フォスターフリーランスの評判・メリット・デメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フォスターフリーランスの口コミ・評判

フォスターフリーランス』は、20年以上の実績があるフリーランスエージェントです。

1996年にサービスを開始してから、15,000人以上のフリーランスに利用されています。

この記事では、『フォスターフリーランス』の

  • 特徴やメリット・デメリット
  • Goodな口コミ・評判
  • Badな口コミ・評判

などを紹介します。

どのフリーランスエージェントを利用すべきか悩んでいる人は、ぜひ読んでみてください。

『フォスターフリーランス』の概要

『フォスターフリーランス』の口コミ・評判
運営会社株式会社フォスターネット
対象職種・ポジションエンジニア
デザイナー
マーケター
コンサルタント
ディレクター

フォスターフリーランス』は、人材紹介やプロダクト開発などの事業を展開する、株式会社フォスターネットが運営しているフリーランスエージェントです。

  • 案件数5,000件以上
  • 登録者数17,000人以上
  • 最高報酬230万円

という特徴があり、主にフリーランスのエンジニアやデザイナーに人気があります。

リモート案件や常駐案件など、さまざまなタイプの仕事を扱っているため、自分に合った働き方を実現できるでしょう。

案件紹介やアフターフォローなどのサービスは、無料で利用できます。

以下、『フォスターフリーランス』のメリット・デメリットを紹介しますので、エージェントを選ぶ際の参考にしてください。

『フォスターフリーランス』を利用する3つのメリット

フォスターフリーランス』を利用する主なメリットは以下のとおり。

『フォスターフリーランス』のメリット
1.直取引で高単価の案件が多い
2.リモート案件や常駐案件などのタイプを選べる
3.サポート体制が充実している

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

1.直取引で高単価の案件が多い

フォスターフリーランス』で扱っている案件の半数以上は直取引であるため、高単価の仕事と出会えるのが大きな特徴です。

公式サイトで検索してみると、

  • Webアプリケーションエンジニア(月額報酬:75〜90万円)
  • セキュリティ関連支援(月額報酬:80〜100万円)
  • PMO・業務コンサルタント(月額報酬:120〜130万円)

といった案件が見つかります。

20年という長い期間を通して培ったコネクションと営業力があるため、高単価の案件を継続的に紹介してもらえるでしょう。

2.リモート案件や常駐案件などのタイプを選べる

  • リモート
  • 常駐
  • 基本は常駐で部分的にリモート

など、さまざまなタイプの案件を紹介してくれることも『フォスターフリーランス』を利用するメリットです。

コーディネーターが希望をヒアリングしたうえで案件を紹介してくれるため、自分に合った働き方を実現できるでしょう。

公式サイトで案件をチェックできるため、具体的にどのような案件があるのか気になる人は検索してみてください。

ただし、事業に関する情報を競合他社に知られたくない、といった理由から、90%以上が非公開案件とされています。より多くの案件を見たい場合は、無料登録してコーディネーターに相談してみるのがおすすめです。

3.サポート体制が充実している

サポート体制が充実していることも、『フォスターフリーランス』の大きなメリットです。

元エンジニアなど、IT業界やWeb業界に精通したコーディネーターが、経験やスキルを正しく評価したうえで、最適な案件を紹介してくれます。

案件紹介だけではなく、

  • 職務経歴書の作成
  • 面接への同行
  • 契約の締結
  • 就業中の相談

といったサポートも充実。案件に関することは全面的にサポートしてもらえます。

『フォスターフリーランス』を利用する2つのデメリット

さまざまなメリットがある一方、以下のようなデメリットもあります。

『フォスターフリーランス』のデメリット
1.東京以外の案件は少ない
2.未経験歓迎の案件はほとんどない

それぞれのデメリットについて順番に見ていきましょう。

1.東京以外の案件は少ない

フォスターフリーランス』では、東京の案件をメインに扱っています。

神奈川県、千葉県、埼玉県などの案件も少しありますが、その他のエリアには対応していません。

関東圏以外の案件を探すなら、北海道から沖縄まで、広いエリアに対応している『Pe-BANK』を利用するとよいでしょう。

2.未経験歓迎の案件はほとんどない

どのフリーランスエージェントでも共通ですが、実務経験1年未満といった状態では、あまり仕事を紹介してもらえません。

フォスターフリーランス』で扱っている案件も、ある程度の実務経験を求められるものがほとんどです。

安定的な収入を確保するためには、フリーランスとして独立する前に、最低でも1年は実務経験を積んでおくとよいでしょう。

『フォスターフリーランス』の案件例

ここでは、『フォスターフリーランス』の案件例を職種別に紹介します。

エンジニア向けの案件例

『フォスターフリーランス』の案件例(エンジニア向け1)
『フォスターフリーランス』の案件例(エンジニア向け2)

