜1年程度は継続して記事を書き、100記事ほど作成する必要があります。

毎日1記事アップすると3ヶ月で約90記事、週に2〜3記事でも1年で約100記事になるので、少しずつでも継続することが大切です。

100記事という数字は、アフィリエイトで稼ぐための最低ラインといえるでしょう。Webサイト内の記事数が少ないと、検索結果の上位を獲得しにくいからです。

記事数を増やすことで、以下のようなメリットが連鎖的に発生します。

  1. 記事数が増える
  2. Webサイト全体の力(ドメインパワー)が強くなる
  3. 検索結果の上位を獲得できる
  4. アクセス数が増える
  5. 広告のクリック数がアップする
  6. アフィリエイト報酬が増える

アフィリエイトを始めたばかりの頃は、質よりも量が求められます。もちろん記事の質も大切ですが、最初から100点を目指さず、書きながらレベルアップしていきましょう。

最初の3ヶ月は準備期間と思って、コツコツと記事を書くことが大切です。

無料ブログを活用してアフィリエイトの仕組みを理解しよう!

今回は、アフィリエイトの仕組みについて解説しました。

アフィリエイトについての理解をより深めたい場合は、無料ブログを使って試してみるのがおすすめです。

次の記事では、はてなブログを使ってアフィリエイトを始める方法を解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

はてなブログでアフィリエイトを始める方法をチェック>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.