アフィリエイトで本を売る!始め方や稼ぎ方を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アフィリエイトで本を売る方法まとめ

おすすめの本を紹介して報酬を得ることは、アフィリエイト手法のひとつです。

この記事では、

  • アフィリエイトで本を売る方法
  • 本を売るアフィリエイトで稼ぐコツ

などを紹介します。

初心者にもわかりやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

アフィリエイトで本を売るイメージ

アフィリエイトで本を売るイメージ

本を売るアフィリエイトとしてイメージしやすいのは、この画像のように、本の紹介文を書いてリンクを貼っておく方法でしょう

上の記事では「シナリオライター,本,おすすめ」というキーワードを狙って、シナリオライティングの参考書を10冊紹介しています。

実際に記事構成を見るとアフィリエイトの方法をイメージしやすいため、気になる人はざっと読んでみてください。

「シナリオライター,本,おすすめ」の記事をチェック>>

他にも方法はありますが、ここでは上の例のような

  • 本の紹介文
  • 本のリンク

を掲載するアフィリエイト手法について解説します。

アフィリエイトで本を売るための3つの準備

本の紹介文を書いてリンクを貼るためには、以下のような準備が必要です。

アフィリエイトで本を売る準備
1.ブログを開設する
2.ASPに登録する
3.Amazonや楽天と提携する

それぞれのポイントについて順番に見ていきましょう。

1.ブログを開設する

まずはブログを開設します。

本気で稼ぎたい場合はWordPressを使うのがおすすめですが、導入に若干の費用と手間がかかるため、無料ブログから始めてみるとよいでしょう。

以下のような無料ブログならアフィリエイトOKです。

アフィリエイトが禁止されているサービスもあるため注意してください。

2.ASPに登録する

アフィリエイトで本を売る(ASPへの登録)

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)とは、ブログの運営者に、広告主を紹介してくれるサービスです。

アフィリエイトで本を売るためには、ASPに登録しておかなければなりません。

など、多くのASPがあり、無料で登録できます。

今回は初心者でも登録しやすい『もしもアフィリエイト』を利用してみましょう。

もしもアフィリエイト』のメリットは以下のとおり。

  • Amazonや楽天と提携できる
  • リンクボタンを簡単に作成できる

もしもアフィリエイト』を経由せずに、Amazonや楽天と直接提携することも可能ですが、今回は割愛します。

▼無料登録はこちら

3.Amazonや楽天と提携する

アフィリエイトで本を売る(提携申請)

もしもアフィリエイト』に登録できたら、

  • Amazon
  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング

と提携します。

検索窓にキーワードを入力すると表示されるので、提携申請を送りましょう。

ブログを開設したばかりだと、申請が否認されてしまうケースもあります。その場合は10記事くらい書いてから、再度申請してみましょう。

アフィリエイトで本を売るための記事の書き方

準備が整ったら、本を売るための記事を書いてみましょう。以下のような流れで記事を作成します。

アフィリエイトで本を売るための記事の書き方
1.新規記事を作成する
2.ASPで広告リンクを取得する
3.記事に広告リンクを貼り付ける

ここでは『はてなブログ』を例に解説しますが、他のブログでも同様のイメージで作成できます。

1.新規記事を作成する

アフィリエイトで本を売る(新規記事の作成)

『はてなブログ』で記事作成の画面を開いて、タイトルや本文を入力します。

2.ASPで広告リンクを取得する

アフィリエイトで本を売る(かんたんリンクへ)

先ほど登録した『もしもアフィリエイト』で広告リンクを取得しましょう。

上部にある「かんたんリンク」をクリックします。

アフィリエイトで本を売る(広告リンクの取得)

リンク作成画面に移動したら、タイトルを入力して対象の本を探しましょう。

「全文コピー」ボタンを押せば、広告リンクの取得は完了です。

3.記事に広告リンクを貼り付ける

アフィリエイトで本を売る(広告リンクの貼り付け)

『はてなブログ』の記事作成画面に戻ります。

「HTML編集」に切り替えて、先ほどコピーした広告リンクを貼り付けましょう。

アフィリエイトで本を売る(プレビューで確認)

プレビューで確認して、広告リンクが表示されていればOKです。

本を売るアフィリエイトは稼げる?

少し曖昧な表現ですが、本を売るアフィリエイトは”まあまあ”稼げます。

たとえば、Amazonで本を売るケースを考えてみましょう。

紹介料率商品カテゴリー
10.0%Amazonビデオ
8.0%Kindle本、食品、お酒、服
5.0%ビューティー用品、コスメ、ペット用品
4.5%Kindleデバイス、Fireデバイス
4.0%DIY用品、ベビー用品、スポーツ用品
3.0%、文房具、おもちゃ、家具、生活雑貨
2.0%CD、DVD、ブルーレイ、ゲーム、家電
0.5%フィギュア
0.0%ビデオ、Amazon ネットスーパー
2.0%上記以外の商品

上の表のとおり、Amazonにおける本の紹介料率は3%、Kindle本の紹介料率は8%です。

つまり、1,000円のKindle本が売れた場合は、80円の報酬を受け取れます。

また、本のリンクがクリックされ、まったく関係のないペット用品が購入された場合などにも報酬が発生します。

楽して大金を得ることは難しいのですが、積み重ねると意外な金額になるのも事実です。

どのようなアフィリエイトにも共通することですが、コツコツと記事を書き、アクセス数やクリック数を増やしていきましょう。

  • 楽して稼ぎたい……
  • コツコツと継続するのが苦手……

という人にはあまり向いていないかもしれません。

本を売るアフィリエイトで収入をアップさせる2つのコツ

効率よく稼ぎたいなら、次のような方法を試してみましょう。

本を売るアフィリエイトで収入をアップさせるコツ
1.狙うキーワードの幅を広げる
2.デジタルコンテンツなどを紹介する

以下、それぞれのポイントについて簡単に解説します。

1.狙うキーワードの幅を広げる

アフィリエイトで稼ぐためには、記事数を増やしてブログ全体の力(ドメインパワー)を強化することが大切です。

ドメインパワーが強くなると、検索結果の上位を獲得できたり、アクセス数やクリック数が増加したりします。

記事数を増やすためには、狙うキーワードの幅を広げる必要があります。

狙うべきキーワードは、最初に紹介した「シナリオライター,本,おすすめ」などのような、本を直接的に紹介するものだけではありません。

たとえば、

  • シナリオライター,勉強
  • webライター,経費

といったキーワードでも、記事に本の紹介を入れ込むことは可能です。

実際に見たほうが理解しやすいので、気になる人はこちらをクリックしてみてください。

「シナリオライター,勉強」の記事をチェック>>

「webライター,経費」の記事をチェック>>

2.デジタルコンテンツなどを紹介する

一般的な書籍の紹介とあわせて、

  • 楽天マガジン
  • 週間ダイヤモンド

などを紹介するのもよい方法です。

会員登録や定期購読契約で300〜1,000円程度の報酬を得られるケースも多く、Amazonで本を売るより効率的に稼げます。

これらの広告は『A8.net』に多く掲載されているため、ぜひ登録しておきましょう。

▼無料登録はこちら

本を売るアフィリエイトで収入をアップさせよう!

今回は、アフィリエイトで本を売る方法や、収入をアップさせるコツについて紹介しました。

どのようなアフィリエイトにも共通することですが、継続的に記事を作成してドメインパワーを強化し、アクセス数を増やすことが大切です。

費用をかけずにチャレンジしたい人は、無料ブログを使って始めてみましょう。

あわせて読みたい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加