Webライター初心者が最初の1円を稼ぐまでの流れを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webライターになりたいけれど、

  • 何から勉強すればよいかわからない
  • 仕事を獲得する方法がわからない

という人も多いでしょう。

この記事では、

  • Webライター初心者が習得すべきスキル
  • Webライター初心者が1つ目の案件を受注するまでの流れ

などを解説します。

安定して稼げるWebライターを目指したい人は、ぜひチェックしてください。

Webライター初心者が最初の1円を稼ぐまでの大まかな流れ

Webライター初心者から「安定して稼げるWebライター」へのステップアップを考えているなら、以下のような流れで行動するとよいでしょう。

  1. 最低限のWebライティングスキルを習得する
  2. クラウドソーシングサイトで仕事を受注する
  3. フィードバックをもらいながら不足しているスキルを習得する
  4. さらに仕事を受注する

「そんなにすぐに仕事ができるの…?」と不安になるかもしれませんが、クラウドソーシングサイトに登録しておけば、未経験OKの案件も多く見つかるので心配する必要はありません。

実際に文章を書かなければスキルアップできませんので、どんどん仕事を受注していきましょう。

Webライター初心者が仕事を受注する前に習得すべき2つのスキル

いきなり多くの知識やスキルを習得する必要はありません。まずは、以下2つのスキルを身につけておきましょう。

  • シンプルで読みやすい文章を書くスキル
  • SEOライティングに関する基礎スキル

この2つのスキルがあれば、仕事を受注して、Webライターとしての第一歩を踏み出せます。

その他のスキルは、実際に仕事をしながら習得していきましょう。以下、それぞれのスキルについて詳しく解説します。

1.シンプルで読みやすい文章を書くスキル

Webライターの仕事は、読者にとって読みやすい文章を書くことです。

小説やエッセイを書くのとは異なり、感動的な文章や芸術的な表現が求められるケースはほとんどありません。

クライアントや掲載メディアにもよりますが、どちらかといえば、

  • シンプルでわかりやすい文章
  • 読者が探している情報をすぐ見つけられる文章

を求められる場合が多いでしょう。

シンプルで読みやすい文章を書くためには、結論を先に書くことや、不要な言葉を削除することなどが重要です。

具体的なテクニックについては、以下の記事で詳しく解説していますので、あわせて読んでみてください。

2.SEOライティングに関する基礎スキル

Webライターとして活躍するためには、SEOライティングに関するスキルも欠かせません。

一般的なクライアントは、

  • 検索結果の上位に表示される記事を作成する
  • 記事数を増やしてWebサイトの力(ドメインパワー)を高める

といったSEO対策を目的として仕事を発注しているため、SEOに精通したWebライターはクライアントに重宝されるのです。

とはいえ、最初からSEOをマスターする必要はなく、まずは「検索キーワードの概念」についてざっくりと理解しておくとよいでしょう。

検索キーワードとは、読者がある情報を探すときに、Googleなどの検索窓に入力する言葉のことです。

たとえば、東京駅近くのカフェを探す場合、「東京駅,カフェ」などと入力しますよね。この「東京駅,カフェ」といった言葉が検索キーワードです。

クライアントから検索キーワードが指定されている場合は、タイトルや見出しに含めながら書くことを意識しましょう。

Webライター初心者がスキルを身につける2つの方法

シンプルな文章を書くスキルや、SEOに関する基礎知識を習得するためには、

  • 自分のブログを開設する
  • 本を読む

といった方法で勉強するのがおすすめです。

それぞれの方法について、簡単に解説していきます。

1.自分のブログを開設する

自分のブログを開設して実際に記事を書いてみることは、Webライティングスキルを習得するうえでとても重要です。

10〜20記事ほど書いてみると、基本的な文章の書き方を理解できるでしょう。

文章の書き方については、次の記事を参考にしてみてください。

無料ブログでもOKですが、できればWordPressブログを開設するのがおすすめです。

WordPressブログを開設するメリットは以下のとおり。

  • WordPressの作業ができると単価アップを期待できる
  • 実績をアピールしやすいため高単価案件を受注しやすい
  • アフィリエイトを始めれば収入を大幅にアップできる

誰でも簡単にできるため、ぜひチャレンジしてみましょう。

2.本を読む

Webライティングに関する本を読んで勉強するのもよい方法です。

初心者におすすめの本は以下の3冊。

ただし、読むだけでなく、実際に手を動かすことも忘れないようにしましょう。

その他のおすすめ本については、以下の記事でまとめています。

Webライター初心者が1つ目の案件を受注するまでの3ステップ

Webライティングの仕事を獲得する方法としては、

  • 自分のWebサイトを開設して集客する
  • 知り合いから仕事を紹介してもらう
  • クラウドソーシングサイトを利用する

などが挙げられます。

安定して仕事を獲得するためには、クラウドソーシングサイトに登録しておくことが重要です。

クラウドソーシングサイトとは、仕事を受注したい人と仕事を依頼したい企業をマッチングしてくれるサービスのこと。未経験OKの案件も多いため、初心者でもすぐに仕事を始められます。

代表的なクラウドソーシングサイトは以下の3つ。

  • クラウドワークス:日本最大級のクラウドソーシングサイト
  • サグーワークス:記事作成に特化したクラウドソーシングサイト
  • アナザーワークス:企業と直接契約できる複業マッチングプラットフォーム

どのサイトも無料で登録できるため、安定した収入を得たいなら、ぜひ登録しておきましょう。

ここでは、『クラウドワークス』を例として、Webライティングの仕事を受注するまでの流れを解説します。

1.クラウドソーシングサイトに無料登録する

今回は『クラウドワークス』に無料登録してみましょう。メールアドレスさえあれば、簡単に登録できます。

どのクラウドソーシングサイトも基本的に無料で利用可能です。

2.仕事を検索する

登録が完了したら、「仕事を探す」というボタンをクリックしてみましょう。

カテゴリが表示されるので、「ライティング・記事作成」を選択します。

Webライティング関連の仕事の一覧が表示されるので、気になる案件の詳細を見てみましょう。

「未経験可」などの条件で絞り込むこともできます。

3.仕事に応募する

書けそうな案件を見つけたら、詳細を確認したうえで応募してみましょう。

Webライター初心者はどんどん文章を書こう!

今回は、Webライター初心者向けに、スキルアップの方法や仕事獲得の流れを解説しました。

コツコツと文章を書き続けることが、上級者への近道です。

自分のブログを運営したり、仕事をしたりしながら、たくさんの文章を書いていきましょう。