個人事業主・フリーランスの屋号付き口座は開設できる?おすすめの銀行も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人事業主・フリーランスの屋号付き口座を開設できる銀行おすすめ3選

屋号付き口座を開設できる銀行は限られています。

また、屋号のみの口座を開設することは難しく、「屋号+個人名」という名義になるのが一般的です。

この記事では、

  • 屋号付き口座を開設できるおすすめの銀行
  • 屋号付き口座を開設するメリット

などを解説します。

個人事業主・フリーランスの屋号付き口座は開設できる?

個人事業主やフリーランスの屋号付き銀行口座を開設することは可能です。

ただし、対応していない銀行もあるため注意しましょう。

屋号付き銀行口座を開設するときは、

  • 本人確認書類
  • 開業届
  • 印鑑

などが必要です。

必要なものは銀行によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

個人事業主・フリーランスの屋号付き口座を開設できる銀行

屋号付き口座は、以下のようにさまざまな銀行で開設できます。

[ネット銀行]

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 楽天銀行
  • PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

[メガバンク]

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行

地方銀行などでも対応してもらえる場合があるので、直接問い合わせてみましょう。

ネット銀行で屋号付き口座を開設するメリット・デメリット

ネット銀行は、実店舗を持たず、主にインターネット上で取引を行う銀行のことです。

パソコンやスマートフォンを使って振込の手続きをしたり、コンビニや銀行のATMで入出金を行ったりすることができます。

主なメリット・デメリットは以下のとおり。

ネット銀行のメリット
・メガバンクよりも簡単に屋号付き口座を開設できる
・Web上で振込の手続きなどを行える
・振込手数料の安い銀行が多い

ネット銀行のデメリット
・実店舗がない
・メンテナンス時には利用できない
・IDやパスワードを自分で管理する必要がある

メガバンクで屋号付き口座を開設するメリット・デメリット

メガバンクとは、総資産が約1兆ドルを超える巨大銀行グループのことです。

主なメリット・デメリットは以下のとおり。

メガバンクのメリット
・安心感がある
・実店舗がある
・信用力がアップする

メガバンクのデメリット
・屋号付き口座の開設に時間がかかるケースもある
・振込手数料の高い銀行が多い

メガバンクで屋号付き口座を開設する場合は、来店して申請する必要があります。

  • すでに個人口座があると屋号付き口座の開設が難しい
  • 申請時に確定申告書の原本を求められる

など、ネット銀行より厳しい部分も多いため、事前に各銀行へ確認しておきましょう。

こだわりがないなら、手続きに時間のかかるメガバンクを選ぶ必要はありません。

まずはネット銀行を利用しておき、落ち着いてからメガバンクの口座を開設するのもよいでしょう。

とくに開業したばかりの頃は、口座開設に時間をかけるより、他の作業に力を入れることも大切です。

個人事業主・フリーランスの屋号付き口座を開設できるおすすめ銀行3選

屋号付き口座を開設するなら、次の銀行がおすすめです。

屋号付き口座を開設できるおすすめ銀行
・GMOあおぞらネット銀行
・楽天銀行
・PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

それぞれの特徴をチェックしたうえで、自分に最適な銀行を選びましょう。

GMOあおぞらネット銀行

個人事業主・フリーランスの屋号付き口座を開設できるおすすめ銀行(GMOあおぞらネット銀行)

GMOあおぞらネット銀行』なら、簡単に屋号付き口座を開設できます。

来店不要で口座を開設できるため、スムーズに事業をスタートできるでしょう。

ただし、屋号のみの口座は開設できず、

  • 屋号+個人名
  • 個人名+屋号

という名義になります。

口座開設には開業届などが必要であるため準備しておきましょう。

▼公式サイトはこちら

楽天銀行

個人事業主・フリーランスの屋号付き口座を開設できるおすすめ銀行(楽天銀行)

『楽天銀行』では、個人でビジネスをしていれば、屋号付きの口座を開設できます。

ただし、屋号のみの口座は開設できません。

  • 屋号+個人名
  • 個人名+屋号

という名義にする必要があります。

事業内容を確認する書類として受付印のある開業届(コピー)が必要なため、準備しておきましょう。

主なメリットは以下のとおり。

  • 楽天ポイントが貯まる
  • ATM手数料0円(最大月7回まで)
  • 他行宛振込手数料0円(最大月3回まで)

楽天関連のサービスをよく利用する人には、とくにおすすめです。

PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)

個人事業主・フリーランスの屋号付き口座を開設できるおすすめ銀行(PayPay銀行)

『PayPay銀行』では、屋号のみの口座は開設できませんが、「屋号+個人名」の口座なら開設可能です。

主なメリットは以下のとおり。

  • ATM手数料0円(月1回まで)
  • 他行宛振込手数料160円

事業実態を確認する資料として、開業届や確定申告書など、氏名と屋号が記載された書類を準備しましょう。

個人事業主・フリーランスの屋号付き口座を開設する2つのメリット

屋号付き口座を開設することには、次のようなメリットがあります。

屋号付き口座を開設するメリット
1.事業の収支計算が楽になる
2.ユーザーが安心する

それぞれのメリットについて順番に確認しておきましょう。

1.事業の収支計算が楽になる

個人事業主は、確定申告により事業に関する収支を報告しなければなりません。

プライベート用の口座を事業にも使用すると、どの収支が事業に関するものかわかりにくくなります。

また、事業用の通帳は保管義務があるだけでなく、税務調査の際には提示を求められるのが一般的です。

無理に屋号付き口座を開設する必要はありませんが、

  • プライベート用
  • 事業用

で分けておくと管理しやすいでしょう。

2.ユーザーが安心する

個人事業としてネットショップなどを運営していると、ユーザーに振込をしてもらう場面も多いですよね。

その際、個人名義の口座を指定すると、ユーザーが不安を感じてしまう可能性もあります。

個人名を出して事業を行っているならあまり問題はありませんが、そうでない場合は、屋号付きの口座を開設しておくとよいでしょう。

個人事業主・フリーランスは屋号付き口座を開設して信頼性を高めよう!

今回は、屋号付き口座を開設できる銀行を厳選して紹介しました。

屋号付き口座を開設することには、

  • 事業の収支計算が楽になる
  • 事業の信頼性が高まる

といったメリットがあるため、うまく活用しましょう。

あわせて読みたい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.