フリーランス翻訳者になるには?年収や求人サイトを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーランス翻訳者になるには?求人サイト・募集サイトも紹介

翻訳は、外国語が得意な人におすすめの仕事です。

この記事では、

  • フリーランス翻訳者になるまでの流れ
  • フリーランス翻訳者向けの求人サイト

などを紹介しますので、独立を目指す人はチェックしておきましょう。

フリーランス翻訳者になるには?エージェントを利用するのがおすすめ

フリーランス翻訳者になるには?

フリーランス翻訳者になるための一般的なルートは以下のとおり。

  • 大学や専門学校で語学を学ぶ
  • 翻訳会社などで実務経験を積む
  • フリーランス翻訳者として独立する

すでに翻訳に関する実務経験がある場合は、レバテックフリーランス』などのエージェントに登録して仕事を探すのがおすすめです。

無料登録しておけば、案件紹介はもちろん、単価交渉やキャリアカウンセリングといったサポートも受けられます。

現在、翻訳会社などに所属しているなら、独立する前にフリーランスエージェントに登録して、

  • 今のスキルで独立できるのか
  • どのような案件を紹介してもらえるのか

といった点を相談しておくと、安心して退職できるでしょう。

▼無料登録はこちら

フリーランス翻訳者の仕事内容

フリーランス翻訳者の仕事は、外国語で書かれた文章を日本語に変換したり、逆に日本語を外国語に変換したりすることです。

大きく分けると以下のような仕事があります。

  • 文芸翻訳:小説・雑誌などの文芸作品を翻訳する
  • 映像翻訳:映画・ドラマ・ニュース映像などを翻訳する
  • 実務翻訳:学術書・契約書・マニュアルなどを翻訳する

最近では、海外のゲームやブログなどを翻訳する仕事も増えてきました。

フリーランス翻訳者が対応する言語は?

英語はもちろん、

  • フランス語
  • 中国語
  • ドイツ語
  • イタリア語

などを翻訳する案件もあります。

自分の得意な言語に合わせて、仕事を受注しましょう。

フリーランス翻訳者は在宅で働ける?

フリーランス翻訳者として在宅で働くことも可能です。

会社に出勤して働くケースもありますが、

  • フリーランスエージェント
  • クラウドソーシングサイト

などを活用すれば、在宅ワークを探すこともできます。

納期さえ守れば、好きな時間に好きな場所で働けるでしょう。

フリーランス翻訳者になるために必要な資格・スキルは?

フリーランス翻訳者として活躍するために、語学力は欠かせません。

たとえば英語の翻訳に関わる場合、

  • 実用英語技能検定:2級以上
  • TOEIC:800点以上

といった能力があれば、安定して仕事を獲得できるでしょう。

医療や金融などに関する文章を翻訳する場合は、その分野の専門知識も必要です。

未経験でもフリーランス翻訳者になれる?

などのクラウドソーシングサイトを利用すれば、初心者歓迎という案件も多く見つかります。

ただし、単価の低い案件しか受注できないケースも多いため、安定した収入を得たい場合は、ある程度の経験を積んでからフリーランスになるとよいでしょう。

副業から始めてみるのもおすすめです。

フリーランス翻訳者の年収はどのくらい?

フリーランス翻訳者の年収

フリーランス協会の調査によると、翻訳者やライターなど、文筆系の仕事をするフリーランスの年収は上のグラフのとおりです。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 フリーランス白書2019

年収800万円以上稼いでいるベテラン翻訳者もいますが、一般的なフリーランス翻訳者の年収は200〜400万円程度といえるでしょう。

フリーランスになったばかりの頃は、年収200万円以下となる可能性もあります。

フリーランス翻訳者の収入目安をレバテックフリーランスの案件例でチェック!

