Webライターの副業は稼げる?始め方から稼ぎ方まで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Webライターの副業!収入や始め方を解説

Webライターは、未経験でも始められる副業のひとつです。

クラウドワークス』などを利用すれば、初心者向けのライティング案件も多く見つかるため、仕事探しで困ることも少ないでしょう。

とはいえ、安定した収入を得るためには、基本的なスキルと知識を習得しておくことも大切です。

この記事では、

  • Webライターの仕事内容や収入の目安
  • Webライターの副業を始める方法
  • 収入をアップさせるコツ

などを紹介します。

Webライターの副業を始めようと考えている人は、ぜひチェックしてください。

Webライターの副業とは?仕事内容を詳しく紹介

Webライターの仕事は、

  • ニュースサイト
  • 旅行サイト
  • グルメサイト

といったWebメディアに掲載する文章を書くことです。

Webライターは、インターネットや本で情報を収集して、わかりやすい文章でまとめます。

内容はさまざまですが、クライアントによって指定されたテーマや記事構成に沿って執筆するケースが多いでしょう。

Webライターの副業を始めるために必要なスキルは?

Webライターの副業は、

  • 基本的な日本語力
  • 情報収集スキル

があれば始められます。

小説やエッセイを書くわけではないため、芸術的な表現や感動的な文章を求められるケースはほとんどありません。

クライアントにもよりますが、

  • 誰でも簡単に理解できる解説
  • サクサクと読み進められる文章

などを求められるケースが多いでしょう。

SEOやWebライティングについての知識を習得すると収入アップにつながりますが、働きながら学んでいけばOKです。

Webライターの副業を始めるために必要なものは?

Webライターの副業を始めるなら、

  • パソコン
  • Word
  • インターネット環境

を準備しておきましょう。

文章を書ければ問題ないため、高額なパソコンを購入する必要はありません。

『Word』もあると便利です。無料の『Googleドキュメント』で代用することも可能ですが、クライアントからWordファイルでの納品を求められる場合もあるため、できれば準備しておきましょう。

Webライターの副業はどんな人に向いている?

Webライティングは、じっと座って情報を集めたり、タイピングをしたりする仕事です。

  • ひとりで黙々と作業するのが好き
  • タッチタイピングが得意

といった人に向いているでしょう。

Webライターの副業は未経験でも始められる?資格は必要?

Webライターの副業は、未経験でも始められます。とくに資格なども必要ありません。

ただし、高単価案件の場合は、経験者や有資格者が優先的に採用されるケースもあります。

まずは初心者歓迎といった仕事を受注して経験を積み、少しずつ単価の高い案件を狙っていきましょう。

Webライターの副業の収入はどのくらい?

副業にどの程度の時間をかけるのかにもよりますが、次の計算式のように月10万円稼ぐこともできるでしょう。

文字単価2.0円 × 2,000文字 × 1記事 × 25日 = 10万円

以下、Webライターの副業で得られる収入について具体的に解説します。まずは一般的な報酬体系について理解しておきましょう。

Webライターの報酬体系は?

Webライティングの仕事に対する報酬は、文字単価か記事単価のどちらかで支払われるのが一般的です。

文字単価の場合、1文字あたりの報酬が決められており、たとえば、文字単価1.2円で3,000文字を執筆した場合、報酬として3,600円を受け取れます。

1文字0.5〜4円以上など、求められるスキルや記事の内容によって文字単価は大きく変動するため、少しずつスキルアップして単価の高い仕事を獲得していきましょう。

記事単価の場合は、3,000文字の記事で5,000円など、文字数と報酬を指定されるのが一般的です。

Webライターの副業で月10万円の収入を得るためには?

初心者のうちは、経験を積むために単価の低い案件を受けてもOKですが、少しずつ高単価案件も狙っていきましょう。

文字単価ごとに求められるスキルの目安は下表のとおり。ただし、どの程度のスキルを求められるかは、クライアントによっても異なります。

文字単価レベル求められるスキルや注意点
1.0円未満超初心者向き・一般的な日本語力
・ライティングの練習におすすめ
1.0〜1.5円初心者向き・一般的な日本語力
・スキルアップにおすすめ
1.6〜2.5円中級者向き・ターゲットを意識したライティング力
・SEOに関する基礎知識
2.6〜3.9円上級者向き・SEOを意識したライティング力
・HTMLやCSSに関する基礎知識
4.0円以上有資格者向き・宅建・FP・保育士などの資格
・WordPressを使ったコーディングスキル

Webライターの副業で月10万円稼ぎたい場合は、文字単価2.0円の案件を獲得することを目指すとよいでしょう。

まずは文字単価1.0円程度の案件を受注して、ライティング作業に慣れていくのがおすすめです。

文字単価1.0円程度の案件であれば、未経験者歓迎である場合も多いため、比較的簡単に採用してもらえます。10記事ほど書けば、ライティングの基本を理解できるでしょう。

Webライターの副業で稼ぐための執筆スピードは?