フリーランスエンジニア向けの案件は、とくに充実しています。

  • フロントエンドエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • 組み込みエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • システムエンジニア

といった仕事をしている場合は、ぜひ登録しておきましょう。

デザイナー向けの案件例

『フォスターフリーランス』の案件例(デザイナー向け1)
『フォスターフリーランス』の案件例(デザイナー向け2)
  • Webデザイナー
  • UI / UXデザイナー

などを募集している案件も見つかります。

マーケター・コンサルタント向けの案件例

『フォスターフリーランス』の案件例(マーケター向け1)
『フォスターフリーランス』の案件例(マーケター向け2)

上流工程に関われる案件も紹介してもらえますので、マーケターやコンサルタントとして活躍したい人は、登録しておきましょう。

ディレクター向けの案件例

『フォスターフリーランス』の案件例(ディレクター向け1)
『フォスターフリーランス』の案件例(ディレクター向け2)

Webサイトやコンテンツのディレクションといった案件も紹介してもらえます。

***

公式サイトでは職種別、スキル別といった条件で案件を探せるので、検索してみてください。

ただし、90%以上が非公開案件であるため、より多くの案件を見たい場合は、無料登録してコーディネーターに相談してみましょう。

▼無料登録はこちら

『フォスターフリーランス』の評判・口コミ【Good編】

フォスターフリーランス』に登録する前に、利用者の声もチェックしておきましょう。まずは、よい評判を紹介します。

30代・男性[自分に合う案件を探しやすい]

30代・男性
30代・男性

職種だけでなく、言語や技術で絞り込み検索できるので、自分のスキルに合う案件を探しやすいという印象があります。システムの要件定義が得意なのですが、その条件で絞り込めたので、よい案件に出会えました。自分の強みをうまくアピールできて、すぐに採用されたので本当によかったです。

30代・女性[コーディネーターに気軽に相談できるので安心]

30代・女性
30代・女性

コーディネーターが丁寧に希望をヒアリングしてくれて、すぐに求めていた案件を紹介してくれました。契約後も気軽に相談できるので、安心して働けています。

30代・男性[経験者ならではのアドバイスが役に立った]

30代・男性
30代・男性

ITエンジニア経験のあるコーディネーターが対応してくれたので、契約に関する不安に共感してもらえてとても助かりました。経験者ならではのアドバイスも信頼でき、案件選びや契約がスムーズに進みました。

『フォスターフリーランス』の評判・口コミ【Bad編】

フォスターフリーランス』の評判は総じてよいのですが、悪い評判についても確認しておきましょう。

30代・男性[都内の常駐型の案件が多い]

30代・男性
30代・男性

都内の常駐型の案件が多いので、地方の案件を探している人には向いていないと思います。ただ、エンジニアをしていたコーディネーターが多いので、自分に合った案件を提案してくれるのはメリットだと思います。

『フォスターフリーランス』はこんな人におすすめ!特徴や評判・口コミから考察

特徴や評判・口コミから考察すると、『フォスターフリーランス』は以下のような人におすすめです。

  • 経験を活かして高単価案件を受注したい人
  • フリーランスとして独立したばかりの人

フォスターフリーランス』で扱っている案件は、直取引で高単価のものが多いため、ある程度の経験があれば、しっかり働いて高額報酬を得られるでしょう。

エンジニア経験のあるコーディネーターが多く在籍しているため、的確なアドバイスがもらえることも期待できます。

職務経歴書の作成や面接への同行もしてもらえるため、フリーランスになったばかりという人でも安心して利用できるでしょう。

▼無料登録はこちら

『フォスターフリーランス』を利用して自分のスキルに合った案件を見つけよう!

今回は、『フォスターフリーランス』の特徴や口コミ・評判などを紹介しました。

フリーランスとして継続的に仕事を得るためには、エージェントをうまく活用することが大切です。

2〜3つのフリーランスエージェントを併用すると安定して仕事を獲得できるので、自分に合ったエージェントをいくつか探しておきましょう。

コメント

Comments are closed.