ワンストップビジネスセンターの評判・メリット・デメリットまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンストップビジネスセンターの評判・口コミまとめ

ワンストップビジネスセンター』は、フリーランスや副業を始めたい人におすすめのバーチャルオフィスです。

この記事では、『ワンストップビジネスセンター』の

  • 評判・口コミ
  • 料金やサービス概要
  • 利用するメリット・デメリット

などをまとめて紹介しますので、契約前にチェックしておきましょう。

ワンストップビジネスセンターとは?料金やサービス概要を紹介

ワンストップビジネスセンターの評判・口コミ・サービス概要まとめ
料金(税込)5,280円〜/月
(初期費用:10,780円)
主なサービス住所貸し
郵便物転送
固定電話
有人受付システム
主な拠点東京
大阪
仙台
名古屋
神戸など
(全国38拠点)

ワンストップビジネスセンター』は、都内を中心に38拠点を保有するバーチャルオフィスです。

首都圏以外では、

  • 札幌
  • 仙台
  • 名古屋
  • 大阪
  • 京都
  • 神戸
  • 広島
  • 高松
  • 熊本

などに拠点があります。

法人登記できる住所のレンタルや、郵便物の転送といったサービスを受けられるため、

  • 小さく起業したい人
  • ネットショップを運営したい人

におすすめです。

初期費用は高めに設定されていますが、

  • 20代社長
  • 女性社長
  • シニア社長
  • 障がい者社長

に該当する場合は、初期費用と1ヶ月分の利用料が無料になります。

ワンストップビジネスセンターを利用する3つのメリット

ワンストップビジネスセンター』を利用する主なメリットは以下のとおり。

『ワンストップビジネスセンター』のメリット
1.来客対応サービスを利用できる
2.全国のレンタル会議室を利用できる
3.30日間の返金保証がついている

それぞれのメリットについて簡単に確認しておきましょう。

1.来客対応サービスを利用できる

スタッフが常駐している店舗なら、突然の来客にも対応してもらえます。

事業を始めると、

  • クライアント
  • 金融機関
  • 信用調査会社

などが訪ねてくることもあるかもしれません。

受付スタッフがいる場合は、不在であることを伝えたり、名刺をもらったりするなど、丁寧な対応をしたうえで、すぐにメールで報告してもらえます。

事務所に誰もいないと不信感をもたれる可能性もあるため、大手企業と取引をする場合などは、スタッフ常駐の店舗を選ぶとよいでしょう。

2.全国のレンタル会議室を利用できる

多くの店舗にはレンタル会議室が併設されており、1時間1,000〜2,000円程度で利用できます。

会員であれば、契約している店舗以外の会議室も利用可能です。

  • クライアントとの打ち合わせ
  • セミナー
  • ワークショップ

など、さまざまな場面で活用できます。

3.30日間の返金保証がついている

返金保証がついていることも、『ワンストップビジネスセンター』を利用するメリットのひとつです。

サービスに不満がある場合、契約後30日以内であれば、初期費用や月額料金を返金してもらえるため、安心して利用できるでしょう。

ワンストップビジネスセンターを利用する2つのデメリット

次のような点をデメリットと感じる人もいるかもしれません。

『ワンストップビジネスセンター』のデメリット
1.初期費用が高い
2.受取不可の郵便物もある

各デメリットについて簡単に確認しておきましょう。

1.初期費用が高い

他のバーチャルオフィスと比較すると、『ワンストップビジネスセンター』の初期費用(10,780円)は高めに設定されています。

初期費用が安いバーチャルオフィスを選びたいなら、

などがおすすめです。

記事の最後に比較表を載せていますので、参考にしてください。

2.受取不可の郵便物もある

どのバーチャルオフィスにも共通することですが、受け取ってもらえない荷物もあるため注意しましょう。

ワンストップビジネスセンター』では、

  • 現金
  • クール便
  • 特別送達
  • 着払いの荷物

などは受け取ってもらえません。

ワンストップビジネスセンターの評判・口コミ【Good編】

