3つの型でブログを読みやすくしよう!型破りのポイントも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを運営していると、

  • うまく文章がまとまらない
  • もっと効率よく記事を書きたい

と悩むこともありますよね。

この記事では、そんな悩みを解決するブログの型を3つ紹介します。

型を用いることには、

  • 読者に伝わりやすい文章が書ける
  • SEO的な効果がある

といったメリットがありますので、ぜひ取り入れてみてください。

「型にはまらずオリジナリティのある文章が書きたい…」という人も、型から入って慣れてきたら型を破るのがおすすめです。

1.ブログの基本型は「リード文+本文+まとめ」

「リード文+本文+まとめ」は、多くのブログで採用されている型です。

この型の特徴は以下のとおりです。

  • 誰でも簡単に使える
  • 読者に伝わりやすい
  • どんな内容でもまとめやすい

私がブログ記事を書くときも、ほとんどこの型を使っています。

それぞれの部分をどのように書けばよいのか、簡単に見ておきましょう。

リード文

リード文は、記事全体のつかみの部分です。

せっかく記事を読みにきてくれた人を逃さないように、本文へ誘導しましょう。

主に書いておくべきポイントは次の2つです。

  • この記事はどんな人へ向けて書いているのか
  • この記事を読めばどんな情報が得られるのか

リード文は、200文字程度で簡潔に書きましょう。

本文

記事の本題の部分です。

本文を書く際は、文章をダラダラと書くのではなく、適度に見出しを設置しましょう。

見出し設置のポイントは、後述する「ポイント列挙型」の説明を参考にしてみてください。

まとめ

記事全体を総括する部分です。

簡潔に結論を記載したり、記事内で紹介した内容を復習したりするとよいでしょう。

関連記事がある場合は、リンクを貼っておくのもおすすめです。

2.ブログの本文は「ポイント列挙型」でまとめよう

「ポイント列挙型」は、書きたい内容をいくつかのポイントに分割し、それぞれに見出しを設けながら書く方法です。

多くのブログ記事において、この型が採用されています。

「〜に関する5つのポイント」といったタイトルはよく見かけると思いますが、このような記事はポイント列挙型で書かれています。

この型の特徴は、以下のとおりです。

  • 誰でも簡単に使える
  • 読者が必要な部分だけ選んで読める
  • 見出しにキーワードを入れることでSEO効果が期待できる

1つの見出しは、300〜500文字程度が目安です。

もっと長くなる場合は、見出しの中に小見出しを設けると読みやすいでしょう。

また、各見出しにキーワードを入れることでSEO効果も高まります。

3.意外と難しい「起承転結型」よりも「PREP型」がおすすめ

学校で「文章の基本は起承転結」と習ったかもしれません。

しかし、起承転結型の文章は、結論までの道のりが長く、かなりの文章力がないと読者が途中で飽きてしまうでしょう。

本とは異なり、ブログは基本的に無料で読めるため、内容がつまらなければ読者はすぐに別の記事へ移動してしまうのです。

それを解決してくれるのが「PREP型」です。

この型は、

  1. Point:結論
  2. Reason:その理由・根拠
  3. Example:具体的事例
  4. Point:最終的な結論

という流れで書いていきます。

具体的には以下のようなイメージです。

  1. Point:ブログで重要なのは型です
  2. Reason:なぜならば型を使えば簡単に文章がまとまるからです
  3. Example:例えばポイント列挙型を使ってみてください。
  4. Point:型を使って効率良くブログを書きましょう

最初に結論を書いて、読者の心を掴むのが重要です。

記事全体だけでなく、前述したポイント列挙型の各ポイントも、PREP型を用いて説明するとよいでしょう。

ブログを書くなら型から入って型を破ろう

ここまで3つの型を紹介しました。

「型にはまったらオリジナリティのある文章が書けないのでは…」と不安を感じるかもしれませんが、心配は無用です。

そもそも、そう簡単にオリジナリティのある文章は書けません。

むしろ、型にはまってでもたくさんの文章を書き続けることでオリジナリティが生まれるのだと、私は考えています。

とはいえ、型を破るヒントは必要かもしれませんので、ここまで紹介した型以外の書き方をいくつか紹介したいと思います。

1.疑問を提示してさまざまな視点から意見を述べる

私は「ポイント列挙型」を使うことが多いのですが、次の記事は違う構成で書いてみました。

この記事では、次のような内容をまとめています。

  • 現在、長文SEOは有効であるといえる
  • しかし、単純に長文を書けば検索上位を獲得できるというわけではない
  • ユーザーにとって有益な記事を書くことが重要
  • その結果として長文になることは多い
  • 今後、Googleが調整を行う可能性はある
  • 結局、ユーザーニーズを把握して文字数を決定することが大切

自由な構成で書いていますが、結論は最初に提示しました。

「長文SEOは効果的なのか?」という疑問に対して、まずは答えを提示して、その後さまざまな視点から意見を述べているのです。

「PREP型」の変形ともいえるでしょう。

2.「ポイント列挙型」+「ポイント列挙型」

型を足し算するイメージですね。

まさにこの記事も「ポイント列挙型」を2つ組み合わせおり、型を3つ列挙して紹介した後、型を破る方法を列挙して記載しています。

足し算を考えると、構成の幅は大きく広がるでしょう。

  • 「ポイント列挙型」+「ポイント列挙型」
  • 「ポイント列挙型」+個別見出し
  • 個別見出し+「ポイント列挙型」

など、さまざまなパターンを試してみてください。

3.反対意見を登場させる

自分の意見を書くだけではなく、反対意見や読者が疑問に感じそうなことを適度に提示するのもよい方法です。

  • リード文
  • 自分の意見
  • 反対の意見
  • 反対意見への回答
  • まとめ

のような構成とすれば、型を脱しつつ、複数の視点からの客観的な記事が書けるでしょう。

ブログ初心者はまず型通りに書いてみよう

以上、ブログを書くときに役立つ3つの型と、型を破るポイントを紹介しました。

ブログ記事を効率よく作成し、SEO効果を高めるためには、型を利用するのがおすすめです。

オリジナリティを求める人も、まずは型通り書いてみましょう。

たくさん書いていくうちに、自然とオリジナリティが生まれてくると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.