フリーランス動画編集者になるには?始め方から稼ぎ方まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランス動画編集者になるには

動画編集は、フリーランスに人気のある仕事のひとつです。

  • YouTuberとして活躍する人
  • 動画広告を出したい企業

などが増えたこともあり、動画編集者の需要は高まっています。

フリーランスの動画編集者を目指したい人にはチャンスといえるでしょう。

この記事では、稼げるフリーランス動画編集者になるための流れと仕事獲得の方法を紹介しますので、ぜひチェックしてください。

フリーランス動画編集者の主な仕事内容

フリーランス動画編集者の主な仕事について、簡単に確認しておきましょう。

動画編集の目的は、撮影した動画素材を

  • よりおもしろく
  • よりわかりやすく
  • より魅力的に

加工することです。

動画コンテンツは世の中にあふれているため、撮影した素材をそのまま公開してもユーザーを引きつけることはできません。

そこで多くのYouTuberや企業は、

  • 動画素材にテロップを付ける
  • 動画を並べ替える
  • 効果音やエフェクトを入れる

といった作業をフリーランスの動画編集者に依頼して、クオリティアップを行っているのです。

動画編集者は、素材の編集だけを行うケースもありますし、撮影から参加するケースもあるでしょう。

フリーランス動画編集者が使うソフトは?

動画編集で使われる代表的なソフトはPremiere Proです。

Premiere Proは、

  • YouTube動画の編集
  • Web広告の制作

など、多くの場面で利用されているため、これからフリーランス動画編集者を目指すなら操作方法を学んでおきましょう。

それ以外では、

  • After Effects
  • Photoshop
  • Illustrator

といったソフトが使われるケースもあります。

未経験から稼げるフリーランス動画編集者になるための3つの方法

動画編集者になるために特別な資格は必要ありませんが、スキルやセンスを求められるため、

  • Premiere Pro
  • After Effects
  • Illustrator
  • Photoshop

といった編集ソフトの使い方を身につけておく必要があります。

とくにPremiere Proは、動画編集者の必須スキルといえるでしょう。

未経験からフリーランスの動画編集者を目指すなら、次のような方法でスキルを習得してから独立するのがおすすめです。

フリーランス動画編集者になるための3つの方法
1.動画編集スクールで学ぶ
2.映像制作系の会社に就職して実務経験を積む
3.オンラインサービスを利用して学ぶ

以下、それぞれの方法について詳しく解説します。

1.動画編集スクールで学ぶ

まずは、

  • 動画編集に関する基礎知識
  • 動画編集ソフトの使い方

などを習得しなければなりません。

独学も可能ですが、スクールを利用すれば講師のサポートを受けながら幅広い知識を体系的に学べます。

未経験からフリーランスの動画編集者を目指す人におすすめのスクールは以下の2つです。

TechAcademy(動画編集コース)

フリーランス動画編集者になるためのスクール(TechAcademy)
学び方オンライン
料金(税込)174,900円〜
使用する動画編集ソフトPremiere Pro
期間1ヶ月〜

TechAcademy』は、多くの動画編集者が利用している人気スクール。オンライン完結のため、忙しい社会人にもおすすめです。

講座のなかでは、実際にPremiere Proを使いながら、

  • カット編集
  • アニメーション設定
  • トリック動画の作り方

などを学習できます。

マンツーマン指導のため、初心者でも無理なくスキルアップできるでしょう。

公式サイトでは無料で説明会動画が公開されているため、カリキュラムや雰囲気を確認してから受講するのがおすすめです。

▼無料説明会動画はこちら

ヒューマンアカデミー(動画制作コース)

フリーランス動画編集者になるためのスクール(ヒューマンアカデミー)
学び方オンライン
料金(税込)150,700円〜
使用する動画編集ソフトPremiere Pro
After Effects
期間6ヶ月

ヒューマンアカデミー』は、

  • 就職や転職のサポート
  • 在宅ワークや副業を始めるためのサポート

を受けられるスクール。

動画制作コースでは、Premiere Proだけではなく、特殊効果を付けるAfter Effectsの使い方も習得できます。

各ソフトの操作方法はもちろん、動画案件の進行方法について学べるのも大きな特徴です。

オンライン学習とテキストを組み合わせて学ぶスタイルのため、自分のペースでスキルを習得できるでしょう。

▼無料資料請求はこちら

***

その他のスクールについて詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

2.映像制作系の会社に就職して実務経験を積む

ある程度の動画編集スキルがある場合は、映像制作系の会社に就職して実務経験を積むとよいでしょう。

スクールよりも実践的なスキルが身につくため、フリーランスとしての独立や仕事獲得に役立ちます。

実務経験や実績がないままフリーランスとして独立すると、仕事獲得に苦労するケースも少なくありません。

映像制作系の会社で実務経験を積んでおけば、プロフィールや自分のWebサイトなどに記載できるため、クライアントからの信頼を得やすいでしょう。

映像制作系の会社への就職は、

といった動画編集者の転職に強いエージェントを利用するのがおすすめです。

就職に成功したら、先輩や同僚に積極的に質問しながら、

  • 動画編集・映像制作の仕事の流れ
  • 実務レベルの編集スキル
  • 仕事の獲得方法

などを学びましょう。

独立までのプランを考えたり、人脈を広げたりすることも大切です。

1年程度働いてからフリーランス動画編集者として独立すれば、仕事獲得に困ることも少ないでしょう。

3.オンラインサービスを利用して学ぶ

  • スクールで学ぶ費用を節約したい
  • 会社には通勤したくない

という場合は、オンラインサービスを利用して動画編集を学ぶのがおすすめです。

などを利用すれば、スクールよりも安い料金で、必要なスキルをピンポイントで習得できるでしょう。

たとえば『Udemy』で「動画編集」などと検索すると、下記のような講座がヒットします。

『Udemy』の特徴やセール情報については以下の記事で詳しく解説していますので、気になる人はチェックしてみてください。

『Udemy』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼公式サイトはこちら

フリーランス動画編集者が仕事を獲得するための6つの方法

フリーランス動画編集者が仕事を獲得する主な方法は以下の6つ。

フリーランス動画編集者が仕事を獲得する方法
1.映像制作系の案件に強いエージェントを利用する
2.クラウドソーシングサイトに登録する
3.ポートフォリオサイトを作って集客する
4.スキル販売サイトを利用する
5.YouTuberのチームに所属する
6.SNSで動画作品を公開する