実際にサービスを利用した人の評価も見ておきましょう。まずは、よい評判・口コミを紹介します。

清潔感のある会議室が便利

利用者A
利用者A

累計10年くらい利用していますが、会議室はいつも清潔に保たれています。東京や大阪の会議室を使いましたが、どこもしっかりと管理されていました。

法人登記に最適

利用者B
利用者B

法人登記に使うための住所をレンタルしました。バーチャルオフィスの住所で銀行口座も開設できたので、とても助かりました。

コスパがよい

利用者C
利用者C

悪い口コミもあったので少し不安でしたが、電話対応や郵便物の扱いも丁寧で満足しています。料金とサービスのバランスがとてもよいと思います。

契約時の説明がわかりやすかった

利用者D
利用者D

契約時の説明がわかりやすく、とても丁寧でした。難しい部分は電話でも説明してもらえます。会議室予約も簡単なため、とても便利です。

***

全体的に高評価で、

  • コストパフォーマンスがよい
  • スタッフの対応が丁寧

という意見が多いようです。

ワンストップビジネスセンターの評判・口コミ【Bad編】

悪い口コミ・評判についてもチェックしておきましょう。

荷物が届かないこともあった

利用者E
利用者E

荷物が届かないこともあって困りました。重要な書類は自分で管理したほうがよいかもしれません。

対応がいまいち

利用者F
利用者F

質問したことへの回答が遅いなど、少し対応が悪いと感じる部分もありました。

***

よい評判が多いなか、対応が悪いと感じているユーザーもいるようです。

感じ方は人によって異なるため、内見をして会議室の様子やスタッフの対応を確認したうえで契約しましょう。

評判・口コミから考察!ワンストップビジネスセンターはこんな人におすすめ

評判・口コミや特徴から考えると、『ワンストップビジネスセンター』は次のような人におすすめです。

  • 地方都市の住所を利用したい
  • 会議やセミナーを頻繁に行う
  • 20代社長や女性社長

気になる人は、料金プランや各店舗の詳細などを公式サイトでチェックしてみてください。

▼公式サイトはこちら

ワンストップビジネスセンターを利用して事業を効率的に進めよう!

今回は『ワンストップビジネスセンター』のメリット・デメリットや評判を紹介しました。

全体的にユーザーの評価は高いのですが、感じ方は人によって異なるため、内見なども利用して自分の目で確かめてから契約しましょう。

他のバーチャルオフィスと比較したい人は、下表を参考にしてください。

バーチャルオフィス名料金(税込)主なサービス主な拠点評判・口コミ
DMMバーチャルオフィス2,530円〜/月
(入会金:5,500円)
住所貸し
郵便物転送
固定電話
渋谷
銀座
梅田
詳しくチェック>>
Karigo3,300円〜/月
(入会金:5,500円〜)
住所貸し
郵便物転送
固定電話
会社設立代行
東京
大阪
仙台
名古屋
福岡など
(全国52拠点)
詳しくチェック>>
リージャスエリア・プランにより異なる住所貸し
郵便物転送
固定電話
東京
大阪
長野
広島
熊本など
(全国170拠点)
詳しくチェック>>
ワンストップビジネスセンター5,280円〜/月
(初期費用:10,780円)
住所貸し
郵便物転送
固定電話
有人受付システム
東京
大阪
仙台
名古屋
神戸など
(全国38拠点)
詳しくチェック>>
和文化推進協会550円/月
(入会金:6,000円)
住所貸し
郵便物転送
固定電話
京都詳しくチェック>>
レゾナンス1,650円〜/月
(入会金:5,500円)
住所貸し
郵便物転送
固定電話
有人受付システム
渋谷
新宿
銀座
浜松町
詳しくチェック>>
ユナイテッドオフィス2,310円〜/月
(初回登録料:6,600円)
住所貸し
郵便物転送
固定電話
会社設立代行
渋谷
新宿
池袋
青山
表参道
銀座
日本橋
虎ノ門
詳しくチェック>>
NAWABARI1,078円〜/月住所貸し
郵便物転送
固定電話
渋谷
目黒
詳しくチェック>>
GMOオフィスサポート990円〜/月住所貸し
郵便物転送
渋谷詳しくチェック>>

おすすめのバーチャルオフィスの特徴をまとめてチェック>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Comments are closed.