レバテックフリーランス』は、業界最大級のエージェントです。

「翻訳」というキーワードで検索してみると、以下のような案件が見つかります。

フリーランス翻訳者の年収目安(案件例1)
フリーランス翻訳者の年収目安(案件例2)
フリーランス翻訳者の年収目安(案件例3)

クラウドソーシングサイトで案件を受注するよりも収入が安定するため、フリーランス翻訳者として独立するなら登録しておきましょう。

  • 契約手続きや条件交渉を代行してもらえる
  • キャリアカウンセリングを受けられる
  • スキルに合う案件を継続的に紹介してもらえる

など、充実したサポートを受けられます。

▼無料登録はこちら

フリーランス翻訳者の仕事探しに役立つ求人サイト4選

効率よく案件を獲得したいなら、次のような求人サイトを利用しましょう。

フリーランス翻訳者の仕事探しに役立つ求人サイト
・レバテックフリーランス
・テクフリ
・クラウドテック
・クラウドワークス

以下、それぞれのサービスの特徴を紹介します。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス』は、

  • 取引社数5,000社以上
  • 利用者満足度92.6%

という大手エージェントです。

翻訳を含む、さまざまなジャンルの案件を扱っています。

案件紹介はもちろん、キャリアカウンセリングや単価交渉といったサポートも無料で受けられるため、フリーランス翻訳者を目指すなら登録しておきましょう。

▼無料登録はこちら

テクフリ

テクフリ』は高単価案件を多く扱うフリーランスエージェントです。

主に、

  • ゲーム
  • Webメディア

に関する翻訳案件を保有しています。

非公開案件も多いため、登録してから紹介してもらいましょう。

▼無料登録はこちら

クラウドテック

クラウドテック』は、

  • 在宅ワークOK
  • 週3〜4日稼働OK

といった仕事を紹介してくれるフリーランスエージェントです。

副業案件も多いため、翻訳者として独立する前に案件を受注して、自分のスキルを試してみるのもよいでしょう。

▼無料登録はこちら

クラウドワークス

クラウドワークス』は、業界最大級のフリーランスエージェントです。

  • 英語
  • フランス語
  • 中国語
  • 韓国語
  • アラビア語
  • タガログ語

など、さまざまな言語を翻訳する仕事が見つかります。

初心者歓迎という案件も多いため、初めて翻訳の仕事に挑戦するという人にもおすすめです。

▼無料登録はこちら

未経験からフリーランス翻訳者になるには?

未経験からフリーランス翻訳者を目指すなら、次のようなステップで進めるとよいでしょう。

未経験からフリーランス翻訳者になる方法
1.翻訳に関する基礎知識を習得する
2.翻訳の実務経験を積む
3.フリーランスの翻訳者として独立する

以下、それぞれのポイントについて順番に解説します。

1.翻訳に関する基礎知識を習得する

まずは、翻訳に関する基礎的な知識とスキルを習得する必要があります。

  • 参考書で独学する
  • アルバイトをする

といった方法で、翻訳の基本や仕事の流れを学びましょう。

思い切って語学の専門学校に通うのもよい方法です。

2.翻訳の実務経験を積む

基本を学んだら、翻訳会社などで実務経験を積みましょう。

クラウドソーシングサイトを利用して、初心者向けの仕事をこなしながらスキルアップするのもよい方法です。

3.フリーランスの翻訳者として独立する

最低でも1〜2年の実務経験を積んでからフリーランス翻訳者として独立すると、安定した収入を得られるでしょう。

フリーランスになると、自分で仕事を探して受注しなければなりません。

  • フリーランスエージェント
  • クラウドソーシングサイト

など、複数の仕事獲得ルートを確保しておきましょう。

フリーランス翻訳者を目指すなら実践的なスキルと知識を習得しよう!

今回は、フリーランス翻訳者になる方法や、翻訳の仕事を豊富に扱う求人サイトを紹介しました。

翻訳者として独立するなら、実践的なスキルと知識を習得しておくことが大切です。

すでに実務経験がある場合は、

などに登録して案件を探してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.