継続的に稼ぐためには、フリーランス専門のエージェントやクラウドソーシングサイトに登録しておくことが重要です。

そのうえで、他の方法も組み合わせて収入を増やしていきましょう。

1.映像制作系の案件に強いエージェントを利用する

フリーランス専門のエージェントに登録しておけば、自分に合った案件を簡単に見つけられます。

個人で営業活動をするより楽に仕事を獲得できるため、うまく利用しましょう。

ここでは、動画編集者におすすめのエージェントを紹介しますので、チェックしてみてください。

レバテックフリーランス

フリーランス動画編集者におすすめのエージェント(レバテックフリーランス)

レバテックフリーランス』は業界最大手のフリーランスエージェント。動画編集を含め、幅広いジャンルの案件を扱っています。

主に常駐型の仕事を紹介してくれるのが特徴です。

常駐型案件のメリットは以下のとおり。

  • 先輩や同僚のスキルを盗める
  • 高収入の案件が多い
  • 仕事のモチベーションを保ちやすい

「絶対に通勤したくない」という人以外には、常駐型の仕事がおすすめです。

レバテックフリーランス』は、独立したてのフリーランスへのサポートも充実しており、

  • 案件紹介
  • キャリアカウンセリング
  • クライアントとの交渉

などを丁寧に行ってくれます。

  • 今のスキルで仕事を獲得できるのか……?
  • どのような仕事を受注すればよいのか……?

といった相談もできるので、登録しておいて損はないでしょう。

『レバテックフリーランス』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

クラウドテック

フリーランス動画編集者におすすめのエージェント(クラウドテック)

クラウドテック』も動画編集や映像制作の案件が豊富なフリーランスエージェントです。

登録している企業は、業界トップクラスの14万社以上。

  • リモートワーク
  • 週3日勤務

といった案件も多いため、自由な働き方を選択できます。

専任のフリーランスキャリアアドバイザーが

  • 仕事の紹介
  • 面接の付き添い

などのサポートをしてくれるため、スムーズに仕事を獲得できるでしょう。

『クラウドテック』の詳細や口コミ・評判をチェック>>

▼無料登録はこちら

2.クラウドソーシングサイトに登録する

フリーランスの動画編集者が仕事を探すうえでは、クラウドソーシングサイトに登録しておくことも重要です。

などが有名ですので、ぜひ登録しておきましょう。

とくに『クラウドワークス』には、動画編集や映像制作を含む多くの案件が掲載されており、ほとんどのフリーランスが登録しているといっても過言ではありません。

  • YouTubeの動画編集
  • BGMやテロップの追加

といった仕事もあるため、無料登録してチェックだけでもしておきましょう。

▼無料登録はこちら

3.ポートフォリオサイトを作って集客する

自分の映像作品をアピールするためのポートフォリオサイトを作っておくことも大切です。

クラウドソーシングサイトなどで仕事を探す場合、自分の作品を見せる機会はあまりありません。

ポートフォリオサイトのURLをクラウドソーシングサイトのプロフィール欄などに貼っておけばスキルをアピールでき、仕事獲得につながります。

YouTubeなどで自分の作品を公開するのもよいでしょう。

4.スキル販売サイトを利用する

ココナラ』などの動画編集スキルを販売できるサイトに登録しておくこともおすすめです。

フリーランスは収入が不安定になりがちですので、販売経路を増やし、できるだけチャンスを広げておきましょう。

5.YouTuberのチームに所属する

HIKAKINやカジサックなどの超有名YouTuberはもちろん、多くのフリーランスYouTuberも動画を編集したうえで公開しています。

  • 出演者
  • カメラマン
  • 動画編集者

といったチームを組んで活動しているYouTuberも多いでしょう。

友人やフリーランス仲間がYouTubeチャンネルを開設している場合は、チームに入れてもらったり、仕事を発注してもらったりすると安定的に仕事を獲得できます。

6.SNSで動画作品を公開する

TwitterやInstagramなどのSNSで動画作品を発表することも、仕事を獲得するうえで重要です。

定期的に投稿してファンを増やしておけば、自分の動画が拡散されるチャンスも広がります。

プロフィール欄にポートフォリオサイトのURLを貼っておけば、集客効果もアップするでしょう。

必要なスキルを習得して稼げるフリーランス動画編集者になろう!

今回は、稼げるフリーランス動画編集者になるための方法や、仕事獲得の方法を紹介しました。

組織に所属していないフリーランスの武器は、自分のスキルと実績だけです。

未経験からフリーランスの動画編集者を目指すなら、

  • 動画編集スクールで基礎スキルを身につける
  • 映像制作系の会社に就職して実務経験を積む

という流れで独立すると、継続的に仕事を獲得できるでしょう。

動画編集の基礎スキルを勉強するなら、

などがおすすめです。

あわせて読みたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.