Webライターの副業で稼ぐためには、執筆のスピードを上げることが重要です。

情報収集を含めた執筆スピードの目安は下表のとおり。

レベル1時間あたりの執筆文字数
超初心者500文字未満
初心者500〜700文字
中級者700〜1,000文字
上級者1,000文字以上

もちろん初心者のうちは、ゆっくり書けばOKです。

  • 話の流れがわかりにくい
  • 誤字脱字が多い
  • 指定された構成に従っていない

といった状態だと、修正を指示されたり、クライアントの信頼を失ってしまったりする可能性もあります。

作業に慣れてくると、1時間で1,000文字以上、書けるようになるでしょう。

たとえば、文字単価2.0円の案件を受注して、1日2時間作業すると、

  • 2時間で2,000文字書くと4,000円
  • 25日働くと10万円

と試算できます。

Webライターの副業を始めるための3つのステップ

未経験からWebライターの副業を始めるなら、次のような流れで進めるとよいでしょう。

Webライターの副業を始めるためのステップ
1.基礎的なライティングスキルを身につける
2.クラウドソーシングサイトに登録する
3.初心者向けの案件を探して応募する

以下、それぞれのステップについて詳しく解説します。

1.基礎的なライティングスキルを身につける

まずは基礎的なライティングスキルを身につけましょう。

最初のステップとしては、以下のような文章術に関する本を1〜2冊読んでみる程度でOKです。

created by Rinker
¥1,009 (2021/10/22 21:07:29時点 Amazon調べ-詳細)

Webライティングの勉強に役立つ本をチェック>>

実際に書かなければ文章力はアップしませんので、勉強しながら仕事を受注するイメージで進めましょう。

2.クラウドソーシングサイトに登録する

Webライティング案件を多く扱っているクラウドソーシングサイトは以下の3つです。

初心者向けの案件も多いため、無理なく仕事を受注できるでしょう。

どのサービスを利用するか迷ったら、案件数も登録者数も多い『クラウドワークス』に登録しておくのがおすすめです。

具体的な仕事内容を把握するために、公式サイトで試しに検索してみるとよいでしょう。

▼公式サイトはこちら

3.初心者向けの案件を探して応募する

クラウドソーシングへの登録が完了したら、初心者向けの仕事を探して応募してみましょう。

「未経験OK」といった条件で絞り込むことも可能です。

  • 記事内容
  • 文字単価
  • 納期

などを確認して問題なければ、応募してみましょう。

実績が増えると採用される確率も上がるため、思い切って応募するのがおすすめです。

経験を積んだら、少しずつ単価の高い案件も狙っていきましょう。

Webライターの副業で収入をアップさせるための4つのコツ

効率的に稼ぎたい場合は、以下のような方法を試してみましょう。

Webライターの副業で稼ぐためのコツ
1.継続的に勉強する
2.タイピングスピードを上げる
3.自分のWebサイトやブログを立ち上げる
4.アフィリエイトを始める

それぞれの方法について順番に解説していきます。

1.継続的に勉強する

Webライターの副業で安定的に稼ぐためには、

  • わかりやすい文章を書くスキル
  • SEOに強いライティングスキル

などを習得しなければなりません。

すぐにスキルアップできるわけではないため、仕事をしながら少しずつ勉強していきましょう。

SEOやWebライティングについて独学するなら、次のような参考書がおすすめです。

created by Rinker
¥1,547 (2021/10/22 19:56:28時点 Amazon調べ-詳細)

費用をかける余裕がある場合は、

などを利用するとよいでしょう。

Webライティングの勉強方法については、次の記事で解説していますのでチェックしてみてください。

2.タイピングスピードを上げる

タイピングスピードを上げれば効率的にライティングできるため、収入アップにつながります。

オンライン学習サイト『Udemy』には、以下のような講座があるため、気になる人はチェックしてみてください。

▼公式サイトはこちら

3.自分のWebサイトやブログを立ち上げる

自分のWebサイトやブログを立ち上げることも、収入をアップさせる方法のひとつです。

Webサイトやブログを開設することには、以下のようなメリットがあります。

  • 文章力をアピールできるため案件を獲得しやすい
  • 記事を書く機会が増えるためスキルアップしやすい
  • アフィリエイトを始めることで収入アップを狙える

無料ブログでもOKですが、自由にカスタマイズしたい場合はWordPressを使うのがおすすめです。

WordPressの使い方を習得しておけば、高単価案件の受注にもつながるでしょう。

4.アフィリエイトを始める

自分のWebサイトを開設してアフィリエイトを始めれば、収入を大きく増やせます。

クライアントから受けられる仕事量には限界があるため、Webライティングの副業では月10〜20万円までしか稼げないでしょう。

もちろん副業としては十分な収入ですが、アフィリエイトを始めれば月100万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

とはいえ、始めてすぐに稼げる人はほとんどいないでしょう。

  • コツコツと記事を書く
  • SEOについて勉強する

といった努力を続けることが大切です。

時間に余裕がある場合は、クラウドソーシングサイトで記事作成の仕事を受けつつ、アフィリエイトを始める準備も進めておくとよいでしょう。

次の記事では、『はてなブログ』を使って無料でアフィリエイトを始める方法を紹介しています。

本格的に稼ぎたい場合はWordPressを使うのがおすすめですが、アフィリエイトの仕組みや手法を学ぶのに無料ブログは最適ですので、興味のある人はチェックしてみてください。

Webライターの副業で収入を増やそう!

今回は、Webライターの副業を始める方法について解説しました。

少しずつスキルアップしていけば、毎月10万円の副収入を得ることも可能です。

文章を書くのが好きな人は、ぜひ挑戦してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加